814552 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(17)

スーパー戦隊関係

(10)

騎士竜戦隊リュウソウジャー

(43)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(24)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(17)

仮面ライダーゼロワン

(20)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(22)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(90)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎

(19)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(16)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(10)

未来少年コナン 感想

(12)

ルパン三世

(11)

アニメ全般

(10)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(116)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(61)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(85)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(6)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(25)

訃報・お悔やみ

(10)

Favorite Blog

初音ライダー剣(ブレ… New! RGM-122Rさん

仮面ライダーゼロワ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

全9件 (9件中 1-9件目)

1

ジブリソング

2019.07.29
XML
カテゴリ:ジブリソング
☆曲名:ひこうき雲
☆作詞:荒井由実
☆作曲:荒井由実
☆編曲:
☆歌手:荒井由実
☆作品名:風立ちぬ
☆カテゴリー:スタジオジブリ作品
☆2013年



歌詞
-----------------

白い坂道が 空まで続いていた
ゆらゆらかげろうが あの子を包む
誰も気づかず ただひとり
あの子は 昇っていく
何もおそれない そして舞い上がる

空に 憧れて 空を かけてゆく
あの子の命は ひこうき雲

高いあの窓で あの子は死ぬ前も
空を見ていたの 今はわからない
ほかの人には わからない
あまりにも 若すぎたと
ただ思うだけ けれどしあわせ

空に 憧れて 空を かけてゆく
あの子の命は ひこうき雲

空に 憧れて 空を かけてゆく
あの子の命は ひこうき雲

-----------------



2013年に劇場公開された『風立ちぬ』


現段階では宮崎駿さん最後の監督作品ということになってます♪


実在の人物である堀越二郎をモデルにした作品ということで今までのジブリ作品と比べると現実的な作品なんですよね~、嫌いじゃないけど正直ジブリ作品にはもうちょっとファンタジックな要素を求めてしまっている自分がいるのであんまり進んでは見ないかなぁ~。
テレビ放送すれば別ですけど。



主人公の声優が庵野秀明さんというのには賛否両論ありますが(笑)
がっ、頑張ってたんじゃないですかっ!?



そして、主題歌は『魔女の宅急便』でも主題歌を担当した荒井由実さん(松任谷由実さん)でした☆


この曲もかなり昔に発表された歌をジブリのプロデューサーである鈴木敏夫さんが主題歌にしたいと主題歌にしたものですね♪

初出は1973年と実に40年以上も前の曲が主題歌になったわけですがこればっかりは歌詞とリズム感が作品に似合いすぎる名曲だと感じます☆


作品を見終えた後にこの曲を聴くとより世界観に浸れるのは間違い無しで好きな一曲でござりまする(≧∇≦)




風立ちぬ [ 庵野秀明 ]

風立ちぬ【Blu-ray】 [ 庵野秀明 ]







Last updated  2019.07.29 01:08:31
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:ジブリソング
☆曲名:Arrietty's Song
☆作詞:セシル・コルベル
☆日本語訳詞:伊平容子
☆作曲:サイモン・キャビー、セシル・コルベル
☆編曲:
☆歌手:セシル・コルベル
☆作品名:借りぐらしのアリエッティ
☆カテゴリー:スタジオジブリ作品
☆2010年



歌詞
-----------------

I'm 14 years old, I'm pretty
元気な 小さい Lady
床下に ずっと 借りぐらししてたの

時にはHappy, 時にはBlue,
誰かに会いたい

風 髪に感じて 空を眺めたい
あなたに花 届けたい

向こうは別の世界
ほら蝶々が舞ってる 私を待っている

そう、変わることのない わたしの小さい世界
嫌いじゃないの でもあなたを
もっと もっと知りたくて

喜びと悲しみは いつも 折り混ざってゆく

風 髪に感じて 空を眺めたい
あなたに花 届けたい

向こうは別の世界
ほら蝶々が舞ってる あなたを待っている

太陽の下で 花に囲まれて
あなたと日々 過ごしたい
この想いを胸に 新しい世界で
私らしく 生きる

-----------------



2010年に劇場公開された『借りぐらしのアリエッティ』



この作品は米林宏昌さんの初めての監督作品でしたね~♪
これも原作ありのアニメ映像化で原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』で海外だと何度か映像化されたものだそうです☆



