1042452 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(19)

スーパー戦隊関係

(17)

魔進戦隊キラメイジャー(2020年作品)

(5)

騎士竜戦隊リュウソウジャー(2019年作品)

(48)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年作品)

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年作品)

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー(2016年作品)

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)

(12)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(42)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(28)

仮面ライダーゼロワン

(29)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(40)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(97)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎ほか 水木しげる作品

(23)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(24)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

未来少年コナン 感想

(20)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(24)

ルパン三世

(11)

アニメ全般

(10)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(124)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(63)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2020年代前期)

(6)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(86)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(15)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(26)

訃報・お悔やみ

(14)

Favorite Blog

KAITO で『砂の惑星』 RGM-122Rさん

仮面ライダーゼロワ… スリッパ8343さん

日曜礼拝 モイラ2007さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2020.02.23
XML
☆ゲゲゲの鬼太郎(第6期)の感想記事です(๑╹ω╹๑ )



第94話『ぶらり不死見温泉バスの旅』
脚本:金月龍之介
演出:松實 航
登場した妖怪:寝肥り(声:くじら)、埴輪武者(声:乃村健次)
2020.2.23




【急遽キャンセルしたねずみ男(CV:古川登志夫)に代わり、まな(CV:藤井ゆきよ)は鬼太郎(CV:沢城みゆき)たちと共に慰安旅行に行く。行き先は妖怪専用の宿―不死見温泉だった。
温泉を満喫する鬼太郎たちだったが、突如宿を不穏な音が包み込む。その正体は地下のあらぶる富士のエネルギーで、それを鎮めるのが宿の主人の仕事なのだという。
しかし現在の女将である寝肥り(CV:くじら)では、太りすぎてその仕事もままならない。そこでまなが代理を申し出る。鬼太郎と共に富士山の洞窟に足を踏み入れたまなだったが、そこに巨大な影が迫る...!?】



賑わう街中を見下ろすように眺める朱の盆とぬらりひょん。
『くっだらねー!どうして人間ってえのはこうもどこもかしこもビッカビカにしちまうんでしょうねー』と朱の盆が言う中、1匹のタカがぬらりひょんのもとにやって来る。
それは、ぬらりひょんが様子を探らせていたものだった。

