1838628 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(22)

スーパー戦隊関係

(21)

魔進戦隊キラメイジャー(2020年作品)

(24)

騎士竜戦隊リュウソウジャー(2019年作品)

(48)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年作品)

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年作品)

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー(2016年作品)

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年作品)

(51)

忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)

(20)

激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)

(48)

超獣戦隊ライブマン(1988年作品)

(14)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(52)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(34)

仮面ライダーゼロワン

(48)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大龍宮城(1992年作品)

(51)

東映特撮感想

(5)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(97)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎ほか 水木しげる作品

(35)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(24)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

未来少年コナン 感想

(26)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(26)

ルパン三世

(11)

アニメ・特撮 全般

(11)

スーパー戦隊ソング

(141)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(69)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(41)

ガンダムソング

(10)

ポケモンソング

(55)

アニメソング(2020年代前期)

(7)

アニメソング(2010年代後半)

(109)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(120)

アニメソング(1980年代)

(88)

アニメソング(1970年代)

(49)

アニメソング(1960年代)

(17)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

好きな音楽〜主に一般的な歌

(2)

読書ルーム〜小説やら文学と共に

(2)

漫画・書籍

(15)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(26)

訃報・お悔やみ

(16)

Favorite Blog

『ルカルカ★ナイトフ… New! RGM-122Rさん

仮面ライダーゼロワ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん
  ★モイラの名画… モイラ2007さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2020.05.26
XML
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之十六「霧と予言装置」
脚本:宮下隼一
監督:渡辺勝也
登場した敵:宇宙忍 霧吐き忍者キリキリマイ師(声:柴本浩行)
2002.6.2



★あらすじ★
ジャカンジャの前で、謎のホログラム発生装置を披露するゴウライジャー。「地球が滅びに向かい、勇者が勇者を倒す時、忍者の最終奥義生まれん……」とホログラムの男が予言。そして、街にキリキリマイ師が出現! 急行するハリケンジャーの前にゴウライジャーが……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
今回はDVDを鑑賞しながらですが記事にしていきたいと思います!!
ということで今回は第16話になります(*´∇`*)



未知の鉱石シノビニウムの事を調べるハリケンジャー。
一体何に使うのか考えていた。
そんな中、鷹介はゴウライジャーに負けた事を悔しがっていた。
今度会ったら負けない、絶対に決着をつけてやるぞと気合を入れる程に。

そんなゴウライジャーはタウ・ザントたちの前で、例のホログラムを見せていた。
「地球が滅びに向かう時、忍者の最終奥義生まれん…」
そう語るホログラムの男性。
更にカブトライジャーが奪ったシノビニウムを使うとホログラムの男性は「勇者が勇者を倒す時、最終奥義生まれん」と発する。
勇者が勇者を倒す時とはゴウライジャーがハリケンジャーを倒す時だと解釈するゴウライジャー。
ジャカンジャに星を腐らせるように言い、自分たちはハリケンジャーを打つと言っては立ち去っていく。
すると、タウ・ザントはチュウズーボに密かに話があると言うのだった。
それから霞兄弟が森を歩いているとチュウズーボが姿を現し力を合わせるべきだと言い出す。
チュウズーボはタウ・ザントの命令で忍者を呼んでいた。
ゴウライジャーのおこぼれで「アレ」を欲しがっていると見抜かれながらも、チュウズーボは土下座をしてゴウライジャーに頼み込む。
2人は自分たちを出し抜こうと考えたらチュウズーボの命は無いと思えと言ってはその場を立ち去ると、チュウズーボは密かに笑みをこぼすのだった。
その後、街には怪しい霧が湧き出すと人々が次々と笑い出す。
霧吐き忍者キリキリマイ師の仕業だ。
逃げ惑う人々にも霧を吹きかけると今度は泣き出し、人々を笑い泣き苦しませていく。
このままではみんな衰弱してしまう。ジャカンジャの発生を知ったハリケンジャーは直ぐに出動。
そんななか、おぼろはキリキリマイ師が吸い込んだエネルギーを自身のパワーに変えていない事に気づくのだった。
それから近くのビルの屋上に霞兄弟が現れると、事件を目撃していた少年が2人を見つける。
一方でハリケンジャーの3人はキリキリマイ師の前に現れるとシノビチェンジして変身する。
同じ頃、霞兄弟の側に少年と姉が来ると、少年はもしかして忍者かと問い詰めるが2人は少年を突き飛ばすとその場を去る。
その頃、キリキリマイ師と戦うハリケンジャーは霧の攻撃に苦戦。
更に霞兄弟が現れると、ゴウライジャーにシノビチェンジし戦う事に。
そんな現場を隠れて見ているのは例の姉弟だった。
それからハリケンジャーとゴウライジャーの戦いが巻き起こるなか、キリキリマイ師も戦いに加わる。

