1029265 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(19)

スーパー戦隊関係

(17)

魔進戦隊キラメイジャー(2020年作品)

(4)

騎士竜戦隊リュウソウジャー(2019年作品)

(48)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年作品)

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年作品)

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー(2016年作品)

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)

(12)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(42)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(27)

仮面ライダーゼロワン

(28)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(40)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(96)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎ほか 水木しげる作品

(23)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(24)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

未来少年コナン 感想

(18)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(24)

ルパン三世

(11)

アニメ全般

(10)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(124)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(63)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2020年代前期)

(6)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(86)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(15)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(26)

訃報・お悔やみ

(13)

Favorite Blog

『深海少女』 New! RGM-122Rさん

コリアタウン鶴橋 New! モイラ2007さん

仮面ライダーゼロワ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2020.02.26
XML
☆激走戦隊カーレンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



第3話「正義の初心者印〈マーク〉」
脚本:浦沢義雄
監督:坂本太郎
登場した敵:ボーゾックの根性叩き直し屋・RRリー(声:細井治)
1996.3.15



★あらすじ★
ボーゾックのRR(リーリー)リーが、チーキュの根性を叩きなおしに現われた。一方、恭介は、5人いなくたって戦えるだろうと抜けてしまう。4人になってしまったカーレンジャーは倒されてしまい……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1996年から1997年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第20作目「激走戦隊カーレンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第3話になります(*´∇`*)



ペガサスに出社する社長だが、愛車が壊れてしまったらしい。
車を必死で押して来ては『おい故障だ!見てくれ!』と作業場に入る社長。
しかしそこには誰もいない。
なぜならジャージ姿の恭介たちは河川敷をランニングしてダップにトレーニングされていたからだ。
階段を昇り降りしたり、腰にロープを巻きつけてタイヤを引っ張りながらランニングしたりと如何にもなスポ根もの。
『まさか激走戦隊カーレンジャーが地球の平和を守るためのトレーニングで車のタイヤを引っ張るとは思わなかった…』と言うなか、そこに社長が現れると『お前たち、そこで何してるんだ!』と言われてしまう。
慌てる恭介たち!だが、運動不足と誤魔化しながら『社長の方こそ、こんなところに何の用が?』と聞く為、社長も『あ、そうだ。私の車が故障したんだよ』と答える。
これに恭介が『あの名車が?』と聞くと『早速直さなきゃ!』となり、トレーニングを止めてみんなは会社に戻るのでした。
その頃、ボーゾックの根性叩き直し屋RRリーがチーキュの真面目な奴らの根性を叩き出して立派な不真面目にする為に東京に舞い降ります。
早速、どいつから根性を叩き直すか考えるRRリー。
すると、住宅街をちょっと豪華な奥様が歩いているのでRRリーは挨拶をする。
が、出くわすなり悲鳴を上げる奥様は再度確認してはまた悲鳴を上げて逃げていく。
それを見て『俺の怖い顔を見て悲鳴を上げ逃げるとは、常識のあるオバサンだ。根性を叩き直して非常識にしてやるぜ』と言うRRリー。
奥様は慌てて大きな邸宅に帰宅すると、そこにはおやつを楽しむ息子がおり『母ちゃん、どうしたの?』と聞かれる。
慌てながら『かかか…怪物が!』と言うお母ちゃんに『どんな顔してたぁ!??』と息子が聞くと、そこにRRリーが家まで追いかけて『こーんな顔だぜぇ!』と現れる。
その事態に目を真ん丸にして驚く息子の傍では逃げ回るお母ちゃんの姿が。
更に「まてぇー!」と追いかけては大きなハンマーを振りかざすRRリー。
『お前の根性を叩き直してやるぜ!』と言ってはハンマーを振り下ろす為お母ちゃんはとっさに掃除機でガードをする。
すると、掃除機にRRリーの胸のマークと同じ跡が付き予想外の出来事に戸惑うのだった。
その頃、バリバリアンのBBサロンでは『RRリーをチーキュに送りチーキュの真面目な奴や真面目な物の根性を叩き直し立派な不真面目にさせチーキュにパニックを起こしその隙に…愛しのゾンネットちゃん!』と言ってはゾンネットの大好きなチーキュの宝を全て奪ってチーキュを打ち上げ花火にするという作戦だと説明するガイナモがいた。
『ガイナモ。あんた、すごーく頭いい』と言うゾンネットに褒められてはデレデレするガイナモ。
そんななか、ゼルモダは「バカ」と囁きながらRRリーが張り切っていた事を話す。
ところが、ガイナモはRRリーが作戦に成功すればゼルモダに代わり副長にするという約束をしていたと聞き焦るのだった。
一方で恭介たちは社長の車を修理していた。
原因もわかり安心する社長。
そんな時、恭介は『社長!この車、修理が終わったら俺にテストドライブさせてもらえませんか?』と提案すると、走行中のエンジンの調子も調べておきたいと話す。
これに頼むわと言う社長だが恭介は『本当はこの車、前から一度運転してみたかったんだ』と内心では喜ぶのでした。
と、そこに『父ちゃん!』と男の子がやって来ると『お、市太郎。どうした?』と返事する社長。
『母ちゃんが大変!』と言う男の子は実は社長の息子で、奥様は社長の妻だったのでした。
そんな奥様は不真面目になった掃除機に襲われていた。
間違えて掃除機の根性を叩き直したRRリーでしたが、真面目な掃除機は不真面目な掃除機になり人間を吸っているのでした。
そんな話を聞いた社長は市太郎と急いで家に向かうのでした。
と、そこにダップが現れると『ボーゾック発生。激走戦隊カーレンジャー出動!』と言う。
一同は早速社長宅へ向かおうとするなか、恭介は『俺、行かない』と言うのでみんなは振り返る。
なんと恭介は『別に5人で行かなくても、地球の平和は守れるんじゃないの?』と言うのだ。
これを聞いたダップだが、今は恭介の事より地球を守ることの方が先だとすると、恭介以外の4人はカーレンジャーに変身してスピーダーマシンに乗って出撃するのだった。
その後、不真面目になった家具たちが飛び回っては社長一家を襲っている為、社長たちは逃げ惑っていた。
そこに駆けつけてきたのが4人のカーレンジャー。
ブルーレーサー、グリーンレーサー、イエローレーサー、ピンクレーサーと名乗るとRRリーが『お前たちの根性も叩き直してやるぜ!』と言うため戦闘に。
グリーンはピットインダイブを、ブルーはヘアピンキックを、イエローはチェッカーチョップを、ピンクはホイルスピンキックを披露しながらRRリーの相手をする。
これを見てダップは『恭介の言う通り4人でも勝てそう』なんて思うのだった。
一方で恭介は車の修理を続けている。
さらに、ゼルモダとグラッチが話し合いをしており、グラッチはゼルモダに副長の座を守る為にもワンパーを出さない方がいいなんて言う。
そんなグラッチはガイナモにゼルモダがRRリーを見殺しにすると告げ口しては、怒ったゼルモダは出しゃいいんだろうと開き直るのだった。

