1796327 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

全20件 (20件中 11-20件目)

< 1 2

忍風戦隊ハリケンジャー(2002年作品)

2020.05.11
XML
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之十「雷神と滅びの谷」
脚本:酒井直行
監督:諸田敏
登場した敵:---
2002.4.21



★あらすじ★
ジャカンジャの、そしてゴウライジャーの目的「あれ」とは? 3人は封印の洞窟を探るべく、迅雷流の本拠地、迅雷の谷に潜入することになった。一方、ジャカンジャもゴウライジャーの情報を手に入れるべく、サーガインとフラビージョが迅雷の谷に忍び込んだ。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第10話になります(*´∇`*)



「アレ」の手がかりを調べていたおぼろに話を聞く七海だが手がかりはない。
自分たちだけ知らないのでイライラする鷹介。
すると吼太が迅雷の谷に行かせてくださいと申し出る。
封印の洞窟を見つければ手がかりが分かるかもしれないからだ。
早速、隠密に行動を開始する三人。
ハムスター館長は「あのお方」でもご存知なかった事をはてさてどうやってと考え、おぼろは新しいカラクリボールを開発することにするのだった。

それから、迅雷の谷に着いた三人。
吼太と七海は感傷に浸りつつ、鷹介は張り切り突っ走る。
その頃、霞兄弟は機械を弄っていた。
雷神エネルギー吸収装置を復帰させ、谷全体の電力システムを復旧させていたのだ。
一方で七海は水の上をロープで渡り、吼太は谷を走り、鷹介は木を飛び回っていた。
だがその時、罠が発動する。
それでも鷹介は張り切り突っ走るのだった。
同じ頃、サーガインとフラビージョも谷に潜入していた。
二人も「アレ」の手がかりを盗み出す隠密作戦を遂行していたのだ。
しかも赤外線による罠を軽々突破。
そんななか、フラビージョがこういうのって裏切り行為って言うんじゃないのと言うとサーガインは奴らとて腹の中では何を考えてるのか分かったものではないと言う。
そこでカミナリが鳴ると怯えだすフラビージョ。
フラビージョはカミナリが嫌いなのだ。
それでも先を急ぐ事にする二人だった。
一方で七海と吼太と鷹介は洞窟を探していたが見つからず一回集合することにする。
その時、フラビージョとサーガインと遭遇すると、サーガインが三人まとめて相手すると言いだす。
そしてハリケンジャーの三人は変身すると名乗り戦闘に。
サーガインは暗黒二刀流巌流剣を手に、ハリケンジャーはハヤテ丸を手に3対1で立ち向かう。
しかし、サーガインは強い。
そんななか、フラビージョはのんびりとおやつを食べていた。
一方で霞兄弟は制御システムが作動しだすなか、音に気付くと駆け出し、勘付かれたサーガインはフラビージョを連れて逃げ出す事に。
霞兄弟はハリケンジャーの前に現れるとコソ泥の真似と言ってはゴウライジャーに変身して戦う事に。
そこでゴウライジャーはバリサンダーを召喚するとバリサンダーに乗りハリケンジャーに突っ込んで行く。
そんなゴウライジャーに翻弄されるハリケンジャー。
その様子を密かに見ているサーガインとフラビージョ。
だがその時、ハリケンジャーはトドメを刺されてしまう。

強すぎる相手に全く歯が立たないハリケンジャー。
そんなハリケンジャーに「アレ」の秘密を探りに来たのだろうと言うゴウライジャーだが、そんなものは無いと答える。
その代わりに良いものを見せると言うゴウライジャーがゴウライチェンジャーを宙にかざすとカミナリが響く。
するとゴウライビートルとゴウライスタッグが現れる。
これはゴウライジャー用のシノビマシンで早速マシンに乗り込む二人。
おぼろもシノビマシンを発進させるとハリケンジャーの三人も乗り込みシノビマシンによる戦いに。
ハリケンブルーに後方支援を任せると、ハリケンレッドは火炎鷹でゴウライビートルに突っ込む。
一方でゴウライビートルはカラクリ忍法・角変化で突進するとゴウライキャノンで攻撃してくる。
同じ頃、ハリケンイエローのハリケンレオンにはゴウライスタッグが迫ってくる。
離れさせようとして連獅子で吹き飛ばすが、カラクリ忍法・牙がくれでゴウライスタッグが消えるとハリケンドルフィンの隙を突いて捕まえて投げ飛ばす。
そこで、合体して戦うことにすると、旋風神が推参。
するとゴウライジャーもイカヅチ合体してカラクリ巨人轟雷神が推参。
巨人同士の戦いになると格闘戦になり、旋風神がカラクリボール「ソードスラッシャー」で攻撃する。
しかし、硬い装甲の轟雷神のパワーの前に手も足も出ず。
次に「ゴートクラッシャー」を使おうとした時、おぼろから通信が入るとたった今完成した「プラントアックス」を使うようにアドバイス。
それはどんな岩でも真っ二つにする大きな斧。
そして、おぼろはそのシノビメダルを直ぐに転送するが、ハリケンジャーの目の前でメダルが消えるとそのままカブトライジャーの元に。
カブトライジャーがメダルを奪ってセットするとカラクリボールが発動し、轟雷神がプラントアックスを手にして旋風神に襲いかかる。
やられっぱなしの旋風神。
更に轟雷神が究極奥義・大回転轟斬りを放つと旋風神は負けてしまう。
轟雷神が目覚めた今、谷に用は無いというゴウライジャー。
そのまま轟雷神に乗って去っていくと、サーガインとフラビージョもその戦いを評価。
一方で意識を失う七海と吼太と鷹介。
旋風神も倒れたまま敗北するのだった。
















という事で、今回は第10話。
今回は、ゴウライジャー側の更なる脅威が描かれた一本。
ジャカンジャの中忍等の敵の登場は無しにゴウライジャーとの戦闘が中心でした。
バリサンダーやゴウライジャーのシノビマシン、そして轟雷神の登場で以前に増してハリケンジャーが圧倒され、更には旋風神共々敗北という苦い結末となります。

シノビマシン同士の対決シーンの特撮が中でも魅力的です!





最後に、今回は宇宙忍群ジャガンジャの暗黒七本槍の一人、五の槍をご紹介。
ジャカンジャーの科学者であり、同
時にクグツ忍者の指揮官。
高い戦闘力を誇る武人。
サーガインの真の姿である本体は頭部で体を操縦する。
両肩から引き抜く2本の刀、暗黒二刀流巌流剣であらゆる物体を切り裂く。
声優は岡本美登さん。
お馴染みスーツアクターでもある岡本美登さんで、サーガインのスーツアクターも兼任してました。





次回は『夢喰いと再出発』






忍風戦隊ハリケンジャー 巻之十 雷神と滅びの谷【動画配信】









Last updated  2020.05.11 05:18:23
コメント(0) | コメントを書く


☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之九「雷兄弟と砂時計」
脚本:前川淳
監督:諸田敏
登場した敵:宇宙忍 繁殖忍者クッツク法師(声:多田野曜平)
2002.4.14



★あらすじ★
ついにゴウライジャーとジャカンジャが手を結んだ!「なんで同じ地球人なのにジャカンジャの仲間になるんだよ!」とおぼろ研究所で鷹介は七海・吼太を問い詰めるが、二人がわかるはずがない。そして、鷹介は迅雷の谷にゴウライジャーを探しにいくのだが……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第9話になります(*´∇`*)



ジャカンジャのもとに出向いたゴウライジャー。
タウザントは「アレ」を手に入れるための情報が欲しい。
「アレ」を手に入れるにはジャカンジャの力が必要で地球を腐らせられるのはジャカンジャだけ。
するとガブトライジャーは仮に「アレ」が手に入ったとして自分たちとジャカンジャどちらの物になるか問う。
それに対してタウ・ザントはそれはその時になれば決まると答える。
そしてまずは確実に「アレ」が手に入るのが先決とし、チュウズーボの次の作戦はゴウライジャーと共に行わせることにする。
その傍でウェンディーヌとフラビージョはゴウライジャーが気になっていた。

その頃、吼太と七海とおぼろとハムスター館長の4人はトランプをしながら「アレ」について考えていた。
それに関してはハムスター館長にも分からない。
しばらくすると、おぼろもトランプを辞めて自分も調べる事にする。
そこに鷹介も頭を抱えて来ると「アレ」が何か分からず、更にゴウライジャーがなんでジャカンジャの仲間になったのか悩んでいた、
すると吼太が『そんなの本人に聞かなきゃ分かるわけないだろ』と言うと、鷹介は何かを考え出し吼太と七海は仕事に向かい、鷹介は本人に聞けばいいんだと決めるのだった。
その頃、ジャカンジャではチュウズーボが巨大な砂時計を動かしていた。
地球では友達と別れた一人の女子高生が神社の前でセミの声を聞くとセミが飛んでくる。
これはジャカンジャの中忍の仕業。その中忍が宇宙忍法・蝉移しをすると次々と人々が襲われる。
その正体は繁殖忍者クッツク法師。
それにより都内では行方不明者が多発。
その事をニュースで知ったハムスター館長はジャカンジャの匂いを感じる。
そんななか、おぼろは調べ物をする為にテレビを消してしまうのだった。
その頃、霞兄弟は川岸で魚を食べていた。
チュウズーボの事が気に入らない弟の一鍬と、自分たちには切り札があると言う兄の霞一甲。
最後に笑うのは自分たちなのだと企んでいた。
それから翌日、迅雷の谷にやってきた鷹介は霞兄弟を探す。
すると手裏剣が飛んできて咄嗟に避けた鷹介は霞兄弟に会う。
そこで、ちょっと聞きたい事があってさと言う鷹介は「アレ」が何か聞き、それってそんなに大事なものかと聞き、地球を見捨ててジャカンジャの仲間になるほど大事なものかと聞く。
そんな鷹介の質問に何も答えずに去ろうとする霞兄弟。
すると鷹介はその目の前に飛び出して止めるが、一鍬に殴られると飛ばされてしまう。
それでも尚も分かんねえよと言う鷹介は『ジャカンジャに疾風流も迅雷流も全滅させられたんだぞ!みんなお札にされちまったんだぞ!本当はお前らだって悔しいんだろ!なあっ!』と言うと『悔しいんだったらジャカンジャと戦おうよ!あんたたち忍者としてのプライドとかないのかよ!』と叫ぶ。
それを聞き一鍬は何も知らなすぎると言うと怒りを露わにして鷹介に掴みかかる。
そこでジャカンジャに襲われた時のことを話す霞兄弟。
ケッカイ坊によってみんながお札にされながらも生き延びた兄弟は封印の洞窟でゴウライジャーの力を手に入れた。
その時、表の世界に名を轟かす真の迅雷流になる事を誓った。
迅雷流は堕落しており、長きに渡り日陰者に甘んじていた迅雷流に兄弟は何の未練も無いのだ。
それでも仲間や地球がどうなっても良いのかと反論する鷹介だが、殴られると一鍬がクワガライジャーに変身。
決着をつけようとし、兄の一甲は勝手にしろとその場に座り込むのだった。
一方でクッツク法師は人を襲い続けていた。
そこに偶然、黒子ロボがおり、クッツク法師の技が効かず吼太と七海たちにジャカンジャ出現がしらされる。
そんななか、クワガライジャーに殴られる鷹介。
鷹介にも、襲われた人々がある場所に集められていると連絡が入るが、鷹介にもまだ話がある。
蹴られるなか、戦いに来たんじゃ無いと主張すると、自分たちが戦ってる場合じゃ無い気がするんだと説得をする。
でもそれがムカツク一鍬であった。
一方でチュウズーボは100人の生け贄を手に入れるのだ急げと言いながら急いでいた。
目の前の砂時計は少しずつ落ちていき時間に限りがある様子で焦っていた。
同じ頃、クッツク法師はヤケクソになりながら人々を襲い100人の生け贄を揃える。
そこに吼太と七海が到着するとハリケンイエローとハリケンブルーに変身!
街の人々を何処へやったか聞きながらジャイロ手裏剣で攻撃する。
だが、チュウズーボがハリケンジャーに構うなと言うと、クッツク法師はオシッコをして去っていくので二人はハリケンウイングで追うことにする。
その間も時間を気にするチュウズーボはゴウライジャーを待つのだった。
一方で意地でもシノビチェンジをしない鷹介はとうとう崖から落とされ、霞兄弟はジャカンジャのもとに向かうのだった。
そんななか、クッツク法師を探すイエローとブルーは山奥で捕まった人々を見つける。
人々が木に括り付けられているなか、クッツク法師が現れると、呪文を言えば人間にくっ付いたセミが生気を吸い取って羽化するのだと話し、羽化したセミが更に100人の人間にタマゴを産み付けそして瞬く間に世界中がセミに埋め尽くされ地球が腐れば「アレ」が手に入ると話す。
それを聞いた二人はそんな事はさせないと言うとクッツク法師に立ち向かうのだった。

