817884 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

全8件 (8件中 1-8件目)

1

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

2019.07.22
XML
☆ゲゲゲの鬼太郎(実写ドラマ)の感想記事です(*´∇`*)
1987年に公表されたビデオ作品になります!





『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪奇伝・魔笛 エロイムエッサイム』
脚本:大原清秀
監督:小林義明
1987年ビデオ作品
主題歌:「ゲゲゲの鬼太郎」熊倉一雄


登場妖怪:桜の精(演:若村麻由美)、ぬれ女(演:余貴美子)ぬらりひょん(演:汐路章)、夜道怪(声:加藤精三)、鉄鼠(声:桑原たけし)、鳥天狗(声:山崎猛)、朱の盆(声:上田敏也)、ぬっぺっほふ(声:神山卓三)、川ざる(声:森篤夫)、家なり(声:篠田薫)、河童(声:小金澤篤子)ほか



【ある日、鬼太郎のもとに霊界郵便配達人から手紙が届いた。
差出人は鬼太郎の親友・悪魔くんからだった。
その手紙によると行方不明になってしまった大好きだった担任の星先生を助けるため力をかしてほしいという。
なんでも2ヶ月間のある夜更け、桜の精・桜子に恋をしてしまった星先生は桜子に精気を抜かれミイラ人間と化し、その後行方不明になってしまったという。
先生が廃墟にいると知った鬼太郎たちは助けに向かう。】



鬼太郎は家を壊され妖怪ポストを持って放浪の旅へ。
そこに一反もめんがやってきてメッセージから三途の川へ向かうと手紙が届きます!

手紙は山田真吾、すなわち悪魔くんからで、担任の星先生が桜の精に恋をした翌朝、先生の顔は生気を吸われミイラ人間となり生きる屍になりそのまま行方不明になってしまった!
悪魔くんはエロイムエッサイムと呪文を唱えメフィストに相談すると先生は悪しき妖怪の虜になっていると言われ先生を探し求めることにした悪魔くんは助けるために力を貸してほしいというのだ。
なお、桜の精の犠牲者は星先生以外にもいるそうです。

鬼太郎は早速人探しに廃墟へ…
桜の精は美しい花を咲かせる良い妖怪のはずなんだがと考えていると、突如妖怪たちが襲いかかる!
妖術にはまり、念力破りをするも不思議な空間へ連れていかれる鬼太郎たち!
桜の精に襲われると子泣き爺と砂かけ婆まで生気を奪われます。
鬼太郎は桜の精と戦おうとするが生気を奪われると困るので逃げることにします!

その夜、ねずみ男は街で残飯漁りをしていると謎の女に誘われついていきます。
すると謎の液体を飲まされ目がさめると妖怪に囲まれている状況に。
桜の精の配下で鬼太郎を誘い出すように命令されるので後日鬼太郎を温泉に誘うねずみ男。
そこで河童が襲いかかるとその隙に鬼太郎のちゃんちゃんこと下駄をねずみ男が盗みます!
追いかける鬼太郎ですが桜の精のから脅しを受ける。
それでも調査する鬼太郎は廃墟で悪魔くんと会うとゆっくり話をしたいとなりますが、そんな暇はなくまたしても妖怪に襲われます。

外に出ると桜の精の桜の木があり逃げ場がない状況。
悪魔くんがメフィストを呼ぼうとするも妖怪に連れ去られ、桜の精に生気を奪われそうになるのを鬼太郎が助けに入りますが悪魔くんは崖から転落!

桜の精は人間に味方する鬼太郎には桜の気持ちは分からない、人間が桜を痛みつけていて開発の犠牲になっていると苦悩を話し、さらにぬらりひょんが許してくれないと黒幕にぬらりひょんが関わっていることが分かります!

そして、そのまま妖怪たちが鬼太郎を囲み捕らえると、桜の精は生気を抜いても体が残っていたら鬼太郎は復活するかもしれないと言い、鬼太郎と目玉おやじは花火の中に閉じ込められ打ち上げられてしまいました!!

その話を聞き、鬼太郎が居なくなり喜ぶぬらりひょんは人間の生気を食べて生きています。
捕らえられた人間たちの中には星先生がおり、まだまだ桜の精への恋心が残っているようで…
一方、ぬらりひょんも桜の精を狙っており、桜の精に自身の本当の姿を見せ桜の精が醜い骸骨でそれでも愛してやろうというのがぬらりひょんだったのでした。

それから、悪魔くんがまだ生きている可能性を考えるぬらりひょんは、濡れ女に大蛇になるように命令し悪魔くんを探させます!

そんななか、星先生が脱走。
桜の精を探す先生の前にねずみ男が現れ捕まえに行くとねずみ男ら桜の精の桜の木を痛めつけ、桜の精の正体を星先生に言います。
それでも先生はどんな姿でも愛するといいねずみ男と争うことに!
そこに花火玉から脱出していた鬼太郎が現れてねずみ男を成敗してねずみ男が傷つけた桜の木を治療します。
それを密かに見ていた桜の精は間違いに気づき生気を返そうとぬらりひょんを裏切ることに!

鬼太郎は星先生たちの生気を取り戻そうと敵のアジトに向かうことにしますが、その間に崖の下に落ちた悪魔くんに濡れ女が迫ります!
悪魔くんは、鬼太郎のちゃんちゃんこを見つけ助けてもらうと濡れ女から逃げ、オカリナを吹いてメフィストを呼び出してメフィストの助けで逃げることに!

一方、鬼太郎は桜の精が処刑されるのを目撃。
桜の精は如何なる妖怪も溶かす毒液に落とされる寸前。
なお、その効力を確かめるためにぬっぺっほふは単なる犠牲に…。
そんななか、鬼太郎が助けに入るとぬらりひょんが襲いかかり鬼太郎が来ることは分かっていたので毒液に落とそうとします!
さらに、悪魔くんとメフィストがやってくると鬼太郎はちゃんちゃんこに助けられます!
そんななか、濡れ女もやってきて戦いは過激に。
鬼太郎とメフィストの力で濡れ女を退治して毒液に溶かすとその後も他の妖怪たちと戦い続けます!

そんな戦いが続く中、桜の精はその隙に生気を解放して人々を元に戻します。
そのおかげで一反もめん、子泣き爺、砂かけ婆も復活して戦闘に参加し次々と妖怪たちを退治します!

それから、ぬらりひょんは世界の妖怪の力を手に入れパワーアップし鬼太郎と一歩も譲らない戦いを繰り広げますが、最後は鬼太郎が隙をついてぬらりひょんを毒液に落とすと戦いに終止符が打たれたのでした!!


それから、桜の精を追いかける星先生はプロポーズをしますが、妖怪は人間とは暮らせないと断られ、毎年桜の花を咲かせるので桜の花を見たら思い出してくださいとお別れすることに。

人の心というのを考える鬼太郎も悪魔くんと挨拶を交わしお別れしたのでした。
























ということで、今回は1987年に公開されたビデオ作品の鬼太郎実写版を見ました!
月曜ドラマランドの流れからの連続ドラマ化を想定していたもののフジがアニメが良いとなって連ドラ化はできなかったらしいです。
その名残がこのビデオ作品のようです!

目玉親父の声はアニメと同じく、田の中勇さんによるもので、造形は如何にも特撮って感じのおやじさんでした!

ネズミ男役にはうえだ峻さん、砂かけ婆役には奥村公延さん、子泣き爺役には不破万作さん、一反木綿の声には西尾徳さん、メフィスト役には市川勇さん、桜の精こと桜子役には若村麻由美さん、ぬれ女役には余貴美子さん、星先生役には吉田淳さん、ぬらりひょん役には汐路章さんといった具合に東映の作品に縁がある方が多数!!

声優面でも、夜道怪とナレーションには加藤精三さん、鉄鼠には桑原たけしさん、鳥天狗には山崎猛さん、朱の盆には上田敏也さん、ぬっぺっほふには神山卓三さん、家なりには篠田薫さんといった具合に東映の特撮作品で悪役をされた方々のお名前がチラホラあるのも魅力でした!