しばらくしてキリキリマイ師に追い詰められるハリケンジャーの3人。
どこに逃げても追ってくる相手に対して、だったら逃げないと決意をして決着をつけることにする。
ハリケンジャーはキリキリマイ師を挑発するとわざと霧を発生させ、三位一体トリプルハリケーンで振り払うと辺りのものも撒き散らして攻撃。
更にジャイロ手裏剣を食らわせ、疾風流剣技疾風斬を披露。
トリプルガジェットでキリキリマイさせると、キリキリマイ師を一気に成敗するのだった。
だが、ゴウライジャーが残っている。
その時、キリキリマイ師が巨大化復活すると隠れて見ていた姉弟が驚いて姿を見せるのでハリケンジャーが早く逃げるように指示。
旋風神が推参すると巨大キリキリマイ師と戦う事になる。
そこにゴウライジャーもシノビマシンに乗ってやってくるが、ホログラムが反応すると新たなメッセージをカブトライジャーが聞く。
すると驚くカブトライジャーはシノビマシンを止めて体を震わせる。
タウ・ザントは「アレ」を出現させるためにゴウライジャーがやらなくてはならない事を全て見通していたのだ。
そんな事を知らないハリケンジャーは旋風神をハリーアップさせるとホイールクラッシュで攻撃。
そしてソードスラッシャーの究極奥義・分身幻斬りでキリキリマイ師を撃破するのだった。

その後、今は旋風神を倒すと言うカブトライジャーはクワガライジャーと共にイカヅチ合体して轟雷神を推参する。
プラントアックスを手にする轟雷神に分身幻斬りで戦う旋風神。
戦いを見ている姉弟もどっちが勝つのか不安な様子に。
だが、二台のカラクリ巨人のぶつかり合いが続く中、タウ・ザントがチュウズーボに命令をすると作戦は第二段階に。
なんと、キリキリマイ師が蘇るのだ。
それはゴウライジャー達のためにバトルフィールドを残して倒れていたと言うチュウズーボ。
その時、旋風神、轟雷神に向かってエネルギーが放出されると、ある種のビッグバンが起こり、鷹介たちは別空間へと送られてしまう。
鷹介が目を覚ますと近くには吼太と七海が。
耳をすませると音が聞こえ、3人が向かうとそこは海。
そう、ハリケンジャーとゴウライジャーが送られたのは島。そこがバトルフィールド。
しかも姉弟も巻き込まれており島の森の中を彷徨っていた。
そんな事を知らないハリケンジャーたち。
タウ・ザントが不敵に笑うなか、再び、二つの流派がぶつかり合う時が近くのだった。




















という事で、今回は第16話。
今回登場した敵は「宇宙忍 霧吐き忍者キリキリマイ師」
「アレ」を探し出すためにハリケンジャーとゴウライジャーをバトルフィールドの島へと送り込んだ。
声優は柴本浩行さん。
『テツワン探偵ロボタック』のダークローの声も担当してました。
スーパー戦隊シリーズでは本作が初参加。



今回は、ホログラムの男性のお告げから打倒ハリケンジャーに益々力を注ぐゴウライジャーの裏でチュウズーボとタウ・ザントの怪しい企みが進むという物語。
ジャカンジャ相手に戦いつつ、ゴウライジャーとも戦うハリケンジャーに待ち受けていたのはジャカンジャの罠!
キリキリマイ師を倒したのにキリキリマイ師が集めたエネルギーの影響でハリケンジャーとゴウライジャーは怪しい島へと送られてしまいます。
しかも、そこには偶然ハリケンジャーたちの戦いを見ていた2人の姉弟まで巻き込まれてしまうという。

そんな姉弟の姉である茜を演じたのは小林朝美さん。
後に小林万桜名義でジュニアアイドルとしても活動したりしてました。
そして、弟の正平を演じたのは須賀健太さん。
今では俳優として立派に活躍している須賀健太くんの子役時代の出演回。
後に『獣拳戦隊ゲキレンジャー』にも新一役としてゲスト出演したり、『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』では風田三郎としてサナギマン、イナズマンに変身しました。
幼い頃に『電磁戦隊メガレンジャー』で同い年の子を見つけたのが俳優を目指すきっかけにもなり本人もヒーロー好きで知られています。


前回のシノビニウム争奪戦に始まり、今回はゴウライジャーの襲撃と島送りという続きもののエピソード。
この話は次回へも続くので引き続きホログラムの男性、巻き込まれた姉弟、ハリケンジャーとゴウライジャーの対立という謎と緊迫がまだまだ続きます。





次回は『暗闇と死闘の島』





忍風戦隊ハリケンジャー 巻之十六 霧と予言装置【動画配信】








Last updated  2020.05.26 01:37:06
コメント(0) | コメントを書く
[忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.