主人公のアリエッティには志田未来ちゃん、アリエッティを目撃する人間の翔は神木隆之介くんがキャスティングされてましたね♪


比較的登場人物が少なく人間関係はシンプルで分かりやすい印象だったこの作品、どことなく『魔女の宅急便』や『となりのトトロ』のようなどこか懐かしい感じのジブリ作品だなぁと当時感じました♪


アリエッティが小人で翔が人間なのでそれぞれの視点から見える世界の違いとか背景が凄く綺麗な印象もありました♪


ストーリーは至極ストレートで小人は人間に見られてはいけない、見られたら住む場所を変えなきゃいけない。
だけどアリエッティ見られちゃいましたどーしましょう?
というものですがアリエッティと出会ったことにより翔くんの心情の変化とかアリエッティの成長のようなものが見れたりするんですよね~☆


といっても私はアリエッティをまだ数回しか観てないからまた見返したら新たに楽しさを発見できるかもしれませんけど。


まぁ、ゆったりと娯楽に浸りたいときに見るのがオススメなジブリ作品です( ^ω^ )



そんなアリエッティの主題歌がセシル・コルベルさんが歌う『Arrietty's Song』


フランス出身のシンガーソングライターでハープ奏者でもあるセシルさんは大のジブリ作品ファンでジブリ宛に直々の手紙を書いたのがキッカケで起用されたとか♪

この曲にもハープの演奏があり綺麗な歌声とアリエッティを表した詩が主題歌としても素敵な印象を受けました♪


海外の公開バージョンではそれぞれの言語で歌ったバージョンが使われていて英語バージョンはシングルにも収録されてました☆


後に米林監督による『思い出のマーニー』でも海外アーティストが起用されてましたがアリエッティでのセシル・コルベルさんがジブリ作品での初めての海外アーティストになりました☆




借りぐらしのアリエッティ [ 志田未来 ]


借りぐらしのアリエッティ【Blu-ray】 [ 志田未来 ]







Last updated  2019.07.29 00:58:45
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ジブリソング
☆曲名:世界の約束
☆作詞:谷川俊太郎
☆作曲:木村弓
☆編曲:久石譲
☆歌手:倍賞千恵子
☆作品名:ハウルの動く城
☆カテゴリー:スタジオジブリ作品
☆2004年



歌詞
-----------------

涙の奥にゆらぐほほえみは
時の始めからの世界の約束

いまは一人でも二人の昨日から
今日は生まれきらめく
初めて会った日のように

思い出のうちにあなたはいない
そよかぜとなって頬に触れてくる
木漏れ日の午後の別れのあとも
決して終わらない世界の約束

いまは一人でも明日は限りない
あなたが教えてくれた
夜にひそむやさしさ

思い出のうちにあなたはいない
せせらぎの歌にこの空の色に
花の香りにいつまでも生きて

-----------------



2004年に劇場公開された『ハウルの動く城』


原作はダイアナ・ウィン・ジョーンズによる『魔法使いハウルと火の悪魔』で比較的前半が原作よりで後半は宮崎駿さんによるオリジナルに要素がふんだんに盛り込まれてます☆


ジブリ作品の中でもかなりの恋愛要素を押し出したロマンチックファンタジーですね♪


ハウルの声にはSMAPの木村拓哉さんが起用されていたので一般女性の人気も高いのは間違いないです☆


もともとは細田守監督による企画もあったとされるハウルですがそちらは諸事情により企画がおじゃん。
結果として宮崎駿監督によるハウルが公開されたわけですが今となっては細田守監督によるハウルも観てみたいと思ったりw