ねこ娘にねずみ男から電話があると旅行をキャンセルという話になる。
ねずみ男には慰安旅行の日でもトラブルはやってくるようだ。
とにかくキャンセルすると言うねずみ男はそのまま電話を切る。ちなみに非通知設定によるもの。
鬼太郎は改めてねずみ男も行ける日をと考えると中止にしようと提案するが、ねこ娘は冗談でしょと拒む。
すると、目玉おやじがわしに一つ提案があると言い出すのだった。
その頃、まなは両親の結婚記念日の旅行について行くほど野暮じゃ無いと一人で留守番をしていた。
温泉に行きたかったと本音を溢すまな。
そこにクラクションが鳴ると、ねこ娘達が乗ったバスがお出迎えに来てみんなで温泉旅館へ行く事になるのだった。
その後、バスは進み、みんなで歩いたりして不死見温泉に到着。
だがその旅館には「人間の立入りを禁ず」の文字があった。
旅館に着くや否や砂かけ婆が主人を呼び出すと、奥から重い足音と共に姿を見せる寝肥りがいた。
『予約した8名です。お世話になります。』と鬼太郎が挨拶をすると、早く温泉に入りたいねこ娘がみんなを先導する。
その中にはねずみ男のふりをしたまなも含まれているが、何かに気がついた寝肥りが一行を止めると鼻息でまなの被っているフードを飛ばしてしまう。
これに目玉おやじがこう見えても妖怪だと言う中、寝肥りは旅館の女将になって150年っぽちのペーペーですがはるか昔から妖怪専用の宿だと言います。
しかしこれに、ぬりかべが「何で?」と聞くと、寝肥りも何でですかね?と言っては寝肥りにも分からない事を明かす。
そこで、鬼太郎が嘘をついた事はお詫びしますと言うと、今回だけ特別に認めてもらえませんかと頼む。
まなは大切な友達だから…。
話を聞き、鬼太郎がそこまで言うならと、寝肥りがみんなを旅館に迎い入れると一行は早速「洞窟湯」という温泉に入る。
温泉に浸かる鬼太郎達はホッと一息ついてはのんびりする。
すると、富士山の名前は不死から来たという説があると話す目玉おやじ。
ひょっとしたら中国の始皇帝が懸命に探し求めた不死の薬というのは…と目玉おやじが説明をしていると子泣き爺がイライラしだす。
実は混浴だと思っていた子泣き爺は、でっかく膨らみきった期待を返せと嘆く。
それから、こうなったらとことん飲むぞと言うと一反もめんを呼ぶのだが、一反もめん姿がない。
一反もめんは女湯の覗き見に行っていたのだ。
ところが残念な事にそこにいたのは砂かけ婆だけ。
まなとねこ娘は既に出ていたのだった。
その後、温泉卓球、温泉カラオケ、温泉マッサージ………と妄想をするまなだったが、ねこ娘達はせっかくの温泉なんだからのんびりしなくちゃ損だと言っては部屋でダラダラしている。
人間はのんびりするのが下手じゃのうと言う砂かけ婆をはじめ、のんびりする妖怪たち。
そこで、まなはトランプを取り出すとみんなでババ抜きをする事になる。
しかし、ねこ娘は弱い…。
何でも鬼太郎が毎回ババを回すそうで、しかもポーカーフェースで全く読めない。
その為、勝つまでやる気のねこ娘だったが、ちょうどそこに寝肥りが食事を運んでくる。
ところが突然、地鳴りが起きる。
ここんとこよくある事らしく、富士の地下深くに渦巻くエネルギーが原因。
けれどもそれあってこその温泉でそれあってこその旅館。
それがやんちゃな代物で、数十年に一度、富士のエネルギーの荒ぶりを抑えるのが不死見旅館の女将に代々受け継がれてきた大事なおつとめでもあるそう。
ところが最後に潜ったのが50年前で、既にギリギリだった胴回りが肥えてしまい何度も試したが穴が通れずエネルギーを抑えることができてないのだ。
そんな話を聞いては早々に避難準備をする鬼太郎達。
一方で寝肥りはまだ大丈夫だと言うと、その間にダイエットをすると提案する。
けれどもみんなから無理だと言われてしまうのだった。
そんななか、まなが代わりに行きましょうかと提案をする。
無理を言って泊めてもらっているのと、危ない場所ではないらしいからだ。
すると鬼太郎も一緒に行くと言うので二人は早速洞窟に向かう事にするのだった。
洞窟を歩く中、まなは一緒に来てくれた事を感謝すると鬼太郎はまだお腹が空いていなかったからと答える。
そんな鬼太郎にまなは、そこは大事な友達だからと言い直しをさせるようにすると面倒くさい顔をする鬼太郎。
そして、鬼太郎がため息をつきながらも、君は大事な…と言おうとすると奇妙な声が聞こえてくる。
更に目の前に妖怪「埴輪武者」が姿を見せるのだった。

その頃、ぬらりひょんは「埴輪武者は洞窟の守護者」と朱の盆と洞窟の外で話をしていた。
実は朱の盆が御神体を壊したため埴輪武者が暴れているのだ。
その光景を想像しては、ぬらりひょんは埴輪武者が洞窟の殺戮者と呼ぶに相応しい存在に成り下がったとほくそ笑むのだった。
一方で鬼太郎はリモコン下駄で立ち向かうが埴輪武者は壊れても修復されキリがない。
こうなったら鬼太郎は跡形も無くと指鉄砲を構えるが、まながこんな狭いところで指鉄砲を使ったら危ないと言って止める。
その後も埴輪武者は襲いかかってくると鬼太郎はちゃんちゃんこを手に巻きつけて攻撃するが跳ね返されてしまう。
更に埴輪武者の魔手がまなに迫る中、まなは埴輪武者が富士のエネルギーで動いていると推測。
鬼太郎が埴輪武者の攻撃を受けるようにして、リモコン下駄で真剣白刃取りするとちゃんちゃんこを巻いた腕で防御する。
そしてその隙にエネルギーをどうにかするようにまなに頼む。
まなは急いで洞窟の奥に向かう。
けれどもその道が壊れている。
周りはマグマに囲まれた場所でありどうしたらいいか考えるまな。
そこでまなは意を決して壊れた道を飛び越えると荒ぶる富士のエネルギーを吸引。
瞬間、埴輪武者の動きが鈍ると鬼太郎は霊毛ちゃんちゃんこを使って埴輪武者を退治するのでした。
それから、まなのもとに駆けつけると、誰かが御神体を壊した事を知る。
一方で足をひねったまなを心配した鬼太郎はまなをおぶって外に出て行く。
重かったでしょなんて言うまなは洞窟の外に出ると下ろしてもらおうとする。
が、鬼太郎は「大事な友達」と言ってはまなをおぶって旅館へと戻っていくのだった。

