1812774 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

kaoritalyたる所以

PR

Profile


kaoritaly

Calendar

Archives

January , 2021
December , 2020
November , 2020
October , 2020
September , 2020

Recent Posts

Category

Favorite Blog

雨、雪は降らないみ… New! マサ3574さん

Remote Work Lunch New! Marketplaceさん

風の谷のナウシカは… フェイさんさん

Nipponitesさんの覚書 nipponitesさん
魅惑のイタリアワイン p.p.mackyさん
エピメテウス夢譚 ベッティーニョさん
CUCINA BUONVINA … ノラキチの妻さん

Comments

makipon4220@ Re:さみしいです・・内藤さん。(09/24) 奇しくも白血病でしたね。 まだまだ若いの…
ぱんだしゅりけん@ Re:22日の日記(06/22) ご無沙汰しております。 コメントの確認遅…
王道名なし@ Re:チェルバイオーナ V.D.T(03/30) ご無沙汰してます 私は会社の健康診断が…
shinakun@ Re:チェルバイオーナ V.D.T(03/30) ご無沙汰してますが、なんだか幸せが伝わ…
nipponites@ Re:チェルバイオーナ V.D.T(03/30) お久しぶりです お子さんともどもお元気…
Echezeaux14(石上)@ Re:チェルバイオーナ V.D.T(03/30) ご無沙汰しています。 私も楽天に登録す…

Freepage List

Shopping List

【楽天ブックスならいつでも送料無料】おべんとう (幼児絵本シリーズ) [ 小西英子 ]
コントレックス(CONTREX) / コントレックス 正規輸入品コントレックス 正規輸入品(1.5L*12本入)【コントレックス(CONTREX)】
お~いお茶/おーお茶/緑茶/お茶/濃い茶/ほうじ茶/玄米茶/香ばしいそば茶/ジャスミンティー/烏龍茶/ウーロン茶/むぎ茶/楽天ドリンク屋/伊藤園[sale]伊藤園 お~いお茶 500ml×48本[24本×2箱]選り取り [烏龍茶・緑茶・ほうじ茶・ジャスミン茶・抹茶・麦茶・ルイボスティー・水・エビアン][賞味期限:3ヶ月以上]【4~5営業日以内に出荷】【送料無料】
【安心の米国正規品】 ギフト名入れで世界に一つのギフトに!【26日以降発送】【ギフト名入れ可能】エイデンアンドアネイ おくるみ バラ売り エイデン1枚 春夏秋冬 アフガン ベビー用品 Aden+Anais 2枚 4枚 ベビーギフト 出産準備 出産祝い レディース ブランケット 赤ちゃん ガーゼ エイデン&アネイ 【hs30l】
ペリエ/Perrier/水/炭酸水/発泡水/天然発泡/フランス/ミネラルウォーター/楽天 ドリンク屋[予約販売]【10月19日出荷開始】ペリエ[perrier] ピンクグレープフルーツ 500mlペットボトル×24本 炭酸水 [水・ミネラルウォーター]炭酸入りミネラルウォーター2ケースまで1配送でお届け[税別]

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

January 10, 2007
XML
カテゴリ:映画・VIDEO
今夜は予定通り、犬神家の一族を観てきました。レディース・デーでほとんどが女性、そしてこの日行った三番街シネマは日本語字幕上映の日でした。

1976年のリメイク・・というかほぼ一緒という展開です。ストーリーは言わずもがな、ですが横溝正史の“金田一”探偵推理小説はシリーズがたくさんあるから、yahooの紹介からサクッとコピペ。

1976年に監督を務めた市川崑がリメイクした心理サスペンス。同作から多大な影響を受けたジャパニーズ・ホラーの仕掛け人こと一瀬隆重プロデューサーが、オリジナル版の名コンビである監督と主演の石坂浩二とともに、犬神家一族の血の系譜をめぐる謎に迫る。ヒロイン役の松嶋菜々子をはじめ、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子らオールスターキャストの競演も見もの。

信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛(仲代達矢)は、腹違いの3人の娘とその息子たち、佐兵衛の大恩人の孫娘、野々宮珠世(松嶋菜々子)らを残してこの世を去る。巨額の遺産が一族の争いの元凶となることを予期した法律事務所の若林は金田一耕助(石坂浩二)に調査を依頼するが、ほどなく一族間で次々と殺人事件が発生する。


     犬神家の一族・佐清.jpg


表題に書きましたが、さすがに富司純子が迫力あってよかったですね。尾上菊之助はいいのかどうか、ですが実際の親子で役も親子。あまりこういうのってないけど、そういえば『愛の流刑地』でも寺島しのぶと親子競演しますねぇ~。親子が役を演じあうってどうなんでしょうか。

それはさておき、昔の作品と比べてどう、とかいうのはさんざんいろんなブログなどで語られてると思いますが、当時の演技など覚えてる訳も無く、これはこれでいいのかな、と思います。
ただ、昔見たオドロオドロしい雰囲気は薄れて、心理的に怖いって部分が欠けてましたね。音楽も当時の音楽ですが、現代風に撮影されてて雰囲気と合ってない、とは言いませんが少し違和感がありました。

女優さんたちはそれぞれキレイに撮られてて、嬉しいでしょうね。松坂慶子も万田久子も、そして松島菜々子もそれなりにキレイだったけど、大胆なシーン・・とは言えませんよね。肌もあらわに・・なんて表現を見かけましたが、それは見どころではないでしょう。悪くも無いけど大して良くも無かったな。
主役は石坂浩二と富司純子、って感じがします。

4ヶ月ほどかけて丁寧に撮影されたらしく、風景や“間”などさすがに巧くて、135分の長さを感じない作りではありましたが、「ふーん、こんな感じか~。それなりに良かったね。」というのが見終わった後の正直な感想です。









Last updated  January 11, 2007 02:26:41 AM
コメント(10) | コメントを書く
[映画・VIDEO] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.