1838511 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(22)

スーパー戦隊関係

(21)

魔進戦隊キラメイジャー(2020年作品)

(24)

騎士竜戦隊リュウソウジャー(2019年作品)

(48)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年作品)

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年作品)

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー(2016年作品)

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年作品)

(51)

忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)

(20)

激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)

(48)

超獣戦隊ライブマン(1988年作品)

(14)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(52)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(34)

仮面ライダーゼロワン

(48)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大龍宮城(1992年作品)

(51)

東映特撮感想

(5)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(97)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎ほか 水木しげる作品

(35)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(24)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

未来少年コナン 感想

(26)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(26)

ルパン三世

(11)

アニメ・特撮 全般

(11)

スーパー戦隊ソング

(141)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(69)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(41)

ガンダムソング

(10)

ポケモンソング

(55)

アニメソング(2020年代前期)

(7)

アニメソング(2010年代後半)

(109)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(120)

アニメソング(1980年代)

(88)

アニメソング(1970年代)

(49)

アニメソング(1960年代)

(17)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

好きな音楽〜主に一般的な歌

(2)

読書ルーム〜小説やら文学と共に

(2)

漫画・書籍

(15)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(26)

訃報・お悔やみ

(16)

Favorite Blog

『ルカルカ★ナイトフ… New! RGM-122Rさん

仮面ライダーゼロワ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん
  ★モイラの名画… モイラ2007さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2020.06.07
XML
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之十八「父と兄弟の絆」
脚本:宮下隼一
監督:諸田敏
登場した敵:宇宙忍 島忍者ギリギリガイ師(声:河合義雄)
2002.6.23



★あらすじ★
勇者と勇者の戦いとは、カブトライジャーとクワガライジャーとの実の兄弟での戦いだった! あまりにも残酷な運命に号泣する一鍬! 言葉を失うハリケンジャー。そして、理性を捨ててまで弟を倒そうとする一甲……。苦悩の末、ついに一鍬は兄を斬る覚悟を決める。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
今回はDVDを鑑賞しながらですが記事にしていきたいと思います!!
ということで今回は第18話になります(*´∇`*)



最初から親父が兄弟を争わせようとしていた事を知った霞一鍬。
一方で兄のカブトライジャーは一鍬を探していた。

ジャカンジャではウェンディーヌ、フラビージョ、マンマルバ、サーガインも驚き、街では寒波が続いていた。
その頃、一鍬は父親が危険で厳しい人物だった事をハリケンジャーの3人に話していた。
そんな親父がある時、流星群を見て「アレ」についていろいろ知った。
それからゴウライジャー復活を息子の兄弟へと託した。
一鍬曰く、殺されたも同然の任務のはてに父親は死んだという。
だからといって地球がどうなってもいいことにはならないという鷹介たち。
しかし、一鍬はそんな父親のもとで育ちそんな流派で生きることしかできなかった兄弟の何がわかるのかと怒りをぶつける。
その頃、巻き込まれた姉弟も喧嘩をして別行動をしていた。
一鍬は引き続き自分たちには親父しか頼るものがなかったと言うが親父は「アレ」の事しか考えていなかったと悲しむ。
同じ頃、別行動していた姉弟はやっぱり一緒にいる事にする。
一方で一甲は我を忘れて暴走しており、そんな兄を親父と一緒だと言う一鍬は兄を叩き斬ることを決意。
でもそれだと父親の思う壺だとハリケンジャーは指摘する。
けれども一鍬は兄のあんな姿は見たくないと嘆く。
その話を聞き、鷹介は一甲が自ら斬られるためにガスを浴びたのだと指摘する。
一甲も一鍬を思っていたのだ。そんななか、鷹介たちは改めて自己紹介をすると一鍬に一甲を助けるんだと言いバックアップすると宣言。
そんな3人の想いに一鍬は頷くのだった。
その頃、弟に斬られようとしていたカブトライジャーの前にチュウズーボが現れると更にガスを浴びて理性を捨てるように言うのでカブトライジャーは更に凶暴化。
そんなカブトライジャーをハリケンジャーの3人と一鍬が探す。
だが、そこに現れたのはギリギリガイ師。
一鍬も加わりさっきまでとは違うハリケンジャーは4人で変身するとギリギリガイ師と戦闘。
三重連トリプルガジェットも使いあっさり撃破するのだった。

