1777780 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(22)

スーパー戦隊関係

(21)

魔進戦隊キラメイジャー(2020年作品)

(23)

騎士竜戦隊リュウソウジャー(2019年作品)

(48)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年作品)

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年作品)

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー(2016年作品)

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年作品)

(51)

忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)

(20)

激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)

(48)

超獣戦隊ライブマン(1988年作品)

(14)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(52)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(34)

仮面ライダーゼロワン

(47)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大龍宮城(1992年作品)

(51)

東映特撮感想

(5)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(97)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎ほか 水木しげる作品

(33)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(24)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

未来少年コナン 感想

(26)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(26)

ルパン三世

(11)

アニメ・特撮 全般

(11)

スーパー戦隊ソング

(141)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(69)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(41)

ガンダムソング

(10)

ポケモンソング

(55)

アニメソング(2020年代前期)

(7)

アニメソング(2010年代後半)

(109)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(119)

アニメソング(1980年代)

(87)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(16)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

好きな音楽〜主に一般的な歌

(1)

読書ルーム〜小説やら文学と共に

(1)

漫画・書籍

(15)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(26)

訃報・お悔やみ

(16)

Favorite Blog

星のカービィ フチに… New! RGM-122Rさん

仮面ライダーゼロワ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん
  ★モイラの名画… モイラ2007さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2020.05.18
XML
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之十二「テッコツと父娘〈おやこ〉」
脚本:荒川稔久
監督:橋本一
登場した敵:クグツ忍 メタル忍者テッコツメーバ(声:今村直樹)
2002.5.5



★あらすじ★
ハリケンジャーとテッコツメーバとの激突! 復活したハリケンジャーの攻撃は超強力、巨大化再生が出来ないくらい粉々にする。ハリケンジャーとおぼろ博士は喜ぶが、ハムスター館長だけは厳しい態度。その上、おぼろに轟雷神の秘密が掴めないことを非難めく。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第12話になります(*´∇`*)



闇夜の中、メタル忍者テッコツメーバを追いかけるハリケンジャーの3人が居た。
行き先をモニターするおぼろ。
だが、ハムスター館長に何をグズグズしてると言われると、慎重になってるだけと言い返す。
するとテッコツメーバが鉄骨を武器にするので、ハリケンブルーは水中から、ハリケンイエローはマンホールから現れたりして行き場を塞ぐ。
そこで道端の車と同化するテッコツメーバは逃げ出し、ビルと同化しようとする。
そこにハリケンレッドがハリケンウインガーで登場すると車を攻撃して横転させる。
更に超忍法影の舞で攻撃。おぼろの指示で七海が先頭に立って三重連トリプルガジェットで攻撃するとテッコツメーバを撃破。
花火みたいに爆発すると粉々になるのだった。
そんな相手を弱すぎると言うハリケンジャーだが、ハムスター館長は油断するなと言うと警戒を続けるように指示。
そんななか、花火の破片がビルにくっつくのだった。
それから朝になると、手応えバッチリと喜ぶ3人は研究所に戻る。
そんな姿を影で見ているのは霞兄弟。そして妙にビルが歪むのだった。
その頃、ジャカンジャではフラビージョがテッコツメーバを落第にしていたが、テッコツメーバはサーガインの配下でサーガインが待てと言って止めると負けたわけではないと言う。
テッコツメーバは最弱の傀儡だが、最弱だからこそ最強になれる力を持っている。
ハリケンジャーが油断している合間にも作戦は深く静かに進行しているのだった。
一方でハリケンジャーの3人はおぼろにホテルのレストランでのフルコースに誘われ、たらふく食べてゲームでもカラオケでも買い物でも好きなだけしていいと言い出す。
しかし、それが気に入らないハムスター館長は念の為に警戒は続けるべきと主張する。
更に、おぼろに轟雷神の秘密のことを聞くと、おぼろは『たまにはええやろ!みんなギリギリの戦いしとるんやで』と反論する。
すると館長は『疾風流忍者の一員なら当然だ、直ちに警戒態勢に入れ』と言う。
そこで、おぼろが館長を玉の中に入れると発射させ現場の調査に行かせると、みんなはそのまま出かけるのだった。
その頃、サーガインはテッコツメーバに状況を聞いていた。
状況は、じわじわと育っているらしい。
と、そこに館長の入った玉が飛んでくるとサーガインが剣で跳ね飛ばし、館長は全然違うマンションに到着するのだった。
そこで岡ユリコという女の子が館長を見つけると、仲良くしようねと言う。
その頃、おぼろ達はゲームセンターで太鼓の達人を遊んだり、競馬のゲームやガンシューティングで大はしゃぎ。
次はカラオケだと盛り上がるなか、吼太が『待ってください』と言って止める。
いつものおぼろと違うからだ。
一方で館長はゲージから脱出しようとしていたがユリコに見つかり、逃げたりしないでと言われていた。
ユリコは、また一人きりになってしまうかららしい。
同じ頃、ハリケンジャーの3人はおぼろと公園に。
そこで轟雷神の調査がうまく進んでいないと話すおぼろ。
焦って不安になっている。それなのに父である館長はガミガミガミガミ。昔からそうだったのだ。
一方でユリコのパパとママはお仕事でいつもいないと館長に話をしていた。
パパとママは一番が好きなだけで自分の事は嫌いなんだとユリコは言うと『そんなことはない』と館長が喋る。
その証拠に、一番になれなかった時の賞状だって飾られている。
それが大好きだっていう証拠。
親とは子供の事が大切で心配だから厳しくしてしまうのだ。
その頃、おぼろは『けど、お父ちゃんは厳しすぎる』と言っては立ち上がりカラオケに行く気満々になる。
すると鷹介が『そんな事ないっすよ』と言うと、偶然見ちゃったと言っては館長の日記の話をする。
年頃の娘が外出せず戦いに明け暮れる様を見るのは父としても辛いところじゃ。一日も早く戦いを終わらせてやりたい。そして一日も早くおぼろにウェディングドレスをという内容だった。
それを聞いたおぼろは『なんやそれ、アホかっちゅうねん』と背を向ける。
その時、突然襲撃が起きるとビルが動いている。
おぼろはシノビマシンを発進させるために戻ると、3人はシノビチェンジで変身するのだった。

