1312935 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(19)

スーパー戦隊関係

(21)

魔進戦隊キラメイジャー(2020年作品)

(13)

騎士竜戦隊リュウソウジャー(2019年作品)

(48)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年作品)

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年作品)

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー(2016年作品)

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年作品)

(14)

忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)

(16)

激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)

(30)

超獣戦隊ライブマン(1988年作品)

(6)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(52)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(32)

仮面ライダーゼロワン

(37)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大龍宮城(1992年作品)

(51)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(97)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎ほか 水木しげる作品

(25)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(24)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

未来少年コナン 感想

(26)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(26)

ルパン三世

(11)

アニメ・特撮 全般

(11)

スーパー戦隊ソング

(130)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(64)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(41)

ガンダムソング

(10)

ポケモンソング

(56)

アニメソング(2020年代前期)

(6)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(119)

アニメソング(1980年代)

(86)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(16)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(15)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(26)

訃報・お悔やみ

(15)

Favorite Blog

SO-DO CHRONICLE 仮… New! RGM-122Rさん

結婚式ごっこ【仮面… New! スリッパ8343さん

近ごろひどい居眠り…… モイラ2007さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2020.04.08
XML
☆激走戦隊カーレンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



第16話「ワル知恵合流注意」
脚本:浦沢義雄
監督:坂本太郎
登場した敵:JJ〈ジェージェー〉ジェットン(声:高戸靖広)
1996.6.14



★あらすじ★
ボーゾックの要請でやってきた「宇宙の悪のコンサルタント」こと、リッチハイカー教授はJJ(ジェージェー)ジェットンを使い、カーレンジャーを騙そうとするが……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1996年から1997年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第20作目「激走戦隊カーレンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第16話になります(*´∇`*)



ペガサス社内に置かれた社長の車で居眠りをする恭介。
『ゾンネット…とりあえず友達から始めようね』なんて寝言を言っていると『居眠り運転、事故の元!』とシグナルマンが現れてはホイッスルを鳴らして恭介を起こす。
シグナルマンはコバーンベースをペガサスの敷地内に設置していたのだ。
『困るよこんなもん!』と困る恭介だが、シグナルマンは全く話を聞かずにさっさとパトロールに出かけてしまう。
颯爽に走り去るシグナルマンを見送る恭介。
だが『シグナルマンのヤツ、偉そうに。いっつも俺たちカーレンジャーの邪魔ばっかりするくせに!地球の安全は俺たちカーレンジャーに任せろって言うの』と文句を言ってはコバーンベースに入りあるものを目にするのだった。

