000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Kapperのブログ

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

日本酒

Dec 20, 2009
XML
カテゴリ:日本酒
Kapperです。
今回は地酒の日本酒、本醸造 決戦関ヶ原
飲んでみましたのでレビューします。
大垣市の三輪酒造の製品ですが、
確実にネーム商品ですねw

○本醸造とは
本醸造酒とは日本酒成分にアルコール成分を
加えて割ったものであり、アルコール濃度を保持したまま
風味を変化させている日本酒を指します。
通常日本酒の辛さを調整し味を丸くしたお酒が多いです。
あっさりした反面風味や日本酒の純度が落ちておりまして、
安酒特有のねっとりした辛味が残っておるものが多いです。
違う表現を使えば焼酎をロックで割った様な感じでしょうか。
ただそこまで水っぽくはなりませんが。

○本醸造 決戦関ヶ原
あきらかに宣伝用ネームの商品ですw
この三輪酒造さんは"白川郷"のにごり酒ブランドで有名ですが、
実際の工場は大垣市街中であり白川郷とは多分関係ありませんw
味そのものはごく普通の本醸造酒といった感じで
丸めの前味に特有の辛味が混ざりまして、後味が残らないタイプです。
においや風味も特になく、あっさり気味です。
まあ一般的な飲み屋の"日本酒"グレードに近い物がありますが、
あれよりあっさりして丸めです。

確かに吟醸酒に比べば質は落ちますが、
オーソドックスで飲みやすい日本酒と言えるでしょう。
(明らかにネームしか見られないと思いますが)
機会があれば是非どうぞ。






Last updated  Dec 20, 2009 10:55:37 PM
コメント(2) | コメントを書く


Nov 23, 2009
カテゴリ:日本酒
Kapperです。
先日の京都旅行の際にネタ用のお酒を買ってきました。
有名ブランドの月桂冠です。

●月桂冠
月桂冠とは京都にある日本での伝統的な大手老舗メーカーで
酒造機械化、大規模量産化に成功し、安価でそこそこの日本酒を
大量生産し普及につとめた大手です。現在シェア2位です。
CMをバンバンやり、コンビニやスーパーにも大量納品しておりますので
国内外の知名度抜群の代表メーカーになります。

戦後に三倍醸造とかアルコール使っての水増しとか発酵促成を行い
安価な合成酒、日本酒を供給していた経緯より
知名度に反しマズイ日本酒のブランド代名詞と呼ばれてしまいました。
(月桂冠だけに限らず全ての酒造が当時生産しておりました)
その為現代における日本酒離れに繋がり、
大手ゆえに戦犯として名指しで呼ばれる悲しい定めとなっております。
日本酒好きでも月桂冠を避ける方は実は多数いるのが現実です。
確かに安価なグレードは美味しくないですが、
毛嫌いせず色々な日本酒を飲んで見て下さい。

●月桂冠 鳳麟 純米大吟醸
鳳麟純米大吟醸とは月桂冠の誇る
最高グレード品の純米大吟醸酒です。

最初にあっさりとしたフルーティー感のあり、
その後じわっと僅かな辛味を残して、後味一切なし。
うーん、いけるね。
同じ大吟醸酒でも前の覚眠森水酒の透明感とは別のジャンルですね。
美濃紅梅に近い味です。あちらの方がフルーティー感が強く辛味が少ないので
鳳麟はより日本酒を飲んでる感じはしますね。
あっさり大吟醸酒に飽きた方にはスパイスが残って良いかもしれません。
お勧めです。

 酒造好適米の「山田錦」と「五百万石」を精米歩合50%まで磨いて使用し、
 低温でじっくりと発酵させました。
 華やかな吟醸香となめらかな味わいが特徴の純米大吟醸酒です。


水が悪く京都製の機械工場製品とは言え悪くない出来です。
月桂冠だからと言って毛嫌いせず飲んでみては如何でしょうか。
それではまた。






Last updated  Nov 24, 2009 12:06:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 15, 2009
カテゴリ:日本酒
Kapperです。
実は日本酒大好きKapperですが、
最近はあまりブログのネタにはしておりませんね。
今回は地酒としまして、大垣市の渡辺酒造醸の
覚眠 森水酒をご紹介します。

○最近いきさつ
営業職に移ってから昔から日本酒飲みとして
飲んべえとかしているKapperですが、
出張時で現地で調達する吟醸酒がKapperの
心の癒しになっているのも事実ですw
ブログでご紹介する機会も(面倒なのでw
少なくなっていたのですが、
こちらのニコニコ動画に触発されてみました。
いやー、日本酒って良いですねw
高山行ったときのやつとか、新潟行ったときのやつとか
ブログ用に買っておきながらまだ開封もしておりませんがw