ギリギリガイ師が倒れた事で地球には太陽と光が戻り元どおりに。
おぼろたちとも通信ができて一安心する。
と、そこにカブトライジャーが現れるとクワガライジャーに襲いかかる。
更にチュウズーボも襲いかかってくるためハリケンジャーはチュウズーボを相手に戦う。
一方でクワガライジャーはカブトライジャーに責められるが、カブトライジャーはクワガライジャーに自分を斬るように求める。
二人の戦いは続くと、今度はクワガライジャーがカブトライジャーにのしかかる。
と、そこに姉弟がやって来ると二人の戦いを止めに入る。
カブトライジャーが凶暴化したのを自分たちの所為だと言う姉弟。
自分たちを助けてくれたと言い、助かったことをカブトライジャーに伝える。
そんな姉弟の手をつなぐ姿を見てはカブトライジャーは子供の頃を思い出し一鍬との思い出を振り返ると変身が解けて倒れる。
そんな事態に驚くチュウズーボの隙を突いてハリケンジャーが攻撃するとチュウズーボに大ダメージ。
一甲は正常に戻ると一鍬に歩み寄り『すまなかった』と謝る。
親父は強くもデカくも無く本当は哀れな男だったと気付いた一甲。
二人は抱き合うと改めて兄弟の絆を深めるのだった。
そんなゴウライジャーの結末を見て用済みだと言うタウ・ザント。
それによりチュウズーボはギリギリガイ師を巨大化復活させると、ハリケンジャーとゴウライジャーはそれぞれシノビマシンを呼び旋風神と轟雷神が推参。
しかしギリギリガイ師の攻撃に苦戦。
それでも負けてたまるかと根性を見せるハリケンジャーはゴウライジャーと協力すると旋風神と轟雷神のタッグでギリギリガイ師にトドメを刺すのだった。

それから姉弟はカブトライジャーのコックピットに乗せてもらうと旋風神と轟雷神は海を渡って島を脱出するのだった。
一方でセンティピードに戻ったチュウズーボはタウ・ザントにお仕置きされる。
けれども電撃を耐えるチュウズーボ。
そんななか姿が見えなくなったマンマルバは繭に包まれると眠りについていた。
その間もチュウズーボはひたすらに電撃を耐え続けるのだった。























という事で、今回は第18話。
今回登場した敵は「宇宙忍 島忍者ギリギリガイ師」
キリキリマイ師の父。ギリギリガスを用いてカブトライジャーを凶暴化させた。
声優は河合義雄さん。
スーパー戦隊シリーズでは『光戦隊マスクマン』のスカルドグラーの声で初参加。
『鳥人戦隊ジェットマン』では魔神ムーの声も担当。



今回も前回の続きであり、同時にハリケンジャーとゴウライジャーの対立にひと段落つくエピソード。
父親に利用されていた霞兄弟ですが、兄である一甲は弟の一鍬を狙うなか、ギリギリガイ師のガスを自ら吸って凶暴化して弟である一鍬に倒されようとしたり、一鍬は兄を倒そうとする反面で苦悩するという霞兄弟がメインでもあるお話。
それでいてハリケンジャーのメンバーは兄弟を手助けすることにします。
そんななか、無人島に巻き込まれた姉弟の絆を見て霞兄弟も兄弟とは何かを思い出すという熱い展開。
一方でチュウズーボはお仕置きされるなか、マンマルバにも異変が。
ジャカンジャにも怪しい動きがチラホラします。


なお、ゲストキャラクターは引き続き姉弟の姉である茜役の小林朝美さんと、弟の正平役の須賀健太さん。
霞兄弟の父親である霞一鬼を演じた団時朗さんでした。





次回は『大箱と風雷巨人』





忍風戦隊ハリケンジャー 巻之十八 父と兄弟の絆【動画配信】









Last updated  2020.06.07 02:15:39
コメント(0) | コメントを書く
[忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.