音楽には馬飼野康二さんが参加されていてゲゲゲの鬼太郎のアレンジも披露!
特撮監督は矢島信男さん、アクション監督は金田治さん、監督は小林義明さんで特殊造型にはレインボー造型企画が、ビデオ合成は東通ECGシステムといった如何にも東映特撮のスタッフによるものなので爆発シーンとか戦闘シーンなんかも東映特撮のソレでした!!

3期アニメの頃ということもあり、敵はぬらりひょん!
毒液で鬼太郎を溶かそうとしたりその威力を見せるためにぬっぺっほふを犠牲にしたりとその悪役っぷりは非道。
一方でゲゲゲの鬼太郎というタイトルでありながらオープニングは実写悪魔くんのオープニングで始まり悪魔くんこと山田真吾やメフィストとの共演も注目!
そしてなにより、霊界郵便配達の人に原作者である水木しげる先生ご本人が出演されていたのが何より嬉しいところでした!!
なかなか酷評もある実写ですが見る人にはたまらない要素盛りだくさんな一本だと思いました(*´∇`*)




ゲゲゲの鬼太郎 妖怪奇伝・魔笛 エロイムエッサイム/和田求由[DVD]【返品種別A】

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪奇伝 魔笛 エロイム エッサイム [ 和田求由 ]







Last updated  2019.07.22 14:47:11
コメント(0) | コメントを書く


2019.07.21
☆ゲゲゲの鬼太郎(劇場版)の感想記事です(*´∇`*)
1997年に公開されたゲゲゲの鬼太郎第4期による劇場版3作目でゲゲゲの鬼太郎の映画第7作目になります!





『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪特急! まぼろしの汽車』
脚本:大橋志吉
監督:吉沢孝男
1997.7.12公開
主題歌:
憂歌団「ゲゲゲの鬼太郎」
憂歌団「イヤンなっちゃう節」

登場妖怪:閻魔大王(声:柴田秀勝)、吸血鬼(声:塩沢兼人)、狼男(声:島田敏)、フランケン(声:増谷康紀)、魔女(声:クロ) ほか










【西洋妖怪たちが、この世とあの世、過去と未来を自由に行き来できるまぼろしの汽車を奪いとって地獄から逃げ出した!
閻魔大王から知らせを受け、まぼろしの汽車を追う鬼太郎。
だが、鬼太郎は妖怪石炭に変えられ、汽車の燃料にされてしまった。
果たして、西洋妖怪、そしてまぼろしの汽車を止められるのか…!?】



西洋妖怪たちが、この世とあの世や過去と未来を自由に行き来できるまぼろしの汽車を奪いとって地獄から逃げ出します!

目玉おやじのもとには閻魔大王から西洋妖怪が逃げ出しまぼろしの汽車を奪われたとメッセージが。
まぼろしの汽車はこの世にもあの世にも過去にも未来にもどこにでもいけると話し、西洋妖怪たたまは暗黒世界を目指していると話します。

目覚めた鬼太郎のもとにはねずみ男がやってきて、ヘンテコな汽車が飛んでいると説明。
それがまぼろしの汽車でした!

さっそく、鬼太郎たちは汽車を追いかけると魔女が現れ、砂かけ婆たちに襲いかかります!
魔女のハサミで切られ、一反もめんも切られるなか、鬼太郎たちはまぼろしの汽車の車両の上に着地します。
しかし、あとから来たねずみ男は魔女に拐われてしまいます。

汽車に忍び込む鬼太郎たちには、狼男が襲いかかるので子泣き爺と砂かけ婆が戦うことに!
その間に、鬼太郎は先へ行きます。
一方で、切られた一反もめんを縫うねこ娘の前にはフランケンが現れねこ娘が襲われます!

そんななか、先を急ぐ鬼太郎の前にはコウモリの群れが!
現れたのは吸血鬼で、鬼太郎は妖怪石炭にされてしまいます!!

そのころ、砂かけ婆たちは、狼男とフランケンに挟み撃ちにされピンチになりますが、一反もめんの助けでねこ娘、砂かけ婆、子泣き爺は逃げる事に成功、

これは全部西洋妖怪による罠だったのでした!


そんななか、妖怪石炭にされた鬼太郎はまぼろしの汽車の燃料にされてしまいます。
それを見て逃げてきた目玉おやじはねこ娘たちと合流、ねずみ男は魔女に捕まり続け求愛されています。


どうにか鬼太郎を助けようと考える目玉おやじ、そこで汽車を過去に向かわせようと考えます。
しかし汽車の目の前には暗黒空間の入り口が近づいており時間がありません。
そんななか、西洋妖怪に見つからないように、急いでねこ娘が運転車両に忍び込み汽車の行き先を過去へ変えると時間が巻き戻りはじめます!

異変に気付いた狼男たちはねこ娘に襲いかかり止めに入りますが既に時間が戻り鬼太郎が復活!!
狼男を退治すると、吸血鬼をどうにかしないといけないと急いで鬼太郎は吸血鬼のもとに向かいます!


一方で、ねずみ男は自慢のオナラで魔女を退治、砂かけ婆と子泣き爺の力でフランケンも退治します。

そして鬼太郎は吸血鬼のもとに向かうと吸血鬼と一騎打ちに!!
お互いに一歩も引かないなか、鬼太郎はちゃんちゃんこを使い吸血鬼を押し切り、汽車の排気口で燃やして倒すのでした!

それから汽車は止まり、西洋妖怪は全員捕まり鬼太郎とねこ娘は汽車のススで真っ黒けっけ!!

最後にまぼろしの汽車を閻魔大王のもとに返しに行くところでおしまいとなります。





原作にもある「まぼろしの汽車」の話を劇場版にアレンジしたものですが、吸血鬼ピーとモンローは出ずに普通の吸血鬼が登場しました!
4期では第9話で既にピーとモンローは出ているのと、4期の吸血鬼といったら他には吸血鬼エリートくらいでしたし、西洋妖怪の出る話でも吸血鬼は出ていないので吸血鬼という名称だけの吸血鬼は4期ではこの劇場版くらいの登場ですね!
塩沢兼人さんによる吸血鬼は不気味なものがありましたが(*´Д`*)
魔女とかフランケンとか狼男は妖怪ラリーの回で出ているのですが、今作に出たのがそれと同一人物かは不明でした。

原作だと鬼太郎が吸血鬼になるのでそれを解決するためにまぼろしの汽車で過去に戻るという要素がありましたが、今作では妖怪石炭にされた鬼太郎を戻すために過去に戻るくらいに原作要素が留まってました。

完全に敵妖怪は西洋妖怪くらいでねずみ男も悪さはせず、魔女に惚れられるくらい(笑)
バトルメインでねこ娘の活躍が特に目立つ印象でしたが通常のテレビシリーズと変わらない約24分の作品なため少しボリューム不足を感じるところがありました。




















ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.3/アニメーション[DVD]【返品種別A】

ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.3 完 [ 松岡洋子 ]






Last updated  2019.07.22 23:20:17
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.19
☆ゲゲゲの鬼太郎(劇場版)の感想記事です(*´∇`*)
1997年に公開されたゲゲゲの鬼太郎第4期による劇場版2作目でゲゲゲの鬼太郎の映画第6作目になります!