その後、戦う二人の前に霞兄弟が現れるとゴウライジャーに変身して戦闘に。
クッツク法師が羽化の呪文を唱えるなか、イエローとガブトライジャーが戦いイエローは翻弄され、ブルーとクワガライジャーが戦い追い詰められるブルー。
ゴウライジャーは術を全て見切っているのだった。
そこにボロボロの鷹介がやってくると、崖から落とされて吹っ切れ今度は戦いに来たと言うとハリケンレッドに変身する。
そして頭にきているレッドはハヤテ丸を手にするとクワガライジャーに立ち向かう。
一方でブルーとイエローはガブトライジャーと戦うも苦戦。
その間もクッツク法師の呪文は続く。
と、その時、ダブルガジェットをゴウライジャーがセットすると、クッツク法師の呪文が止まる。
すると地面に落ちて生き絶えるクッツク法師。
同時に人々が助かると、砂時計は落ちてチュウズーボはクッツク法師が寿命で死んだと明かす。
それによりフラビージョが採点するとクッツク法師は落第に。
駆け付けたハリケンジャーもセミの寿命は短いと言うけどまさか寿命とはと驚き、ゴウライジャーも呆れて作戦失敗という事で去っていく。
一方でチュウズーボはタウ・ザントに睨まれると呪文を送ってクッツク法師を巨大化復活させる。
だが、旋風神が推参するとカラクリボール「ソードスラッシャー」の究極奥義・分身幻斬りでアッサリ撃破されるのだった。
その後、戦い終わり、夕空の下、石を投げる鷹介。
ジャカンジャはなんとかできたけど、このままではゴウライジャーに勝てないと嘆く吼太と七海。
すると鷹介が今から特訓しようぜと言うと、今から〜と吼太が悲鳴をあげるが、そんな事は気にせず二人の手を引っ張っては特訓をしようとする鷹介だった。





















という事で、今回は第9話。
今回登場した敵は「宇宙忍 繁殖忍者クッツク法師」
人間の体に蟬の幼虫をくっつけて成長させ、それを無限に繰り返させようと企てた。鋭い爪が武器。
蟬の幼虫は、クッツク法師自身の分身でもあった。
声優は多田野曜平さん。
スーパー戦隊シリーズでは本作が初参加。



今回は前回ジャカンジャ側について行ったゴウライジャーの二人を説得しようとする鷹介がメインでもあるエピソード。
一方でクッツク法師の作戦を止めようとする七海と吼太も活躍、その前にもゴウライジャーの二人が迫り圧倒的な力の差を見せてきます。
クッツク法師が寿命で作戦終了となると、作戦が失敗なら用は無いと退散するゴウライジャーにより、なんとかハリケンジャーは助かりましたが、あのまま続けていたら大変なことに。
また、説得していた鷹介も崖から落とされた事で本気を出しますがやはり苦戦という。
圧倒的なパワーを見せるゴウライジャーにも注目でした。
それにしても寿命でアッサリ負ける怪人とはこれまた如何に(笑)





てなわけで、最後に宇宙忍群ジャガンジャの暗黒七本槍の一人、四の槍ウェンディーヌをご紹介。
優れた錬金術師で、ハリケンジャーたちに倒された中忍の巨大化復活を担当。
自在剣やあやかしの術を使う。
バズーカで呪文入りの巻物を発射し、チュウズーボの宇宙人忍者を巨大化復活させる。
演じたのは福澄美緒さん。
2013年の『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』には松田佳代名義で出演。
ハリケンジャーの前には『仮面ライダーアギト』の第5話・第6話にゲスト出演してました。





次回は『雷神と滅びの谷』





忍風戦隊ハリケンジャー 巻之九 雷兄弟と砂時計【動画配信】






Last updated  2020.05.11 04:46:02
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.04
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之八「疾風〈はやて〉と迅雷〈いかづち〉」
脚本:宮下隼一
監督:渡辺勝也
登場した敵:クグツ忍 水喰い忍者ガマジャクシ(声:青空球児)
2002.4.7



★あらすじ★
謎の忍者二人組は迅雷流の生き残りで、伝説の覇者・ゴウライジャーを名乗った。おぼろもハムスター館長も「いったい、なぜ……」と考え込む。一方、ジャカンジャも驚きを隠せない。一刻も早く地球を腐らせなければとガマジャクシを出撃させるのだが……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第8話になります(*´∇`*)



ゴウライジャーと出会ったハリケンジャーはその力に圧倒されていた。
二人が迅雷流の生き残りだと知ると更に驚くハリケンジャーの3人。
ハムスター館長は疾風流が襲われた時を思い出し、迅雷流も全滅したものだと思っていたが生き残りがいたことにやはり驚くのだった。
しかもゴウライジャーを名乗った二人。
ゴウライジャーとは闇に生まれ闇に生きる迅雷流伝説の覇者にして暗黒の忍と呼ばれている。
500年前の対抗戦で勝利したのは疾風流でその名に恥じない者が現れた時ハリケンジャーの名前を使うが許されたが迅雷流に伝わるゴウライジャーの名は封印された。
影に生きる流派ゆえに永久に、それほど恐ろしい力がゴウライジャーにはあるのだ。
戦いを思い出した鷹介も、もの凄いスピードだったと顔を沈めるほど。
それからハムスター館長は、迅雷流の中には手を付けられない兄弟がいると聞いており、しかも同派始まって以来の手練れでもあった。そいつらがゴウライジャーを蘇らせたと言うと、最悪の連中が最悪の存在になったとおぼろも言う。
だが、鷹介達は明るくライバル意識だと騒ぎ出すと、ジャカンジャによって対抗戦が流れた事を伝えなくちゃと飛び出して行くのだった。
その頃、ジャカンジャではウェンディーヌがゴウライジャーを褒めていた。
そんななか、タウ・ザントはサーガインに準備ができているか聞く。
するとサーガインは最強にして最高の傀儡を放っていると知らせる。
その傀儡である水喰い忍者ガマジャクは既に作戦を開始しており、あちこちの水場に子ジャクシを解き放つと宇宙忍法・水喰いを開始。
たちまち水が無くなるとあちこちでパニックに。
そんななか、研究所では黒子ロボが子ジャクシを持ってくるとおぼろが早速水槽に入れて水槽の水が無くなる。
そこで解析するとジャカンジャの傀儡だと分かりハリケンジャーに報告する。
一方で3人は出動しており次は海だと推測する。
同じ頃、ゴウライジャーも調査をしており、地上から全ての水を消し去るつもりだと予測。
と、そこでゴウライジャーの2人と出会うハリケンジャーの3人。
共に戦う事を申し出て、同じこの星の仲間だとハリケンジャーは言うが、愚かな事をと言ってゴウライジャーは断る。
そこにガマジャクシが現れるとまとめてやっつけてやると言われるのでハリケンジャーの3人は変身。
けれどもガマジャクシの攻撃で縛り付けにされる3人。
宙に浮くと爆発して水中に飛ばされてしまう。
直ぐに陸に上がるとジャイロ手裏剣で攻撃。
だが、それも効かず、ガマジャクシの子ジャクシによって追い詰められるハリケンジャー。
それを、もう少しお手並み拝見といくかと言って様子を見るゴウライジャーの2人であった。

それから、一方的にやられっぱなしのハリケンジャー。
すると、ゴウライジャーの2人が崖から飛び降りてシノビチェンジする。
兄の霞一甲〈かすみいっこう〉は角忍・カブトライジャーに、弟の霞一鍬〈かすみいっしゅう〉は牙忍・クワガライジャーに変身。
『影に向かいて影を斬り、光に向かいて光を斬る。電光石火ゴウライジャー、見参!』と名乗ると二人はイカヅチ丸を手にしてガマジャクシに斬りかかる。
子ジャクシ攻撃もイカヅチ丸の円月の型で跳ね返し、十字の型で攻撃。
更にゴウライガジェットの「ホーンブレイカー」「スタッグブレイカー」で追い詰めると二重連ダブルガジェットでガマジャクシを撃破。
その力強さに驚くハリケンジャーであったが、ウェンディーヌがコピージャイアントを発進させるとガマジャクシが巨大化復活。
すぐにシノビマシンが発進すると忍風合体し旋風神が推参!
だが、子ジャクシ攻撃に苦戦。どうしたらいいかおぼろも悩む中、側にあったけん玉を見て閃くと、ゴートクラッシャーとトータスハンマーを使うようにアドバイス。
二つの武器を合体させて「ゴートハンマー」にすると、子ジャクシ攻撃を跳ね返し「フィニッシュトリック・ゴートハンマーハリケン彗星」で見事に撃破。水場の水は元どおりになるのだった。
それから戦い終わり、ゴウライジャーに感謝するハリケンジャー。
誤解のしがらみがとけたんだなと言って近寄ると、二人は自分たちには仲間も理由も無いと言い、迅雷流など滅んでくれても結構だと話す。
更に地球の運命にも興味は無い。
ジャカンジャを倒した理由は地球から水が無くなると「アレ」が生まれないからであった。
そんな情報に驚くのはタウ・ザント。
一方で話を聞いて「アレ」って何かと疑問に持つのはハリケンジャーの3人。
そんな事も知らないのかとゴウライジャーに言われると、ジャカンジャの狙いも「アレ」である事を教えてもらう。
それから、ゴウライジャーは「アレ」を使い表の世界に名を轟かす真の迅雷流になる気だと明かすが、一甲は更に宇宙一の忍者として君臨する気だと明かす。
その為にはジャカンジャとの共闘も辞さず、ハリケンジャーと対立することも辞さずと言う二人。
その言葉に、分かんねえと返す3人だが、タウ・ザントの分かるという声が響くとセンティピードから迎えが来る。
ハリケンジャーの3人が止める中、霞兄弟はゴウライジャーに変身するとジャカンジャのもとに向かうことに。
それを見て、ただ唇を噛みしめるだけのハリケンジャー3人であった。




















という事で、今回は第8話。
今回登場した敵は「クグツ忍 水喰い忍者ガマジャクシ」
無数の子ジャクシを操り、全世界の水を消し去ることが使命。高い跳躍力で敵に襲い掛かっていく。
子ジャクシは、敵の体に吸いつく戦法を繰り広げる。
声優を担当されたのは青空球児さん。
漫才協会所属の漫才コンビのお一人です!