それから、RRリーのもとにゼルモダが現れるとワンパーたちを繰り出す。
戦いのなか、不真面目なワンパーが間違って真面目になったりしつつも数が増えた事で追い込まれるカーレンジャーの4人。
ダップも『やはり激走戦隊カーレンジャーは5人じゃないと勝てない』と気づくのだった。
その頃、恭介は修理を終えて念願のテストドライブに出かけていた。
クラシックカーに『まったく、お前ってヤツは…可愛い車だぜ』とウットリするなか『お前みたいな車を運転するのが俺の夢だったんだ。でも、お前よりもずっと凄い車を俺は作ってみせるぜ!いつかきっと…』なんて言いながらクラシックカーを走らせていた。
そこにブルーレーサーたちが飛んでくると慌てて駆け付ける恭介。
更に、RRリー達も現れるとクラシックカーの根性を叩き直され、クラシックカーが姿を変えてしまう。
それを見て『俺が心を込めて愛して修理した車がこんな下品な姿に!』と、驚きショックを受ける恭介。
恭介はクラシックカーを守りつつ、必死で戦う仲間たちの姿にを見ては『俺が自分のことしか考えなかったから、みんなが苦しい戦いをしている。』と自分勝手な振る舞いを反省しだす。
そして『俺は、俺が激走戦隊カーレンジャーであることを忘れていた。俺は、俺の夢も大切にしたかったんだ。でも俺は、激走戦隊カーレンジャーだ!何よりも先に地球の平和を守る為にボーゾックと戦う事が俺の使命なんだ!』と恭介がぶつぶつ言っていると恭介を呼ぶダップの声が聞こえ『恭介!さっきからそこでなにを一人でぶつぶつ言ってんだ!はやく戦えだっぷ!』と言う。
それから恭介もレッドレーサーに変身するとドライビングアタックでRRリーを攻撃。
みんなで力を合わせてボーゾックを倒す事にすると5人揃ったカーレンジャーがバイブレードで斬りかかる。
その後もバイブレードフルパワーにするレッドレーサーに続いてフルパワーにしていくブルーとグリーン!
ところが、RRリーは高層ビルの根性を叩き直そうする為、そんな事したらビルが不真面目になって中の人が大変な目にあってしまうと、慌てて阻止しようとするカーレンジャー。
オートパニッシャーで攻撃し、ギガフォーミュラーを呼ぶと、それぞれフェンダーソード、マフラーガン、エンジンキャノン、サイドナックル、バンパーボウを手に戦いだす。
次々とワンパー達を退治するなか、レッドレーサーはゼルモダと一騎打ちにもなる。
けれどもゼルモダは危なくなると逃げだし残ったRRリーは、ビルを叩き直そうとしていた為、カーレンジャーは急いでフォーミュラーノバに組み替えてはRRリーにトドメを刺すのだった!
これにより、暴れていた不真面目な家具たちも地面に落ちては動かなくなる。
そんな事態に呆然とする社長達でしたが社長は呑気に『ママ、引っ越しセンターに電話して!』と言うのでした。
それから、クラシックカーも元どおりになると『あっ!私の車だ』と社長が発見する。
ついでに息子が『あっ!カーレンジャーだ』と見つけると、カーレンジャーは手を振る。
そこで社長の妻が『記念にサインしてもらいましょ』なんて言うと社長も『そうだ。社員たちに自慢してやろう』なんて言う。
案外、人気者のカーレンジャー…。
けれどもカーレンジャーは「おい…」なんて小声で言っては小突き合いして困惑するのだった。
その後、社長たちが会社に戻るとシャツやハンカチーフのサインを見せびらかすも『誰もいないじゃないか!』と息子は叫ぶのだった。
一方で恭介たちは再びダップにしごかれていた。
タイヤを抱える5人の姿。
洋子は『もーやだぁ~』なんて悲鳴をあげるなか、恭介は『やっちゃいられないよ』とジュースを飲んではサボろうとしていた為ダップに強制連行。
結局のところ、みんなの分のタイヤを引きずらされることになった恭介だったのでした!






