『ゲゲゲの鬼太郎 おばけナイター』
脚本:島田満
監督:佐藤順一
1997.3.7公開
主題歌:
憂歌団「ゲゲゲの鬼太郎」
憂歌団「カランコロンのうた」

登場妖怪:輪入道(声:岸野幸正)、風神(声:川津泰彦)、球妖怪(声:小野坂昌也)、小豆とぎ(声:松尾銀三)、小豆はかり(声:高木渉)、畑怨霊(声:太田健介)ほか





【いままでヒット1本すら打ったことのない三太郎は、ねずみ男に出会い、伝説のバットを手に入れた。
それは、どんなボールでもホームランにしてしまう妖怪バット。
以来、全打席ホームランで勝ち続ける三太郎の野球チーム・バトラーズ。
だがそれは魂 を吸い取る危険なもの。
妖怪バットを取り戻すため、深夜の墓地で鬼太郎たち妖怪チーム対バトラーズの奇妙な試合が始まった…!】



人間が使うと魂を吸い尽くす妖怪バットが少年野球チームの間で噂になります。
野球チームの1人である三太郎はヒットすら打ったことがないことからチームをクビに、一度でいいからホームランを打ってみたかったと思いながら歩いているとねずみ男に出会います。
ねずみ男は四丁目を探していると言いますが、三丁目までしかないと三太郎は説明。
すると妖怪バットが欲しくないかと言われ三太郎はねずみ男について行くことに。

しばらくすると四丁目の四番地を見つけ出すねずみ男!
周辺をくるくる周り、4回目に曲がり角に入ると墓場に繋がります!!
その墓場の墓石には妖怪バットがあり、三太郎は恐る恐る妖怪バットを手に入れるのでした!

後日、少年野球チームのバトラーズの監督になるねずみ男。
切り札としてクビにされた三太郎を投入すると妖怪バットの力でホームランを打つのです!
妖怪バットを使えば誰でもホームランが打てるとなっては試合に勝つバトラーズ。
たちまちミラクル少年野球軍団としてテレビで放送されると、鬼太郎がそれを目撃!妖怪バットをもっているのを見つけ、さらにねずみ男が関わっていることも知ります。

そんななか、公園で話し合う三太郎たちの元に鬼太郎が登場。
バットを返すように言うが三太郎たちは返そうとせず。
そんな三太郎たちに、鬼太郎は妖怪バットに魂を取られると説明、それでもバットを返さない少年たちはバットを返してほしいなら試合をしろと申し込みます!

そんな少年たちに鬼太郎は、妖怪と試合をするという事は負けたら魂を取られるということと説明します。

そして、夜。
三太郎はこっそりと家を抜け出そうとすると玄関の鏡に映る自分の顔が衰えていることに恐怖しながら、監督のねずみ男の案内で試合会場の墓場に向かいます!

鬼太郎たち妖怪チームはすでに待ち構えており、鬼太郎のほかに、ねこ娘、砂かけ婆、一反もめん、ぬりかべがチームにいます!
さらに残りのメンバーは後から来るそうで、そんななか試合が開始!!

妖怪バットがあれば勝てると思う少年たち。
しかしバットでボールを打つことができず不思議がります。
実は鬼太郎が使うのは特殊なボールで妖怪バットも効果を発揮しないのでした!

それから鬼太郎チームには、輪入道、唐傘、風神、小豆洗いが加わりチームが完成、しかし試合はアウトが続きお互いに点を取れない状態。

そこに、妖怪たちがぞろぞろと観戦に現れ辺りは妖怪だらけに!
妖怪バットを使わない方がいいのではと言う三太郎に対して妖怪バットを使わないと勝てないと言う仲間たち。
試合は続き、アウト続きでお互いに譲らない状況。
勝たなくちゃいけない少年たちは必死になって点を取ろうとしますが一向にボールを打てない。
試合はいよいよ延長戦になり延長に延長で長丁場に。
そこで、ねずみ男は邪魔をしようとねこ娘に手を出しますがその弾みでボールを打つと妖怪チームは1/2点を確保!

このままでは妖怪チームの勝ちになるため、もう一回とねずみ男からチャンスを貰う少年チーム。
しかし最後のバッターは三太郎。
しかも三太郎は妖怪バットではなく普通のバットを使うことに!

1球目が投げられ、バットを振るがストライク。

2球目が投げられ、バットを振るがストライク。

仲間からの声援を贈られる中、いよいよ3球目が投げられバットを振るが…


ストライク。


結果はアウトとなり、試合終了に。

そして、魂を貰おうと少年たちに詰め寄る妖怪たち!
そこで、三太郎は待ってと言って遮ると、自分が妖怪バットを持っていったから自分に責任がある、みんなは許してほしいとお願いします!

すると鬼太郎は、魂は取らないと言い代わりに妖怪バットは返してもらうと言って妖怪バットを回収します。
もともと妖怪バットが戻ればそれで良かった鬼太郎はほかの妖怪たちと共に帰宅。
三太郎たちは自分たちが一生懸命頑張ったのはこれが初めてだと団結したのでした!

後日、少年たちの野球を見守る鬼太郎とねこ娘。
最後は実力でボールを打つ三太郎たちが描かれて、野球は人間の物さと語る鬼太郎だったのでした!!





今回の原作は「おばけナイター」
第1期の第1話でも放送されたおばけナイターのリメイクでもあります!

鬼太郎シリーズの劇場版は強力な敵妖怪とのバトルがメインの作品がほとんどでしたが、今作では登場する妖怪は鬼太郎と仲間たちのみで明確な敵妖怪が登場しない異色作となっています!

三太郎役には、日高のり子さんが出演されているのもポイント!!
公開時間が約30分と通常のテレビシリーズと変わらない時間の上映になっていますがシンプルなお話になっているぶんスムーズに楽しむことができます(*^ω^*)


























ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.3/アニメーション[DVD]【返品種別A】

ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.3[DVD] / アニメ






Last updated  2019.07.22 23:20:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.18
☆ゲゲゲの鬼太郎(劇場版)の感想記事です(*´∇`*)
1996年に公開されたゲゲゲの鬼太郎第4期による劇場版1作目でゲゲゲの鬼太郎の映画第5作目になります!





『ゲゲゲの鬼太郎 大海獣』
脚本:星山博之
監督:勝間田具治
1996.7.6公開
主題歌:
憂歌団「ゲゲゲの鬼太郎」
憂歌団「カランコロンのうた」

登場妖怪:アカマタ(声:古谷徹)、チンポ(声:古川登志夫)、やし落し(声:郷里大輔)、キジムナー(声:佐藤正治)、井戸仙人(声:八奈見乗児)ほか








【南の島のジャングルで日本人が次々と行方不明になった。
どうやら不老不死の秘薬・命の水を探して、南方妖怪の聖地を汚してしまったのが原因らしい。
「お父さんを探して」という依頼を受け、島へ向かった鬼太郎。
だが南方妖怪に捕まり、命の水を飲まされて、恐ろしい大海獣へと変身してしまった。
東京へ上陸し、街を破壊する大海獣。
鬼太郎の叫ぶ声は目玉の親父にも届かないのか…!?】



鬼太郎の元に手紙が届き、川村メグミの父親である植物学者が南太平洋バルル島に向かったところ、日本人が妖怪に攫われているとのことで父親を探してほしいと依頼!
早速、鬼太郎はニューギニアのバルル島へ向かうと現地の人に話を聞きアカマタたち南方妖怪が神と崇めるゼオクロノドンというものがおり、ゼオクロノドンの命の水は不老不死の秘薬とされ人間たちがそれを手に入れるために土地を踏み荒らしたが為にアカマタの怒りに触れたのだと言われる。

しかし、川村は違いその人たちを止める立場にいたとの事。
また不老不死の秘薬の話が雑誌に掲載されたことで人が増えたらしいが現地の人はただただ川村を心配するばかり。

そんななか、ねずみ男は不老不死の秘薬を求める人たちをガイドしては金儲けをしています!
しかしここが南方妖怪の総本山だと知っている為内心はドキドキ。

鬼太郎は一反もめんに乗って調査しアカマタを探しているとキジムナーの群れに遭遇!
キジムナーは火を吐いて攻撃をしてきます!
なんとかキジムナーを撒いた鬼太郎ですが、そこにアカマタが現れます!
囚われた人間を助けに来たと言う鬼太郎に対してアカマタは攻撃を開始。
するとアカマタに妖気を奪われる鬼太郎はキジムナーに連れて行かれてしまいます。

それを目撃した目玉おやじと一反もめんは一度日本に撤退し、妖気を取り戻す薬草を取りに行きます。

その頃、ねずみ男がガイドした人間たちは命の水を求めて川を渡っています!
そこに妖怪チンポがやってくるとイカダを破壊し飛び去っていき、やし落としも現れてねずみ男は気絶。
南方妖怪のアジトでは捕まった人間たちの中に鬼太郎の姿が。
メグミの父親とも出会いました!
そこに、ねずみ男も捕らわれて連れてこられます。

自分たちの居場所を日本人に荒らされて怒る南方妖怪は日本総攻撃を目論み、ゼオクロノドンの力も借りることに。
捕らえた人々を連れ込んで船で出発する南方妖怪の一味は、人間たちに自分たちの住処に入るなと伝えるように鬼太郎に命じ確かな証拠を持ってこいとも伝え、ちゃんちゃんこと下駄は人質代わりに奪われます。
そんななか、命の水を飲まされる鬼太郎の体に異変が…
鬼太郎はたちまち、全身毛むくじゃらになって巨大化し大海獣となってしまいます。
そして、南方妖怪の手足となると日本に向かい破壊し始めます!