その頃、ボーゾックでは大きなホールケーキを前にざわざわしていた。
どうやらゾンネットの特別注文のケーキらしい。
だが当のゾンネットは地球を見ながら『レッドレーサーのバカ。私の純愛を土足で踏みにじって』と怒りを露わにすると、ケーキをヤケ食いして高カロリー女になろうとする。
ところがケーキはガイナモ達がこぞって口に含んでいた。
『せっかく私がヤケ食いしようと思ったのにぃー!!』と更に怒り頭を抱えて悲鳴をあげるゾンネット。
そんなゾンネットにガイナモは『ゾ、ゾンネット、何でもするから許しておくれ』と謝ると、ゾンネットは『ホント?じゃ今すぐ、チーキュを花火にしちゃって』と命令する。
だがうまく行かないと言うガイナモ。
行き詰まりを感じてしまっていたのだ。
そんななか、グラッチが『そうだ』というと、宇宙の朝刊に織り込まれていたチラシを取り出す。
「行き詰まった宇宙の悪党の皆さんへ!お安くお手伝いします 悪のコンサルタント リッチハイカー教授」と書かれたチラシだった。
それを聞いて『お安くお手伝いします?そこが気に入ったぜ。おいグラッチ、今すぐ電話をしろい』と言うガイナモに「グラッチ」と返事をしてはグラッチは直ぐに電話をかける。
すると、直ぐにバリバリアンに1人の宇宙人が姿を見せる。
彼こそが宇宙の悪のコンサルタント、リッチハイカー教授。
リッチハイカーは「悪のコンサルタント リッチハイカー教授 WXΣΦP-3A010 TEL868-315」と書かれた名刺をガイナモに渡すと、ガイナモも自己紹介をする。
するとゾンネットがガイナモに耳打ちして信用できるのか問う。
安けりゃいいってモンじゃないと思うと言うゾンネット。
しかしガイナモは安けりゃいいってもんだと答えるとリッチハイカー教授と協力する事にする。
そしてガイナモはカーレンジャーを倒してチーキュを花火にしてもらいたいと依頼すると、リッチハイカーは『1たす1は』とボーゾックに質問し、「3」と答えたバカな「JJ〈ジェージェー〉ジェットン」を借りていくことにするのだった。
その頃、ペガサスではコバーンベースが邪魔だと議論をしていた。
すると丁度シグナルマンが戻ってくる。
そこでコバーンベースを移動するように言い出す実だが、シグナルマンも怒りを露わにしながら『激走戦隊カーレンジャーはどこだ!』と怒鳴ってくる。
どうやらカーレンジャーが本官の留守中にコバーンベースに入って本官の悪口を言ったのだそう。
その証拠はシグナイザーの中に入っており、シグナルマンが再生すると「シグナルマンのヤツ、偉そうに」と恭介の声がする。
思わず反応する恭介だが、どうもしないと言うとシグナルマンは続きを再生。
動揺する恭介に「しゃべるな!」と殴ってはツッコミを入れる実。
恭介の声の再生が終わるとシグナルマンは改めて「カーレンジャーがいたハズだ」と声を荒げる。
その時、洋子が機転を利かせて「あっち!」と指差すとみんな揃って指を指す。
それを聞き協力に感謝するシグナルマンは再びバイクに乗って走り出す。
恭介は『あのシグナイザーとかいうもんに録音機能があるなんて思わなかったよ』とホッと一息入れる。
と、そこにダップが姿を見せると「ボーゾック発生」を知らせるのでカーレンジャーはスピーダーマシンに乗って出動。
発生現場と思しき場所に到着すると、奥にいたリッチハイカー教授が『静かに!ただいま、正しく真面目に立ち直ろうとしている、元ボーゾックのメンバーのJJジェットンくんがお勉強中です』と言い出す。
そこには学生服を着たJJジェットンが勉強をしており、1454年オスマン=トルコはビザンティン帝国の首都コンスタンティノープルを占領し…と世界史らしき勉強をしていたのだ。

