1551745 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(22)

スーパー戦隊関係

(21)

魔進戦隊キラメイジャー(2020年作品)

(19)

騎士竜戦隊リュウソウジャー(2019年作品)

(48)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年作品)

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年作品)

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー(2016年作品)

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年作品)

(51)

忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)

(20)

激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)

(48)

超獣戦隊ライブマン(1988年作品)

(14)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(52)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(34)

仮面ライダーゼロワン

(43)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大龍宮城(1992年作品)

(51)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(97)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎ほか 水木しげる作品

(25)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(24)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

未来少年コナン 感想

(26)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(26)

ルパン三世

(11)

アニメ・特撮 全般

(11)

スーパー戦隊ソング

(136)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(64)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(41)

ガンダムソング

(10)

ポケモンソング

(55)

アニメソング(2020年代前期)

(7)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(119)

アニメソング(1980年代)

(87)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(16)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

好きな音楽〜主に一般的な歌

(0)

読書ルーム〜小説やら文学と共に

(1)

漫画・書籍

(15)

映画レビューっぽいもの

(0)

好きなものランキング

(0)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(26)

訃報・お悔やみ

(15)

Favorite Blog

仮面ライダーゼロワ… New! スリッパ8343さん

初音ライダー剣(ブレ… New! RGM-122Rさん

今日の思い出 NEO-ねお-さん
  ★モイラの名画… モイラ2007さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2020.05.25
XML
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之十四「泣き虫とあめ玉」
脚本:酒井直行
監督:小中肇
登場した敵:宇宙忍 バックトゥ忍者オクト入道(声:園部啓一)
2002.5.19



★あらすじ★
失敗の連続で旗色が悪いチュウズーボはオクト入道を呼び寄せて、汚名返上の作戦開始。しかし、その攻撃は人々の顔に墨を塗るだけ……。そして、鷹介の顔にも墨が……。鷹介が黒い顔のままハリケンジャイロを構えた瞬間。どんどん小さく、子供になってしまい……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思います!!
ということで今回は第14話になります(*´∇`*)



鷹介が木に登り、それを七海が危ないよと見守るなか、吼太がハシゴを持ってきた。
鷹介は鳥の卵を巣に返そうとしていたのだ。
そこで、無事に卵を巣に返した鷹介だが飛び降りる際に足を踏み外すと近くの池に落ちるのだった。

その頃、おぼろはガトリングレオに続く新しいカラクリボールの開発をしていた。
そこに戻ってきた鷹介たち3人。
吼太がその性格治した方がいいぞと忠告すると鷹介は『俺は子供の頃から怖いもの知らずなの』と答える。
一方ジャカンジャは、サーガインが次の作戦に向かおうとしていた。
するとチュウズーボが今一度チャンスをと頼みでる。
チュウズーボは度重なる失敗で謹慎の身になっているが今度こそ秘策があると言う。
するとセンティピードに一つの壺が飛んでくる。
そこから現れたのはバックトゥ忍者オクト入道。
チュウズーボが直々に呼び出していたのだ。
オクト入道が腐らせた星の数は87。地球を88番目にすると豪語するチュウズーボにタウ・ザントはチャンスを与えるのだった。
それからチュウズーボとオクト入道は早速地球に向かうと街中で大暴れ。
人々の顔を真っ黒の墨を吐きつけていく。
その事態は直ぐにハリケンジャーに伝わると出動。
街では逃げ惑う人々がおり、鷹介は早速立ち向かうことにする。
けれども吼太は少し様子を見たほうがと忠告する。
その言葉を無視して突っ走る鷹介はジャカンジャを威嚇。
すると鷹介は上空に現れたオクト入道の墨攻撃をくらう。
そして、吼太と七海がハリケンジャーに変身するなか、宇宙忍法バックトゥザチャイルドを食らうと鷹介の体が子供の姿になる。
同時に襲われた人々も子供になり、オクト入道の壺の中には飴玉が溜まる。
鷹介を庇うように戦うイエローとブルー。
そこにチュウズーボも来るとハリケンジャーを1人子供に変えた事を褒める。
それから変わり身の術でハリケンジャーが逃走するとマゲラッパを呼び出して探し出すのだった。
一方で逃げた七海たちは何が何だかサッパリ分からない状態に。
鷹介は5歳の子供に戻っており擦り傷に大泣き、同じく子供になった人々はヤンチャに暴れていた。
とりあえず鷹介の面倒を見る七海と吼太。
けれども子供の鷹介は泣き虫だ。
そうこうしている間にも追ってはせまってくるので吼太のカメレオンの術でその場はやり過ごすことに。
ジャカンジャに隠れながら街の様子を見ると大変なことになっているのを知る。
そんななか、子供の鷹介はもう歩けないと弱音を吐くと七海に抱っこをねだる。
すると、おぼろから海岸に隕石が落ちていたことを知らされる。
とりあえず行く事にすると、吼太は囮になり、七海は子供の鷹介を抱えて向かおうとするが、子供の鷹介が話せと言って抜け出すと吼太の戦闘を目撃。
驚きながらも七海に連れられその場を離れると、吼太も変わり身の術を駆使して逃走。
3人はおぼろから連絡があった海岸に到達する。
だが、そこで待ち受けていたのはオクト入道とチュウズーボ。
海岸に置かれた壺の中には大人を子供に変えることによって抽出された経験エネルギーの塊が飴玉となって入っているのだ。
つまり、オクト入道を倒せばみんなは元に戻る。
吼太と七海は鷹介を岩陰に隠れるように言うと変身してオクト入道とチュウズーボに立ち向かう。
そんな2人を見て『僕だって忍者だ!ハリケンジャーだ!』と言っては海岸に走る鷹介。
置いてある壺を持ち上げると逃げ出すのだが、チュウズーボの攻撃が襲いかかってくるのだ。