一方、妖気を取り戻す薬草を探している目玉おやじは子泣き爺と砂かけ婆に協力してもらい探しますが開発が進み昔はあった場所に今は無いという状況に。
そこに、ねこ娘の情報で怪獣が暴れていることを知ります。

目玉おやじたちが様子を見にいくと、大海獣になった鬼太郎は自分だと伝えようとするが全く気付いてもらえない。
哀しみに吠える大海獣を見ると大海獣をなんとかできるのは鬼太郎だけだと、妖気を取り戻す薬草を探し続ける目玉おやじ。
そんななか、日本政府は大海獣に対して攻撃を開始します!
光線を放つ大海獣に手も足も出ない中、大海獣がビルの窓に映る自分を見ては、鬼太郎は自分が大海獣になった事に気づき同時に自分が壊した街を見て嘆きます。
そして、どうすることもできず海へ隠れる大海獣。
そんな体力も無く衰弱していく大海獣をシロナガスクジラが助けて安全な場所に連れていきます。

テレビでは、怪獣はゼオクロノドンではないかとニュースになり、日本が大パニックになっているのを知っては喜ぶ南方妖怪たち。
そんな時、ねずみ男が捕まっていた縄を解いて脱出、日本政府は引き続き大海獣を探すなか、子泣き爺が薬草を見つけ出しバルル島に急ぐことにします。

それから、南方妖怪は空を飛んで日本に向かうのですが、その様子を大海獣の鬼太郎が目撃!
目玉おやじたちが南方妖怪に襲われるのを助けようとする大海獣鬼太郎だがわ大海獣の姿ではそれが通じない。
一方でアカマタたちは人間たちを襲っているので大海獣鬼太郎が助けようとするが上手くいかず。

目玉おやじは急いで鬼太郎の元に向かおうとして逃げ出したねずみ男を見つけると、ここでようやく大海獣がアカマタに命の水を飲まされた鬼太郎だ知り引き返す事にします!
しかし、目玉おやじが大海獣に話しかけると日本政府のミサイル攻撃が…
どうしようもなくなった目玉おやじは井戸仙人にどうしたら戻るか聞きにいくことにします。

その間も、南方妖怪は人々を襲い続けます。

それから、井戸仙人に会った目玉おやじは、ココの実をすり潰して飲ませれば治ると聞き薬を手に入れて鬼太郎の元に向かいます!
更に、妖気を取り戻す薬草も混ぜて大海獣に飲ませるとようやく元に戻る鬼太郎!!

ちゃんちゃんこと下駄を取り戻しに南方妖怪の船に忍び込み、キジムナーたちを倒しながらちゃんちゃんこと下駄も奪い返し、鬼太郎が完全復活!!

それから、アカマタたちが戻ってくると妖怪チンポに下駄攻撃、キジムナーの火を反射してやし落としを攻撃と南方妖怪に立ち向かいます!
そしてアカマタを追い詰める鬼太郎は妖気を吸うアカマタの攻撃を利用して今度はちゃんちゃんこを使いアカマタの妖気を吸い取るのでした!
これにより、アカマタは負けを認めるのですが鬼太郎は退治することなくこのままおとなしく引けば何もしないとチャンスを与えます。

これは、南方妖怪が神と崇めるゼオクロノドンの血を引くクジラに助けられた鬼太郎なりの恩でもありました。
結果、アカマタと和解する鬼太郎。
南方妖怪に襲われた人々も元どおりになりますが、元はと言えば南方妖怪の聖地を犯したのが原因の出来事なため人間たちも反省をしたのでした。


最後はメグミの父親も無事で親子の再会、目玉おやじに感謝する鬼太郎に対して親が息子の事を心配するのは当たり前じゃと親子の想いで締められました♪





ということで、今作は原作の『妖怪軍団』と『大海獣』を混ぜ合わせたストーリーでした!
ただしチンポは『鬼太郎の世界お化け旅行』のキャラのためどちらの原作にも登場はしてませんが。

南方妖怪が崇めるゼオクロノドンの命の水から大海獣になる特殊なパターンでの大海獣登場!
原作にある大海獣の成果を独り占めしたい青年はでませんが、代わりに大海獣に関する命の水を求めて欲をだす人間が南方妖怪の聖地を汚したのが原因というお話になってます。
鬼太郎が大海獣になる際に、目が赤くなり手の皮が剥がれるシーンはトラウマ物と言われているほど恐ろしい部分もありました。
大海獣が暴れるシーンは往年の特撮怪獣映画を彷彿させるような見どころも盛りだくさん!!
南方妖怪に関しては、キジムナーが火を吐くなど他シリーズではあまり見られない凶暴性をだす中、チンポの攻撃は相変わらずユニークだという(笑)
5期では友好的なアカマタですが今回も原作同様に厄介な存在として鬼太郎の前に立ちはだかりました。
妖気を奪われ、大海獣にされた鬼太郎の為に何度も他方を行き来する目玉おやじの子供を思う気持ちが前面に出されているのもポイントでした(*゚∀゚*)

ちなみに、オープニングにはSEが入っていてテレビシリーズの4期オープニングとはまた違った印象を与えてくれたり、エンディングでは4期に登場した妖怪たちの姿が描かれているので4期好きには嬉しいところだと思います!!
4期の中でもアクションやバトルに特化した作品になっており映画ならではの完成度だと思いました♪



























ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.3 完 【DVD】

ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.3[DVD] / アニメ






Last updated  2019.07.22 23:21:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.17
☆ゲゲゲの鬼太郎(劇場版)の感想記事です(*´∇`*)
1986年に公開されたゲゲゲの鬼太郎第3期による劇場版でゲゲゲの鬼太郎の映画第4作目になります!





『ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱』
脚本:武上純希
監督:芝田浩樹
1986.12.20公開
主題歌:
吉幾三「ゲゲゲの鬼太郎」
吉幾三「おばけがイクゾー」

登場妖怪:妖怪皇帝(声:青野武)、ぐわごぜ(声:千葉耕市)、朧車(声:佐藤正治)、カロリーヌ(声:藤枝成子)ほか






【あらゆる不思議を現実にしてしまう怪気象が日本に上陸!
妖怪たちが現れて国会議事堂を占拠、謎の妖怪皇帝のもと妖怪天国を宣言する。
さらに、鬼太郎も朧車の怪光線で固められてしまい、日本政府は街ごと破壊するミサイル発射を決定。
この危機を打開できるのは、かわいいカトリーヌちゃんのために奮闘するねずみ男だけとなった…。】



季節外れの台風がやってきて、はるさめという船が調査に行くと人魚を目撃!
さらに、あやかしという海蛇のような妖怪が船に襲いかかり沈没します。
これらは全て、妖怪皇帝が黒幕です。

鬼太郎も台風の調査をすると妖気を感じ、目玉おやじがこれは怪気象だと気づきこのままでは危ないため仲間に協力してもらうことに!
しかし、人々に怪気象が迫ると伝える鬼太郎たちだが誰も話を聞いてくれない。
挙句におまわりさんには注意され発砲される始末。
それを助けたのが漫画家の水木。
人間と妖怪の友好のために鬼太郎を応援します!

