903961 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

2019.12.26
XML
☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )











忍びの最終章「忍ばず未来へワッショイ!」
脚本:下山健人
監督:中澤祥次郎
登場した敵:牙鬼幻月(声:麦人)、十六夜九衛門(牙鬼久右衛門新月)(声:潘めぐみ)
2016.2.7



★あらすじ★
「試練乗り越えし強き忍者は、忍びなれども忍ばない!」
久右衛門(九衛門)が、終わりの手裏剣を回し、世界は破滅へのカウントダウンを始めた。
妖怪が蘇り、巨大化し、街を破壊していく。
天晴たちは、変化が出来なくなったが、それにはひるまず生身で妖怪たちに斬りこんでいく。
その前に究極体となった久右衛門が立ちはだかり……。

ニンニンジャー 対 牙鬼幻月、新月親子、決着の時!
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は最終話になります(*´∇`*)



牙鬼久右衛門新月が発動させた終わりの手裏剣の力により、この世界は一度終わり、牙鬼家が支配する世界が生まれようとしていた。それを阻止するため、ニンニンジャーは牙鬼軍団に立ち向かう。しかし、天晴たちは力を奪われ変身できない。それでも天晴は、ひるまず久右衛門に挑む。久右衛門は、好天が自分のことを息子・旋風の踏み台程度にしか考えていなかったというが、天晴はそれを否定。好天は、旋風と久右衛門がお互いに競い合い高め合う仲間になってくれることを望んでいたはずだと指摘する。天晴たち6人は仲間だからこその強さを発揮。6人そろって忍タリティを高め、ニンニンジャーに変身し、久右衛門を撃破。久右衛門は究極体から元の姿に戻る。
天晴は、久右衛門は本当はラストニンジャである好天に憧れていたことを見破る。久右衛門が本当の気持ちに気付くと、封印の手裏剣が緑色の忍シュリケンに変化。好天は久右衛門のための忍シュリケンを用意していたのだ。
しかし、そこに牙鬼幻月が現れ、久右衛門を取り込み巨大化する。ニンニンジャーはゲキアツダイオーで応戦するが、幻月の圧倒的なパワーを前に限界点に。それでも力を合わせ、最後まで忍ばずツッコむニンニンジャー。6人のゲキアツな思いを込めた必殺技で、ついに幻月を撃破する。
しかし、幻月を倒しても、今の世界を滅ぼすため妖怪が蘇えろうとしていた。そこでニンニンジャーは、終わりの手裏剣を使い、“終わりの手裏剣がない世界”に変える。夢だったラストニンジャになる道はなくなったものの、6人それぞれが新たな夢を見つけ旅立って行くのだった。



今回登場した敵は牙鬼幻月

大量の恐れの力を注ぎこまれ、「444年後、妖怪となって復活し、もう一度天下を恐怖で支配せん」という予言通り、ついに現代に完全復活を遂げた、牙鬼軍団の君主。「鬼面」を依り代として、超常的な技と術を操り、恐怖による天下統一を企てる、戦国最凶最悪の武将。
禍々しい気をまとう巨大な薙刀・含牙戴角(がんがたいかく)を軽々と振るい、激しい波動を一斉発射する「牙凌道・阿修羅(がりょうどう・あしゅら)」、無数の牙を生み出して突き立てる「牙凌道・百鬼幻(ひゃっきげん)」など、数々の必殺技を得意とする。また、封印の手裏剣に直接パワーを与えることで妖気を増幅させることもでき、上級妖怪を生み出す能力も持つ。


そして!!十六夜九衛門

恐れの力を使って牙鬼幻月復活のために暗躍した、牙鬼軍団の小姓。「狐面」を依り代として、忍術や妖術、さらに不思議な技を使用することができる忍者。その正体は、444年前に牙鬼幻月が密かに側室に産ませた「牙鬼久右衛門新月(きばおにきゅうえもんしんげつ)」で、幻月が妖力によって時空を超えて現代へ送り込んだ息子。
伊賀崎家から奪った小槌を操って、妖怪を巨大に変える「肥大蕃息(ひだいはんそく)の術」や「ガシャドクロ召喚の術」などで味方をサポートしたり、「十字砲火の術」などシュリケン忍法を邪悪にパワーアップさせた数々の十六夜流忍法が得意。



ということで最終回!
恒例の生身のアクションでの立ち回りは勿論、その表情にも一年間の成果がこもっています!
忍者モチーフということで、とにかく戦ってきたニンニンジャー達の最終回らしい画となります!!
そして、九衛門との決着!?