それから、呆気にとられるカーレンジャーでしたが、リッチハイカー教授は『全宇宙ボーゾックを真面目に立ち直らせる会、会長のリッチハイカー教授です』と言ってはレッドレーサーに「全宇宙ボーゾックを真面目に立ち直らせる会」と書かれた真っ赤な名刺を渡す。
1人ずつ真面目に立ち直らせてはボーゾックを解散に追い込み、宇宙交通戦争の無い世の中にするのがリッチハイカー教授の願い。
それを聞いたグリーンレーサーはなかなかえらいやっちゃと頷く。
それからお茶の時間にしませんかというリッチハイカー教授だったが、そこにシグナルマンが参上。
慌てて顔を隠すリッチハイカー教授。
だが、シグナルマンは本官の悪口を言った罪でカーレンジャーを逮捕しようとする。
そんななか、リッチハイカー教授に気がつくと『どこかで会ったような』と言うシグナルマン。
リッチハイカー教授はシグナルマンにも名刺を渡すと自己紹介するが、シグナルマンは『リッチハイカー教授?なんか胡散臭い名前だな。身元がはっきりするまで、あなたも逮捕する』と言う。
それを聞き、リッチハイカー教授がいい人だと思い込んでいるカーレンジャーはシグナルマンを阻止して追い出そうとする。
その時、『シグナルマンさん』と呼んでリッチハイカー教授はシグナルマンを呼び止めると『肩に、ゴミが』と言ってはシグナルマンの肩に触れ、逆の手でこっそりシグナイザーを抜き取る。
だが気付かないシグナルマンは感謝するとカーレンジャーと共に撤退するのだった。
それから『何故あの時の宇宙警察官がチーキュに居るのだ?』と考える。
リッチハイカー教授は過去にも罪を犯して捕まっていたのだ。
そんな事をバラされる前に、リッチハイカー教授はシグナルマンを片付ける事にするのだった。
その後、シグナイザーを無くしたと気付いたシグナルマンは探していると攻撃を受けて檻に囚われてしまう。
そこにリッチハイカー教授が姿を見せると『お待ちしておりました。お忘れですか?シグナルマン。わたくしリッチハイカー教授の正体は宇宙の悪のコンサルタントです!この度はボーゾックに雇われました』と正体を明かす。
そしてカーレンジャーを倒す前にシグナルマンを倒すと宣言する。
更にそこにJJジェットンが現れるとシグナイザーを放ち、更に更に爆弾によって大爆発が起きるのだった!
その頃、カーレンジャーの秘密基地ではダップが赤い名刺を見て『全宇宙ボーゾックを真面目に立ち直らせる会会長、リ~~~ッチハイカー教授』と言うのでみんなはズッコケ、実は普通に読めよと突っ込みまでしてしまう。
それからなんか怪しいなと言うダップだが、そんな事無いと言われてしまう。
すると秘密基地内にボーゾック発生を知らせるサイレンが鳴り響くので再び出動するカーレンジャー。
そんなカーレンジャーの前にJJジェットンが現れると美しい公園に捨てられた空き缶を拾っていると話す。
そこでリッチハイカー教授の居場所を聞くと、皆さんをお待ちしていると言ってはパーティに招待するのだった。
その頃、燃え盛る瓦礫の中からシグナルマンは復活。
一方でリッチハイカー教授は毒をワインに仕込みカーレンジャーに飲ませようとしていた。
そんなリッチハイカー教授のもとにカーレンジャーが到着すると、JJジェットンがボーゾックから立ち直ったのを記念したパーティとしてカーレンジャーに毒入りのワインを振舞う。
何にも怪しまないカーレンジャーは意気揚々と乾杯をする。
その時、銃撃がグラスに当たり、カーレンジャーが振り返えると傷だらけのシグナルマンが銃を構えて歩いてきた。
カーレンジャーが傷のことを聞くと『ボーゾックに雇われた悪のコンサルタントにやられた』と答えるシグナルマン。
だがリッチハイカー教授は『それはそれはお気の毒に』と惚ける。
そんなリッチハイカー教授にシグナイザーを向けて『惚けるな、リッチハイカー教授! 証拠はコレだ』と言って、シグナイザーからリッチハイカー教授の正体を語る声が再生される。
これにはカーレンジャーも正体に気付き、リッチハイカー教授ももう少しでカーレンジャーを倒せるところだったと憤怒する。
そこからは力付くの戦いに!
ワンパーもシグナイザーのガンモードからスマッシュビームを撃つ。
JJジェットンをカーレンジャーに立ち向かうと攻撃開始。
プロレス技を繰り出したり格闘戦が繰り広げられるなか、カーレンジャーの必殺技が次々とJJジェットンを追い詰めていく。
そこで危うくなるとリッチハイカー教授が芋長のイモヨーカンを取り出してJJジェットンを巨大化させる。
急いでカーレンジャーがレンジャービークルを呼ぶが、巨大化したJJジェットンの攻撃が妨害してくる。
そこでシグナルマンもサイレンダーを呼びだすと、シグナルフラッシュで攻撃し、その隙にロボモードになるとJJジェットンを食い止める。
その間にRVロボも完成するとRVロボ浪速蹴りを炸裂させる。
更にサイレンダーと協力攻撃をすると、最後はRVソード激走斬りでトドメを刺し、その間にリッチハイカー教授は撤収するのだった。