一方、怪気象が東京に近づいているなか、ねずみ男はお札付きのサバイバルセットを売って儲けることに。
そんなねずみ男を見かけたユメコは心配するなか、ぐわごぜ、蛇骨ばばあ、鬼女が現れるのでユメコとねずみ男は慌てて逃げます!
しかし、いくら焦っても怪気象からは逃げられない。

そんななか、政府は高僧チンポを呼び出し怪しい雲を見てもらう事に。

逃げ惑うねずみ男たちの前にはがしゃどくろが現れるので2人は地下鉄に乗って逃げることに…

高僧チンポは怪しい雲を怪気象だと見抜くと妖気を出している謎の生き物を退治するしかないと助言。
政府は自衛隊を使う事にします。

一方、地下鉄に乗ったねずみ男たちですが、地下鉄に土ぐもが襲いかかり列車は止まり走って逃げることに!
そこで、女の子が泣いているので助けるねずみ男ですが外に出るとあやかしが!
そこに鬼太郎がやってくると髪の毛針で応戦!
一反もめんにねずみ男たちを安全な場所へ連れて行くように言うとオカリナを使って棒高跳び!
あやかしの表面は油だらけで火に弱いということで電線に感電させて焼きはらいました!
その様子を見ているぐわごぜの姿も…

助けた女の子を水木の家に連れて行った一行、女の子は自分を助けてくれたねずみ男の怪我を治療します。
そして女の子の名前はカロリーヌだと判明。
女の子には優しいねずみ男はしばらくいっしょに遊びます♪

そんななか、水木の妻がテレビを見るように言うとテレビには総理大臣のぐわごぜが映り、妖怪皇帝からはメッセージが!
東京を妖怪の世界にするという妖怪皇帝を見て、目玉おやじも妖怪皇帝を知らないとその存在を奇妙に考えます。
そんな妖怪皇帝は、鬼太郎を大悪党だと言うとねこ娘たちは怒り爆発!

一方で、怪気象の前には自衛隊が集結しそこには戦車がいくつもあります。
しばらくして、水木の家には鬼太郎を匿っているだろうとお巡りさんが登場。
このお巡りさんは一本だたらが変装した姿で水木の家に押し入ります!
後ろからは火車と山童(やまわらわ)も!
さらに、蛇骨ばばあと鬼女も押し入り家の中を探し出すので鬼太郎は表に出て戦うことに。
ユメコとねこ娘も協力し、ねずみ男も参戦するのですがその隙にカロリーヌが白溶裔(しろうねり)に捕まってしまいます。
鬼太郎が一反もめんに乗って追いかけるのですが、白溶裔の臭い息に苦しみ見失ってしまいます。

しばらくして、テレビにはカロリーヌの姿が。
ぐわごぜはカロリーヌの命を救いたかったら1人で国会議事堂に来いと鬼太郎に伝えるので、ねずみ男たちには水木の家を守るように言い鬼太郎は国会議事堂へ。
その間に、仲間を呼ぶために怪気象を抜け出そうとする目玉おやじと一反もめんですが、行ったり来たりで怪気象からは出る事ができない。

そんななか、自衛隊の攻撃が始まるも怪気象には一切効かない。
そして、地下から抜け出そうと下水道を通った目玉おやじはそこで自衛隊がミサイルを撃つことに決め残り1時間である事を知りそれまでになんとかしなくてはと急ぎます!

場所は変わって、国会議事堂の前では小豆とぎが鬼太郎を偵察し姿を見つけるとぐわごぜに報告!
多くの妖怪の姿があるなか鬼太郎は1人で立ち向かいますが白溶裔に捕まり妖怪たちに襲われます!!
そこをオカリナを使って脱出し妖怪たちと戦うなかぬりかべも現れて形成を整えるのですが、妖怪皇帝が行動を開始。
朧車に怪気象作りはしばらく中止と伝えると鬼太郎の前に朧車が現れ、鬼太郎をかばったぬりかべが石膏のように動けなくなり、ぐわごぜが鬼太郎にペンダントをぶつけ隙を作ると鬼太郎も朧車の攻撃で石膏みたいに固まってしまいます!
妖怪皇帝は朧車に怪気象を広めるように引き続き命令、ぐわごぜは理想の国家を作るのに一歩近づいたと歓喜しますが、目を覚ましたカロリーヌがそれらを目撃。
鬼太郎を倒すために自分が使われたと思ったカロリーヌは悲しみます。

そんななか、国会議事堂のマンホール下ではねずみ男が様子見を。
ミサイルはあと30分で発射するなか、怪気象を抜け出した目玉おやじと一反もめんは夜行さん、子泣き爺、砂かけ婆と合流し救出作戦を考えてることに!
ねずみ男は下水から侵入するとカロリーヌのもとへ向かい助けようとしますが、カロリーヌが鬼太郎を助ける方法を知っていると言うのでカロリーヌに案内されて朧車のもとへ。
ちなみにここですねこすりが出ますがねずみ男のすねにこすりつくだけという(笑)

朧車の涙を使えば元に戻るというカロリーヌに、彼女が詳しすぎることを不思議がるねずみ男はここでカロリーヌがぐわごぜの娘だと知ります!
そして、ペンダントを渡され、朧車の涙を手に入れようとねずみ男が自慢のガスをぶっかけようと近づきますが転んでバレてしまう事態に。
カロリーヌの協力で涙を手に入れることに成功しますが、朧車によってカロリーヌが負傷。
ねずみ男がカロリーヌを助けて逃げ出しますが思った以上に重傷のカロリーヌ。
生まれ変わったらお嫁さんにしてくれる?というカロリーヌにねずみ男が応えると、そのまま生き絶えてしまうのでした。


これには泣き叫ぶねずみ男。
妖怪皇帝への怒りも高まり、まずは鬼太郎を助けるために妖怪たちをばったばったと殴って鬼太郎のもとに向かいます。
そしてカロリーヌが亡くなったことをぐわごぜに伝え最後までパパを許してあげてというカロリーヌの優しさに気付かせます!

それから、鬼太郎とぬりかべに涙をかけて元に戻すねずみ男。
地下の朧車が怪気象の犯人だとねずみ男から知る鬼太郎はさっそく退治しに行こうとすると地震が起こり、地下から妖怪戦車が!
これは夜行さんの発明で輪入道と野槌が合わさった戦車です!

そこに、辻神が現れ逃げる妖怪皇帝。
そうこうしてるうちにミサイル発射の時間も迫る!
野槌を使った妖怪戦車はがしゃどくろ や土ぐもを吸い妖怪たちを次々と吸い辺り一面を一掃!

そして、鬼太郎は妖怪皇帝と戦うことに!
人間よりも優れている妖怪が人間世界を支配するためという妖怪皇帝。
そんな妖怪皇帝て戦う鬼太郎の元にぐわごぜが現れると娘を返してくれと妖怪皇帝に訴えかけます!
しかし妖怪皇帝は一切聞かず、なんとぐわごぜの命まで奪います。
このあまりの卑劣さに怒る鬼太郎は妖怪皇帝と激しい一騎打ちに!
そして、仮面が破れると妖怪皇帝の正体がぬらりひょんだと明かされます。

その後、鬼太郎の攻撃で傷付いたぬらりひょんはそのまま国会議事堂のてっぺんから落下…
鬼太郎は怒り任せに朧車と決着を付けると朧車の正体が霊気で蜃気楼を見せるおばけハマグリだと分かり怪気象は消滅。
ミサイル発射もギリギリで止まり東京は救われるのでした。

最後は、カロリーヌのことを思うねずみ男がカロリーヌとぐわごぜの墓を作りそこに鬼太郎のもとから奪った餅をお供え。
水木が自宅で蟹坊主の絵を描いているとその蟹坊主の絵からの3期のエンディングへと繋がっておしまいとなります。




ということで、今作は「朧車」を原作に怪気象を描いた作品!
ぐわごぜの登場や娘のカロリーヌ、怪気象の正体が朧車だったり漫画家水木しげる先生と夫人の武良布枝氏の登場など原作に沿ったストーリーでありながら、正体はぬらりひょんというオリジナルの妖怪皇帝の登場、合わせて3期らしい敵妖怪が盛りだくさんに登場して鬼太郎がピンチになる、夜行さんの発明の登場など3期劇場版らしいオリジナリティも盛りだくさんです!!