忍者モチーフも3回目、ということで、ナナメ上を目指し、何でもアリでやってきた全47話。
脚本打合せでは、よく爆笑していた気がします。バラエティの打合せのようだった…とは、脚本下山さん談。
忍びだけれど忍ばないニンニンジャー の活躍でした!!





fin






Last updated  2019.12.26 01:03:50
コメント(0) | コメントを書く


☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )








忍びの46「終わりの手裏剣、目覚める!」
脚本:下山健人
監督:中澤祥次郎
登場した敵:蛾眉雷蔵(声:松田賢二)、有明の方(声:三石琴乃)、アカイキュウビ
2016.1.31



★あらすじ★
「見せてあげるよ!終わりの手裏剣の力を!」
 祖父、好天、父、旋風と共に8人そろって変化したニンニンジャー。
 伊賀崎流が集結した必殺技を繰り出すが、牙鬼幻月の力もすさまじく簡単には勝負がつかない。
 久右衛門(九衛門)と幻月も親子でタッグを組み、繰り出したのは……。

 そして、とうとう終わりの手裏剣が姿を現す。だがそれには驚くべき秘密が…?!
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第46話になります(*´∇`*)



親子三代アカニンジャーそろい踏み! ニンジャ全員集合で挑む、牙鬼幻月との最終決戦! まずは、ニンニンジャー6人による連携攻撃で幻月に強烈な一撃を。さらに、天晴・旋風・好天 三代そろっての忍烈斬が炸裂。そして最後は全員で必殺技を! しかし、幻月は封印されていた間に力を蓄えており一筋縄ではいかない。
そんな中、好天が隙をつき幻月に突進! 好天と幻月は互いに斬り合い相討ちに。そこに、突如、久右衛門が現れ、背後から好天を斬りつけ、忍タリティを奪い取る。すると、好天の胸の中から、終わりの手裏剣が現れる。実は、好天はすでに亡くなっており、終わりの手裏剣の力で姿を保っていたのだ。終わりの手裏剣を手に入れた久右衛門は、究極体へと変化する。
好天を失い落胆する天晴たちに、旋風は、好天が遺した小箱を差し出す。そこには、“自分たちのやるべきことをやれ”という好天からのメッセージが。何をすべきか、何をしたいのかに気付いた天晴たちは、牙鬼軍団との最後の決戦へ!
まずは終わりの手裏剣を取り戻すため、6人の力を合わせて蛾眉雷蔵や、アカイキュウビに応戦し、天晴を牙鬼城へと向かわせる。牙鬼城までたどり着いた天晴の前には、久右衛門が立ちはだかる。久右衛門が終わりの手裏剣を発動させると、これまでに倒した妖怪たちが蘇り、ニンニンジャーも変身解除してしまう。世界を終わらせて、牙鬼家が支配する世界が生まれようとしていた。それを阻止するため、天晴たちは変身できないまま牙鬼軍団に立ち向かう!



今回登場した敵はアカイキュウビ

十六夜九衛門のオトモ忍であるカラクリキュウビを元に、ヒャッカラゲ専用に開発されたもの。
コア歯車こそ持たないが、ヒャッカラゲの腕前でもフルパワーを発揮できる操作性と、巨大なセンカラゲとのフォーメーション攻撃を特に想定した、特殊なチューンナップが施されている。朱塗りのボディが眩しく、戦場の「赤いキツネ」と恐れられている。
9体の小型カラクリメカ「アカイコギツネ」をオートコントロールによって乱舞させ、敵を追いつめることが可能である。


それと、有明の方

恐れの力を注ぎこまれた「女面」を依り代として現代に蘇った、牙鬼軍団の奥方。己の若さと美を保つために常にアンチエイジングにいそしむ、牙鬼幻月の妻。
鋭い刃を重ねた呪裏扇(じゅりせん)をバブリーに振りかざし、先端から無数のエネルギー弾を発射する攻撃を得意とする。場当たり的に勢いのまま出陣したり、思いつきで西洋三大妖怪を呼び寄せたりする、気まぐれな性格である。
溺愛した息子・牙鬼萬月が倒されてしまったことを知ると、悲しみとともにあふれ出た莫大な恐れの力によって、ついに牙鬼幻月を復活させるきっかけとなる。最期は牙鬼幻月によって、理不尽にも吸収されてしまった。



いよいよ最終2話となりますニンニンジャー !
最後を撮る中澤監督は1、2話のパイロットも担当されていました。
最終話を撮っていただけて、キャストたちも感慨深かったと思います。
冬から始まった撮影も、季節がめぐって、また冬。
キャストたちにとっても「あっと言う間だった」一年。ニンニンジャーの集大成として頑張りました!
年明け44話から、毎話、最終回のようですが、最後まで怒涛の展開が続きます!





次回は『忍びの最終章「忍ばず未来へワッショイ!」』






Last updated  2019.12.26 00:52:11
コメント(0) | コメントを書く
☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )








忍びの45「親子三世代!ニンジャ全員集合」
脚本:下山健人
監督:渡辺勝也
登場した敵:上級妖怪オボログルマ マークII
2016.1.24



★あらすじ★
「君達にラストニンジャは継げない。奴の魂を奪い、ラストニンジャの力を手に入れ、終わりの手裏剣を使うのはこの僕さ……!」
 ラストニンジャを倒し、忍タリティを奪わないとラストニンジャにはなれない……。
 それが試練。「覚悟」を決める事。
 天晴は八雲達と合流し、そのことを告げるが、みなも祖父・好天を倒すなんて出来ない…と、思いは同じだった。
 そこへ現れる十六夜九衛門。十六夜は天晴たちを嘲り笑う。
 その十六夜の力はすさまじく……。
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第45話になります(*´∇`*)



