750489 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Kapperのブログ

PR

Profile


kapper

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

これでは。。。@ Re: モバイルUbuntu、NetWalker登場 Kernel コンパイル1編 その106(06/18)  sudo cp arch/arm/boot/zImage /boot/vm…
kapper@ Re:shについて netwalker初心者さん どうやらバージョ…
kapper@ Re:shについて(07/27) netwalker初心者さん コメント誠にありが…
netwalker初心者@ shについて git clone git://github.com/FreeRDP/Free…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

Archives

May , 2020
Apr , 2020
Mar , 2020
Feb , 2020
Jan , 2020

Freepage List

Headline News

Nov 27, 2010
XML
カテゴリ:モバイル
Kapperです。
今更ながらNetWalkerにメモリ拡張としてSwapを
導入してみましたので今回のネタにします。

●Swapとは
Swapとは使われていないメモリデータをHDDや他のディスクに
一時保存するファイルであり、主にキャッシュやアプリのデータとなります。
一般的にメモリが少なくなった場合に重宝し、
ストレージをメモリ代わりに使用します。
メモリとストレージでは転送速度が大きく異なりますので
メモリの代替使用時には大幅に速度が低下します。
Linuxの場合はSwapが無い場合はアプリを強制終了させる仕様になっておりまして、
メモリを大幅に使用するアプリはSwapが必須で
メモリの少ないLinux ZaurusAndroidの機種ではどうしても必要でした。

NetwalkerではSwapは標準ではありませんが512MBのメモリがあるために
節約して使えば問題ないためSwapは邪道だ、何て思っていました。
ただNetwalkerでLAMPサーバを立てようとおもったら
やはりメモリは必要だと思いましてSwapを作る事にしました。
またSwapがあればハイバネーションが使えます。
サスペンドと異なり電源を完全にOFFに出来ますので、
Shutdownなしに長く電池を使えるのも長所です。

●Netwalker上でのSwap設定
Swapの設定方法は大きく見て二つありまして、

・ストレージにlinux-swapパーティションを作りフォーマットする
・ストレージにswapfileを作成しマウントする

Netwalkerの場合はストレージとして
内臓SSD、USB、MicroSDがありますが、
読み書きの多い関係上SSDは寿命が短くなりますので、
出きるだけUSBかMicroSDを使いましょう。
今回は一例としてMicroSDに作成します。

まずMicroSDをフォーマット、パーティションエディタを使います。
gpartedをインストールします。

 sudo aptitude install gparted

でgpartedをインストールしまして

 sudo gparted

にてパーティションを変更します。
今回は一度vfatを解放しましてext2を使います。
本来はvfatでも良さそうな気がしますがうまくいきませんでしたので変更します。
ext2はWindowsで読み込むのにドライバがいるので不便ですが、
読み書き速度が一応vfatより速いので長所はあります。
ベンチマークは時間が掛かるのでそのうち試します。

でswapfileの作成方法はこちらを参考にしました。
そのままです。

 sudo dd if=/dev/zero of=/media/disk/512Mb.swap bs=1M count=512

本来メモリの1~1.5倍相当が必要なんですけど、
あまり大きなサイズを指定するとものすごい時間がかかります。
で、フォーマットします。

 sudo mkswap /media/disk/512Mb.swap

で、スワップオン。

 sudo swapon /media/disk/512Mb.swap

完了です。
Conkyや cat /proc/meminfoなんかで登録されたはずです。
MicroSDを抜くときは

 sudo swapoff /media/disk/512Mb.swap 

MicroSDを抜かない方は/etc/fstabに登録しても良いかもしれません。
お勧めはしないんですけどね。

●まとめ
MicroSDに複数のパーティションを作成するのがうまくいませんでしたので
今回はSwapFileを作成しました。
Swapを使いますと、メモリの消費量が通常40%以上になった段階で
Firefox等のキャッシュがすこしづつ書き出されていきますが、
動作速度が速くなると言う事は無さそうです。
この比率は/proc/sys/vm/swappinessにて変更できます。
あくまで512MB以上のメモリを使う際のフォローとして考えて下さい。
モバイルする際は節約して使う方が良さそうです。ストレージを使うと電気も食いますし。
Swap速度を高速化するためにはCompcacheとかRAID0とかありますが、
必要があれば是非使って見てください。

残念ながらNetwalkerではext4が使えませんので、
MicroSDの高速化までには至っておりません。
(それでもvfatよりは多少違うかもしれませんが)

あと、RamdiskをChromium-browserなんかでキャッシュに使っている場合は
とっても速くなるので便利ですが、
メモリを結構食いますので要注意。
是非色々試してみましょう。






Last updated  Nov 27, 2010 10:53:22 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.