原作では脇役に過ぎなかったカロリーヌを可憐な美少女に変更して、ねずみ男との心の交流が描かれているのにも注目!
3期ではユメコちゃんに夢中になったり何かと女の子に手を出しがちなねずみ男のカロリーヌに対する一途な思い、そしてカロリーヌの死に直面する悲しみが他シリーズにはない怪気象の物語を引き立てています。
ぐわごぜもぬらりひょんにいいように使われて娘を亡くし挙句に自身の命まで奪われるという哀しい存在になっています。
なんというか、非道極まりないぬらりひょんが描かれており、3期ならではといいますか他シリーズでは見られない極悪なぬらりひょんだと思いましたね。

原作ではそれなりにメインの立ち位置である水木しげる先生ですが今作ではちょい役程度。
しかしながらそんな水木しげる先生がラストに描いた蟹坊主の絵からのエンディング入りは素晴らしい限り!
これは3期のエンディングが蟹坊主の絵に始まりさまざまな妖怪絵が描かれたものであったからこその演出かと思いました!!




























ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.2/アニメーション[DVD]【返品種別A】

ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.2 [ 戸田恵子 ]







Last updated  2019.07.22 23:21:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.15
☆ゲゲゲの鬼太郎(劇場版)の感想記事です(*´∇`*)
1986年に公開されたゲゲゲの鬼太郎第3期による劇場版でゲゲゲの鬼太郎の映画第3作目になります!





『ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!』
脚本:星山博之
監督:芹川有吾
1986.7.12公開
主題歌:
吉幾三「ゲゲゲの鬼太郎」
吉幾三「おばけがイクゾー」

登場妖怪:チー(声:宮川洋一)ほか




【ぬりかべや砂かけ婆がいなくなった!
なんと謎の妖怪の妖術にかかり反物に変えられていたのだ。
その正体は、日本征服を企む中国妖怪のリーダー・九尾の狐チーだった。
ユメコちゃんたち人間も操り、山奥に妖怪城を築きあげた中国妖怪軍団。
ついには鬼太郎までもチーの妖術にかかり反物に変えられてしまった。
果たして、中国妖怪軍団と日本妖怪の対決の行方は…!?】



那須高原にやってきたユメコたち。
近くの殺生石には妖怪チーの姿が!

ねこ娘は盆踊り大会の案内状を渡そうとぬりかべを探しているとぬりかべとチーが一緒にいるのをみつけます。
すると目の前で妖怪反物にされてしまうぬりかべをねこ娘が目撃!

一方で鬼太郎のもとにはユメコから絵ハガキが届き盆踊りの日には帰れると連絡があります。
妖怪たちは盆踊りの準備をしていますが、実行委員の砂かけ婆の姿が見えない。
挙句に、ねこ娘も案内状をもったまま戻ってこないと嘆く鬼太郎。
そんなねこ娘ですが、チーが反物を売り歩くあとを付ける洞窟へと向かいます!

そこには、天狗、黒怪物、妖犬、角端獣、山しょう、画皮、くしゃみの精たち中国妖怪の姿があります。
妖怪反物した布地を着た人はチーの意のままになるということで人々を操ろうとするチー!
さらに妖怪城が完成して姿を見せます!!

ねこ娘はなんとかしないとと慌てて逃げ出しますが、勢いあまって丸毛を踏んでしまいます。
丸毛と共に妖怪城をなんとかしないととねこ娘は鬼太郎のもとに急ぎます!

そんななか、ユメコは妖怪反物で作られた浴衣を着てチーに操られることに…

ねこ娘と丸毛は鬼太郎に見てきたことを報告すると、鬼太郎はさっそく一反もめんに乗って調査に行くことに!
妖怪城に侵入した鬼太郎は妖気を感じると髪の毛針で攻撃しチーの居場所を見つけますが、チーは反物で防御!
日本から出て行けと言うチーと戦う鬼太郎ですが、チーの幻術にハマり妖怪反物にされてしまいます!!
チーは、鬼太郎と共に来ていた一反もめんと丸毛におとなしく降伏するように伝えると、操っている人間たちを妖怪城に集めます。
その中にはユメコの姿も…

それから、鬼太郎の反物は他の反物と一緒にされ、反物の姿ですが砂かけ婆と再会。
誰かが外から出さないと出ることができないとお手上げ状態です。

そんななか、一反もめんと丸毛が鬼太郎が捕まったことを伝えると、このまま降伏したら日本妖怪の恥だと子泣き爺を先導に日本妖怪が妖怪城へ向かいます!
すると、うろたえるチーの部下ですが、チーは余裕。
日本妖怪の軍団と中国妖怪の戦いが始まります!

しかし、隙をついてチーが日本妖怪を妖怪反物にしていき、天邪鬼、かまいたち、ひでりがみ、のづち、だるまと次々と反物になり囚われます。
そんななか、目玉おやじが妖怪城に侵入!
鬼太郎と砂かけ婆の反物を助けると日本妖怪軍団は一時退却します!


そして、井戸仙人に頼る事にした目玉おやじは、子泣き爺とねこ娘を井戸仙人のもとに。
方や、ねずみ男は白旗を掲げて妖怪城へ行くとチーのもとで働きたいと頼み、反物の番人を任されます。

井戸仙人のアドバイスでは、水に浸しドクダミの葉の汁をかけもみ洗いし乾かすと元に戻るとのことで、さっそく言われたとおりにすることに。
その間に丸毛は再び妖怪城に忍び込んで様子を見るとねずみ男が反物やチーの秘薬を根こそぎ奪おうとするのを目撃!
しかし直ぐにチーにバレます。
さらに、くしゃみの精が日本妖怪が鬼太郎を復活させようとしていると報告するとねずみ男は反物入れに閉じ込められるので丸毛が助けようとします。

そんななか、鬼太郎と砂かけ婆が復活し、井戸仙人からチーが何者か聞きます。
チーは姉の復讐をしようとしており、チーの姉は殺され那須高原の殺生石に封印されている事を知ります。
それを聞き、ユメコが危ないと悟った鬼太郎は妖怪城に迫り再び日本妖怪と中国妖怪の戦いが始まります!
砂かけ婆も復活して大活躍!!

一方で、丸毛はねずみ男を助けると脱出しようとしてチーが絵を描き竜を実体化させるのを目撃します。
妖怪城の前には操られた人間たちがおり、ユメコもいるため手が出せず退却しようとする鬼太郎たち。
そこにチーの術で生まれた妖神が鬼太郎たちに襲いかかるので髪の毛針で攻撃するも髪の毛針を跳ね返す強さ。
リモコン下駄も効かず、一反もめんが居れば戦えるのにと嘆く鬼太郎。

そこに、脱走するねずみ男を追いかける妖怪を子泣き爺と砂かけ婆が退治し
助かったねずみ男と共にいた一反もめんも復活して鬼太郎は一反もめんに乗り妖神と戦います!

それでも強い妖神に、丸毛の助言から妖神が紙の精であると聞きオカリナでつるべ火、姥火、天火、海月の火玉を呼び出す鬼太郎!
妖神に火を付けようとしますがそこに画皮がやってきて風を吹いて邪魔をされます。
火を消されそうになるもちゃんちゃんこに燃え移り一つになる火の妖怪たち!
ようやく妖神を燃やすと画皮も燃え合わさり火の玉になって妖怪城に燃え移ると妖怪城も崩壊します。

そしていよいよチーが本性を現し九尾の狐の姿を披露!
毒気になって鬼太郎たちに襲いかかります!
煙を浴びたらあの世行きという毒気はチーの配下になった人間には洗脳効果をより一層強める効果があります。
どうにも手の打ちどころがなく逃げる鬼太郎たちですが崖の行き止まりに遭遇。
ねこ娘たちを先に逃げさせ残った鬼太郎とねずみ男でしたがねずみ男が慌てて盗んだチーの秘薬をこぼすとそれを毒気が嫌がります!
それを見て、鬼太郎は一反もめんに乗ると空から秘薬を撒きチーを妖怪反物にしてしまうのでした!
これには負けを認めるチー、ユメコたちの操りも解けて無事で、これにて一件落着となったのでした!!