それから海岸に七海と吼太の悲鳴が響くとそこには鷹介の服が。
子供の鷹介は忍術で回避していたのだ。
それに驚くチュウズーボたちの隙を突いて吼太たちが攻撃すると鷹介に駆け寄る。
見直したぜと子供の鷹介を褒めると、鷹介は飴玉を1つ手にして口にし元の姿に。
改めて鷹介もシノビチェンジすると3人のハリケンジャーに!
影の舞を披露し、ハヤテ丸で攻撃したり、幻変幻を駆使して戦う。
そしてハリケンレッドが「疾風流剣技・疾風斬」でオクト入道を攻撃。
更に三重連トリプルガジェットでオクト入道を撃破すると、飴玉は人々のところに返ってみんな元に戻るのだった。
そんななか、チュウズーボが自らオクト入道を巨大化復活させると旋風神が推参。
触手に掴まりながらも、ニューカラクリボールのシノビメダルがハリケンブルーに送られるとセットし「スキッドアタッカー」を装備。
それを見て霞兄弟がゴウライジャーになると、シノビマシンに乗って現れる。
だが、手を出さない2人。
そうこうしてる内に「究極奥義・スピンドドリル」で撃破されるオクト入道。
するとゴウライジャーはイカヅチ合体して轟雷神に。
チュウズーボが手助けは無用と言っていたからだ。
そんな轟雷神が旋風神を襲うと、旋風神はゴートハンマーを繰り出し、轟雷神はソードスラッシャーを繰り出す。
だが、轟雷神の攻撃によって旋風神に装備していたゴートクラッシャーとトータスハンマーのメダルは砕かれる。
それを見ては轟雷神は満足したように立ち去るのだった。

その後、海岸を歩く鷹介たち。
鷹介は小さくなった時の事は覚えており、吼太に抱っこをしてとねだったり、七海の抱っこが柔らかかったと言ったりし、元に戻ったのを味わうのだった。



















という事で、今回は第14話。
今回登場した敵は「宇宙忍 バックトゥ忍者オクト入道」
これまでに87の星を腐らせてきた中忍。
人々の顔に墨を吹きつけて、子供の姿に変えてしまう。
声優は園部啓一さん。
スーパー戦隊シリーズでは『電磁戦隊メガレンジャー』のボスクネクネ/キングクネクネの声で初参加。
先日記事にしました『海賊戦隊ゴーカイジャー』ではザッガイの声も担当されました。



今回は、失敗続きのチュウズーボが呼び出したオクト入道によって人々が子供にされるなか、1人突っ走ってしまった鷹介も子供の姿になってしまうというお話。
しかも本人の話とは違って子供の姿になった鷹介は泣き虫だった。
そんな鷹介を庇いながらジャカンジャと戦う七海と吼太ですが、相手はオクト入道だけでなくチュウズーボもいるものだから大変。
それでも戦う2人を見ては自分もハリケンジャーであるという意思を持って立ち向かう子供の鷹介の活躍によって無事にオクト入道の作戦は阻止して撃破します!
だがそのあと現れた轟雷神によってゴートクラッシャーとトータスハンマーのメダルが砕かれるというピンチも。
それでもあっさりゴウライジャーが帰るとハリケンジャーの3人はいつも通りに和気あいあい!
そこで実は子供の姿になっていた時の記憶があると言う鷹介は吼太に甘えたり七海の柔らかさを指摘したりとヤンチャな様子にホンワカしたり笑えちゃったりもしました。

ある意味、子供の姿の鷹介がメイン的でもある今回ですが、そんなチビ鷹介を演じていたのは高尾奏之介さん。
どうやら年齢的にも顔立ち的にも現在は作曲家、演奏家として活動している高尾奏之介さんのようで、声優の高尾奏音さんのお兄さんでもあります。

一方で後がなくなるチュウズーボに相変わらず脅威的なゴウライジャーという、裏では妙に緊迫したムードもありました。





次回は『タガメと争奪戦』





忍風戦隊ハリケンジャー 巻之十四 泣き虫とあめ玉【動画配信】








Last updated  2020.05.25 01:13:23
コメント(2) | コメントを書く
[忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:☆【忍風戦隊ハリケンジャー】感想記事14『巻之十四「泣き虫とあめ玉」』(05/25)   RGM-122R さん
ども。今回は園部啓一氏がいますね。
彼は『Vガンダム』のオリファー、『ボーボボ』のところ天などを演じてましたね。
彼の縁起で1番好きなのは『ONE PIECE』のイガラム隊長です。国王に対して「コノヤロー!」とかwwwあのツッコミ大好きwww (2020.05.27 03:13:46)

Re[1]:☆【忍風戦隊ハリケンジャー】感想記事14『巻之十四「泣き虫とあめ玉」』(05/25)   ピカチュウ♪025 さん
RGM-122Rさんへ
コメントありがとうございます!
良いですよね(*´∀`*) (2020.05.28 04:15:55)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.