576935 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あるけ あるけ

PR

X

全1796件 (1796件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.01.16
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
とてもとても久しぶりに書きます
あれから何年も経って、中学生だった柊はすっかり成人し24才に、小学1年生だった樹は生きていれば18才です

このブログは、度々読み返しています
その度に、幸せな記憶と言いようのない悲しみとが、今でも鮮明に蘇ってきます

皆さんお元気ですか
当時、このブログを通して
たくさん励まして寄り添って支えてくれて
ありがとう
私は元気にしています








Last updated  2021.01.16 15:28:40
コメント(1) | コメントを書く


2014.02.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
ずいぶんとご無沙汰しました。

あれからもうまる4年、もうすぐ5年が経とうとしています。
今はやっと、樹をなくす前の時間の早さに戻ってきている気がします。
なにしろ、一日一日が気が遠くなるほど長かった。

仕事も続けています。
元気にしています。

皆さんも変わらずお元気でしょうか。






Last updated  2014.02.25 23:51:28
コメント(5) | コメントを書く
2009.10.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
楽しい宴から帰ってきました
柊はばたんキュー


もらった小さなブーケを樹のお仏壇に備えました

みんな何も言わないけど、これは私への励ましとそうこうかいだなと思いました

優しい友人に囲まれて幸せです

この人達に恥じないように、しっかりと前を向いて歩いて行かなくちゃ






Last updated  2009.10.04 23:56:49
コメント(3) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
ケーキまで頂いて〓〓〓〓






Last updated  2009.10.04 21:37:33
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
お誕生日&就職祝いと
いつもの3人がサプライズでお祝いしてくれました
お料理、すごいです!
お花ももらっちゃいました

感謝感謝






Last updated  2009.10.04 18:34:37
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
樹を胸に下げて
初出勤です
今はお昼休みで1人ランチ


樹が背中を押してくれたように決まったお仕事なので、頑張らなくちゃ!
昨日は少し緊張して眠れず
すでに眠いです(^^;)






Last updated  2009.10.01 12:26:57
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
しばらく書かなかった間に、ここの画面が変わっていてびっくりです
浦島太郎みたいな気分

さて。

お彼岸です。
樹の始めてのお彼岸。
お墓参りもないし、特にこれといって変わりなく過ごしています
が、明日はお寺へ行ってお経を上げてもらいます


バラバラだった心や身体が、やっと形を成してきて
自分に戻ってきたのかな、と感じ始めたのが最近でしょうか
それまでは「寂しくなっちゃったね」と言われても
寂しいのかなんなのか、心ごと身体ごと、
スッポリと自分から抜けてしまったような感じだったので
何がなんだか・・・・って

でも、こうなってきたら
見えていなかったのか見なかったのか、
悲しみや寂しさや、そういうものの輪郭が徐々にクッキリとしてきて
夜中になるとしんどいです
前回、溺れているよう と言ったけど
あれはそうか、これだったんだなと慣れてきてみて今思います

それでもまだ、しっかりはっきり思い出すことは出来なくて
そうこうしているうちに、あれもこれも忘れちゃうんじゃないかと不安だけど
思い出そうとするとロックがかかるみたいに
くぅーーーー っと苦しくなって



こんなことばかり書いていたって仕方ないんだけどさ


でも、前に進むべく歩いています

レイキの講習受けて、求職活動を始めて(お仕事、決まりました)
本をガツガツ読んでいます

笑う門には福来る だもんね
これ、樹が教えてくれたんだった!
かあちゃん、がんばるよーーーー!!