ラストニンジャになるためには、先代を倒し忍タリティを奪い取らなければならないという掟があった。好天を倒すことなどできないという天晴に、霞たちも賛同する。そこに牙鬼久右衛門新月が現れ、好天を倒しラストニンジャを継ぐのは自分だと宣言。天晴たちは立ち向かおうとするが、シュリケン忍法をマスターした久右衛門に忍法を封じられてしまう。為す術もないと落胆するニンニンジャーだったが、キンジにはある作戦があるという。天晴たちは、キンジに賭けてみることに。
翌朝、好天は、決着をつけるため牙鬼幻月の元へ。激しい戦いを繰り広げる。天晴たちも駆けつけようとするが、久右衛門が立ちはだかる。好天の力を奪うのではなく、自分たちの新たな力でラストニンジャになる! 新しいラストニンジャの歴史を作ることを決意したニンニンジャーは、スターニンジャーが武器となりアカニンジャーが攻撃するというニンニンジャーにしかできない攻撃で久右衛門を圧倒。そんな天晴たちの覚悟を受け、旋風は久右衛門に奪われた忍タリティを取り戻す。親子三代アカニンジャーそろい踏みのニンジャ全員集合で、幻月との最終決戦に挑む!




今回は、親子三世代アカニンジャーそろい踏み!



こちらは、アカニンジャー/伊賀崎 好天



こちらは、アカニンジャー/伊賀崎 旋風



ラストニンジャになるための「覚悟」に天晴たちはどう立ち向かうのか?!
十六夜九衛門ですが、登場時は抜け忍(かつては、おじいちゃんの弟子だった)ことは決まっていましたが、その後は未定だったそう。
スーツアクター蜂須賀さんの演技と潘さんの声によって底知れない不思議な魅力を与えられ、人気キャラになりました!
篠原保さんのデザインも良く、幹部の「面」をモチーフとしたデザインは、篠原さんのアイデアだそうです!!
十六夜の身体に「虎」があるのは、虎の威を借る狐・・から来ているとか?!
ラスボスさながらの風格で九衛門が父、牙鬼幻月とともに、ニンニンジャーの前に立ちふさがり伊賀崎三世代VS牙鬼幻月親子の戦いに!
更になんと!旋風が!好天が!変化する!!
シリーズ最大の盛り上がりとなるエピソードです!!





次回は『忍びの46「終わりの手裏剣、目覚める!」』






Last updated  2019.12.26 00:40:04
コメント(0) | コメントを書く
☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )








忍びの44「最終決戦!ラストニンジャの試練」
脚本:下山健人
監督:渡辺勝也
登場した敵:晦正影(声:中尾隆聖)
2016.1.17



★あらすじ★
「そっか!爺ちゃんと戦って勝つ、ってのが最終試験なんだな!?」
「戦って勝つ? ラストニンジャの最終試験はそんなに生易しくはない」


 有明の方の「恐れ」により、牙鬼幻月がよみがえった。
 幻月は、一番槍、蛾眉雷蔵を復活させ、姿を現した牙鬼城より恐れによる天下統一を宣言。
 向かっていこうとする天晴たちを好天が呼び止める。
 「待てい! お前たちには最終試験を課す」
 こんな時に何を?と、とまどう彼らだが、一人ずつ相手にするというので、まずは天晴が残ることになる。
 ラストニンジャの最終試験、そして隠されていた真実とは?
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第44話になります(*´∇`*)



ついに牙鬼幻月が復活。恐れによる天下統一を目指す幻月は、蛾眉雷蔵を復活させ、牙鬼城まで蘇らせる。さらに幻月は、息子である十六夜九衛門こと牙鬼久右衛門新月に指揮をとらせ、本格的な攻撃を開始。久右衛門の指示により、まずは晦正影が出陣する。
幻月と戦えるかを見極めるため、好天はニンニンジャーの最終試験を課す。試験は一人ずつ受け、残りの者が晦と戦うことに。最初に試験を受けるのは天晴。最終試験とは、命を賭けて好天と戦い勝つことだった。しかし、天晴は好天と命のやり取りなどできない。
その頃、晦と戦う八雲たちは窮地に。凪と霞とキンジが、天晴のことを忘れ、晦を倒そうとする八雲と風花に襲いかかってきたのだ。晦は、相手が精神的に支えとしている人物を自分へと上書きし、記憶を改ざんする術により、霞たちから天晴を忘れさせていた。八雲と風花も術をかけられそうになるが、2人は機転をきかせ術から逃れる。霞たちも元に戻り、ニンニンジャーは晦にとどめをさすが、なぜか倒すことができない。実は本当の晦は小さなサイズで、自分そっくりのカラクリボディの頭部に乗り込んで操縦し戦っていたのだ。正体を悟られた晦は、自らを巨大化。ニンニンジャーは覇王シュリケンジンで応戦し、撃破する。
一方、好天は、命のやり取りができない天晴に、「お前たちにラストニンジャを継ぐ資格はない」と言い放つ。ラストニンジャになるためには、先代を倒し忍タリティを奪い取らなければならないのだ。好天は、ショックを受ける天晴を吹っ飛ばし立ち去ってしまうのだった。