今回は、前回ゴウライジャーと出会ったハリケンジャーが何とか仲良くなろうとするのだが、アッサリ断られてしまうという。
しかも、ガマジャクシとの戦いには苦戦し、ゴウライジャーの力によって撃破されるという。
その理由も地球から水が無くなると「アレ」が生まれないからという事で、もし「アレ」に関する事でなかったら手助けしてもらえなかったかもしれないという。
巨大化復活したガマジャクシにたいしてはカラクリボールの合体技でなんとか撃破できたもののジャカンジャ相手に苦労するハリケンジャーの姿を垣間見ることに。
また、初めてジャカンジャの目的が「アレ」だと分かったり、ゴウライジャーも同じく狙っている事を知ったハリケンジャー。
だが、ゴウライジャーはハリケンジャー3人の願いも虚しくジャカンジャのもとに向かってしまうというお話でした。





最後に、今回は宇宙忍群ジャガンジャの暗黒七本槍の一人、三の槍マンマルバをご紹介。
謎の流星群からのメッセージを読み取る力をもち、同時に占いを得意とする予言者。
後に幼体から成体に成長し、暗躍する。
声優は今村卓博さん。
『百獣戦隊ガオレンジャー』ではバイクオルグの声も担当していました。




次回は『雷兄弟と砂時計』






忍風戦隊ハリケンジャー Vol.2 [ 塩谷瞬 ]



忍風戦隊ハリケンジャー 巻之八 疾風と迅雷【動画配信】










Last updated  2020.05.04 02:19:06
コメント(0) | コメントを書く
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之七「雷とニンジャ」
脚本:宮下隼一
監督:渡辺勝也
登場した敵:宇宙忍 次元忍者フタブタ坊(声:桜井敏治)
2002.3.31



★あらすじ★
「稲妻とともに最強の戦士、残りの二本槍が現れるら~」とのマンマルバの予言。しかし他の七本槍は相手にしない。街では中忍・フタブタ坊が次元と次元、空間と空間を繋いで回り大混乱。そこに2年生に進級して意気の上がるハリケンジャーが颯爽と参上する。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第7話になります(*´∇`*)



山奥で修行をする鷹介たち。2年生に進級し、すっかりイケてる状態に。
この調子で頑張る気の3人を、おぼろとハムスター館長も褒めるのだった。

その頃、ジャカンジャではマンマルバが二本槍がついに来ると言うが、インチキ予言だとバカにされる。
それでもマンマルバは『二色の稲妻きらめく時。二つの影、闇よりいずる』と予言をする。
騒がしくなると、タウ・ザントが鎮まらせ、チュウズーボに新たな作戦の確認をする。
すると、既に最強の中忍を地上に放っていると報告するのだった。
地上では次元忍者フタブタ坊が地上を腐らせようとしていた。
宇宙忍法・次元蓋を発動すると、七海を迎えにいくマネージャーが巻き込まれ、異次元に吸い込まれると、突然…引越し業者が作業しているところに車が移動。
更に次々と車や自転車が飛び出しては混乱してしまう。
すぐに、おぼろがジャカンジャ出現を報告すると、ハリケンジャーの3人は変身してハリケンウインガーでフタブタ坊のところに向かう。
そこで立ち向かうハリケンジャーだが、フタブタ坊は次元蓋を呼び出すと中に入り込んで逃げる。
3人が追いかけて蓋に飛び込むとそこは街中。
すると、子供達が自転車に乗って襲いかかってくる。
その正体はマゲラッパ。それから再び異次元に飛ばされるとそこは映画館。
声を出してはいけないと叱られるなか、スクリーンには「ハリケンジャーの最期!」というタイトルが映し出されスクリーンから銃による攻撃が迫る。
そして次は採掘場に飛ばされると重機による攻撃を受ける。
そこに現れるのはフタブタ坊。すると逆に戦いの場が変わって新鮮だと言う3人。
ハリケンブルーはどうせなら遊園地が良いと言ったり、ハリケンイエローはプロレスリングと言ったりして自由気ままで、ハリケンレッドも楽しそうだと賛同。
すると、フタブタ坊は再び次元蓋を取り出すのだった。
その頃、マンマルバは二本の槍を探していた。そこで二色の稲妻がきらめくと二つの影が現れる。
一方、ハリケンジャーは元の建物の屋上に戻されると、フタブタ坊の攻撃を受けていた。
地獄の一丁目に連れて行くと言うフタブタ坊。だが、隙を突かれてハヤテ丸のガンモードで攻撃される。
何回も同じ事の繰り返しだったため、見切られていたフタブタ坊はお助けをと言いながら逃げ出すので、ハリケンジャーの3人は調子に乗るのだった。
それから、チュウズーボに叱られるフタブタ坊。
そこにマンマルバが二本槍を見つけたと言ってやってくる。
二人の名前はゴウライジャー。二人はジャカンジャに雇わないかと申し出ると「アレ」を求めていると話す。
すると何故人間の分際で求めているのかと聞くタウ・ザント。
ジャカンジャのメンバーは人間だと知ると反対するなか、ゴウライジャーは「アレ」について詳しく知っているので好きにするさと言って去って行くのだった。
その頃、ハリケンジャーの3人は乾杯をしていた。
自分たちの腕が上がったと浮れる3人。
そんななか、チュウズーボはタウ・ザントに作戦の第二段階の準備が整ったと報告をすると、一刻も早く「アレ」を手に入れるために直ぐに遂行に移るのだった。

それから、フタブタ坊が採掘場に現れると、直ぐに出動する3人。
ハリケンジャーに変身して名乗ると、ハヤテ丸を手にして立ち向かうがさっきまでと違い翻弄されてしまう。
次元蓋の向こうは太陽と繋がっており、その力に苦戦するのだった。
そして、そんな戦いを見つめるゴウライジャー。
一方でフタブタ坊は宇宙忍法・遁走剣やブタッ鼻を繰り出しハリケンジャーを追い詰める。
そこでハヤテ丸で立ち向かうと飛んでくる次元蓋に対してスクラムを組んでハリケンレッドが蓋に乗って蓋を返して攻撃。
その隙に三重連トリプルガジェットでトドメを刺す。
と、その時、二つの影が攻撃を仕掛け、姿を見せたゴウライジャーは延長戦だと言ってハリケンジャーに迫る。
あっという間に苦戦を強いられるハリケンジャー。
レッドの超忍法・空駆けも虚しく弟のゴウライジャーがレッドを追い込み、その後も物凄いパワーで放つ。
そしてゴウライジャーが名乗ると「迅雷流伝説の覇者」だと明かす。
更にハリケンジャーに迫るゴウライジャー。
そんな様子を見ながら『この星の忍者同士がやめるんや』とモニタに向かって叫ぶおぼろ。
その時、ゴウライジャーがトドメを刺そうとするとチュウズーボの呪文によってフタブタ坊が巨大化復活する。
それを見てゴウライジャーが退散するとシノビマシンが発進。
カラクリ忍法・火炎鷹、大津波、連獅子で攻撃しながら旋風神が推参!
タテガミハリケーンで攻撃し、シノビメダルをセットしてカラクリボール「ソードスラッシャー」による究極奥義・分身幻斬りで撃破するのだった。
そして戦いが終わり、改めて立ち去るゴウライジャーのもとに3人が戻ると鷹介は『どうしてお前たち、俺たちを』と聞くと、ゴウライジャーの変身が解け、霞一甲と霞一鍬の素顔が明かされ、二人はフッと笑うと雷と共に消えるのだった。



















という事で、今回は第7話。
今回登場した敵は「宇宙忍 次元忍者フタブタ坊」
次元蓋で人間や物体を、別の世界に送ることができる。
次元蓋を使い、太陽と地球の間の空間を繋いでハリケンジャーの体を焼こうとする。
声優は桜井敏治さん。
『ふしぎの海のナディア』のハンソンを担当。
スーパー戦隊シリーズでは『激走戦隊カーレンジャー』にて宇宙ゴキブリほかを担当。
後々の戦隊作品にも出演。



今回は調子に乗り出したハリケンジャーの前にゴウライジャーが登場し、雲行きが怪しくなりだすというもの。
実は第1話から登場していた迅雷流の忍者なのですが、これまではハリケンジャーの動向を眺めるだけだったのが、いよいよハリケンジャーの前に姿を見せて名乗りを上げます。
しかし、流派の違いがある忍風の世界。
表と裏の滅多に交わることが無かった流派の生き残り同士が早くも対立する事に!
しかもゴウライジャーはジャカンジャにも接点が…!!
前回までのハリケンジャー登場編と打って変わりここからはゴウライジャーとの対立がメインになっていきます!



てなわけで、最後に宇宙忍群ジャガンジャの暗黒七本槍の一人、二の槍チュウズーボをご紹介。
宇宙人忍者集団を配下にもつ大入道。力押しの作戦を好み、古文書の解読なども得意。
必ずしも知性派ではなく、悪知恵が働くタイプ。
敵に倒された配下の中忍を、呪文の力で巨大化復活させる。
声優は郷里大輔さん。
『救急戦隊ゴーゴーファイブ』ではナレーションも担当。
『激走戦隊カーレンジャー』ではエレキンタの声を担当。
『百獣戦隊ガオレンジャー』ではラスボスの究極オルグ・センキの声も担当されました。
『ビーロボカブタック』のキャプテントンボーグの声も印象的です。





次回は『疾風〈はやて〉と迅雷〈いかづち〉』






忍風戦隊ハリケンジャー Vol.2 [ 塩谷瞬 ]



忍風戦隊ハリケンジャー 巻之七 雷とニンジャ【動画配信】









Last updated  2020.05.04 00:57:50
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.27
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之六「ハサミとくノ一」
脚本:酒井直行
監督:小中肇
登場した敵:クグツ忍 縁切り忍者シラーンス(声:川津泰彦)
2002.3.24



★あらすじ★
黒澤山の石像を取ってくるようハムスター館長から指令を与えられた七海は肩を落とす。その頃、フラビージョとウェンディーヌはハリケンブルーを倒すためのゲームを思いつく。さらに街ではシラーンスが人々の縁を切って回り大混乱。ハリケンジャーの運命は……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第6話になります(*´∇`*)



鷹介と吼太はレポートを書いていた。
そんななか、七海は黒澤山に行くように命じられ準備をすることに。
黒澤山は険しい山で心配な鷹介達は付いていくと言うが二人は学年末のレポートを仕上げて提出しないと進級できないと言われて止められてしまう。
七海の使命の内容は黒澤山の山頂の祠に納められている石像を取ってくる事だった。
その頃、ジャカンジャではサーガインが新たな傀儡であるシラーンスを開発していた。
そんななか、フラビージョとウェンディーヌがどちらが宇宙一のくノ一か揉めていた。
フラビージョは心技体頭脳すべてにおいて上と主張すると、ウェンディーヌはタウ・ザントに自分の方が色っぽいと言われたと主張する。
それからフラビージョは宇宙一だから暗黒七本槍の一の槍だと主張すると、ウェンディーヌは四の槍は4番バッターだと主張し、なんのこっちゃとなるなか二人は勝負をすることになるのだった。