当時のドキュメンタリーで制作が難航しているのを見たことがありました。

その時に動く城の音は大工の木材を使ったりして作ったっていう裏話を聞いたりもしました♪


この作品も背景などの映像は綺麗ですしなによりファンタジー色の強い音楽が非常に魅かれました♪


そんなハウルの動く城の主題歌が『世界の約束』
ヒロインであるソフィーの声優も務めた倍賞千恵子さんが歌いましたね♪
倍賞千恵子さんといえば『男はつらいよ』シリーズも代表的ですねー☆


若いソフィーとおばあちゃんのソフィーを分けるのが大変だったとインタビューで答えてましたね♪


作詞には詩人の谷川俊太郎さんが、作曲には『千と千尋の神隠し』で主題歌を担当した木村弓さんが担当しており編曲は本編音楽でもお馴染みの久石譲さんによるものということで豪華な顔触れでございます☆


久石譲さんの編曲なので曲間もハウルの音楽でゆったりしていながらもファンタジー色のある主題歌に仕上がってましたね(≧∇≦)


映画本編ではこの主題歌の後にメインテーマの『人生のメリーゴーランド』が流れるという流れで使われていてそっちも好きです☆




ハウルの動く城 [ 倍賞千恵子 ]

ハウルの動く城【Blu-ray】 [ 倍賞千恵子 ]







Last updated  2019.07.29 00:53:59
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ジブリソング
☆曲名:もののけ姫
☆作詞:宮崎駿
☆作曲:久石譲
☆編曲:久石譲
☆歌手:米良美一
☆作品名:もののけ姫
☆カテゴリー:スタジオジブリ作品
☆1997年



歌詞
-----------------

はりつめた弓の ふるえる弦よ
月の光にざわめく おまえの心

とぎすまされた刃の美しい
そのきっさきによく似た そなたの横顔

悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは
森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ

Uh… Uh… Uh… Uh… Uh…
Ah… Ah… Ah… Ah… Ah…

-----------------



1997年に公開された『もののけ姫』もスタジオジブリの代表作の一つですね~☆
これも監督は宮崎駿さん!
『風の谷のナウシカ』から13年!
製作費は約20億円という超大作!
ジブリ作品の中で一番好きな作品です(*^_^*)

他のジブリ作品はレンタルとかテレビの録画だったけど『もののけ姫』だけは駄々をこねてビデオを買ってもらった程です☆
ビデオで何回も見たしテレビの放送でも毎回見てたぶん30~40回は
観たと思います(≧∇≦)
それ位大好きな作品☆



物語はかなり重たい内容で決して答えの出る作品ではないけれど故に毎回考えさせられる作品だなぁと実感します。
村をタタリ神から守るため自ら矢を放ち結果、死の呪いとタタリ神の憎しみまでも背負ったアシタカ。
もののけを恐れ生贄とばかりに人間世界から切り離されもののけとして暮らし生きるサン。
エボシ、モロ、シシ神、タタラ場に暮らす者、シシ神の森のもののけ達。

それぞれ個々のキャラクターの力強さに魅了すらされます☆




キャスト陣も豪華で『風の谷のナウシカ』でアスベルを演じた松田洋治さんはアシタカ役を、同じくナウシカでナウシカを演じた島本須美さんはトキ役を、『平成狸合戦ぽんぽこ』に出ていた石田ゆり子さんはサンを、『紅の豚』に出た上條恒彦さんはゴンザを演じジブリ作品に携わった人が再び参加されています!
一方で、田中裕子さん、小林薫さん、森繁久彌さん、森光子さん、西村雅彦さん、そして美輪明宏さんと豪華な役者さんが揃っているのもキャラクターの魅力であると思います。