今回登場した敵は晦正影

恐れの力を注ぎこまれた「翁面」を依り代として現代に蘇った、牙鬼軍団の家老。「遊び心」を取り入れた嫌らしい謀略を好み、牙鬼家の復活に誰よりも尽力する軍師である。
不気味な術をコントロールするための錫杖を持ち、巨大な頭蓋骨型のエネルギー波を敵に放つ必殺技「牙凌道・洒落頭(がりょうどう・しゃれこうべ)」を得意とする。また、妖怪の誕生を隠匿する結界を生み出したり、水鏡のような窓を開いて牙鬼幻月と直接対話を行うこともできる、様々な妖しい術の使い手である。
相手が精神的に支えとしている人物を自分へと上書きし、記憶を改ざんする術によって、ニンニンジャーから天晴を忘れさせて倒そうとした。これまでにも「超絶シュリケン斬」を受けても全く無傷であったり、不死身の体でニンニンジャーを混乱させてきたが、実は本当の晦は自らの究極術によってたった8.0cmサイズの肉体を得ており、自分そっくりのカラクリボディの頭部に乗り込んで操縦することによって戦闘していた。



牙鬼幻月が復活!ニンニンジャーは最終決戦に入ります。
44、45話のラス前を撮って下さるのは、戦隊一の「熱さ」を誇る渡辺監督。
これでやり残したことはない!、という勢いです。
1年を通じて様々にチャレンジしていただいた福沢AC監督の忍者アクションもクライマックス!
そして物語は――牙鬼軍団が勢ぞろいしたところで、明かされていく秘密とは?!
ここから最終話まで、1年の集大成として盛り上がっていきます!!





次回は『忍びの45「親子三世代!ニンジャ全員集合」』






Last updated  2019.12.26 00:27:58
コメント(0) | コメントを書く
☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )








忍びの43「伝説のニンジャ!妖怪かるた大作戦」
脚本:毛利亘宏
監督:加藤弘之
登場した敵:妖怪フダガエシ(声:園部啓一)
2015.12.27



★あらすじ★
「アイアム、ニンジャオブニンジャ。緑の光弾。天空忍者シュリケンジャー!」


 年末の大掃除。そんな中、父ツムジがニンジャ姿で大暴れ。
「どうしたんだ?親父?」 戦う天晴だが、その腕は互角だ。
正体を現したのは……緑のニンジャ??
 
 彼はシュリケンジャーと名乗り、ニンニンジャーを鍛えるための冬季講習に来たという。
だが、取り出したのは、「妖怪かるた」で……???
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第43話になります(*´∇`*)



伝説の天空忍者シュリケンジャーが登場。ジライヤが会長を務める“忍者の名誉を守る委員会”から、ニンニンジャーを鍛えるため冬期講習に来たというのだ。ニンニンジャーは、シュリケンジャー特製の“妖怪カルタ”で、これまでの戦いを振り返りながら倒してきた妖怪たちを分析することに。
ところが、お手つきをした風花が、カルタの中に吸い込まれてしまう。これは妖怪の神・フダガエシの仕業だった。風花は、カルタの中で前よりも強くなった妖怪ヤマビコと戦うことに。カルタの中から助け出すためには、最後までカルタをやるしかない。ところが、フダガエシは卑怯な手を使って、八雲と霞まで吸い込んでしまう。八雲は妖怪オトロシ、霞は妖怪ユキオンナ、それぞれ因縁の妖怪と戦うことに。そこで、天晴たちは、わざとお手つきをして、カルタの中に潜入。前よりも強くなったのは、妖怪だけではない。パワーアップしたニンニンジャーはあっという間に妖怪たちを撃破し、カルタの中から脱出する。
怒ったフダガエシは上級妖怪オオムカデら6体の妖怪を出現させるが、ニンニンジャーとシュリケンジャーで一掃。すると、ついにフダガエシが姿を現す。その正体は、なんとカルタだった。縮尺縮小の術でフダガエシを倒すと、封印のシュリケンが現れる。
同じ頃、牙鬼萬月の死を知った有明の方が、大量の恐れを放出。それにより、ついに牙鬼幻月が復活の時を迎えていた。



今回登場した敵は妖怪フダガエシ
牙鬼幻月の邪悪な妖気の影響を受けた「妖怪カルタ」が、古来の「札返し(ふだがえし)」伝承を受け継いで、現代に変化した妖怪。札に宿る言霊(ことだま)のエネルギーを利用して、カルタの中に不思議な空間を作り出すと、その中に人間を引きずり込むことができる。
カルタの札さえあれば、必殺技の「カルタの舞い」によって、かつて倒された全ての妖怪を実体化させてしまう究極の能力を持つ、妖怪の神である。と見せかけて、本体がばれてしまえば、ひっくり返って弱り顔に変わってしまう、ただの妖怪の紙である。



今回のゲストは、シュリケンジャー

スーパー戦隊シリーズ第26代目『忍風戦隊ハリケンジャー』(2002年)。“緑の光弾”の異名を持つ、宇宙統一忍者流の天空忍者。英語交じりの口調で話す。早変わりが得意で“千の顔を持つ男”を呼ばれる。
声は松野太紀さん!