それから翌朝。
鬼太郎達に謝る寝肥りに対して気にせんでもよかと言う一反もめん。
砂かけ婆は『まさか埴輪がハニャッと暴れるとは誰も予想できなんだ。』と言うと、子泣き爺が『ハニャッ!』とビックリ。
寝肥りはこれを機に真剣にダイエットを考えると言うと大丈夫かのお?と目玉おやじたちは心配する。
すると、まなが『大丈夫!来年も再来年もその次もずーっとみんなで遊びに来て富士のエネルギーを吸い取ればいいじゃない!ねっ?』と言ってはみんなで記念の写真を撮るのだった。


そんな平和な一方で…
西洋妖怪の城ではヴィクターが実験をしていた。
しかし失敗。
ヴォルフガングが『どういうことだ?』と聞き、カミーラが『復活に必要な血は十分に足りているはずよ。何のために東南アジアまで出向いたの!』と怒る。
ヴィクターは『命のスイッチを入れるには強烈なインパクトが必要なんだ。ほかならぬバックベアードさまの命を再起動させるんだぞ!?落雷なんかじゃパワーが足りないんだよーっ!』と反論するとヴォルフガングが『そこを何とかするのが貴様の仕事だろう!』と怒るので『うるさい!うるさい!うるさーい!』と更に怒るヴィクター。
こんな状況に「チッ」と舌打ちするカミーラだが、その目の前にぬらりひょんが姿を見せる。
ぬらりくらりと城にやってきたと言うぬらりひょんは、風の噂で聞いたと言ってはお困りのようですねと話す。
そんなぬらりひょんに襲いかかるヴォルフガングを朱の盆が止めると、何をしに来たか聞くヴォルフガングにぬらりひょんの贈り物は朱の盆にも想像がつかなかったと話す。
そして、贈り物を聞くカミーラに対してぬらりひょんの手には富士のエネルギーがあり、落雷なんかとは比べ物にならないと言ってはぬらりひょんは不敵な笑みを浮かべるのだった。
それから富士のエネルギーを使用する西洋妖怪の一味。
するとベアードの鼓動を感じ、爆発音とともに不気味な笑い声が響き渡ると『我は深き眠りより今目覚めたり!』という声と合わせてベアードが復活する。
そんなベアードにぬらりひょんも頭を下げるとベアードと手を組みたいと申し出る。
『最強の敵を私たち共通の敵を倒す為に…』と語るぬらりひょんに、『面白い、話を聞こう』と言うベアード。
そんな事を知る由も無い鬼太郎達はバスで帰るなか、疲れて寝ている。
その頃、旅行にはキャンセルして行かなかったねずみ男が空を見上げては嫌な空気だと呟くのだった…。
























という事で今回は「ぶらり不死見温泉バスの旅」のお話!
今回は特に原作というのは無いですが、強いて言うなら赤舌とか大首に近いような感じもあるオリジナルのエピソードでした。
終盤近いという事もありのんびりしている鬼太郎達とぬらりひょんと西洋妖怪達で温度差が激しかったです。


さて、今回登場した妖怪は、寝肥り。
声優は、くじらさん。
『NARUTO -ナルト-』の大蛇丸や『銀魂』のお登勢さんが代表的ですが独特なボイスで好きですね。
アニメ鬼太郎4期では「ぐわごぜ」も担当。
6期では「くびれ鬼」「マンモス」に続いての出演です。
妖怪専用の宿に150年務める太った女将として今回登場した寝肥り。
荒ぶる富士のエネルギーを抑えてきたが、太った体型がゆえ役目を務められそうになくなってしまうという。
ちなみに寝肥りは、江戸時代の奇談集『絵本百物語』にある日本の妖怪の一種で、妖怪というよりは一種の病であったり、戒めであると言われてます。
その病気的に扱われていたのが、第5期第80話『美女と寝太り!連続妖怪事件』で登場した時の寝太り。
そちらでは恋人が失踪してしまった遥(声:釘宮理恵)が寝太りになるという大変なお話でしたが、今回登場した寝肥りは正式に妖怪といった感じの登場でした。