当然背景等の作画も美しく物語の舞台となるシシ神の森の美しさは圧感!
モデルになった屋久島には一度で良いから行ってみたいと昔から考えています☆




キャッチコピーの『生きろ』と書かれたポスターのサンとモロがカッコ良かったりもしますが『生きろ』という言葉から生命のなんたるかをじっくりと考えたいものですね。


さて、そんな『もののけ姫』の主題歌
学校の音楽の教科書に載ってたりするのでしょうか?
となりのトトロの『さんぽ』は載ってましたね♪


作詞は監督である宮崎駿さんによるもの、監督ご自身による詩は深いです。
詩自体は短く一番のみですが後半はコーラスになってますね☆
本編のエンドクレジットではこの後に『アシタカせっ記』という曲が流れて締めくくってくれます!
宮崎駿さんは『アシタカせっ記』をもともとは映画のタイトルに使いたかったけど鈴木プロデューサーが勝手に『もののけ姫』として発表してしまったなんて逸話があったりとか。



作曲は『アシタカせっ記』及び本編の音楽も製作した久石譲さんです☆
久石譲さんの音楽も素晴らしく音楽一曲一曲が作品を更に色濃くしてました♪


本編でも中盤に使用され、たたら場を襲撃したサンと対峙するエボシの争いを止めるため仲裁に入るもタタラ場の女の石火矢の暴発により負傷したアシタカがサンに看病されだいぶ動けるようになった頃、モロと話し合いをするシーンで流れましたね♪



アシタカの「あのこを解き放て、あのこは人間だぞ!」の言葉に「黙れ小僧!お前にあの娘の不幸が癒せるのか!森を犯した人間が我が牙を逃れるために投げてよこした赤子がサンだ!人間にもなれず山犬にもなりきれぬ哀れで醜いかわいい我が娘だ!お前にサンが救えるか!?」と返すモロの名シーンは何度見ても最高です(≧∇≦)



そんな名シーンを盛り上げたのもこの主題歌です☆


歌ったのは米良美一さん!
女性のようなカウンターテナーの歌声が特徴的で凄いです☆
最近テレビで見かける米良さんはちょっと大丈夫なのかなぁ~と心配になりますが。。。
しかし米良さんの歌声は確実に引き寄せられるものがあります!



何度でも観たくなる『もののけ姫』
そしてその主題歌でもある『もののけ姫』
映画、歌共に素敵な作品です☆




もののけ姫 [ 松田洋治 ]

もののけ姫【Blu-ray】 [ 松田洋治 ]







Last updated  2019.07.29 00:47:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.28
カテゴリ:ジブリソング
☆曲名:カントリー・ロード
☆作詞:ジョン・デンバー、ビル・ダノフ、タフィー・ナイバート
☆作曲:ジョン・デンバー、ビル・ダノフ、タフィー・ナイバート
☆日本語訳詞:鈴木麻実子
☆補作詞:宮崎駿
☆編曲:野見祐二
☆歌手:本名陽子
☆作品名:耳をすませば
☆カテゴリー:スタジオジブリ作品
☆1995年



歌詞
-----------------

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

ひとりぼっち おそれずに
生きようと 夢みてた
さみしさ 押し込めて
強い自分を 守っていこ

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

歩き疲れ たたずむと
浮かんで来る 故郷の街
丘をまく 坂の道
そんな僕を 叱っている

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

どんな挫けそうな時だって
決して 涙は見せないで
心なしか 歩調が速くなっていく
思い出 消すため

カントリー・ロード
この道 故郷へつづいても
僕は 行かないさ
行けない カントリー・ロード
カントリー・ロード
明日は いつもの僕さ
帰りたい 帰れない
さよなら カントリー・ロード

-----------------



1995年に公開された『耳をすませば』の主題歌といえば!
そう、『カントリー・ロード』です!

もともとは洋楽のフォークソング『Take Me Home, Country Roads』(故郷に帰りたい)という曲になります☆

その曲に日本語訳をして歌われたのがカントリー・ロードです!
なおカントリー・ロードと故郷に帰りたいではカバーによっては歌詞に違いもあるようです。


原曲でもある『Take Me Home, Country Roads』の方もカバーですが耳をすませばのオープニングに使われました☆


今回扱うカントリー・ロードは実質エンディング主題歌になります(≧∇≦)
劇中ではコンクリート・ロードなんて替え歌も歌われてましたね(笑)




歌を歌ったのは耳をすませばで主人公の月島雫の声優もした本名陽子さんです☆
本名陽子さんは同じジブリ作品の『おもひでぽろぽろ』で声優デビューしてます☆
ふたりはプリキュアのキュアブラック(美墨なぎさ)の声優もしてましたし子役時代には巨獣特捜ジャスピオンとか特警ウインスペクターとか特救指令ソルブレインといった特撮に出演したりもしてた方ですね!