43話も加藤監督になります。
加藤監督も「ニンニンジャー」はこの話が最後です。
シリアスな41.42話の後は、どたばた楽しい系。
幼稚園バス、忍者ハヤブサの回や、中間発表のクイズなど、加藤監督のコメディ手腕が光ります。
脚本は、毛利さん。八雲シリーズ三部作、ドラキュラなどを書いていただきました毛利さんの脚本も今回がラストです。
本年最後を飾ったのは、シュリケンジャー&妖怪かるた!
一足はやく新年気分となってました!
かるたとともに、姿の見えない妖怪が登場……。
ア〇トマンばりの合成アクションもあり、みどころが最後までいっぱい?!
牙鬼軍団もクライマックスに向けて盛り上がります。





次回は『忍びの44「最終決戦!ラストニンジャの試練」』






Last updated  2019.12.26 00:19:43
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.25
☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )








忍びの42「オトモ忍ウォーズ!ネコマタの逆襲」
脚本:下山健人
監督:加藤弘之
登場した敵:超上級妖怪シュテンドウジ(声:秋元羊介)、牙鬼萬月(声:置鮎龍太郎)
2015.12.20



★あらすじ★
「俺様はネコマタのいとこの後輩のハトコ、メガネコマタにゃん!あの忍者どものアジトを突き止めてきたニャン!」


 シュリケンジン、ライオンハオー、バイソンキングが牙鬼萬月に捕らわれてしまった!
 ゲキアツダイオーもダメージがひどく、出撃できない。
 なんとかコクピットに潜入して奪還したいが、萬月は鼻がきく。姿を隠して近づいても「忍者」の匂いに気づいてしまうだろう。
 「じゃあ、俺が行く」
 言いだしたのは、父ツムジで……。

 さて、敵の陣営。
 ヒャッカラゲが見覚えのある妖怪を連れてきた。
 その姿は……??
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第42話になります(*´∇`*)



牙鬼萬月に覇王シュリケンジンを奪われてしまったニンニンジャー。ゲキアツダイオーは倒され、ライオンハオーとバイソンキングも拘束されてしまい、パオンマルたちだけではとても太刀打ちできない。
そんな中、妖怪ネコマタの従兄弟の後輩のハトコの“メガネコマタ”が登場。妖怪ネコマタといえば、かつて伊賀崎忍術道場にまで忍び込んだ数少ない妖怪。萬月は、少し怪しみながらもメガネコマタの案内により忍術道場へ。ところが、それは幻館の術によるもので、天晴たちが待ち伏せをしていた。実はメガネコマタは、八雲の魔法で変身した旋風。萬月をおびき出し、シュリケンジンを取り戻す作戦だったのだ。天晴たちが萬月を足止めしている間に、旋風はシュリケンジンからシュテンドウジたちを追い出そうとするが、変身のタイムリミットを迎えてしまう。
萬月に追いつめられ絶体絶命の中、天晴のもとに終極忍シュリケンが現れる。天晴は、終極忍シュリケンの超超超ゲキアツ攻撃で、萬月とシュテンドウジに大きなダメージを与える。巨大化したシュテンドウジには、シュリケンジンを取り戻した旋風が獅子王とともに応戦、巨大化した萬月には、ニンニンジャーがゲキアツダイオーで応戦する。さらに、好天の指揮により、覇王シュリケンジンを取り戻し、シュテンドウジを撃破。そして全てのカラクリ大集合により、萬月を撃破する。
瀕死の萬月の前に現れた十六夜九衛門は、自らの正体を明かす。九衛門は、牙鬼幻月の息子で、萬月の兄だった!?



今回登場した敵は超上級妖怪シュテンドウジ

牙鬼幻月の邪悪な妖気の影響を受け、封印の手裏剣を4つ授けられた「牙鬼軍団ののぼり旗」が、古来の「酒呑童子(しゅてんどうじ)」伝承を受け継いで、現代に変化した超上級妖怪。
一升瓶金棒「鬼便神毒棒(きべんじんどくぼう)」を持ち、この中の酒を飲んで酔えば酔うほど強さを増して、酒臭い息を吐きながら酔拳のように戦闘することが可能。必殺技「のんべえ寝返り落とし」は、酒臭い息を吸わせた相手を自由にコントロールする技で、獅子王を操って覇王シュリケンジンを強奪することに成功した。超上級妖怪として、呪文を唱えながら自ら巨大化することができる。


それと牙鬼萬月

444年の時を経て、有明の方から誕生した、牙鬼軍団の若君。「鬼面」を依り代として、独創的な戦略センスと規格外の戦闘能力に恵まれた、牙鬼幻月の息子。
巨大な蛮刀を斜めに背負い、父親譲りの超パワーでダイナミックに振り下無数の剣戟波をぶちかます必殺技「牙凌道・萬月斬(がりょうどう・まんげつざん)」が得意。生まれる前からニンニンジャーを観察しており、初めはバカ殿を装って敵味方全てを欺いたほどの策士でもある。
牙鬼幻月を復活させるために、特にニンニンジャーを狙って忍者の恐れの力を集めようとした。シュテンドウジを従えて覇王シュリケンジンを強奪し、忍者狩りは成功するかに見えたが、成長したニンニンジャーの「伊賀崎一族忍烈斬」を受け、シュリケンジンと覇王ゲキアツダイオーの強力タッグに敗れてしまう。最期は十六夜九衛門が自分の「兄」だと言う謎の言葉を聞かされたまま、力尽きた。