その頃、遊園地でカップルが食事中。
細長いパンを一緒に食べているところをシラーンスがハサミで切ると二人の縁が切れて喧嘩になり別れてしまう。
同じ頃、鷹介と吼太は七海を心配していた。
黒澤山は男の足でも険しく、七海は単位を取れなかったのだ。
それは新入生合同合宿の時の話。学校に入って直ぐだから一年も前の話だが、黒澤山を登る鷹介達がいた。
そこで足を踏み外した七海を助けた鷹介。
けれども七海は足をくじいた為、鷹介と吼太が手助けしながら登っていた。
だが早くも諦めムードだった七海と3人は一緒に登ったが結果は七海だけ単位が取れず。
鷹介は館長に掛け合おうとしたが七海がそれを止めると改めて自己紹介をしているのだった。
その為、館長は七海だけに石像を取らせに行ったのだった。
それは一年遅れの単位を取らせる為。
けれども心配する吼太。そんななか、おぼろは七海が成長していると話をするのだった。
一方で七海は一人で黒澤山を登っていた。
本人もこんなに楽チンだったっけとビックリする中、あっという間に頂上の祠に到着。
そこで、200年前の疾風流忍者が残した石像を心して持ち帰る七海であった。
その頃、シラーンスはショッピングモールを歩く親子の縁を切ったり、老夫婦に魔の手を伸ばしていた。
そんなシラーンスの反応をキャッチしたおぼろ。
鷹介と吼太も反応すると、人と人の縁を切っていると知り直ぐに出動する。
街のあちこちでは人々が喧嘩をしており、結婚式場でも喧嘩が勃発。
そんななか、アジア・オセアニア通商友好東京会議の会場にシラーンスが潜り込むと各国の縁を切り混乱させる。
そこに駆け付ける鷹介と吼太は直ぐにおぼろに知らせると五カ国首脳の縁が切られたことを知る。
それを知った七海も現場に向かう為、黒澤山を降っていた。
ところがその途中、フラビージョとウェンディーヌが姿を見せる。
ハリケンブルーを倒した方が宇宙一のくノ一を名乗れる為だ。
早速フラビージョが迫ってくる中、鷹介と吼太にも直ぐに連絡すると二人は先にシラーンスをどうにかすることにする。
その後もフラビージョは「ぶんぶんぶん」を歌いながら七海を追いかけていく。
ジャイロ手裏剣を繰り出し攻撃するも、次はウェンディーヌが攻めてくる為ハリケンブルーに変身する七海。
一方でシラーンスの前にハリケンレッドとハリケンイエローが現れると戦闘に。
コンビネーションで行くことにする二人。
だが、シラーンスに縁を切られて喧嘩になってしまうのだった。

その頃、ハリケンブルーはウェンディーヌと戦闘に。
ウェンディーヌの蛇忍法・自在剣に苦戦し、更にフラビージョが蜂忍法・8の字殺法を繰り出し、ウェンディーヌの蛇忍法・妖の術に翻弄される。
その戦いの中、石像を落とすとウェンディーヌに拾われてしまう。
そんな状況に慌てるおぼろだったが、今は3人を信じるしかない。
それから、レッドとイエローが戦う隙にシラーンスが攻撃をすると二人は吹き飛ばされる。
と、その衝撃でお互いに正気になる二人。
縁は切られたままだがお互いに息を合わせると超忍法・影の舞を繰り出してシラーンスを撃破するのだった。
そんなシラーンスだが、ウェンディーヌとフラビージョがいない為復活もできず採点もされない。
二人はそれどころではなくハリケンブルーとの戦いに必死だったのだ。
それから、そんな戦いの場に駆け付けるレッドとイエロー。
しかし、フラビージョの攻撃を前に近寄れない。
そこでレッドはブルーにハヤテ丸の乱モードを送る。
それを手にしたブルーが超忍法・乱舞三重衝を繰り出すと石像を取り戻す。
その結果、戦うのにちょっと飽きたフラビージョはウェンディーヌと共に退散。
急いで鷹介と吼太が七海に駆け寄ると、一年前の自分とは違うと誇りに思い、強がりだけは相変わらずの姿を見せる。
その時、コピージャイアントが発進するとシラーンスが巨大化復活する。
直ぐにシノビマシンの発進を依頼するが、おぼろはその前に七海に石像を壊すように指示。
七海が石像を壊すと中から古文書が現れ確認したおぼろはシノビマシンを発進させる。
それから旋風神が推参するとシノビメダルをセットしカラクリボール「ソードスラッシャー」を発動し戦闘に。
シラーンスのハサミ攻撃が迫る中、おぼろが古文書を解読すると新しいシノビメダルを送る。
早速メダルをセットするとニューカラクリボール「トータスハンマー」が発動しシラーンスを殴りつける。
そして、ハサミに勝つのはグーという事で、究極奥義ロックドバスターを繰り出すと撃破するのだった。
そんなシラーンスをフラビージョが採点してバツを与えると、サーガインとウェンディーヌにもバツを与え、自分にもバツを与えるのだった。
その後、会議も仲直りし、結婚式場も無事になり、カップルも親子もみんな元どおりに。
七海は晴れて二年生に進級し喜ぶ中、鷹介と吼太はレポートがまだな為急いで書くのだった。

























という事で、今回は第6話。
今回登場した敵は「クグツ忍 縁切り忍者シラーンス」
五ヵ国首脳たちの縁を切り、仲違いをさせようと企てる。両腕の剣を鋏にする。
声優は川津泰彦さん。
『ゲゲゲの鬼太郎(第4期)』ではおりたたみ入道、狼男、夜行さんなど多数出演。
スーパー戦隊シリーズでは『未来戦隊タイムレンジャー』の爆弾製造犯D.D.ラデスの声で参加以後5年連続でゲスト怪人を担当。
後に『手裏剣戦隊ニンニンジャー』では妖怪ヌリカベの声も担当。



今回は七海をメインにフラビージョとウェンディーヌがどちらがハリケンブルーを倒せるかと争うくノ一バトルが描かれました!
ハリケンジャーの特徴には流派による対立や宇宙忍群との戦いというのもありますが、中でもくノ一によるオンナの戦いも魅力的なところ。
フラビージョとウェンディーヌ相手に一人で立ち向かう七海がカッコいいです。
一方でシラーンスを相手に立ち向かうのは鷹介と吼太のコンビ!
途中、縁を切られて争っちゃったりもしますが、それぞれ忍びとしての任務を忘れずに遂行するのもグッジョブです!
それから今回は新しいカラクリボールが登場。その名も「トータスハンマー」
石像の中に隠されていた古文書からヒントを得ていました。
あんなに素早く作れるのかと感心しちゃいますが。
そんななか、ハリケンジャーの進級話がある辺りも忍風館の生徒である事を改めて思い出させてくれました。
また、シラーンスの縁切りによって大混乱となった五カ国首脳ですが、もしあのままだったら大変な事になっていたかも?!
というのもゲゲゲの鬼太郎のアニメで『縁切り虫』という話があるのですが、そちらも各国首脳の縁が切れると戦争になりそうになってしまうのです!
なんとか無事に解決はしますが、一歩間違えば大変な事になる縁切り話。
ちゃんと元どおりの平和になるシーンもあってこういうちょっとした一般人の平和が描かれる作品は素晴らしいと実感もしました。





最後に、今回は宇宙忍群ジャガンジャの暗黒七本槍の一人、一の槍フラビージョをご紹介。
宇宙忍者学校の劣等生だったが、宇宙センター街でタウ・ザントにスカウトされ、一の槍となった元宇宙コギャル。
仲間や部下の仕事ぶりを報告・査定する公安係。
ウェンディーヌとは大変仲が良く、行動を共にすることが多い。
演じていたのは山本梓さん。
元グラビアアイドルでタレント。現在は旦那とシンガポールに滞在しており芸能活動は無期限休止。
フラビージョ役が印象的で後のデカレンジャーの劇場版にもちょっとだけ出演してました!
実は『名探偵コナン』に本人役で出演した事もあるという。
元宇宙コギャルらしくギャルっぽいちょっと棒な演技が癖になります!!



次回は『雷とニンジャ』






忍風戦隊ハリケンジャー Vol.2 [ 塩谷瞬 ]



忍風戦隊ハリケンジャー 巻之六 ハサミとくノ一【動画配信】









Last updated  2020.04.27 03:15:41
コメント(0) | コメントを書く
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之五「館長とお風呂」
脚本:酒井直行
監督:小中肇
登場した敵:宇宙忍 毒花忍者ハナサッカ道士(声:坪井智浩)
2002.3.17



★あらすじ★
闇にまぎれ何かを埋めるマゲラッパ。現場を押さえたハリケンジャーだが、中忍ハナサッカ道士は逃げる。追いかけようとする3人に、ハムスター館長から「周りの土を持ってこい」と指令が。研究所に戻った3人に、「銭湯でバイトしろ」という命令が……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第5話になります(*´∇`*)



ジャカンジャでは慌ただしい様子のマンマルバがいた。
マンマルバの未来予知によると、近いうちに最強の二人の戦士が現れるのだ。
それを聞き、暗黒七本槍の残りの二人かと考えるサーガインとガセだと言うチュウズーボが居た。
そんなチュウズーボは次の作戦担当であり、着々と進んでいるのだった。
その頃、街ではマゲラッパが地面を掘って種らしき物を埋めていた。
そこにハリケンジャーが参上すると戦闘に。
だが、足に蔓が絡まって捕まってしまうハリケンレッド。
現れたのはジャカンジャの宇宙忍・毒花忍者ハナサッカ道士。
ハリケンジャー達は攻撃されると毒の攻撃をくらい、その隙にハナサッカ道士が立ち去ると、館長からの通信で深追いするなと言われるのだった。