最後は、反物を元に戻すため浴衣を脱ぐユメコ。
一反もめんが着物代わりになるというちょっぴりサービスシーンが(笑)
みんなを戻したら盆踊り大会が始まり各々に出し物をしたり、妖怪と人間の共存が描かれたのでした(´∀`)




ということで、劇場版3作目は「妖怪反物」を原作に3期テレビシリーズに登場した妖怪達が大登場する物語になってました!
3期では元からの仲間の妖怪や、和解した妖怪、退治されたり封印されたりした妖怪といろんな種類がいますが、今作ではその辺りのいざこざは無しに中国妖怪と戦ったり、盆踊りを楽しんだりしてました(*´∇`*)
また、日本妖怪対中国妖怪の対決シーンではそれぞれの妖怪の個性が描かれていたり、ひでりがみとのづちが協力するとかなかなか見られないレアな共演が見れるのも面白いところでした♪

かまいたちとか朱の盆とか悪役で出る妖怪とも意気揚々としているのには違和感がありながらもこういうアプローチもあるのかとニヤリとさせられます!

またこの作品では盆踊り大会に挿入歌の『鬼太郎音頭』が使用!
第3期鬼太郎の戸田恵子さんによる歌唱です!!
日本妖怪と中国妖怪の対決で多くの妖怪が出たり、盆踊り大会で人間と妖怪の共存が描かれていたり、妖怪反物のエピソードを約50分で描くボリュームなど劇場版の中でも指折りの名作だと思いました(๑╹ω╹๑ )



























ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.2/アニメーション[DVD]【返品種別A】

ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.2 [ 戸田恵子 ]






Last updated  2019.07.22 23:21:49
コメント(2) | コメントを書く
☆ゲゲゲの鬼太郎(劇場版)の感想記事です(*´∇`*)
1986年に公開されたゲゲゲの鬼太郎第3期による劇場版でゲゲゲの鬼太郎の映画第2作目になります!





『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争』
脚本:星山博之
監督:葛西治
1986.3.15公開
主題歌:
吉幾三「ゲゲゲの鬼太郎」
吉幾三「おばけがイクゾー」

登場妖怪:西洋妖怪【バックベアード(声:柴田秀勝)、ドラキュラ(声:村越伊知郎)、魔女(声:三輪勝恵)、フランケン(声:西尾徳)、狼男(声:大竹宏)】、吸血狼








【日本の一番南にあるホウキ星島からアキオ少年が助けを求めてきた。
日本征服を狙う西洋妖怪たちが、ホウキ星島をのっとってしまったのだ。
巨大な一ツ目妖怪ベアードをボスに、狼男、ドラキュラ、フランケンシュタインなど強敵揃い。
76年振りに接近するハレー彗星の影響か、不気味な鳴動が響き渡る中、日本妖怪と西洋妖怪の戦いの火蓋が切られた!】




ホウキボシ島で島民が漁業をしているが魚がいない。
76年前にも似たようなことがあり、ホウキボシが近づいてくる影響のようだ。
それは海の神様の怒りともとられ、島の者たちは神の怒りを鎮めようと祈ることに。
すると神が語りかけてきて怪物たちが島を占拠!
島の少年の母親が拐われます。

しばらくして、東京のテレビに島の少年が映り、鬼太郎に妖怪退治をしてほしいと訴えかけます。
それを見ていたねずみ男は少年から金を受け取り鬼太郎のもとに案内。
少年の名はアキオで、島が大変なことになっていると聞いた鬼太郎はオカリナを吹きゲゲゲの森の妖怪たちに声をかけます。
しかし、大多数の妖怪が協力を断ります。

結局、島に向かうのは鬼太郎、目玉おやじ、ねこ娘、ねずみ男、砂かけ婆、子泣き爺、ぬりかべ、一反もめんだけ。
その後、ホウキボシ島に向かう一行ですが、怪物たち……つまりは西洋妖怪に襲われます!

下手に戦わない方がいいと言われるも戦う鬼太郎たち。
しかし、ねずみ男は参加せず助けるなら金塊の在り処を教えろとアキオに金塊の在り処を聞くと無視して金塊探しに!
それから、仕方なく退散する鬼太郎たちと、夜にならないと本領発揮できない西洋妖怪の面々。
一方、金塊を探し出したねずみ男ですがそこは西洋妖怪のアジト。
西洋妖怪に見つかるねずみ男は料理番の仕事をすることになります。


敵の様子を探ろうとする鬼太郎たちは島の中を探ります。
すると、島の人々は奴隷のように扱われているのを発見。
倒れる人を助けるアキオの父にフランケンシュタインが棍棒を振り回していると虫を怖がり逃げ出す姿も目撃。
その隙にアキオの両親と接点を持つ鬼太郎。
西洋妖怪は島を本拠地にして日本征服を企むのだと知ります!
さらにボスの居場所も知る鬼太郎。

一方、料理を作ったねずみ男は金塊を漁りに行動。
そこで大きな渦巻きを見ます。

一休みしながら、ボスをどうやっておびき出すか考える鬼太郎たちはアキオから、海が唸りだして渦潮が巻くと島が割れて大変なことになるという話も聞きます。


そしてとうとう夜になり、仕事に取り掛かる西洋妖怪。
鬼太郎たちは砦に忍び込むのですが魔女が様子見に来て侵入する邪魔をします!
魔女によってねこ娘と一反もめんが捕まりかけるなか、鬼太郎が機転を利かせて岩をぶつけると魔女は落下。

囚われた人々も鬼太郎の作戦を開始して作っている砦を壊し出すとフランケンシュタインがそれに気付き暴れ出します!
が、ねこ娘がクモを付けてフランケンシュタインを気絶させます。

さらに侵入する鬼太郎たちですが今度はドラキュラと狼男の魔の手が!
隙をついておちょくる鬼太郎ですがとうとう追いつめられてしまいます!!
そこに、ボスであるバックベアードが姿をあらわすと鬼太郎はバックベアードの目を見てしまい動けなくなります。


一方、洞窟を塞がれて逃げれなくなったねずみ男は渦潮が更に激しくなっているのを目撃し…

捕らえられた鬼太郎はというと逆さに吊るされて動けない状態に。
ドラキュラを抑えるために使ったちゃんちゃんこが何処かにあるとアキオが探し出すと、アキオの父親の助けもあって鬼太郎を助けることに!
そこに、魔女たちが襲いかかってくるのですがアキオがちゃんちゃんこを鬼太郎に渡すと鬼太郎が復活!!
復活した鬼太郎は狼男、フランケンシュタインも倒します。

そして、渦潮の力を使うことにし、砦の下で地鳴りが響いているのでそこに穴を開ける作戦を実行することに!
しかし、そうはさせないとバックベアードが鬼太郎の目の前に!
ベアードと戦う鬼太郎ですが、ベアードの目を見る事ができないので一反もめんに頼ることに。
その間に閉じ込められたねずみ男は爆弾を見つけていました!

ベアードと戦い続ける鬼太郎ですが、ベアードに捕まり大ピンチ!
そんななか、ねずみ男が爆弾に火を付けると渦潮の力も増して力が合わさって砦を破壊!!!

破壊された砦の先端がベアードに刺さりその隙に鬼太郎は髪の毛針でベアードを瀕死状態にします!!
他の西洋妖怪も水に飲み込まれ酷い目にあい、完全に退治はできませんが退散させることに成功!

最後は、珍しく活躍したねずみ男のほっぺにキスするねこ娘や、渦潮や竜巻がなぜ起きたのかハレー彗星の影響かどうかベアードたちがそれを利用したかどうかは分からないけど事件は無事に解決という結末でした!