耳をすませばの時も16歳で雫ちゃんよりちょっと年上だったのかな?
(月島雫は中3で14歳)



そんな本名陽子さんがカントリー・ロードを歌った耳をすませばですがこの作品もジブリの中では原作持ちのアニメ化でした!


原作は少女漫画で1990年にコミック化され後に続編も漫画化されました☆
それから月島雫が書いた作品という形で『猫の恩返し』も描かれたし映画にもなりましたね♪

漫画を描いたのは柊あおいさんで耳をすませばとは全く関係無いですが『星の瞳のシルエット』という作品もなかなか面白くて好きです☆


ちなみに耳をすませばは漫画と映画でかなりストーリーや設定に違いがあるのでそれぞれに楽しむことができると思います☆


個人的には映画の方での天沢聖司〈あまさわ せいじ〉が月島雫にプロポーズするシーンの方が好きですが原作の告白に留まるあたりもなかなか良いものです☆


耳をすませばも金曜ロードショーでやると毎回観てるなぁ~♪
宮崎駿さんは監督ではなく脚本と絵コンテにプロデュースっていう形で参加していて実質監督は近藤喜文さんだったんですけど近藤さんにとって最初で最後の監督作品になってしまったのが惜しまれます。



青春時代を謳歌しつつもちょっとおませな感じの作品でこれも好きです!!





耳をすませば [ 本名陽子 ]


耳をすませば【Blu-ray】 [ 本名陽子 ]







Last updated  2019.07.28 03:04:27
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ジブリソング
☆曲名:ルージュの伝言
☆作詞:荒井由実
☆作曲:荒井由実
☆編曲:松任谷正隆
☆歌手:荒井由実
☆作品名:魔女の宅急便
☆カテゴリー:スタジオジブリ作品
☆1989年



歌詞
-----------------

あのひとの ママに会うために
今ひとり 列車に乗ったの
たそがれせまる 街並や車の流れ
横目で追い越して

あのひとは もう気づくころよ
バスルームに ルージュの伝言
浮気な恋を はやくあきらめないかぎり
家には帰らない

不安な気持ちを 残したまま
街はDing-Dong 遠ざかってゆくわ

明日の朝 ママから電話で
しかってもらうわ My Darling!

あのひとは あわててるころよ
バスルームに ルージュの伝言
てあたりしだい 友達にたずねるかしら
私の行く先を

不安な気持ちを 残したまま
街はDing-Dong 遠ざかってゆくわ

明日の朝 ママから電話で
しかってもらうわ My Darling!
しかってもらうわ My Darling!

-----------------



1989年に公開された『魔女の宅急便』の主題歌といえばユーミンこと松任谷由実さんです!(楽曲発表時は荒井由実名義)

魔女の宅急便ではオープニング主題歌とエンディング主題歌の二曲が使われましたが今回はオープニングの方でいきます☆


ルージュの伝言はもともと荒井由実名義でユーミンが発表したのが1975年なんですね、その後映画公開時にリバイバルヒットした一曲でもあるという。
同じくエンディング主題歌の『やさしさに包まれたなら』も少し前に発表されたのが『魔女の宅急便』で使用されました☆


というのも映画公開時にスタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫さんがユーミンのコンサートに行っていて影響したとか、それで新曲を作ろうにも時間が無かったのですでにある歌を選んだという話があります。


このルージュの伝言はちょっと大人めいた女の雰囲気を醸し出した歌詞がいい感じなのですが魔女の宅急便という作品のイメージに合うかと言われると微妙。
だけどそれを魔女の宅急便のオープニングでヒロインであるキキがお父さんから貰ったラジオからたまたま流れてくる音楽として使う演出がこのイメージを変えてくれるんですね!