その後、研究所に戻った3人。
おぼろは3人が持ち帰ってきた花壇の土を調査し、鷹介は怪我の治療をしていた。
ジャカンジャに勝てなかったのが悔しかった鷹介。
そんな時、館長が3人に特別任務を与える。
それは銭湯「みはる湯」でのアルバイト。
これに鷹介な反対するが、館長から今の鷹介はハムスターになった館長にも勝てないと言われてしまうのだった。
そして、渋々と銭湯でアルバイトを始めると、かま焚きに掃除を進めていく。
けれども納得いかない鷹介は掃除を放って銭湯を後にする。
館長に自分の力を認めさせる気なのだ。
そんな館長は誰かに電話をし、おぼろは引き続き土の調査を続ける。
埋まっていた怪しい球根に何か秘密があるはずと勘付くおぼろに、館長もパソコンを使って調査をする。
どうやら中心にはみはる湯があり、これは作戦だったのだが鷹介に話すタイミングを見失っていたのだ。
そんな館長に対しておぼろはお父ちゃんは鷹介に厳し過ぎると指摘する。
けれども館長も鷹介の潜在能力が凄いことは認めていたのだ。
と、そこに鷹介が不意打ちをして館長に迫るが避けられると喝を入れられてしまう。
そして、上からの命令が聞けないなら忍者失格だと言われハリケンジャーも辞めてもらうと言われると鷹介は黙って駆け出してしまうのだった。
一方でジャカンジャではタウ・ザントがチュウズーボに作戦状況を聞いていた。
作戦内容は地球をハナサッカ道士の木で埋め尽くすというもの。その為には街一つ覆えば加速的に広まり一ヶ月後には地球を覆う事ができるという随分手間のかかる作戦。
しかもその為には豊富な熱い水と時間が必要だった。
その頃、ハナサッカ道士はとある場所で熱いお湯の中にある母木の花を咲かせようとしていた。
それが咲けばみはる湯周辺に埋めた毒花の球根が一斉に成長する。
そうすれば地球上の生命は全て死滅するのだ。
一方で鷹介はみはる湯に戻ろうとしていたが戻らないでいた。
そんななか、吼太は七海にお湯の減りが早いと指摘をする。
同じ頃、鷹介はゲームセンターのパンチングマシンに館長の写真を貼って憂さ晴らしをしていた。
一方で吼太と七海は調査をしてやけに新しいパイプを見つけると辿っていき地下へ。
そこで母木を見つけるが、花が咲き蔓に襲われる。
更に、ハナサッカ道士が姿を見せるともう遅いと言われるが、ハリケンイエローとハリケンブルーに変身して何とか対処しようとする。
しかし、蔓は切れず花は巨大化し、研究所にある球根も成長するのだった。

その頃、鷹介はワニワニパニックをプレイしていた。
そこに館長からの通信が入ると急いでみはる湯に戻る鷹介。
街中にジャカンジャの木がなる中、みはる湯に駆け付けた鷹介は全部自分のせいだと反省する。
一方で研究所の球根の花が咲くと館長に魔手が迫る。
同じ頃、ハリケンレッドに変身した鷹介はドライガンを手にして立ち向かう。
けれども技は効かず、おぼろに助けを求めるがそっちも取り込み中。
すると館長が「乱舞三重衝」のデータを送るように指示をすると、おぼろがパソコンを操作して鷹介のハヤテ丸のメール機能を使って新しい技を伝授する。
そして超忍法「乱舞三重衝」を繰り出すと母木を切り裂き吼太と七海を助ける。
更に花が消滅すると館長も助かる。
と、そこで鷹介は二人に駆け寄ると謝り、二人は笑顔で許すが、そこにハナサッカ道士が現れる。
攻撃をくらう中、3人は改めて変身すると名乗り、戦闘に。
手強い攻撃を受ける3人。そんな戦いを見届ける怪しい二人組の影があると、二人はハリケンジャーの最後を見届けようとしていた。
その後も戦いが続く中、ハナサッカ道士は毒花花粉で攻撃、それを変わり身の術で避けると超忍法・空駆けで追い詰め、三重連トリプルガジェットで撃破するのだった。
それから、フラビージョが採点をするとチュウズーボの呪文の力をウェンディーヌがバズーカで発射しハナサッカ道士を巨大化復活させる。
対するハリケンジャーはシノビマシンを出動させると旋風神が推参。
ハリーアップして旋風神ハリアーになるとダブルハリアーソードを手にしてホイールクラッシュで攻撃。
ハリーダウンするとタテガミハリケーンで翻弄し、シノビメダルをセットするとカラクリボール「ソードスラッシャー」の究極奥義・分身幻斬りでトドメを刺すのだった。
それから、悔しがるチュウズーボの傍で、マンマルバは例の二人が現れるのを待つ事にしていた。
一方で怪しい二人組は不敵な笑みを浮かべるとその場を立ち去る。
戦い終わった鷹介達は研究所に戻るとおぼろに感謝するが、館長は浮かれた態度の鷹介を説教する。
けれども鷹介は反省してると言っては結果オーライだと言うので、やはり館長にバカモンと言われて叱られるのだった。






















という事で、今回は第5話。
今回登場した敵は「宇宙忍 毒花忍者ハナサッカ道士」
銭湯の地下で湯を使って毒の木を育成し、世界各地で成長させようと企てる。
触手を鞭のように振るう。
ハナサッカ道士が育てた毒の木の幼体は猛毒を噴出する。
週に一回フラワーアレンジメント教室をやっている。
声優は坪井智浩さん。
スーパー戦隊シリーズでは本作が初。
後に『特命戦隊ゴーバスターズ』でもスナドケイロイドの声を担当。



今回は吼太メイン、七海メインに続く鷹介メインのエピソード。
訳も分からないまま銭湯でのバイトを命じられたりして納得できない鷹介が自分の力を試そうと一人で館長に立ち向かうが失敗。
軽いストレス発散にゲームセンターに行ってる間に吼太と七海、はたまた街がピンチに!
直ぐに反省した鷹介な新たな技「乱舞三重衝」を使い立ち向かうという物語。
その裏では怪しげな二人組がハリケンジャーの最後を見届けようとしていたりも!?
サブタイトルにある通り、鷹介と館長との関係を描いたり、銭湯が舞台になっていたりとユニークなお話ですが、厳しく接していても館長が鷹介を評価しているのも感じられるエピソードとなってました。


ちなみに、今回の脚本は酒井直行さんが担当。
メタルヒーローシリーズの『特捜エクシードラフト』『特捜ロボ ジャンパーソン』『ブルースワット』に参加。
スーパー戦隊シリーズでは『百獣戦隊ガオレンジャー』と本作『忍風戦隊ハリケンジャー』を担当。
『忍風戦隊ハリケンジャーVSガオレンジャー』にも参加しています。





てなわけで、最後に日向おぼろをご紹介。
無限斎の娘で、疾風流忍術研究所の所長。ハリケンジャーの装備やシノビマシン、カラクリ巨人の開発を担う。
演じたのは高田聖子さん。
『ナースのお仕事3』の松坂弘子、『料理少年Kタロー』の高野山るりこ、『向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜』の前田早苗、『ナースマン』の長谷川節子など一般的なドラマでの活躍も印象的。
関西弁のオバちゃんだけど優しい感じとか意外と綺麗目なところが好きな女優です(*´∀`*)




次回は『ハサミとくノ一』






忍風戦隊ハリケンジャー Vol.2 [ 塩谷瞬 ]



忍風戦隊ハリケンジャー 巻之五 館長とお風呂【動画配信】









Last updated  2020.04.27 01:53:35
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.20
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之四「トンネルと兄妹〈きょうだい〉」
脚本:宮下隼一
監督:諸田敏
登場した敵:クグツ忍 穴掘り忍者モグドラゴ(声:伊藤健太郎)
2002.3.10



★あらすじ★
ジャカンジャ地下鉄開通のため、トンネルを掘りまくるモグドラゴ。現場を押さえたハリケンジャーだが、吼太が慎重になりすぎ取り逃がす。二人に責められる吼太……。自分が育てられた養護施設に久々に顔を出す吼太。妹・鳴子との一年振りの再会だが……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第4話になります(*´∇`*)



地面から現れた穴掘り忍者モグドラゴ。
そこにハリケンジャーが参上すると戦闘を開始する。
だが、宇宙忍法土遁走りを使い地中にかくれるモグドラゴは地中からハリケンジャーを攻撃する。
ハリケンイエローが超忍法・土爆進を繰り出しても飛ばされてしまう。
モグドラゴは穴掘り名人の忍者だったのだ。
そんなモグドラゴは誰にも邪魔されないという中、ハリケンジャーはトリプルガジェットを使おうとする。
けれどもイエローは奴の動きがまだつかめないのにやたらにぶっ放してもかわされると危ないだけだと言い、もっと慎重になるように言う。
だが、モグドラゴの攻撃を食らうとハリケンレッドは無理やりクエイクハンマーを奪おうとして取っ組み合いの喧嘩になる。
そんなハリケンジャーに呆れたモグドラゴは逃走すると巨大な穴の奥に逃げて行く。
モグドラゴに逃げられたのはイエローが慎重すぎてグズグズしているからだとレッドが言うと再び喧嘩になりチームワークがバラバラに。
その姿に館長は心配するなか、おぼろは二つ目のカラクリボールの調整に必死。
それから、探そうたって探しようがないと主張をかわすなか、吼太はプライベートでちょっとと言い出すと抜ける事にし走り去る。
それを見た七海はデートかなと考えるのだった。

吼太が向かったのは「児童養護施設あおぞら園」
そこでは吼太の妹の鳴子〈めいこ〉が働いていた。
そこで、吼太が来た事に気付いた鳴子は吼太に駆け寄るのだが、一緒にいた女の子が付いてくるとペンキ塗りの作業員の脚立に引っかかりバランスが崩れ大変なことに。
咄嗟に吼太は女の子を助けると鳴子に注意をして叱る。
そんな吼太の頬はペンキ塗れになっていた。
それから、顔を洗った吼太に鳴子は話をし、アフリカに行く事を明かす。
鳴子はアフリカの難民の子のお世話をするボランティアがしたいのだ。
そんな話を初めて聞いた吼太は、もっと慎重に考えてと言うが、鳴子は吼太も連絡せずに放浪していた事を指摘する。
そして子供たちに呼ばれた鳴子ははぐらかしてしまうのだった。
そんな時、鷹介と七海が吼太の前に現れる。
二人は夕焼けに染まる海辺で吼太の話を聞く。
吼太は妹の面倒を見ていた。だが12年前、吼太が軽率だった為に妹に怪我をさせてしまった。
養護施設でサッカーボールを蹴ったら跳ね返って工事の作業員にぶつかりバランスが崩れて追いかけてきた妹が材料の下敷きになって怪我をしてしまったのだ。
妹は怪我の事は覚えていないようで、いい介護士のおかげで早く治った。
それから吼太は軽率な行動はしないと誓い、同時に介護士になったのもソレがあったからだと明かす。
そんな話を聞いた鷹介と七海は吼太の慎重さを納得すると三人は黙って夕陽を眺めているのだった。
その頃、ジャカンジャではフラビージョとマンマルバが電車ごっこをしていた。
モグドラゴが地中を掘っていたのは、ジャカンジャ地下鉄を開通させる為でその為のトンネル掘り。
近い将来に「アレ」が手に入った時に凱旋する為らしい。
そんななか、サーガインはタウ・ザントの命令でモグドラゴに作戦を急がせることにする。
それから、モグドラゴが地面を掘り進んでいくと病院では地震が発生し、地下の配線が切られて停電する。
水道管が壊されると消防作業も止まり、電話回線も不通に。
ガス管も破損しライフラインに影響が。
原因不明の事態に政府は緊急対策本部を設置するなか、忍風館の研究所も停電。
急いでバックアップ電源で明るくなるなか、おぼろは何かヒントを探し、館長はハリケンジャーに出動するように命令。
鷹介と七海はちょっと用がと言っては仕事を抜け出し、吼太は鳴子のもとに一緒にいた。
一方でモグドラゴは一休みする為に地上に居た。
そこに鷹介と七海が来るとシノビチェンジしてハリケンレッドとハリケンブルーに変身。
その頃、吼太は『結局、俺が何を言おうと行くつもりなんだな』と鳴子と話をしており、鳴子が話を聞いてと言う中、吼太は自分が何をどう思ってきたか考えてきたかと聞く。
すると鳴子は、飛ぶときは飛ばなきゃそれこそ怪我の一つもするくらいにと言うので吼太は怪我をさせられないと言う。
ところが、鳴子は12年前の怪我の事を覚えていた。
鳴子は、吼太が軽率だったのではなく、大好きなお兄ちゃんのあとをついて行きたかった、それで怪我した事は後悔していない、と言うと別れを告げて去って行く。
そんな鳴子の気持ちが分かんない吼太であった。