という事で、今回は第3話。
まず、今回登場した敵は「ボーゾックの根性叩き直し屋・RR〈リーリー〉リー」
真面目な人間を「根性叩き直しハンマー」を使って不真面目な人間に変えてしまおうとしました。
声を担当された細井治さんは後に『忍風戦隊ハリケンジャー』磁石忍者ジシャックモの声、『特捜戦隊デカレンジャー』スケコ星人マシューの声も担当されます。

今回、社長の妻と息子が初登場!
妻の名前は天馬良江で演じたのは岩崎良美さん。
息子の名前は天馬市太郎で演じたのは寺岡龍治さんでした。
なんというか市太郎くんの立ち位置が『うたう!大龍宮城』のタローくんっぽく感じるのは丁度平行して観ているからかな?
なお、奥さんを演じた岩崎良美さんはあの歌手としても活躍されている岩崎良美さん!
定番なのは『タッチ』の主題歌でしょう!!お姉ちゃんの方が知名度が高い気もしますけど良美さんも負けてはいませんね!
なんといいますか『燃えろ!!ロボコン』の未唯さん(ピンク・レディー)ですとか、『特捜戦隊デカレンジャー』の石野真子さんですとかお父様をターゲットにしたアイドル起用って良きものがあります(*´∀`*)
しかも恭介の岸祐二さんと社長のエド山口さんはロボコンにもデカレンジャーにも関わりがあったというのも面白いところ。


そんな今回は恭介が一人だけサボるというか別行動をしちゃってカーレンジャーの力が発揮できないという展開。
個人行動も時と場合によってはダメだよという教訓ものでもあり、こういうところが戦隊らしく描かれつつしっかりとギャグにもするあたり流石だなぁと感じました。


最後に、今回はグリーンレーサーである上杉実を紹介!
ペガサスに営業マンとして勤務している青年で大阪府の出身。
阪神タイガースをこよなく愛しており、バリバリの関西弁を使う陽気な性格で、超がつくほどのひょうきん者。
そそっかしい性格ではあるが、営業には一生懸命。
しかし、頑張りすぎてダウンすることもある。
商魂たくましい営業マンではあるが、人に頼まれると嫌とは言えない生真面目な性格。
年上としての威厳はもち合わせていないが、皆を明るくするムードメーカーではある。
恭介とのコンビではボケ担当。
24歳。給料は17万8000円。
演じたのは福田佳弘さん。
カーレンジャーよりも前の『五星戦隊ダイレンジャー』にも若者として出演されていたり、後に『ビーロボカブタック』『テツワン探偵ロボタック』にもゲスト出演。
現在は引退しており結婚後は子育てに専念しているとのこと。(2007年情報)





次回は『巨大化に赤信号』

信号は青でも注意して渡らなきゃダメよ!





激走戦隊カーレンジャー1[2枚組] [ 岸祐二 ]



[送料無料] 激走戦隊カーレンジャー VOL.1 [DVD]







Last updated  2020.02.26 02:25:04
コメント(0) | コメントを書く
[激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.