途中で先輩魔女に出会って止めさせられるのも演出ですがそこからさぁ旅立ったキキのお話が始まるぞ~って物語の中に引き込んでくれるから良いです( ^ω^ )


子供の頃にあんなラジオ欲しいなぁと思ったものです!
ラジオではなくカセットテープのウォークマンで代用してルージュの伝言を聴いたりはしましたけど(笑)


さて、魔女の宅急便といえば元は児童文学で実は6巻ほど出てる作品なんですよねー、アニメ映画では原作の1巻をアレンジしてるのでだいぶ違ってるんだぁと1巻を読んだ時に思いました☆
ちょうど夏休みの頃で読書感想文にした覚えも…
原作も機会があればしっかり読み終えたいなぁ~☆

ちょっと前には実写化もされたけどそっちもまだ見たことないので機会があればと思ってます。


アニメ映画に関してはまたまた声優ネタになってしまいますがヒロインのキキとキキが森で出会うウルスラさんの二役を高山みなみさんが演じてますね!
トンボ(コポリ)役には山口勝平さん、ジジ役には佐久間レイさん、おソノさんは戸田恵子さんでおソノさんの旦那は山寺宏一さんですね!

高山みなみさんは当時まだ新人時代だったのが想像できないですね。
まぁ、もともと『ミスター味っ子』で主演デビューしてたわけですが。
魔女の宅急便でも最初はウルスラ役だったのがキキ役が(イメージに合う人が)いないからと二役やる事になったという逸話がありますね♪
少女のキキと大人なウルスラさんを使い分けるとは凄い。



魔女の宅急便も金曜ロードショーやビデオで良く見た作品で見るたびにホッコリしてました☆
ルージュの伝言も子供の頃から親しんでいる曲です(*^_^*)





魔女の宅急便 [ 高山みなみ ]


魔女の宅急便【Blu-ray】 [ 高山みなみ ]







Last updated  2019.07.28 03:06:21
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ジブリソング
☆曲名:さんぽ
☆作詞:中川李枝子
☆作曲:久石譲
☆編曲:久石譲
☆歌手:井上あずみ
☆作品名:となりのトトロ
☆カテゴリー:スタジオジブリ作品
☆1988年



歌詞
-----------------

あるこう あるこう わたしはげんき
あるくの だいすき どんどんいこう

さかみち トンネル くさっぱら
いっぽんばしに でこぼこじゃりみち
くものすくぐって くだりみち

あるこう あるこう わたしはげんき
あるくの だいすき どんどんいこう

みつばち ぶんぶん はなばたけ
ひなたにとかげ へびはひるね
ばったがとんで まがりみち

あるこう あるこう わたしはげんき
あるくの だいすき どんどんいこう

きつねも たぬきも でておいで
たんけんしよう はやしのおくまで
ともだちたくさん うれしいな
ともだちたくさん うれしいな

-----------------



1988年に劇場公開された『となりのトトロ』


宮崎駿監督による作品ですね~☆
当時の同時上映は『火垂るの墓』だったという話しですがすごい組み合わせですよね!


これも金曜ロードショーの放送回数が多くて毎回高視聴率を記録しますねー♪

子供の頃にもよくビデオで観てましたがだいたい後半でいつも寝ちゃうことが多かったです(笑)


実はトトロってDVDとブルーレイだと影の修正がされてるんですよねー、よくネタにされる都市伝説で途中から影がないから~みたいに言われるアレですねwww
実際には時間がなかったとか経費削減だとかで途中から影が無いって話しですけど製作大変だったんですね。


なんかもともとは宮さんは火垂るの墓を作りたかったとかなんとか聞いたこともあるのですがどーだったかな?