ヒャッカラゲが担いで、神輿の真ん中に萬月が座ったコクピット。
お祭りロボなので、コクピットを神輿モチーフにしたのですが、なかなか斬新な画でした。
ここからは反撃!39.40話で竹本監督にオトモ忍勢揃いをやっていただきましたが、42話加藤組でも負けずに大活躍です!
しかもコクピットで操縦するは!?
さらに、「またそっくりなのが来るぞ」と予言を残したネコマタがみたび!
決戦は最終回のような盛り上がり?!
気になる萬月と十六夜の関係もお楽しみに。





次回は『忍びの43「伝説のニンジャ!妖怪かるた大作戦」』






Last updated  2019.12.25 01:19:22
コメント(2) | コメントを書く
☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )








忍びの41「牙鬼パーティー、五番勝負!」
脚本:下山健人
監督:加藤弘之
登場した敵:超上級妖怪シュテンドウジ(声:秋元羊介)、牙鬼萬月(声:置鮎龍太郎)
2015.12.13



★あらすじ★
「目には目、歯には歯、オッサンにはオッサンだろ。何で俺を頼らねえ?」
「……その…なんつーか、俺達、一人前になれるよう頑張っててさ」


牙鬼萬月から招待状がとどいた。「牙鬼家当主継承のお披露目式」!?
罠に違いないが、逆に乗り込むチャンスでもある。
萬月陣営に乗り込み、始まったのは、妖怪シュテンドウジとの五番勝負!
喧嘩凧、流鏑馬……。
 
勝負のゆくえは?そして、萬月の真の狙いとは?
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第41話になります(*´∇`*)



ニンニンジャーのもとに、牙鬼萬月から当主継承披露目式の招待状が届く。罠だと気付きながらも、天晴たちは披露目式に乗り込むことに。すると、超上級妖怪シュテンドウジが五番勝負を挑んでくる。一番勝負は、八雲とケンカ凧で対決。八雲の魔法によりニンニンジャーが勝利する。二番勝負は、天晴、八雲、凪が騎馬となり、上に乗った霞が弓矢で的を射る流鏑馬(やぶさめ)対決。しかし、シュテンドウジが卑怯な手を使って勝ってしまう。三番勝負は、風花とキンジが得意のダンスで対決するが、またしてもシュテンドウジが勝利。四番勝負は、天晴が綱引きで対決し、ニンニンジャーの勝利。最終勝負は、腕相撲で対決することになるが、シュテンドウジが強烈な匂いの息を吐くため、向かいあうことができない。そこに、助っ人として獅子王が現れる。天晴は、人の手は借りず自分たちのやり方で勝つと、助けを断る。しかし、獅子王は、一人前になることは人に頼らないということではなく、人の意見に耳を傾けられる大人になるということだと諭す。獅子王の助けもあり、ニンニンジャーは五番勝負に勝利。
ニンニンジャーは、先輩たちの力を借り、カクレンジャー、ハリケンジャー、ジライヤの忍シュリケンを使って自分たちにしかできない戦い方でシュテンドウジを撃破する。巨大化したシュテンドウジにはゲキアツダイオーで応戦。ところが、呼んでもないのにライオンハオージョウが現れ、覇王シュリケンジンに合体し、ゲキアツダイオーを攻撃し倒してしまう。シュテンドウジの息を吸った獅子王は、やつに操られていたのだ。ニンニンジャーは、萬月に覇王シュリケンジンを奪われてしまい…



今回登場した敵は超上級妖怪シュテンドウジ
それと牙鬼萬月
詳しくは次回。



引き続き大暴れの萬月。
次なる手は五番勝負。挑むニンニンジャー。それぞれの個性が出ます!
風花&キンジコンビにご注目!!
妖怪シュテンドウジということで、久々に獅子王も出てきて大活躍!?
そして気になる萬月と十六夜の関係と、十六夜の正体は?
クライマックスに向けて盛り上がります!





次回は『忍びの42「オトモ忍ウォーズ!ネコマタの逆襲」』






Last updated  2019.12.25 01:11:05
コメント(0) | コメントを書く
☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )








忍びの40「あぶないサンタクロース!」
脚本:下山健人
監督:竹本昇
登場した敵:上級妖怪ビンボウガミ(声:岩崎ひろし)
2015.12.6



★あらすじ★
「これは妖怪ビンボウガミの仕業でございやしょう」
「寒いなコレ!冷えてきた~~!」


 霞が分身の術で3人になって必死に何か発明をしている。
 牙鬼萬月に負けたことで無理をしているようだ。みんな気を使ってそっとしておいているのだが…。
 そんなとき、ガマガマ銃が反応し、急行するニンニンジャー達。そこには、平和な人々とサンタクロースがいるだけ。
 実は、そのサンタクロースは、妖怪ビンボウガミが化けていた……!
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第40話になります(*´∇`*)



