612355 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Kapperのブログ

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

これでは。。。@ Re: モバイルUbuntu、NetWalker登場 Kernel コンパイル1編 その106(06/18)  sudo cp arch/arm/boot/zImage /boot/vm…
kapper@ Re:shについて netwalker初心者さん どうやらバージョ…
kapper@ Re:shについて(07/27) netwalker初心者さん コメント誠にありが…
netwalker初心者@ shについて git clone git://github.com/FreeRDP/Free…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

Archives

Nov , 2017
Oct , 2017
Sep , 2017
Aug , 2017
Jul , 2017

Freepage List

Headline News

Feb 27, 2009
XML
カテゴリ:Linux
Kapperです。
今日は最近ちまたで噂になり結構ネタになりました
「見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市」
についてコメントしたいと思います。
賛否両論という所はあると思いますが、
LiunxおよびOSSユーザーから見たらどうなのかという所と
Web管理者からみたらどうなのかという所で考えてみたいなと思います。

元ネタはこちらです。
見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市から学べること
エンドユーザーにとってオープンソースはどんな意味を持つか
電話交換機の更新にあたり電話料金の節約の為、
IP電話化を業者に見積した所経費2億円のシステムが
自前で構築したら820万円で済んだという話です。
あまりに衝撃的なタイトルなので大評判になりました。
記事にもありますが、一般的な見方ですと、

・構築者のスキルがたまたま高かった。
・冗長性、安全性が確保できていないのでは?
・構築者がいなくなるとシステムが継続できない
・安易に価格面を強調すると危険
・コストに人件費がないので比較規準が違う

な所でしょうか。確かに間違っておりません。
システムにちょっとかじった人なら分かると思いますが、
ネットワークシステムのコストというのは、冗長性のあるシステムを
組もうとすればするほどコストが莫大に増加することになります。
個人のサーバならPCにソフト入れればほぼコストゼロかもしれませんが、
例えばYahooやAmazonといった大手商用サイトでは、
365日24時間絶対に不具合は許されないものであります。
(それでも更新やメンテナンスの際には切り替えと再起動する事もあります)
サーバ処理能力、システム管理体制、バックアップ環境、停電電源管理他。
あながち業者の見積も根拠のない数字ではありません。
ただ業者が想定する業界常識とユーザーの要求に隔たりがあるのも事実です。
今回の例ではユーザーが見切りを付けてシステムを構築した例とも言えます。

次にオープンソースサイドから見た視点ですが、
今回のIP電話網構築にAsterisk
を使用したと報告されております。
Kapperは使った事はありませんがGPL2ライセンスで公開されているOSSです。
OSSで有名なのはLinuxやApache、MySQL他があります。
近年のOSSの完成度は計りしれないものがあり、商用ソフトを上回るものもあります。
また商用ベースでも多数運用されており、膨大な実績があります。
それが無償で、個人でも自宅でも使用できるのでどんな高度なシステムも
個人で試したり運用できる様になっているのが現状です。
専門の業者でもなく、ソフト開発屋でなくてもシステムをテスト
運用し勉強および経験をつむのは十分可能となっております。
Kapperも学生時代に大学のネットワークを利用して、
研究室の自前LinuxPCから色々なOSSの実験をしておりました。
あまりにもやりすぎて大学内イントラサーバ、LAN環境を何度も落としたのは
時効となった今となっては良い思い出となっておりますw
情報システム管理者の先生御免なさい。実は犯人は私ですw
あの時はログからIP逆探してばれないか非常にあせりました。
下手したら退学ものですねw
情報システムの研究室みたいに小規模イントラ組んでやればよかったのですが、
学生時代の私にはそこまで場所とお金と時間がありませんでした。
という感じでいくらでも個人で運用できます。

最後に企業側Web管理者、運用側として見た場合の視点ですが、
(Kapperは関係しているだけで別に会社での本職ではありません)
通常は専門知識が無い一般の方が管理者として普通の対象で、
作業は業者に外注するのが通常のやり方でしょうか。
本職のテーマと時間を考えたら、確実で効率が良いのは間違いありません。
ただそれは慣れていない普通の人の場合。
今回のネタ元の中村芳樹氏の様にある程度独自スキルがあり、
かつ関係部署に直接、間接的に携わっている人であれば、
時間を無視すれば業者に頼まなくても自前で構成できる予備知識がある為、
「なんでこんなシステムにこれだけのコストが掛かるんだろう」
と一度や百度は疑問に思うのは間違いないはずです。Kapperも経験があります。
土日に自分で組んでしまえばローコストで済むのに。(遊びなら良いですが)
人件費を考えたらそうもいきませんけどね。
実際複数購買したり面接したり仕様を詰めるだけでも結構手間です。
ただ現在は不況の真っ只中にあり、限りなくコストが追求される時代になったので
全てのケースを物差しに計れる要求がある様になったのは間違いありません。
そういう意味では中村芳樹氏は公共団体での先駆者と言えるでしょう。
(土木作業を業者ではなく事務公務員自前でやるというニュースもありましたね)
もちろん提案して実現した中村芳樹氏の行動力とGOサインを出した上司の方に感服です。
コスト削減、税金の無駄遣い削減と言う意味では時代の意識が既に変わっております。
業者は新しい価値観への意識を変革する必要がありそうですね。

既にITシステムは魔法の箱ではありません。
OSSである限り全てにおいて、誰に対しても広く開かれております。
Slashdotにて中村芳樹氏が今回の事例に対し、直接コメントをしております。
興味深いので是非一度見てみて下さい。
秋田県大館市、Asteriskを導入していた

長文ご清聴ありがとうございました。
それではまた。






Last updated  Feb 28, 2009 11:26:30 AM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.