サツキとメイの声優には日高のり子さんと坂本千夏さんが、お父さんは糸井重里さん(ジブリ作品でキャッチコピーもよく書いてますね)でお母さんは島本須美さんでしたね~♪


トトロの高木均さんはお亡くなりになってもう10年以上経ちますね。


個人的にはすっごく脇役で千葉繁さんや水谷優子さんや平松晶子さんが出てるのも気になりますが☆



そんな『となりのトトロ』はオープニング主題歌とエンディング主題歌の二曲がありますが今回はオープニングの『さんぽ』で行きます♪


この歌は音楽の教科書に載ったりもしてました!
どちらかというと童謡として扱われることが多いですね♪


作詞は児童文学作家の中川李枝子さんによるものです☆
中川李枝子さんの代表作には『ぐりとぐら』がありますね♪


曲は本編音楽も担当していてジブリ音楽といえばこの方な久石譲さん☆


歌を歌ったのは『天空の城ラピュタ』の『君をのせて』に引き続きジブリ作品で主題歌を歌った井上あずみさんです♪



彼女の透き通った歌声と元気いっぱいな歌詞が明るくて楽しい気分になるそんな一曲です( ^ω^ )




となりのトトロ [ 日高のり子 ]


となりのトトロ【Blu-ray】 [ 日高のり子 ]








Last updated  2019.07.28 03:07:23
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ジブリソング
☆曲名:君をのせて
☆作詞:宮崎駿
☆作曲:久石譲
☆編曲:富澤裕
☆歌手:井上あずみ
☆作品名:天空の城ラピュタ
☆カテゴリー:スタジオジブリ作品
☆1986年



歌詞
-----------------

あの地平線 輝くのは
どこかに君を かくしているから
たくさんの灯が なつかしいのは
あのどれかひとつに 君がいるから

さあ でかけよう ひときれのパン
ナイフ、ランプ かばんにつめこんで

父さんが残した 熱い想い
母さんがくれた あのまなざし

地球はまわる 君をかくして
輝く瞳 きらめく灯
地球はまわる 君をのせて
いつかきっと出会う ぼくらをのせて

さあ でかけよう ひときれのパン
ナイフ、ランプ かばんにつめこんで

父さんが残した 熱い想い
母さんがくれた あのまなざし

地球はまわる 君をかくして
輝く瞳 きらめく灯
地球はまわる 君をのせて
いつかきっと出会う ぼくらをのせて

-----------------



1986年に公開された『天空の城ラピュタ』の主題歌といえば井上あずみさんが歌う『君をのせて』

劇中の合唱バージョンも印象的ですがやっぱり井上あずみさんが歌うバージョンが一番ですね(≧∇≦)




もともとはサウンドトラックで収録していたものが後にシングルカットされたそうです☆
因みにシングルバージョンとサウンドトラック収録のバージョンではイントロ導入部に違いがありより映画の印象に浸りたいならサウンドトラックの方がいいです!


更にこの曲はイメージアルバムの『シータとパズー』という曲をアレンジしたものなので逆に『シータとパズー』という曲が『君をのせて』に聴こえてしまいます♪


後にとなりのトトロでも主題歌を歌う井上あずみさんですが彼女の歌声も透き通った優しい声で癒されます☆

作詞は監督、宮崎駿さんですが実際は宮崎駿さんのメモを高畑勲さんと久石譲さんが整理したとかなんとか?
作曲は久石譲さんですのでアレンジされた音楽が本編でも使われていたのが印象的ですね!





映画本編に関しては、この作品も金曜ロードショーでの放送が多く毎回観ています♪
ビデオ録画したものもよく見ていました☆

近年はやたらとネタにされがちなラピュタですがやっぱり作品そのものは名作であり何度見てもワクワクする冒険が魅力です!
見るたびに目玉焼きが乗ったトーストを食べたくなるのもご愛嬌(笑)




パズー役の田中真弓さんとシータ役のよこざわけい子さんはもちろん、モウロ将軍の永井一郎さんといった声優陣にムスカ大佐の寺田農〈みのり〉さんやドーラ役の初井言榮〈ことえ〉さん、ポムじいさん役の常田富士男さんといった俳優陣とバランスがとれた出演者も豪華です☆