それから、バリバリアンに戻ったリッチハイカー教授は『危なかったなぁ~』と言っては息を整えるが目の前には怒りの顔を見せるボーゾックの面々が。
それでもリッチハイカー教授は『いやぁ、カーレンジャーなんて楽勝じゃ無いですな。まぁまぁまぁ、お任せください。今回はJJジェットンくんが今ひとつ力不足だったからぁ…』と誤魔化すと、本日のコンサルタント料を請求する。
その金額は初回特別割引で「1800万円」
ガイナモは『なんだこれはぁ?』と戸惑いながらもダメと言って請求書を破る。
それに対して「1万8000円」やら「1800円」とまけていくリッチハイカー教授。
だがガイナモは『お願い、タダにして?』とおねだりするのでした。





























という事で、今回は第16話。
まず、今回登場した敵は「JJ〈ジェージェー〉ジェットン」
宇宙のゴロツキで、真面目になる振りをしてカーレンジャーに接近し、襲いかかった。
ジェットンの真の姿は、頭はかなり悪く凶暴だが、プロレスの技は得意らしい。
声を担当されたのは高戸靖広さん!
『ビックリマン』の聖フェニックス、ヘッドロココ、アンドロココや『美少女戦士セーラームーン』のアルテミスや『ゲゲゲの鬼太郎(第4期)』のさら小僧、オバリヨンなどで東映アニメに縁が深い方。
特撮作品では『重甲ビーファイター』の合成獣ガリネーズの声で初参加。
スーパー戦隊では本作が初参加で以後も怪人枠を担当。
『魔法戦隊マジレンジャー』では魔導神官メーミィ、天空聖者ライジェルの声も担当。
『非公認戦隊アキバレンジャー』では塚田Pの声もやってました(笑)
現在も『魔進戦隊キラメイジャー』でクランチュラの声を担当しています。


今回は、リッチハイカー教授の登場回!
リッチハイカー教授は、宇宙で暗躍する悪のコンサルタント。
インテリタイプでプライドが高いが、その本性は短気でサディスティック。
ボーゾックのメンバーに悪の作戦を伝授し、地球人たちを苦しめていきます。
声を担当されたのは田中信夫さん。
『TVチャンピオン』のナレーションとしても知られ、『超人バロム・1』『アクマイザー3』のナレーションや『秘密戦隊ゴレンジャー』の初代ナレーションなど担当。
『轟轟戦隊ボウケンジャー』ではミスター・ボイスの声も担当され『非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛』では本人役としても出演されました。
個人的には『名探偵コナン』の茶木神太郎も印象的。
田中信夫さんも残念ながらお亡くなりになってしまいましたが、リッチハイカー教授も好きなキャラクターです!


数話前からカーレンジャーの仲間にシグナルマンが登場して賑やかになりましたが、ボーゾック側にも新たにリッチハイカー教授の追加となるのが本エピソード!
前回のレッドレーサーの件でイライラしていたゾンネットが楽しみにしていたケーキを食べてしまったガイナモが早急にチーキュを花火にするように言われて何とかしようと呼び出したのがリッチハイカー教授。
おバカなJJジェットンに勉強させボーゾックから立ち直ったように見せてカーレンジャーを油断させては毒入りワインで倒そうとしました!
しかしながらカーレンジャーのメンバーの一部は未成年でもあるのですが…(笑)野暮な事はやめておこう。
一方でシグナルマンも始末しようとしたリッチハイカー教授。
なんとかシグナルマンは無事だったり、冒頭の恭介の悪口を録音していたシグナイザーを利用してリッチハイカー教授の悪事をバラすなど、コミカルでありながら上手いこと話を作っているのはお見事でした!
シグナルマン的には結局カーレンジャーへのお咎めは無しっぽいですが。
それから、落ちとなる部分もボーゾック側で締めるあたりも面白いのが今回。
リッチハイカー教授はガイナモにコンサルタント料を請求しますが、ガイナモは頑なに拒むのも笑えてしまいます!
なにかと名前を伸ばすのもカーレンジャーらしく、ダップまで名刺を読んでは名前を伸ばしズッコケられたのもコミカルでした!





次回は『押し着せ正面衝突!』

車の窓から手や顔を出すと危ないぞ~。あいたっ





激走戦隊カーレンジャー2[2枚組] [ 岸祐二 ]


激走戦隊カーレンジャー VOL.2 [DVD]










Last updated  2020.04.08 04:15:51
コメント(0) | コメントを書く
[激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.