霞は3人に分身し、新しいカラクリを次々に発明。八雲たちは、初めて牙鬼萬月に負けたことで落ち込み、発明に没頭しているのではないかと推測する。そんな中、妖怪の反応が。ニンニンジャーが駆けつけるが、そこに妖怪の姿はなかった。そこで、霞が発明した妖怪を呼び寄せるカラクリを使ってみることに。しかし、妖怪ではなくジュッカラゲしか現れない。戦いの中、霞が発明した相手をコントロールするカラクリを使うが、やはりうまくいかない。やはり霞はスランプなのか!?
ニンニンジャーが去った後、サンタクロースが街の人々にクリスマスプレゼントとして富を与えるという指輪をばらまいていた。サンタクロースは、富が欲しければ指輪のことは人に言ってはいけないという。実は、その正体は、上級妖怪ビンボウガミだった。すると、指輪をもらった人々が、次々にみすぼらしい格好に。戦いの中、誰かが落とした指輪を拾った天晴も、みすぼらしい格好になってしまう。しかし、妖怪の姿は見えず、みすぼらしい格好になった人々も指輪については何も話してくれない。そこで霞が発明品のウソ発見器を使うと、八雲たちが自分に気を使ってくれていたことが判明。霞は、みんなの心遣いに感謝しながら、素直に本音を話す。元気を取り戻した霞と八雲の魔法により完成させた本音を引き出すカラクリにより、ビンボウガミの仕業だと判明。ニンニンジャーはビンボウガミを撃破する。
しかし、ビンボウガミは巨大化。豪華さを奪い去ってしまうビンボウガミに対抗するため、オトモ忍オールスターによる豪華な攻撃で応戦し、撃破する。負けず嫌いの霞も、「悔しい」という気持ちを素直に口にできるようになったのだった。



今回登場した敵は上級妖怪ビンボウガミ

牙鬼幻月の邪悪な妖気の影響を受け、封印の手裏剣を2つ授けられた「クリスマスブーツ」が、古来の「貧乏神(びんぼうがみ)」伝承を受け継いで、現代に変化した上級妖怪。ブーツボディに溜め込んだ貧乏エネルギーでできた指輪を人間にプレゼントし、みすぼらしい姿に変えることができる。
ビンボウガミの指輪は一度はめると取ることは不可能で、魔法を弾いたり、シュリケン忍法の威力までスケールダウンさせることができる。必殺技の「貧乏揺すり」は、体を振動させて特殊な波動を生みだし、豪華な覇王シュリケン合体も分離させてしまうことが可能である。



お話もいよいよ40話!
引き続き、オトモ忍も活躍!ロボ戦ならおまかせ、の竹本組の集大成です。
竹本組、テレビシリーズはこさが最後になります。
ここからは、監督がすべて最後のターン。
スタッフ、キャストともども1年の集大成を見せてきます!





次回は『忍びの41「牙鬼パーティー、五番勝負!」』






Last updated  2019.12.25 00:59:32
コメント(0) | コメントを書く
☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )








忍びの39「牙鬼の息子、萬月あらわる!」
脚本:毛利亘宏
監督:竹本昇
登場した敵:牙鬼萬月(声:置鮎龍太郎)
2015.11.29



★あらすじ★
「おやつ狩りだ! さあおやつを出しやがれ! この世のおやつは全部俺様のものだ!」
「何といいますか……バカ殿?」


 おやつ狩りをする悪党が現れた。なんと牙鬼の息子だという。
 「初陣だ~~!」と勢いよく向かってくるも、どうも手ごたえがない。
 有明の方も出てきて甘やかし放題。
 弱すぎないか?と思いつつも、忍者たるもの、侮るべからず!
 「ティーパーティ大作戦」を仕掛けた霞たちだったが……。
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第39話になります(*´∇`*)



ヒャッカラゲたちを引き連れた牙鬼萬月が、子どもたちのおやつを奪う“おやつ狩り”を始める。萬月は、444年を経て生まれた、牙鬼幻月の息子だった。ニンニンジャーが応戦するが、萬月は部下に頼ってばかりのバカ殿で、すぐに逃げ出してしまう。
そこで霞は、ティーパーティーを開いて、おやつで萬月をおびき出すことに。まんまと現れた萬月は、案の定、ヒャッカラゲたちに戦わせて自分は逃げ出す。そこで、ヒャッカラゲは天晴たちに任せ、霞と風花が萬月を追うことに。ところが、萬月はそれまでのバカ殿から豹変。徹底的に風花を痛めつける。萬月の狙いは、忍者の恐れを集めること。頭のいい霞をだますため、生まれた時からずっと弱いふりをしていたのだ。
霞は、自分が萬月を侮ったせいで、風花がケガを負ったことを悔やむ。落ち込む霞を天晴たちが励まし、6人みんなで作戦を立てることに。それは、霞がオトリになって萬月を油断させる作戦だった。翌日、霞は一人で萬月の元へ。萬月を油断させたところで、天晴とキンジが萬月を攻撃し、それを風花がサポート、さらに八雲の魔法でヒャッカラゲを足止め。作戦は、見事成功し、萬月は大爆発に包まれる。
ところが、萬月はダメージを受けず、巨大化してしまう。そこでゲキアツダイオーとシュリケンジンで応戦。しかし、有明の方に呼ばれた萬月は、戦いの途中で帰ってしまう。萬月の強さを実感したニンニンジャーは、次の戦いに向け気持ちを引き締めたのだった。



なんと444年を経て牙鬼の息子が誕生!その名も牙鬼萬月。
篠原保さんの造形デザインも個性的で迫力です。
産まれてすぐ大きくなった萬月は大暴れ!おつきのヒャッカラゲ親衛隊も登場します。
ニンニンジャーとの激突、牙鬼軍団の新展開にご期待!
竹本組なので、ロボ戦もアツイです!!