その後も、モグドラゴと戦い続けるレッドとブルー。
しかし、地中を行ったり来たりして二人を翻弄するモグドラゴは二人を捕まえては飛ばして余裕の姿を見せる。
そこに駆け付けた吼太は崖の上から無茶して戦う二人を見つめる。
二人はジャイロ手裏剣も放つが効かず、攻撃をくらうも、やられっぱなしだけど何となくつかめてきたと諦めない。
すると吼太は鳴子の「飛ぶときは飛ばなきゃって、じゃないと本当の事はつかめないって」という言葉を頭によぎらせ雄叫びを上げてシノビチェンジすると崖を飛び降りクエイクハンマーを手に持つ。
それから地面を叩きつけては振動で攻撃するハリケンイエロー。
そんななか、おぼろもカラクリボールの調整にあることを思い付く。
その間も攻め続けるハリケンイエロー。
けれどもモグドラゴはあっちこっち移動する。
そこでレッドとブルーも協力するとモグラ叩きのように攻撃し、三重連トリプルガジェットの重力ボールで一気に撃破するのだった。
それから、サーガインがウェンディーヌに頼むとコピージャイアントが発進し、モグドラゴが巨大化復活。
すぐにシノビマシンが発進すると忍風合体して旋風神が推参!
だが、モグドラゴは地面に潜り攻撃して旋風神を翻弄する。
そこでスピードを上げるためにハリーアップして旋風神ハリアーになるのだが、攻撃は当たらず逆に捕まり苦戦してしまい、更に時間も無い状態に。
と、その時おぼろがニューカラクリボールを完成させると連絡し、旋風神ハリアーはモグドラゴから脱出してハリーダウンする。
おぼろは直ぐにシノビメダルを転送するとイエローがソレをセットしニューカラクリボールを発動。
旋風神が「ゴートクラッシャー」という大きなハンマーを手にすると改めてモグラ叩きの要領で攻撃!
そして「究極奥義・疾風豪快落とし」を炸裂させるとモグドラゴにトドメを刺して落第させるのだった。
それから戦い終わり、空港にいる鳴子のもとに吼太がやってくる。
いくら止めても…と言いかける鳴子に対して吼太は『飛んでこい!』と言うと、鳴子は鳴子らしく吼太も吼太らしく飛ぶと言っては激励し、鳴子は飛行機に乗って飛び立つのだった。
そんな飛行機を見送る吼太のもとに鷹介と七海も姿を見せると腹減ったと言いだし鷹介はラーメンを食べたいと言い、七海はハンバーガーが食べたいと言うので吼太は慎重に考えることに。
一方で、とりあえずそれぞれがそれぞれらしくハリケンジャーらしいと感じるおぼろに、慎重さと大胆さの両方大事だと言う館長はヒマワリの種が欲しいとねだるのだった。

























という事で、今回は第4話。
今回登場した敵は「クグツ忍 穴掘り忍者モグドラゴ」
土遁の術で地中を90km/hで移動し、ジャカンジャの地下鉄を建設しようとした。
声優は伊藤健太郎さん。
『突撃!パッパラ隊』の水島一純、『NARUTO -ナルト-』の秋道チョウジ、『とっとこハム太郎』のタイショーくんなど担当。
スーパー戦隊シリーズでは本作が初。
後にゴーオンジャー、キュウレンジャーにも出演。
『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』ではアナザーWの声も担当してました。



今回は吼太がメインに妹の鳴子との話が描かれ、吼太がどうして慎重なのかが明かされました。
またどうして介護士になったのかという理由も同時に明かされ、吼太の人柄を存分に堪能できるエピソードでした。
一方で吼太が忍風館に居た時の放浪の旅期間を持ち出して、自身も突然アフリカに行く事を明かした鳴子。
お互いにお互いを気にし過ぎていたのか、なんとも似たような兄と妹でした。
そんな鳴子を演じられたのは桂亜沙美さん。
スーパー戦隊シリーズの関わりは本作くらいですが、映画や舞台でもしばらく活躍されていたよう。
調べてみたら、ファイナルファンタジー13で、ヲルバ=ダイア・ヴァニラのモーションアクターもされていたみたいです。

それから、新しいカラクリボールも登場!
ハリケンジャーの旋風神はカラクリボールで様々な奥義を使うのもポイント!
今回は「ゴートクラッシャー」によるモグラ叩き的なこともしたり、クエイクハンマーでもモグラ叩き的なことをしたりとイエロー尽くしな感じでした。



最後に、今回は日向無限斎をご紹介。
忍者を養成する機関、疾風流忍風館の館長。
優れた忍法の使い手でもあり、3人の忍者としての才能を認めている。
ハムスター館長は、日向無限斎が変身した姿だが、呪文を一文字間違えてしまい、元に戻れなくなった。やや口うるさい。
演じていたのは西田健さん。
『帰ってきたウルトラマン』では岸田文夫隊員を演じていました。なのでのちに登場するある人とは…(笑)
また『宇宙刑事ギャバン』ではサン・ドルバ、『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』ではブリンク博士も演じました。
特撮だけでなく一般的なドラマでも名俳優ですね!



次回は『館長とお風呂』






忍風戦隊ハリケンジャー 1 [ 塩谷瞬 ]



忍風戦隊ハリケンジャー 巻之四 トンネルと兄妹【動画配信】









Last updated  2020.04.27 01:57:32
コメント(0) | コメントを書く
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之三「ニセモノと60秒」
脚本:宮下隼一
監督:諸田敏
登場した敵:宇宙忍 コピー忍者クリソッツ坊(声:山岸功)
2002.3.3



★あらすじ★
演歌歌手としてデビューした七海だが、地味な仕事ばかり。
そんな時、テレビ局で性格が激変した人が続出しているとの情報が。
ハムスター館長に潜入捜査を命じられた3人。
潜り込んでみると、人気絶頂のアイドルグループのメンバーオーデションの真っ最中で……。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第3話になります(*´∇`*)



七海は「忍び恋」の販売会を行なっていた。だが、客足は全くと言って無い。
ジャカンジャではチュウズーボが居ないが既に作戦は始まっていた。
そんなチュウズーボは何かを探していた。
その頃、鷹介と吼太は派手に戦ってもニュースにならないから張り合いが無いと愚痴をこぼしていた。
するとハムスター館長が『人も知らず世も知らず影たる忍者の宿命じゃい』と呟く。
と、そこにおぼろがやって来る。七海は少し遅れて駆け付けると仕事の愚痴をこぼす。
毎日地味な売り出しをし、商店街にスーパーにパチンコにスナック。
別の仕事無いかなぁ〜なんて言っては、ハリケンジャーで歌手デビューを提案するが、吼太は断りワイワイと賑やかに言い合う。
そんななか、おぼろが事件の報告をする。
どうやら、突然人が変わったように暴れ出す事件が続出しているそうだ。
それもここ3、4日の間にテレビ局に行っていた人ばかり。
すると鷹介たちは芸能人に会えるかなとはしゃぎだすので館長が叱りつけ、3人は直ぐにJMPテレビに出動するのだった。
早速テレビ局の中を調査する3人、そこで七海はオーディション会場を見つけると忍び込む。
それを目撃したのはフラビージョだった。
それから、忍び込んだ七海は会場で今をときめく八木プロデューサーを見つける。
そんなオーディションを見ては、本当はこういうのが歌いたいと嘆く七海は改めて任務に戻ろうとする。
すると八木プロデューサーに声をかけられオーディションに参加。
早速、JUDY AND MARYの「Over Drive」を歌う七海。
と、その時マイクが光ると七海のコピーが現れ、七海はマイクに吸い込まれてしまう。
実は八木プロデューサーは偽物でジャカンジャに利用されていた。
ジャカンジャは街の住民をそっくり入れ替える作戦を考え、星を腐らせて「アレ」を手に入れようとしていたのだ。
一方で鷹介と吼太は七海を待っていた。
そこに七海が現れると異常無しだと伝え、二人に歌を歌わないかと誘う。
それから、マイクに吸い込まれた本物の七海は目を覚ますとそこは異空間で沢山の人々がいた。
どういうことか考える七海。ふと側を見るとそこには本物の八木プロデューサーがおり、騙されて捕まったことに気付く。
そんななか、鷹介と吼太は偽の七海にオーディション会場へ案内されオーディションに参加していた。
異空間の七海はなんとかしようとすると天井にある出口を見つける。
そこで、周りの人に目を瞑ってもらうと、シノビチェンジしようとするも変身できない。
すると七海は忍法水柱を利用して水に乗ると異空間を脱出。
オーディション会場の外に出ると急いで部屋に向かい二人が意気揚々と歌いマイクが光るなかへと突撃するのだった。

それから、七海は偽物の七海を追いかけジャイロ手裏剣を放つが避けられ逆に捕らえられそうになる。
助かった鷹介と吼太にはどっちがどっちかわからない中、二人の前にはコピー忍者クリソッツ坊が姿を見せる。
直ぐに二人はシノビチェンジすると、七海も続けてシノビチェンジしてソニックメガホンを利用して偽物の七海を消し去る。
そんな七海の活躍を異空間で見ていた八木プロデューサーは『あの子だ!きまり!』と叫んでいる。
それから3人は合流するとクリソッツ坊が攻撃を仕掛けてくるなか、改めて名乗る。
そこにマゲラッパも現れると、ハヤテ丸を手にして超忍法・影の舞でマゲラッパを蹴散らしていく。
そしてクリソッツ坊に立ち向かうが避けられてしまう。
するとブルーが超忍法・水変化を繰り出してクリソッツ坊を水中に誘い込むと、超忍法・水流破で吹き飛ばす。
その後、続けて三重連トリプルガジェットの超音波攻撃でクリソッツ坊を撃破するのだった。
それと同時に入れ替わっていた偽物は消滅し、本物の人々は元どおりに。
一方でチュウズーボは探し物を見つけ出しソレを使い呪文写しをすると巻物に呪文を書きウェンディーヌに渡してバズーカで放出してもらう。
それによって巨大化復活するクリソッツ坊。
そこでシノビマシンが発進すると忍風合体して旋風神が推参。
しかしクリソッツ坊は五体に分身すると一方的に旋風神を襲う。
そこで、おぼろが用意していたプログラムにより旋風神をハリーアップさせて旋風神ハリアーにするようにアドバイス。
ただし、旋風神ハリアーは60秒でハリーダウンしてしまう。
必ず60秒以内にダメージを与えないとダメだと言うと、旋風神ハリアーにハリーアップする。
すると動きが俊敏になり次々と攻撃を避けていく。
それからあと20秒になると、疾風円月剣で分身を蹴散らしていく。
そしてあと5秒でクリソッツ坊の本体にダメージを与えるとハリーダウンする。
それでも十分にダメージを与えた為、フィニッシュにシノビメダルをセットし、カラクリボールのソードスラッシャーを使い究極奥義・分身幻斬りを披露するとクリソッツ坊にトドメを刺し、落第させるのだった。
その後、戦い終わり、どうして偽物か見分けられなかったのか鷹介と言い合い吼太が止めるなか、八木プロデューサーが声をかけると七海に合格をしらされる。
『きみこそ明日のスターだよ!』という言葉に喜ぶ七海。
だが、突如として黒子ロボが現れると人々からハリケンジャーに関する記憶を消していく。
結果、何もかも忘れた八木プロデューサーにより合格は無かったことに。
これには落ち込む七海に鷹介と吼太は慰める。
けれども七海は『演ドルをナメるなぁ〜』と言ってはすぐに立ち上がるのであった!
