Last updated  2009.09.23 01:46:06
コメント(3) | コメントを書く
2009.08.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
ずうっと更新しなくちゃと思いながら、なんだか書けなくて今日に至ります

樹の新盆を済ませました
まだたったの3ヶ月足らずですよ、あれから

日にち薬、と言うけれど
痛みの形が少しずつ変化しているのか、単に気持ちのムラからなのか分からないけれど
ここ最近は、もがいている感じです
そのもがきっぷりは、まるでバタフライのよう
いや、私は泳げないからただ溺れてもがいているだけかくま


それでも日々は続いて行くし、生きていかなくちゃね


CoccoのCDジャケットに

忘れない強さ
前に進む勇気

って書いてあったのを
日に何度も思い出します
強さと勇気 か
どちらも持っているつもりだったんだけどなぁクール






Last updated  2009.08.19 01:32:52
コメント(2) | コメントを書く
2009.07.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
一昨日の土曜日、7/4に
樹の四十九日法要をしました
実際の四十九日は来週の月曜日なんだけど、
ご住職の都合やらなにやらで早めに。

お経を聞いていると
不思議と心が静かになって休まります
ずうっと聞いていたいけど、ずっとだと飽きるのかな、やっぱり


さて
会う人ごとにわりと聞かれるのが
「もう大丈夫?」や「落ち着いた?」なんだけど
どう答えたらいいものか
「はい、もう大丈夫です」と言っておけばいいのだろうとは思うんだけど
その辺は私のきっと不出来なところで
ま、その時々、相手によって、答え方は違うんだけど

何がどうなったら大丈夫なのか、落ち着いたと思えるのか
その辺も分からないし、
大丈夫にもならないし落ち着くこともない
と今はまだ思っているからなお更「はい」と答えられないのかも

で、よしもとばななの「サウスポイント」を読んでいたら
まさにそうそう、という表現が出ていたので書いておきます
          ↓

その度に珠彦君の死がよみがえってきて
またおかしな夢の中にいる感じになった

何重にも重なって入れ子になった透明の箱の中に閉じ込められているみたいだった



そうそう、そんな感じだ と
分かりにくいか、やっぱ


それとこれは「今の感じ」とは違うんだけど
うまくあらわせない気持ちの、端っこのところ
こんな感じかも


しかたないよ
そういうふうに現実的に分かっていった
じっくりとおきらめていくのは、
たまになにもかもが昔に戻ったような
これからなにもかも良くなっていくと錯覚させるような希望の瞬間があるぶん
急にあきらめることの何倍も悲しいということを私は知った
期待すればするほど、悲しみも重くなる
会うたびにひとつ、またひとつと持っていた希望を消していくあの感じは
心にしみのように残っている
しかも電気のスイッチを無意識に切るようにではなく、
ろうそくの火をひとつずつ消していくみたいに、
より自覚的に消していく感じだった



亡くなる前の日、
ちょうど月曜日で授業があって
その日は「身体の授業」もある日で、担任の先生ともう一人、身体の先生が来てくれて
その時にも「今日でもう最期だ」って私は分かっていて
でも身体の授業を受けているうちに樹の呼吸がみるみる楽になっていくのがわかって
本人も苦しそうだったのが楽そうになって、ウトウト眠りだしたりして
もしかしたらまた奇跡が起きて、
このまま今日一日は楽に過ごせて
明日も明後日もその先もあるのかも、と本気で思った



もうどうしても、何がどうなってもダメなのは
苦しいくらいに分かっていたんだけど


書き込みながら、苦しい気持ちがガツガツ上がってくるのでやめておきます








Last updated  2012.04.15 20:44:58
コメント(1) | コメントを書く
2009.06.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
樹が亡くなって、今日でひと月
なんて長い一ヶ月なんでしょう

最近になって、少しずつだけれど
ちょっとリアルに思い出したりすることがあります
あります、というよりも 出来ます と言ったほうが近いかも

まだまだ、しっかり思い出すには
鮮やかすぎて苦しく 出来そうにありません
それでもちゃんと思い出して反芻していないと
忘れることはなくても、褪せて行ってしまうんじゃないか
って、不安になったり


抱っこしたときの感じ
あの重さ
愚図ったときの泣き声
笑い声
寝ているときの、気持ちのいい寝顔や寝息

あれもこれも ずっとずうっと忘れたくはないけれど
きっと忘れないだろうけど、それでもやっぱり褪せて行って
ぼんやりとしかその感じを思い出せなくなるんだろうな、と。



樹に会いたいなぁと 毎日毎日祈るように思っている

でももう会えないんだなぁ

本当かな

もう会えないなんて嘘みたい









Last updated  2009.06.26 23:45:03
コメント(2) | コメントを書く

全1796件 (1796件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.