2019.04.28

☆【ゲゲゲの鬼太郎(第6期)】感想記事53『自己愛暴発!ぬけ首危機一髪』

☆ゲゲゲの鬼太郎(第6期)の感想記事です(๑╹ω╹๑ )




第53話『自己愛暴発!ぬけ首危機一髪』
脚本:井上亜樹子
演出:前島健一
2019.4.28



【かつてウーチューバーとして名を馳せたチャラトミだが、就職活動はまるで上手くいかない。再び人気ウーチューバーに返り咲き、就職活動から逃れようとする。そこで彼が出会ったのは自分を有名だと信じて疑わない妖怪抜け首。冷気と熱気を放つ力に目をつけたチャラトミは、彼と組んで動画配信を始める。瞬く間に人気者へ上り詰める二人。更なる人気を獲得しようと画策するチャラトミだったが…!?】





今回の妖怪は【ぬけ首(声:川津泰彦)】



動画配信のウーチューバー・チャラトミが就職のために面接!?
しかし、社会と人への貢献という言葉に黙ってしまう。
そんななか、先輩と出会うチャラトミはなんで働いているのか聞く。
食べて暮らしていくためにはそれなりの仕事をしないといけないわけで、ウーチューバーという安定性の無いことで食っていけるのはわずかだと痛感する。
その上ではテレビに映るHIKAKINの姿が!


そんなある日、ぬけ首が鬼太郎のもとにやってきて、雑誌の妖怪の噂大特集に出てくるのが鬼太郎たちばかりで自分の特集がないと怒る!
目玉おやじが、ぬけ首に有名だから今さら載せる必要がないのじゃろとなだめるのだが、ねこ娘はぬけ首を自分が注目されないと何をしでかすか分からないと言う。

そんなぬけ首が帰り際に、森の中で動画配信の撮影をするチャラトミと出会うと、チャラトミに知らないと言われ首が抜け落ちるぬけ首!
チャラトミがぬけ首を落ち着かせると、チャラトミは自分が選ばれた人間だと思い込んでいるのでぬけ首と協力をすることに!

そんな2人の動画を、ねこ娘とまなが会った時にこんな動画を見つけたと紹介されてチャラトミとぬけ首との動画を見るねこ娘。
ぬけ首は、頭は強い熱気を放ち身体は冷気を放つ妖怪で、二つがくっ付いていると正常だが離れるとどうなるか分からない。
動画は少しずつ人気になり、街では握手を求められるようになったぬけ首は満足しだし、動画撮影に張り切り毎日投稿するというチャラトミに毎日は疲れると言い出し、人間の言うことはよくわからないとぬけ首はしばらく休むことになる!


一人きりになったチャラトミはまたも面接へと行くが、ラッシュ時の社会の歯車で覇気のない人間たちを見てチャラトミは自分はそうなりたくないと主役になりたいんだと思いだす。
そして、休んでいたぬけ首から身体を盗むチャラトミ!

ぬけ首の首は大きくなり二つ目の太陽となって日本中が暑くなりだす。
チャラトミはサプライズゲームだと言って動画配信を始め、超異常気象を止めるためにぬけ首の身体を見つけだすというミッションを考案する!
もちろんこれが大炎上!

ねこ娘と鬼太郎がチャラトミの家に殴り込みに行くと有名になりたいことだけで頭がいっぱいなチャラトミに、後ろ指指されるだけだと説教をするねこ娘。

有名大学出でもないチャラトミは働いても稼げる額は目に見えていて貯金もままならない、毎日毎日満員電車に揺られ上司にこき使われ飲み会では説教ばかりで自分の時間もない、そんな人間をそれで生きていると言えるのかと言い、くたびれたオトナになんかなりたくないと悲鳴をあげる。

そんななか、まなからねこ娘に電話があり、一カ所だけ気温の低い場所を見つけたからぬけ首の身体の場所はそこなのではと教えてもらい、チャラトミを無視して身体探しに向かう鬼太郎たち!
それを追いかけるチャラトミは暑さに倒れてしまう。
その間に鬼太郎はぬけ首の身体を見つけます!

そして倒れたチャラトミに声をかける1人の男が…
それが HIKAKINだったのです!HIKAKINはスノーマシンをありったけレンタルして公園を涼しくしていて、HIKAKINは自分が楽しめることを全身全霊をかけてやっているんだとチャラトミに話す。

それから、鬼太郎はぬけ首の頭と身体をくっ付けて元に戻すと事件は解決。
チャラトミにはねこ娘が痛い目に合わせようとしますが、HIKAKINの言葉で気づかされたチャラトミ。
目玉おやじいわく、誰だって最初から好きなことが見つかっているわけではない、自分の居場所を作るためもがき続けていくうちに、いつか自分が何を好むのかを分かってくるはずと言われチャラトミはなんでもいいから頑張ってみたいと決意!
最後は居酒屋で働くことになったチャラトミは感じが変わり目が輝いている好青年になったのでした!



ということで、今回はぬけ首の話ですが、チャラトミにいいように使われるちょっぴり被害者っぽい扱いですが当の本人はなんだかお気楽な感じのキャラでした(笑)
人気になりたい気持ちはあるけどそこそこ有名になったら満足しちゃうぬけ首は可愛かったかな?
どちらかというと、チャラトミというか現代社会の働くことに対する定義を描いた今回は、さまざまな職業や中には世間的に認められないものや現代社会の特に日本の社会の闇を描く中に、自分が好きなことや楽しめることを大事にというメッセージが込められていたように感じます♪
ただし、人に迷惑がかかる事はいけないとチャラトミが反面教師になってましたが(笑)
また、散々チャラトミには迷惑を被ったねこ娘もある意味一安心したのかなって感じでしたね♪
なかなか難しい問題を描いた6期らしいストーリーでした(*´∇`*)


















今回のアイキャッチはこちら!!







次回は第54話『泥田坊と命と大地』


次回は泥田坊の話!こちらも現代社会の田んぼなど自然に対する人間の行動と泥田坊の悲鳴をどのように描くのか楽しみです♪





TWITTER

Last updated  2019.10.28 00:48:06
コメント(0) | コメントを書く