「妖怪大戦争」のエピソードを原作に全体的にコミカルなドタバタ劇やド派手なアクションシーンが強調されている劇場版作品になっていました!
と言ってもホウキボシ島に向かうあたりが原作に近いくらいでホウキボシ島での戦いは劇場版のオリジナルでしたが。
原作では鬼界ヶ島ですが本作ではホウキボシ島になっていて、当時話題のハレー彗星がストーリーに取り込まれているのも特徴でした!
と言ってもハレー彗星に関しては謎なままですが。

鬼太郎ファミリーのデザインは本作のアクション用にテレビシリーズより頭身を上げるなど設定の改良措置が行われていて、当初は今作限りの予定だったのが後にテレビシリーズでも使われるようになったという話もあります。
また西洋妖怪のバックベアードがスクリーンに初登場した作品でもある記念すべき作品でもあります!
基本的に鬼太郎の活躍がメインですが、途中で鬼太郎もピンチになるほどの強さのバックベアード!
結果的に完全な退治はできませんが追い出すことができたキッカケがねずみ男というあたりなかなか珍しい演出も。
とくにねこ娘がねずみ男にキスをするなんて他の作品でも全く見ることができないのでは?なんて思った限りです!
個人的に西洋妖怪の声優が豪華だなと思った作品でもあります(๑╹ω╹๑ )






















ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.1/アニメーション[DVD]【返品種別A】

ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.1 [ 戸田恵子 ]






Last updated  2019.07.22 23:22:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.14
☆ゲゲゲの鬼太郎(劇場版)の感想記事です(*´∇`*)
1985年に公開されたゲゲゲの鬼太郎第3期による劇場版でゲゲゲの鬼太郎の映画第1作目になります!




『ゲゲゲの鬼太郎(1985) 妖怪軍団』
脚本:星山博之
監督:白土武
1985.12.21公開
主題歌:
吉幾三「ゲゲゲの鬼太郎」
吉幾三「おばけがイクゾー」

登場妖怪:南方妖怪【チンポ(声:滝口順平)、やし落とし(声:山下啓介)、アカマタ(声:宮内幸平)】、ぬらりひょん(声:青野武)、朱の盆(声:小林通孝)、キジムナー(声:松井摩味)










【日本妖怪の悪の総大将ぬらりひょんと手を結び、南方妖怪チンポが仲間とともに日本に上陸!
ユメコちゃんをさらわれ、熱帯植物園に呼び出された鬼太郎に、南方妖怪のアカマタとやし落としが襲い掛かる。
さらに、海中には恐ろしい咬竜が!果たして鬼太郎は南方妖怪とぬらりひょんを倒すことができるのか!?】




ねずみ男が食べ残しを漁る中、人間から蔑ろにされ南方妖怪のもとでご馳走になります。
南方妖怪のチンポを中心に、やし落としとアカマタが協力して鬼太郎を始末する事になりねずみ男は嫌がるユメコを人質にして鬼太郎をおびき寄せることに!!
鬼太郎とねこ娘がねずみ男がユメコを攫った場所に行くとねずみ男にユメコを返せと訴えます!
するとそこに、アカマタとやし落としが現れ鬼太郎に襲いかかり、やし落としの攻撃でねこ娘と逃げようとしますが鬼太郎は捕まってしまいます!

意気揚々としてるねずみ男たちですが、捕らわれた鬼太郎のロープを目玉おやじが解きしばらく様子を見ることに。
ねずみ男がチンポ大先生ほかお偉い様に謝るように促すと、隙をついて鬼太郎は動けるように!
髪の毛針でアカマタを攻撃し、リモコン下駄でやし落としと戦う鬼太郎ですが、負けじと交戦するアカマタが強敵!!
ねこ娘が助太刀に砂かけ婆と子泣き爺を連れてくると鬼太郎はアカマタと戦い、砂かけと子泣きはやし落としと戦うことに。

鬼太郎はアカマタの攻撃をちゃんちゃんこで跳ね返すと石にしてしまい、砂かけ婆と子泣き爺もやし落としを追い返すので鬼太郎がねずみ男に詰め寄りますが、ねずみ男は自慢の臭い匂いで逃げ出すという。
そんなねずみ男に、ユメコの事が好きだっただろと情で訴えかけ自分が何をしてるのか分かっているのかと反省させる鬼太郎。

ユメコはキジムナーや朱の盆たちに囚われていてねずみ男はユメコを捕らえている南方妖怪の豪華客船のアジトに一人で向かうことに。
その途中、石になったアカマタを見かけ声をかけられるとねずみ男は石を破壊してアカマタを解放、しかしねずみ男はアカマタに体を乗っ取られてしまいます!
ねずみ男の体を乗っ取ったアカマタはそのまま鬼太郎たちのもとに。
一緒に来てくれと言うねずみ男について行く鬼太郎に襲いかかるとアカマタは鬼太郎から妖気を吸い取り鬼太郎は妖気が無くなってカラカラに。

やし落としも現れて子泣き爺たちに迫る中、目玉おやじはねずみ男の口の中から体の中に入り込み鬼太郎の妖気を解放しようとします!
さらに、つるべ火が助けにくるとやし落としの攻撃を阻止。
解放される鬼太郎たちに、ねずみ男のお腹が破れて鬼太郎の妖気も元どおり!
鬼太郎はねずみ男の腹を縫うように砂かけ婆に頼むと南方妖怪のアジトに向かうことに。

ところが、豪華客船のアジトにはぬらりひょんの姿もあり此処は任せろと言うと蛟竜が現れ、鬼太郎とねこ娘の乗るイカダに襲いかかります!

蛟竜に襲われてピンチの鬼太郎ですが、そこにぬりかべが助けにくるとアジトに近づけるようになります。
しかし、これ以上近付くとユメコの命は無いと脅すぬらりひょん。
そこに、砂かけ婆に破れたお腹を治してもらったねずみ男が一反もめんに乗って登場!
ユメコのもとに降りると隙をついて脱出するユメコと共に逃走!
それをキジムナーたちが追いかけますが得意の悪知恵で見事に逃走するねずみ男。

一方、鬼太郎は蛟竜と戦い続けており一反もめんを使って目隠しをして暴れる蛟竜と戦います!
その後も蛟竜は暴れ続けますが鬼太郎がオカリナで蛟竜を刺すと豪華客船のアジトにぶつかり破壊!!
船もろとも沈んでしまいます!

それから、ぬらりひょんたちはボートに乗って逃げるのですが帰る場所が違うとケンカ!
ボートが岩にぶつかり壊れるとぬらりひょんはそのままどこかへ!?

チンポは、三連チンポ噴射で飛んで帰るのでした(笑)

そして、元凶のねずみ男は置いてけぼりで懲らしめられたのでした。




ということで、ゲゲゲの鬼太郎の劇場版第1作目は3期版の南方妖怪のお話!
「妖怪軍団」を原作にしたストーリーで大まかな流れは似ていますが、黒幕は南方妖怪から日本の悪徳妖怪の総大将ぬらりひょんに変更されているので朱の盆が登場したり、他シリーズでは八百八狸と出てくる蛟竜がぬらりひょんのしもべとして登場するあたり3期のアレンジらしさとバトルテイストが強調されていました!

「鬼太郎の世界お化け旅行」から登場のチンポが初登場し、驚きの行動をしたりも(笑)
ちなみに、チンポは妖怪軍団の原作や第1期のアニメでは未登場。
4期劇場版で再び登場したり、5期では名前が変わりながらもその姿を現しました!
基本的に妖怪軍団の話はやし落としとアカマタがメインですが、それ以上に強力なキャラクターとなってます!
子泣きじじいや砂かけばばあといったレギュラーメンバーも勢揃いしており一般的にイメージがあるゲゲゲの鬼太郎を描いている今作はユニークなキャラクターたちが冒険活劇を繰り広げながらも24分というテレビ放送と変わらない時間の作品でありました。
























ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.1 【DVD】


ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.1/アニメーション[DVD]【返品種別A】






Last updated  2019.07.22 23:22:45
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.