○覚眠 森水酒れびゅー
こいつは地元の百貨店で買いました地酒です。
以前レビューしました美濃紅梅の武内合資会社とは異なり
今回は渡邊酒造醸のお酒になります。

ごく。
おーーーーーー。

アルコール度が15%と低くない割りに
ミネラルウォーターを飲む位にあっさりとした口当たりと
透明感のある味を持つ非常に美味しいお酒です。
というか透明感ありすぎてまさに"水"。
あっさりなのでフルーティー感は美濃紅梅の方が上です。
日本酒に抵抗感のある方や女性にもお勧めです。
後味があっさりなので人を良い潰す時にも万全ですw
辛党や通の人にはあっさりすぎて物足りないかもしれませんね。
味の濃い肉料理とかに良く合うかもしれません。

 口に含むとほのかな甘さを感じ、
 のどを過ぎると心地よい辛さに変わる。
 のど越しの良い、香り高いお酒です。

とはHPにありますがよく言ったものです。まさに森水酒とはその通りですね。
    _、_
  ( ,_ノ` )   n
  ̄     \ ( E) グッジョブ!!

水が良い地方の日本酒は本当に美味しいですね。
岐阜県なら特に高山でしょうかw
是非また高山に行って日本酒のみたいですねw
それではまた。






Last updated  Nov 15, 2009 09:38:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 8, 2009
カテゴリ:日本酒
Kapperです。
世間で色々とネタになっている対馬について
最近非常に景気が悪いニュースが出ており、
ネタ代わりに何か名産品でもないかなと思い
手頃な対馬地元焼酎を買ってみました。

・対馬の特産品
対馬の特産品は主に海産品でひじき、うに、干物等が主です。
長崎のカステラの影響か、かすまきというお菓子もあります。
一人暮らしがこんな物買っても仕方がないので、
他の物を探していたら地酒として焼酎が一つありました。
これなら長持ちするだろうし困らないだろうと思い、
さほど酒飲みではないKapperですが通販で発注してみました。
特殊な物以外なら実は福岡の空港で買えてしまいますので、
そちらで購入しても良いかもしれません。(やまねこがあるかは忘れました)
楽天通販「対馬」

・焼酎 やまねこの感想
この焼酎は米と麦をブレンドしている品種で、アルコール濃度は25%です。
感想としてはストレートで飲むと最初に
独特の辛さが結構出た後に後味すっきりの飲み応えです。
焼酎の辛みが合わない人には難点かもしれませんが、
こいつの本筋はお湯割りで飲んだときにあります。
辛さがまろやかになり、適度なアルコール濃度を維持しながら
後味もスッキリで甘味もあり飲み応えがあります。
九州本場の焼酎と比較すると好みが分かれるかもしれませんが、
是非一度試してみてくださいな。
対馬 やまねこ


中部から対馬は沖縄や北海道よりも遠いので
観光等には非常に不便で往来する機会は殆ど無いかもしれませんが、
ネット社会の発達により各地の雰囲気を
可能な限り様々な手段で楽しめる様になりました。
Kapperも旅行や楽しみ方の幅を広げるべく、通販に勤しみますw

それではまた。






Last updated  Feb 8, 2009 08:56:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 14, 2008
カテゴリ:日本酒
こんばんは。Kapperです。
今日はBlog書き込み2連荘ですw
最近Kapperは各地名産ものがマイブームで
とりあえず身近にあるものから変わった物まで
試食してみようかなと思っております。

最近周りの影響からか酒飲みになりつつあるKapperですが、
たまには変わった物が無いかと思いますがアルコールに強くないので
飲みやすそうな地元の日本酒を物色していたら、
名産品コーナーで武内合資会社の「美濃紅梅 大吟醸」
武内合資会社
というのを見つけましたので買って試しに飲んでみました。

なんじゃこりゃーw
ちょっとちょっと凄いよこれw

アルコール度が16%と低くない割りに
ミネラルウォーターを飲む位にあっさりとした口当たりと
フルーティな香りと淡麗な味を持つ非常に美味しいお酒です。
ネットでのニュースによると全国新酒鑑評会で
金賞に輝いた清酒で現在一般販売されている様です。
やや辛口だが、口に含むとやわらかく、
すっきりした味わいで、女性にも好評だそうです。
毎日新聞 郷土記事
こんな物を飲んでたら他の安酒は飲めなくなりますw
先日会社の方と飲み屋で飲んでた際の日本酒は
ごく普通のお酒でこれと比較したら正直美味しくないと感じました。
飲み屋には置いていませんので家でひっそりと飲んでおります。
Kapperは酒豪ではありませんが、またお酒の量が増えそうですw

岐阜県の酒屋でもネットでも購入できますので、
あっさり風の日本酒が好きな方は是非試してみて下さいね。






Last updated  Sep 15, 2008 12:11:25 AM
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.