それから、地震はユリコのマンションにも響き逃げようとするが遠方にテッコツメーバを見つける。
飛び散った細胞が無数のビルに寄生していたのだ。
テッコツメーバは爆発でおよそ7万個に分裂。それが集まって巨大テッコツメーバが誕生するのだ。
そんなビルの先に向かうハリケンジャーの3人。
もし全て合わされば旋風神の500倍になり、そんな事になったら勝てない。
そこで、そんな事になる前に旋風神で戦うんやと言うおぼろがシノビマシンを発進させる。
すると館長から通信が入り、おぼろは反省。そこで館長が吸い込まれるマンションの中で足をくじいたユリコと取り残されていることを知る。
一方で旋風神が推参すると、動けない今の内に宇宙の果てまで放り飛ばそうとする。
だが、そこに轟雷神が現れると戦う事に。
その間にも巨大になっていくテッコツメーバ。
マンションの中からはユリコの叫び声が。
するとおぼろは二人は自分が助け出すと言い、その間にテッコツメーバを潰すように指示を出す。
そんなおぼろは自転車に乗って駆け付ける。
一方で轟雷神と戦う旋風神は煙幕に紛れて誤魔化す。
だが、轟雷神の攻撃が更に迫る。
そこでシノビマシンが分裂するとハリケンレオンとハリケンドルフィンが囮になり、その隙にハリケンホークが火炎鷹でテッコツメーバを退治。
用がなくなった轟雷神は去っていくのだった。
一方でおぼろと館長とユリコも無事に脱出しており安心するハリケンジャー。
これでも特忍科の487期生なのがおぼろなのだ。
それからパパとママに会うユリコは涙を流しながら抱き合い、それを見ていたハリケンジャーの側ではおぼろも父に謝り、館長も謝ると『おぼろ、綺麗になったな』と言う。
けれども見た目がハムスターだとなんかしまらんなとおぼろが言うと、それを言うなと館長が叱る。
そして笑い合うハリケンジャーのなか、館長は一刻も早く戻りたいと嘆く。
けれどもひまわりの種も求めるハムスター館長。
そんな館長をみんなで胴上げするのだった。


















という事で、今回は第12話。
今回登場した敵は「クグツ忍 メタル忍者テッコツメーバ」
物体に同化する能力を有し、高層ビルに取り憑いて旋風神の約500倍のサイズまで成長した。
超巨大化し、都市を木っ端微塵に破壊しようとする。
声優は今村直樹さん。
スーパー戦隊シリーズでは前作『百獣戦隊ガオレンジャー』の猛獣使いオルグの声にて初参加。
後に『炎神戦隊ゴーオンジャー』『特命戦隊ゴーバスターズ』でもゲスト出演しました。



今回は、おぼろさんとハムスター館長の親と娘のエピソードでした。
ハリケンジャーと一緒にジャカンジャと戦う親子のそれぞれの思いが身にしみるお話でした。
それと一緒に、ユリコちゃんの親との関係が描かれたり、ハムスター館長とのやりとりが可愛かったりするという。
そんななか、お父ちゃんとユリコを助けに駆け出すおぼろさんがかっこよかったりもします。
また、普段の巨大化とは違う能力による巨大なテッコツメーバとのバトルにも注目でした!


ちなみに、今回、岡ユリコを演じた秋田きよ美さんは、NHK教育テレビの『ひとりでできるもん!』で2代目まいちゃんである水沢まい役として2年間レギュラー出演されてました!!





次回は『ヒゲと婚約指輪』





忍風戦隊ハリケンジャー 巻之十二 テッコツと父娘【動画配信】









Last updated  2020.05.18 03:02:16
コメント(0) | コメントを書く
[忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.