という事で、今回は第3話。
今回登場した敵は「宇宙忍 コピー忍者クリソッツ坊」
クリソッコピーという光線で偽物を作け出し、本物は異次元に飛ばしてしまう。
声優は山岸功さん。
『救急戦隊ゴーゴーファイブ』ではライナーボーイの声も担当していました。



今回は七海がメインに偽物騒動が起きるのと、どうしてハリケンジャーの話題がニュースにならないのかは黒子ロボが活躍していたからだと分かるエピソード。
それにより、せっかく活躍した七海のスターデビューは無かった事に。
一方でチュウズーボは独自の巨大化術を編み出し、サーガインと対立する形に。
また、敵は敵で独自の作戦の幅が広がるなか、ハリケンジャーも新たに旋風神ハリアーという形態を入手。
60秒という限られた時間の中、俊敏な動きをするハリアーでした。

また、今回八木プロデューサーを演じたのは杉作J太郎さん。
漫画家であり俳優でありタレントでありミュージシャンであり映画監督でもあるなんだか凄い人です。



てなわけで、最後にハリケンイエロー・尾藤吼太(びとうこうた)をご紹介。
忍風戦隊きっての頭脳派である20歳の青年で、幼い頃に事故で両親を亡くし、妹とともに養護施設で育った。
沈着冷静で慎重な性格だが、やや優柔不断な一面を見せることもある。
強い肉体を誇り、怒ると凄まじいまでの力を発揮。
尾藤吼太が『忍風、シノビチェンジ!』した姿がハリケンイエロー。
獅子の戦力・能力を有した陸忍で、地上を猛スピードで移動し、怪力を活かした攻撃で敵を粉砕する。
仲間のバックアップも担当していた。
演じたのは山本康平さん。
本作がデビュー作。後に『仮面ライダー電王』『仮面ライダードライブ』でもゲスト出演しました。





次回は『トンネルと兄妹』






忍風戦隊ハリケンジャー 1 [ 塩谷瞬 ]



忍風戦隊ハリケンジャー 巻之三 ニセモノと60秒【動画配信】








Last updated  2020.04.27 01:56:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.13
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之二「巨人とカラクリ」
脚本:宮下隼一
監督:渡辺勝也
登場した敵:クグツ忍 磁石忍者ジシャックモ(声:細井治)
2002.2.24



★あらすじ★
ジャカンジャの第一次攻撃をしのいだが、忍び谷が消滅してしまったため、街に降り「人を忍び世を忍び」仕事をしながら待機することとなったハリケンジャー。
仕事に精を出す三人だが、七海と吼太はハリケンジャイロを外してしまう。そこにジシャックモが出現!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第2話になります(*´∇`*)



ハムスターが館長だと知ったハリケンジャー。
だが、ハリケンジャーの目の前に宇宙忍群ジャカンジャの暗黒七本槍のチュウズーボ、マンマルバ、ウェンディーヌ、サーガイン、フラビージョが揃い踏みした。
一同の攻撃がハリケンジャーを襲う。
そんななか、ハリケンジャーは変わり身の術を使って攻撃を避け、隙をついてハムスター館長を取り返すとその場を逃げるのだった。

あれから1週間。
おぼろはハムスターになった父から準備を怠らないように言われ、メカの最終調整をしていた。
『まさかこんなに早くあの子らがハリケンジャーになるやなんて』と思うおぼろ。
ハリケンジャーにはまだまだ学ばねばならぬ事ばかりなのだ。
そんななかわハムスターのままの館長は、声は戻ったが姿は戻らないと話すと、呪文を一文字間違えた事を明かすのだった。
一方、話のネタとなっている3人はどうしているのかといえば、七海はウインドウショッピングをしながらバイトを探していた。
すると、突然スカウトされた七海は言われるがままに車へと乗っていた。
その頃、鷹介は何でも屋として働いていたが、窓拭きの仕事が何故かハンカチを拾う仕事に。
そのあと、やっぱり窓拭きの仕事もすることになっていた。
それから、吼太は介護の仕事をしており、そんな吼太の姿を鷹介は近くで眺めているのだった。
所変わって寄生要塞センティピードではジャカンジャの首領タウ・ザントが「アレ」を求めていた。
そこで、サーガインが名乗り出ると配下の磁石忍者ジシャックモを地球に送るのだった。
その頃、吼太は足の怪我のリハビリをするヒカルちゃんの介護を手伝っていた。
そんな吼太の仕事っぷりを見ていた鷹介は吼太がハリケンジャイロをしていない事に気付く。
吼太なハリケンジャイロを車に置いているのだ。
するとそこで歌声が聞こえてきて二人が覗きにいくと七海が歌を歌っていた。
七海は街でスカウトされた後、幼稚園で子供達の前で歌う事になったのだ。
しかも演歌「忍び恋」を熱唱。
けれどもこれは代役で本人としてはあまり乗り気ではなかった。
そんな七海もハリケンジャイロをしていない事に気付く鷹介。
思わず『七海!吼太!仕事をするのは良いけどそれはあくまで俺たちの仮の姿だ。ジャカンジャの襲撃に備えて常にハリケンジャイロを身につけてないと!』と声を荒げてしまう。
そんな鷹介に対して二人は分かっていると言うが、子供達にせがまれて遊ぶ事にするので、鷹介は一人で勝手にしろと怒るのだった。
一方、街ではジシャックモが出現。
人々がくっついては巨大なオブジェにされ、それを知ったおぼろがハリケンジャイロに連絡する。
連絡を聞いた鷹介は仕事を中断すると一人で出動。
ジシャックモのもとに駆け付けては直ぐに飛びかかりハリケンレッドに変身し、一人で十分だと立ち向かう。
だが、磁石のようになり辺りのものがくっついてしまうハリケンレッド。
やはり一人では無謀だったか。
おぼろが、エマージェンシーコールの音量をマックスにして七海と吼太に知らせると二人が急いでレッドのもとに駆け付けてくる。
そこでどうして一人でと問われるとレッドは『だってお前らハリケンジャーなんかもうどうでもよくなったんじゃ…』と言うので、三人揃ってハリケンジャーだと言われてしまう。
合わせて、ハリケンジャイロを外していた事を謝る七海と吼太。
そこで、ジシャックモの攻撃が迫ると七海と吼太も変身して改めて名乗ると対決に。
超忍法・空駆けや三人揃ってのハヤテ丸の攻撃を披露するが、ジシャックモは手強く、磁石バルカンがハリケンジャーを襲うのだった。

それから、ジシャックモには生体反応が無く傀儡つまりはロボットである事を知る。
しかし、何処かにエネルギーをチャージする部分がある。
そこが体の中心部だと分かるとハリケンジャーはその部位を狙って攻撃開始。
クエイクハンマー、ソニックメガホン、ドライガンを合わせてトリプルガジェットにすると『磁力には重力!大地の力だ!』という事でハリケンイエローを中心にした攻撃でジシャックモを見事に撃破する。
それを見たフラビージョはやられちゃったと言いながら赤点を付ける。
一方でサーガインはウェンディーヌに頼み事をするとコピージャイアントが発進。
貸しということになりながら、コピージャイアントはジシャックモの能力を引き継ぎ更にパワーアップして再生する。
そんな巨大になった相手に対して、おぼろが調整が終わった「ハリケンホーク」「ハリケンドルフィン」「ハリケンレオン」を発進させる。
それはハリケンジャーの為に開発された忍者カラクリ。
早速それぞれのメカに搭乗した3人は巨大なジシャックモに立ち向かう。
ハリケンホークはカラクリ忍法・火炎鷹で攻撃、ハリケンドルフィンはカラクリ忍法・大津波で攻撃してジシャックモを翻弄。
だが、ハリケンホークとハリケンドルフィンが捕まってしまう。
そこでハリケンレオンがカラクリ忍法・連獅子でダッシュするとジシャックモを粉砕。
ホークとドルフィンを助けるのだった。
ところがジシャックモは磁気磁気再生でまたも復活。
対するハリケンジャーはおぼろのアドバイスで忍者カラクリを合体させる事に!
三体が合体するとカラクリ巨人・旋風神が推参!!
ジシャックモの攻撃は効かず、旋風神はカラクリボールを発動。
「究極奥義・分身幻斬り」を披露するとジシャックモを撃破するのだった。
これには大はしゃぎな三人。
カラクリボールは古代から伝わる超科学的なエネルギーを凝縮し物体化した超忍者ひっきゅうアイテムだとおぼろが説明すると、街の人も元に戻った事を知り、無限斎が天晴れハリケンジャーと褒めるのだった。
《ニューヒーローの誕生だ!忍風戦隊ハリケンジャーの旅立ちだ!!》




























という事で、今回は第2話。
今回登場した敵は「クグツ忍 磁石忍者ジシャックモ」
磁力を操り、生物同士を引き寄せたり、弾いたりすることが可能。
怪力を誇る。
声優は細井治さん。
『激走戦隊カーレンジャー』ではRR〈リーリー〉リーの声、ゾクブルーの声を担当していました。
『特捜戦隊デカレンジャー』ではスケコ星人マシューの声も担当。



今回は巨大ロボである旋風神の登場回!
カラクリ巨人という名称がカッコいい!!
片やコピージャイアントを呼び出すウェンディーヌもセクシーですが(笑)
今回の劇中では忍者カラクリとおぼろさんは言っていましたが、シノビマシンという名称があります。
旋風神になるのは、ハリケンホーク、ハリケンドルフィン、ハリケンレオンの三体合体によるもので、合体のシークエンスのCGによるカラクリ感も溜まりません!
ハヤブサ(ファルコン)とタカ(ホーク)の違いはありますが、ドルフィンとライオンが同じということで、ライブマンにも通じる組み合わせなのが面白いところ。
イーグルだったりシャークだったりパンサーだったりの組み合わせもあり陸海空という定期的なコンビネーションがグッドです!
また、シノビマシンになる時のシークエンスも印象的ですね!!
そんななか、ハリケンジャー三人の世を忍ぶ仮の姿として仕事に就いたり、その関係でハリケンジャイロを放っておいた事に訝しげになる鷹介という早くもちょっとしたイザコザがあるのも面白いところです。
意外と磁力には重力といった具合に吼太の活躍も目立った回でした。