次回は『忍びの40「あぶないサンタクロース!」』






Last updated  2019.12.25 00:55:47
コメント(0) | コメントを書く
☆手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )








忍びの38「魔女っ子は八雲がお好き?」
脚本:毛利亘宏
監督:渡辺勝也
登場した敵:妖怪アミキリ(声:佐藤せつじ)
2015.11.22



★あらすじ★
「魔法使いなれども忍ばない!」
「魔法使いなれどもパーリナイ!」


 イギリスから魔女っ子がやってきた!?八雲の魔法学校の校長先生の娘だという。結構なおてんば娘である。
 なぜか大慌ての八雲。どうやら、「魔法戦隊でリーダーをやっている」と伝えていたらしい。
 どうしてそんな嘘を?と思いつつ、八雲に協力する天晴たちだが……。
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年から2016年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第38話になります(*´∇`*)



八雲が通っていたイギリス魔法学校の校長先生の娘・エレナ(小林星蘭)がやってくる。八雲は、エレナに、魔法戦隊のリーダーをしていると伝えていたため、天晴たちは話を合わせることに。
そんな中、大事なものをチョッキンと切ってしまう妖怪アミキリが出現。ニンニンジャーは、八雲率いる“魔法戦隊マジマジジャー”として戦うことに。ところが、戦いの中で八雲が忍者だとバレた上、アミキリにエレナをさらわれてしまう。晦正影は、エレナを返して欲しければ、ニンニンジャーの変化忍シュリケンを全て持ち、八雲一人で指定の場所に来いというのだ。一人でエレナを助けに行こうとする八雲に、霞たちは、エレナに忍者だと明かせない理由を問う。イギリスの魔法学校にいた頃、八雲は、エレナから一人前の魔法使いになったら結婚しようとプロポーズを受けていた。エレナの夢を壊さないために、八雲は忍者であることを言えなかったのだ。話を聞いた天晴たちは、八雲に忍シュリケンを差し出す。
忍シュリケンを持った八雲は一人で指定の場所に向かうが、晦は約束を守らず、エレナを返してくれない。そこで、マフラーなど八雲の身に着けているものに化けていた天晴たちが元の姿に戻り応戦。エレナを助け、アミキリを撃破する。巨大化したアミキリには、覇王ゲキアツダイオーで応戦し撃破。エレナは、迎えに来たマジイエロー・小津翼(松本寛也)とともに、イギリスに戻ったのだった。



今回登場した敵は妖怪アミキリ

牙鬼幻月の邪悪な妖気の影響を受けた「十徳ナイフ」が、古来の「網切(あみきり)」伝承を受け継いで、現代に変化した妖怪。ナイフや缶切り、ハサミをはじめとした様々なツールを全身に収納しており、あらゆるものをチョッキンと切り刻むことができる。
いざとなれば全身を展開して、なりふりかまわず「チョッキンカッター!」と全ての刃物ツールを連続発射する、迷惑なサバイバル妖怪である。



今回登場したゲストは、エレナ
イギリスの魔法学校の校長先生の娘。八雲に会うため日本にやってきた。かつて八雲に「一人前の魔法使いになったら結婚してあげる」という手紙を渡していたが、今はボーイフレンドができたため、八雲はフラれて(?)しまった。
演じたのは小林星蘭ちゃんでした!


それから、マジイエロー/小津 翼(おづ つばさ)
スーパー戦隊シリーズ第29代目『魔法戦隊マジレンジャー』(2005年)。魔法使いの5人兄弟が、地上を侵略しようとする地底冥府インフェルシアと、魔法の力で戦った。黄色の魔法使い・マジイエローは、雷の魔法が得意。魔法学校の臨時講師として八雲に魔法を教えていた。
演じたのはもちろん松本寛也さん!



「八雲が愛した妖怪」「八雲を愛したくノ一」に引き続き・・・八雲シリーズ第3弾!?
脚本も3本とも毛利さん!八雲のイギリスのこだわりは今回も出るのか?!
魔女っ子エレナを演じる小林星蘭ちゃん、それに、なんと先輩、魔法ヒーロー、松本寛也さんも登場と、ゲストが豪華です。
イギリス魔法時代のエピソードがあったり、アレが聞けたり、八雲ファンには必見です!





次回は『忍びの39「牙鬼の息子、萬月あらわる!」』






Last updated  2019.12.25 00:42:02
コメント(0) | コメントを書く

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.