名前はない青い服の女性役に林原めぐみさんが出ているのもファンとしては嬉しいところ!
ほんのひとセリフなんですけどねwww



たまに空に大きな雲があるとついついラピュタがあるのではなんて想像したり、急いでる時に『40秒で支度しな』と言いたくなったりカップラーメン食べる時は『3分間待ってやる』なんてwww
いろいろネタになる天空の城ラピュタですがラピュタみたいな冒険活劇の作品をもう一度宮崎駿監督作品で観たかったなぁ~と常々思います。


うん、やっぱりラピュタも偉大なジブリ作品ですね(≧∇≦)




天空の城ラピュタ [ 田中真弓 ]


天空の城 ラピュタ【Blu-ray】 [ 田中真弓 ]






Last updated  2019.07.28 03:08:23
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ジブリソング
☆曲名:風の谷のナウシカ
☆作詞:松本隆
☆作曲:細野晴臣
☆編曲:萩田光雄
☆歌手:安田成美
☆作品名:風の谷のナウシカ
☆カテゴリー:スタジオジブリ作品
☆1984年



歌詞
-----------------

金色の花びら 散らして
振り向けば まばゆい草原
雲間から光が射せば
身体ごと宙に浮かぶの

やさしさは 見えない翼ね
遠くから あなたが叫んでる
愛しあう人は 誰でも
飛び方を知ってるものよ

風の谷のナウシカ
髪を軽くなびかせ
風の谷のナウシカ
眠る樹海を飛び越え
青空から舞い降りたら
やさしく つかまえて

花や木や小鳥の言葉を
あなたにも 教えてあげたい
何故人は傷つけあうの
幸せに小石を投げて

風の谷のナウシカ
白い霧が晴れたら
風の谷のナウシカ
手と手 固く握って
大地けって 翔び立つのよ
はるかな地平線

風の谷のナウシカ
眠る樹海を飛び越え
青空から舞い降りたら
やさしく抱きしめて

-----------------



1984年に公開された『風の谷のナウシカ』はスタジオジブリの代表作の一つでもありますね~☆
言わずもがな監督は宮崎駿さん!
でもナウシカの公開時はまだスタジオジブリではなかったんですよね~☆

更に同時上映にも宮崎駿監督による劇場版名探偵ホームズでした♪


今でこそ人気もあり有名ですが劇場公開時はそこそこの反響でむしろ金曜ロードショーのテレビ放送によって更に評価されたとか。
現に金曜ロードショーでの放送回数は一番多いですね!
私も放送される度についつい見てしまいからテレビ放送だけでも10回くらいは見てます(≧∇≦)


そんな風の谷のナウシカのシンボルテーマソングがこの歌☆
もともとは主題歌予定だったけど実際には使われずナウシカの予告で流れたくらいなんですよね~。
なので本編のエンドクレジットでもシンボルテーマソングと記載されているものの本編では全く使われていないという。
(エンドクレジットの曲は久石譲さんの音楽、宮崎駿さんの映画の音楽には欠かせない人ですね)




歌を歌ったのは安田成美さん、安田成美さんはナウシカのイメージガールコンテストでグランプリを受賞したことによりイメージソングを歌いました☆



作詞には元はっぴいえんどの松本隆さんが、作曲には同じく元はっぴいえんどのメンバーでありYMO(イエローマジックオーケストラ)のメンバーでもある細野晴臣さんが起用されており個人的に好きなコンビです!

サビの部分にはタイトルにある風の谷のナウシカのフレーズが加わりまさにナウシカのイメージソングとして出来上がってます♪

この歌を聴いていると脳内でナウシカがメーヴェに乗って飛んでる姿が浮かんできます♪


風の谷のナウシカ、ナウシカの声優《島本須美》さんの名演も魅力です!
因みに島本須美さんがカバーしたバージョンもあるのですがそちらはかなりポップな感じになってたり。
井上あずみさんのカバーもオススメ♪




風の谷のナウシカ [ 島本須美 ]


風の谷のナウシカ【Blu-ray】 [ 島本須美 ]






Last updated  2019.07.28 03:09:13
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.