最後に、ハリケンブルー・野乃七海(ののななみ)をご紹介。
忍風戦隊の紅一点ではあるが、勝ち気でプライドが高い18歳の乙女。
忍風館が消滅した後、芸能界にスカウトされ、演歌アイドル歌手・野乃ナナとして活動しながらジャカンジャに挑んだ。
野乃七海が『忍風、シノビチェンジ!』した姿がハリケンブルー。
イルカの戦力・能力を身につけたくノーで、水上・水中での戦闘を得意としている。
また、身が軽く、優れた反射神経を有しており、敵にスピード攻撃を仕掛けていく。
演じたのは長澤奈央さん。
ハリケンジャーよりも少し前にデビューしていましたがガッツリ出演となったのがハリケンジャー。
仮面ライダーシリーズにも出演したりしており近年でも特撮作品への参加があります。
ちなみに、実際にアーティストとしても活躍してました。





次回は『ニセモノと60秒』






忍風戦隊ハリケンジャー 1 [ 塩谷瞬 ]



忍風戦隊ハリケンジャー 巻之二 巨人とカラクリ【動画配信】









Last updated  2020.04.27 01:56:30
コメント(0) | コメントを書く
☆忍風戦隊ハリケンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



巻之一「風とニンジャ」
脚本:宮下隼一
監督:渡辺勝也
登場した敵:宇宙忍 結界忍者ケッカイ坊(声:田中完)
2002.2.17



★あらすじ★
古来より地球の平和を守り続けていた疾風流忍者の里、忍び谷に恐怖の忍者集団、宇宙忍群ジャカンジャが現れた! 
この大ピンチに、忍者養成学校「忍風館」の落ちこぼれ三人組、椎名鷹介・野乃七海・尾藤吼太が疾風流伝説の後継者となって立ち向かう!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2002年から2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第26作目「忍風戦隊ハリケンジャー」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第1話になります(*´∇`*)





日向おぼろが洞窟の奥で怪しい物体を発見。その物体は起動すると宇宙へ一筋の光を放った。
二ヶ月後…
忍び谷にて巻物を奪い合う忍者がいた。
地中から現れたり、水中から現れたりする忍者達。
《忍者、それは古来より人知れず影の如く飛び、消え、戦う強者たち。でもこの3人はまだまだ半人前の…》
巻物を奪い合う忍者達の前に館長と呼ばれる先生が現れると巻物を奪われて叱られてしまう。
この3人は落ちこぼれの3人。
そんな事では迅雷流〈いかづちりゅう〉に勝つどころかハリケンジャーには到底慣れないと言われる。
だが、3人はそれぞれ自分を棚に上げてしまう。
しかし、ハリケンジャーは200年も出ていない。
そんななか、赤いジャケットの男が『毎日俺たちばっかり目の敵にしやがって』と言うのだった。

疾風流忍者学校忍風館では忍風館館長の日向無限斎〈ひなたむげんさい〉が疾風流〈はやてりゅう〉の在り方を話し、疾風流が表忍であると語っていた。
そんな朝礼をサボってはおしゃべりをし、柿を回し食いする3人がいた。
第507期陸忍科〈おかにんか〉尾藤吼太〈びとうこうた〉
第507期空忍科〈そらにんか〉椎名鷹介〈しいなようすけ〉
第507期水忍科〈みずにんか〉野乃七海〈ののななみ〉
3人は忍者の素質があるとスカウトされたのだ。
だが覚えるのが面倒で落ちこぼれ。
おまけに忍風館の周りには卒業するまで結界があるため逃げ出せないのだ。
《その頃、もっと重大な懸念を抱いているものがここに》
疾風流忍術研究室室長である日向おぼろは、パソコンのモニタに向かって手を動かし、ムカデ野郎が何を呼び寄せているのか調べていた。
一方、宇宙空間には寄生要塞センティピードが浮遊。
中では地球を眺めるもの達がいた。
そこで口を開いたのは宇宙忍群ジャカンジャ首領タウ・ザント。
直ぐに跪く配下のものたち。
500年前宇宙にばら撒いた発信機から待ちに待った反応があったのだ。
配下のものたちは「暗黒七本槍」
二の槍チュウズーボ、四の槍ウェンディーヌ、一の槍フラビージョ、三の槍マンマルバ、五の槍サーガインに向けてタウ・ザントは「アレ」を我が手にと命じるのだった。
そんな悪の接近に気付いたおぼろは結界を強化する。
だが、チュウズーボが結界破りの忍びとして送り込んだ結界忍者ケッカイ坊と下忍マゲラッパが地球に到着するとお札を使い結界を破ってしまう。
非常警報が鳴り響く忍風館。
生徒たちは襲われ、日向無限斎が立ち向かうもケッカイ坊にお札を貼られ、タウ・ザントが力を発揮すると人も建物も何もかも飛ばされてしまう。
と、その時、無限斎は呪文を唱えるとハムスターになるのだった。
そんなハムスターをやって来たフラビージョが可愛いと言っては捕まえる。
そんな現場に遅れてやって来た鷹介たち3人。
『一体何が起こったの!?』と七海が声を出す中、近くに無限斎の武器が落ちているのを見つける鷹介。
ところが、そこでフラビージョとケッカイ坊に見つかってしまう3人。
立ち向かう3人だが、全く手も足も出ず逃げる事に。
近くの洞窟に避難するが、行き止まりになっており追い詰められてしまう。
と、その時、おぼろがパソコンのキーボードのキーを押すと、3人をテレポートさせるのだった。

その後、おぼろのもとに無事逃げる事ができた3人。
おぼろから、気付いたのは二ヶ月前だと話をされ、侵略者が地球の敵である事を知らされる。
更に、ライバルである迅雷流とは音信不通でOBや卒業生の行方も分からないと言われる。
それから、館長もいなくて、生き残ったのが3人だけだと知る。
その頃、ケッカイ坊とフラビージョは3人を探していた。
一方で鷹介たちのもとでは館長の武器に異変が。
それを見たおぼろは、3人に戦うように言うと、父である無限斎が3人を高く評価していた事を伝え自ら朝練をしていたのだと話す。
しかし、館長でも敵わなかった相手にどうやって立ち向かうのか不安になる3人。
そんななか、おぼろは父は無事だと言うと、父にしか使えない術が作動し無事な事を知らせる。
それを聞いて喜ぶ3人。そんな3人におぼろは取り出した「ハリケンジャイロ」を見せ3人を「伝説の後継者」である「忍風戦隊ハリケンジャー」になる事を託す。
すると鷹介は『俺たちがやらなくて誰が館長を助けるんだ』と言うと、七海が『そこまで言われたら』と言い、吼太が『行くしかないぜ!』と言い3人は飛び出して行こうとする。
が、ハリケンジャイロを忘れているので、それを手にして再び飛び出して行くのだった。
そんな姿を見て『ほんまに大丈夫なんかいなお父ちゃん』と嘆くおぼろだった。
それから、改めてケッカイ坊の前に立ち向かう3人。
『俺たち伝説の後継者なんだぜ』なんて言っては、館長は必ず助け出すと気合十分。
『忍風、シノビチェンジ!!』と声を合わせて3人は変身開始。
『風が哭き、空が怒る! 空忍、ハリケンレッド!』
『水が舞い、波が踊る! 水忍、ハリケンブルー!』
『大地が震え、花が歌う! 陸忍、ハリケンイエロー!』
『人も知らず!世も知らず!影となりて悪を討つ!忍風戦隊ハリケンジャー!あ、参上!』
と華麗に名乗りを上げてハリケンジャーになるとケッカイ坊と戦闘に。
携帯忍刀ハヤテ丸を手にして立ち向かい、ハリケンレッドが超忍法・空駆け、ジャイロ手裏剣で攻撃。
ハリケンブルーはハヤテ丸をガンモードにし、更に超忍法・水流波で攻撃。
ハリケンイエローは超忍法・舞獅子からの地雷撃で一気にマゲラッパを蹴散らしていく。
しかしケッカイ坊の宇宙忍法により幻魔界という異次元で一方的に攻撃を受けるハリケンジャー。
なんとか現実に戻ると、負けないと言っては立ち向かう。
そんな戦いを見る二人の謎の影があるが、特に何もせず今は去っていく。
そんな二人の事など知らないハリケンジャーにケッカイ坊の攻撃は続くも、3人はハリケンウインガーに乗るとケッカイ坊を翻弄、影の舞で同時に攻撃すると、ハリケンレッドは「ドライガン」を使い、ハリケンブルーは「ソニックメガホン」を使い、ハリケンイエローは「クエイクハンマー」を使い個々に攻撃。
最後は合体した「トリプルガジェット」でトドメを刺すと初陣を勝利するのだった。
するとそこでハムスターが『見事じゃハリケンジャー』と歓喜する。
このハムスターこそ無限斎館長。
だが地響きが聞こえるとセンティピードが地球に到着。
チュウズーボ、マンマルバ、ウェンディーヌ、サーガインも揃いハリケンジャーの目の前に姿を見せる。
《ついに降り立った謎の侵略者宇宙忍群ジャカンジャ。忍風戦隊ハリケンジャーの戦いの幕が今切って落とされた!》
































という事で、今回は第1話。
今回登場した敵は「宇宙忍 結界忍者ケッカイ坊」
疾風流と迅雷流を襲撃し、すべての忍者を札に封印することが使命。
あらゆる結界を破ることができる。
ケッカイ坊が使用する封印の札は、強い妖力を秘めている。
声優は田中完さん。
特撮の出演は本作が初、後にアバレンジャーでも出演。



今回はハリケンジャーの戦いの幕開けという事で、ジャカンジャの襲来、忍風館が襲われる、ハリケンジャーへの変身、初の戦いと勝利、最後はジャカンジャの暗黒七本槍の五人と対峙するという物語の重要点がてんこ盛り!
そしてスピーディーに兎に角展開が変わる変わるの見どころ満載!
変身シーンと名乗りもポイント高いですが、これでもかと武器を使ったり超忍法を披露したり、敵も沢山登場したり、そんななかにハリケンジャーの落ちこぼれ感とおっちょこちょいな描写もある第1話でございます!!
個人的にソニックメガホンを使うハリケンブルーのぐるぐるもーっと回れが可愛く思えたり、フラビージョの演技に初々しさを感じたりも!
まあフラビージョは後の演技もあんまり変わりませんが。
久しぶりに1話目を観ると、みんな若いですねー(*´∀`*)







てなわけで、最後にハリケンレッド・准名膺介(しいなようすけ)をご紹介。
日向無限斎(ひなたむげんさい)によって直々にスカウトされ、忍風館に入学した19歳の青年。
落ちこぼれと言われてはいるが、忍者としての優れた潜在能力を秘めており、いかなる事態にも怯まない強い正義感の持ち主。
忍風戦隊のリーダー的存在である。
椎名鷹介が「忍風、シノビチェンジ!」した姿がハリケンレッド。
鷹の戦力・能力を身につけた忍者で、風を操り、空中を自由自在に移動することができる。
また、素早い動きや変幻自在の立体的攻撃法を駆使し、優れた剣の技で宇宙忍者を次々と倒していく。
演じたのは塩谷瞬さん。
本作がデビュー作。その後、多数のドラマや映画に出演!!
一時期やらかしちゃったりもしましたが、ハリケンジャーはヒーローです!





次回は『巨人とカラクリ』






忍風戦隊ハリケンジャー 1 [ 塩谷瞬 ]



忍風戦隊ハリケンジャー 巻之一 風とニンジャ【動画配信】








Last updated  2020.04.27 01:55:23
コメント(0) | コメントを書く

全20件 (20件中 11-20件目)

< 1 2


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.