それから、埴輪武者という妖怪も登場。
声は乃村健次さんでした。
アニメ鬼太郎第5期第5話『呪われた映画』ではカメラマンの木村を演じていました。
個人的には『救急戦隊ゴーゴーファイブ』の獣男爵コボルダの声のイメージがありますが。
埴輪武者は、富士の地下にある洞窟の守護者であり、自身が守る洞窟を荒らされると...!?
埴輪武者自体はアニメ鬼太郎では初登場となります。
原作の『鬼太郎国盗り物語』の「決戦!箱根城!!の巻(原題「埴輪軍団登場の巻」「妖怪城の大攻防戦の巻」)」に登場した埴輪軍団が元になっているとも思われますが、個人的にはこの手の武者を見ると『轟轟戦隊ボウケンジャー』の埴輪武者モガリといいますかバトルフィーバーロボや『大魔神』あたりを彷彿させられますが、鬼太郎アニメでは第3期の第73話『シーサー登場!!沖縄大決戦』に登場した巨大な鎧武者なんかも似たような雰囲気を感じさせられます。

鬼太郎国盗り物語からの元ネタ?とも思えるような今回。
あの話ではぬらりひょんが鬼太郎達妖怪側につき凶王との戦いになるというものでもありましたが。
今作ではぬらりひょんが黒幕に埴輪武者を暴れさせて更には富士のエネルギーを集めさせてはそれを使ってベアードを復活させるという、クライマックスに向けて一気に動かしましたね!

クレオンではありませんが、こちらでも白石涼子さん演じるヴィクターが暴走している感じもありましたが、落雷のエネルギーよりも強い富士のエネルギーをぬらりひょんに貰い復活したベアード。
そのベアードと協力するぬらりひょん。
実質的に妖怪の帝国が力を合わせる感じですが、どっかでぬらりひょんは裏切りそうな気もします。
鬼界ヶ島での戦いみたいになるのかそれ以上の戦いが待ち受けているのか?
とりあえずそれなりにまとめてくれるのが一番良いです。
合わせて最終回間近?な感じですけど今期のまなちゃんとは別れる終わり方になるのかな??
3期のユメコちゃんと同じパターンはスタッフ的に嫌いそうだから違った感じにしそうな気がするのですが、その辺も気になりつつ、きっと石動と伊吹丸の再登場もあり得る気がするので益々個々のキャラクターがどれだけ扱われてストーリーがまとめられるのかは結構心配なところ。
西洋妖怪絡むならアニエス達も?今期はオリジナルのキャラクターが多すぎで大変そうです。


とまあ、先の心配はとりあえず置いておいて。
今回の砂かけ婆の『まさか埴輪がハニャッと暴れるとは誰も予想できなんだ。』と言う台詞はアドリブかな?
分かる人には分かる田中真弓さん主演声優を務めた『おーい!はに丸』という着ぐるみ劇の「はに丸」の口癖が「はにゃ」なんですよね!
確かに埴輪武者に似てない事も無いかな?(笑)

それから、ねずみ男のようにフードを被って変装したまなちゃんは宛らねずみ女というべきかと思ってしまったりも。
ちなみに、ねずみ女というのは水木しげる先生の短編作品にも登場した事があり、ねずみ男の妹だと公言(正確にはお兄ちゃんだと言ったり)したりしていました。
まあ、まなちゃんの場合はただねずみ男みたいなフードを被っただけなのでねずみ女みたいに顔がそっくりって訳じゃないですが(笑)
あと、今日は富士山の日でもあるそうで、狙ったのか狙ってないのか分かりませんが偶然にも面白いネタになってます。





今回のアイキャッチはこちら!!







次回は第95話『妖怪大同盟』

次回は3月15日(日)の放送。そして残り3話になります!



『講談社キャラクター文庫 小説 ゲゲゲの鬼太郎 〜朱の音〜』が限定版と通常版で3月25日(水)発売!
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」制作陣による書き下ろし短編集第2弾!限定版には、「特製 HG GIRLS ねこ娘フィギュア ノワール Ver.」がついてきます!

【収録内容】
●大野木 寛 「Mと呼ばれた男―ラ・セーヌ外伝」「陰摩羅鬼・外伝」
●市川 十億衛門 「怨ライン奇譚」「鬼太郎の『だから言ったじゃないか』シリーズ」
●金月 龍之介 「怪物マチコミ」
●永富 大地 「ねずみ男ハードボイルド」


小説 ゲゲゲの鬼太郎 〜朱の音〜 (講談社キャラクター文庫) [ 水木 しげる ]


小説 ゲゲゲの鬼太郎 〜朱の音〜 限定版 (講談社キャラクター文庫) [ 水木 しげる ]

通常版は700円(税別)、限定版は4,500 円(税別)






Last updated  2020.02.23 14:52:14
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.