000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Kapperのブログ

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

旅行

May 29, 2011
XML
カテゴリ:旅行
Kapperです。
もうすっかり桜も枯れて1ヶ月以上経ってしまいましたがw
奈良公園に修学旅行ぶりに桜旅行に行ってきましたので
今更ながらネタにします。
奈良は交通立地上で東海圏の人間からはなかなか行きにくい所にありますが、
近鉄なりJRなり車なりで山越えして行けばよいかと思います。

●奈良公園とは
奈良公園は鹿と大仏で有名な奈良駅近隣の大公園で、
公園敷地、お寺、神社、正倉院他の歴史建造物を含めるとたいそう豪華な地域です。
もちろん一度は行ったことがある鹿の公園放し飼いも有名で、
全国は勿論、海外からの観光客も多数見られる観光名所です。

奈良公園にも多数の桜が植えてありまして、桜の名所でもあります。
観光客も結構訪れる良い所です。

●奈良公園の桜と鹿
奈良駅から徒歩かバスで直ぐ側にある奈良公園につきますと、
当然いきなり鹿の大群に出くわします。
公園には放し飼いの鹿が多数いまして、餌をたかりに来ます。
で、公園内には鹿のフンの山。臭いますw
近寄ってきてどついてきますので、鉄山靠かましたくなります。ウザイw
見た目以上にこいつらでかくて肉厚ありますので
周辺には桜が満開で美しいです。
勿論公園中心部に沢山桜が植えてありますので、のんびり探索してみて下さい。
ビール片手にノンビリ桜を楽しむと良いかとw
まあ公園内には恐怖の鹿の糞がありますので地面に座ったり寝転がったりは出来ませんがw

また公園の周辺に鹿せんべい売りのオバチャンがいます。
が、不思議と鹿が近づきません。攻撃して追い払っている様ですw
運が良ければ鹿せんべい売りのオバチャンとバトルが見れるかもしれません。
これが奈良公園の醍醐味ですw

●東大寺
大仏で有名な東大寺も密かに上品に桜が植えておりまして、
優良スポットとしてみなさん桜を楽しんでいかれます。
流石に京都の名所程では無いかもしれませんが。
大仏はぐるりと回って一周、数分w

●5重の塔


●春日大社


●市街地
近鉄奈良駅周辺は典型的な観光地の市街地で
商店街が異彩を放っておりますw
京都の新京極にわずかに似ていますでしょうか、オバチャンばかりですけどw
ここも一応奈良の良スポットです。


●まとめ
奈良なぞ交通の便の関係上めったに来る機会がありませんが、
思ったより楽しめました。
京都の様な都市全体が観光地な所と比べると規模は非常に小さいんですけど。
リニアが何十年後かに開通したら結構観光客が来るはずですw
桜も美しかったし、もし近かったら良かったな。
関西人からみたら良い観光地かもしれませんが。






Last updated  May 29, 2011 10:42:17 AM
コメント(0) | コメントを書く


Feb 13, 2011
カテゴリ:旅行
Kapperです。
今回はB級スポットネタとして、東映太秦映画村に行ってきました。
これも京都の一大観光地の一つですが、B級的なノリでOKでしょうw


●東映太秦映画村とは
誰もが修学旅行に1回位は行ったことのある名所。
東映のアニメ展示会もとい映画博物館ですw
主に時代劇の展示や実演、ショーを中心として、
多数のイベントを揃えているアミューズメントパーク。
長年の経営にて流石にネタの陳腐化が避けられないのか、
毎年の様に設備投資をしておりまして、更新しております。
今回行った時には忍者屋敷を作っておりましたw

Kapperの修学旅行は小学生の頃でしょうか、
既に全く当時を覚えておりませんw
どんな構造だったかも思い出せません。
是非ネタとして行ってみましょう。

●館内概要
入館に大人一人の入場料2,200円です。高すぎるわw
内部には家族客とカップル、老年層が殆どで
これだけ観光客の多い京都で意外にも欧米人やアジア系の方々は殆どいません。
多分観光ガイドブックに載っていないんでしょう。
宣伝営業頑張ってやりましょうねw



中に入ると食堂、購買、2階室内展示物の本館と、
野外の江戸時代オープンセット、映画博物館が主です。
いきなり東映アニメフルセットのポスター展示w
いやーこんなのあったけー、思い出せないなー、という感覚でしょうねw
多分、中学生や高校生の時に修学旅行に行った方々は
もっと鮮明に覚えているんでしょうけども。
まあ修学旅行は1時間前後でさっと入って出る程度でしょうから。
とは言え長時間ゆっくり見るモノがあるかどうかは各自のご判断w



●江戸時代時代劇オープンセット広場
ここは時代劇の名所、日本橋や街並みセット、舞台所やお化け屋敷がメイン。
結構覚えている人も多いのではないでしょうか?
恐竜のセットや大岡越前の舞台セット、新撰組セットまであります。
川には鯉が沢山泳いでおります。





もちろんお土産屋や食堂もありまして休憩も問題なく出来ます。
また1回2,000円で暴れん坊将軍の馬に乗って撮影もできます。
時代劇セットのコスプレも予約制ですがOKw
ビール片手に時代劇をヲチしては如何でしょうかw
ここでは広場で忍者アトラクションや漫才、殺陣のショーが楽しめますよ。















まあマイナス面としては設備が埃まみれで汚い。
使わない小道具が雑然に積み上げられておりまして、
単純に掃除された痕跡が全くありませんのが目につきます。
アミューズメントパークなんだから、しっかり5Sはやるべし。
論外です。

●本館2階展示室
本館2階展示室は実質東映アニメ展示室ですw
「戦隊シリーズ」「ふたりはプリキュア」などの実物スケールモデルが
多数展示されております。ハッキリいってその手の趣味の無い方は
Kapperみたいに引くかもしれませんけどw





●寺子屋、特設場
別館に寺子屋実演場がありまして、本日は休みでしたが
「忍たま乱太郎」特設展示会場になっておりました。
アニメでも映画でもやっていましたよね。
子供に大人気です。

●東映映画歴史観
歴代の映画、監督、役者さんの展示物があるのがここです。
明治、戦前の頃からの記録が残っております。
当時の状況をフィギュアや写真にて多数観察できます。
まあ、戦前戦後は時代劇、昭和後半は任侠ヤクザ映画が主流で
平成に入りアニメ映画やドラマが時代と共に多数占める様になっております。
映画マニア必須の地区です。


●まとめ
東映の時代劇、ヤクザ映画が人気のあったのはすでに過去の話。
いまはドラマものやアニメに独占されておりまして、
既に斜陽。
アトラクションも人気の陰りが見えましたね。
自前の映画ネタにこだわらずアトラクションとして生きていくのかもしれませんね。








Last updated  Feb 14, 2011 02:51:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 10, 2011
カテゴリ:旅行
Kapperです。
今日は岐阜では有名な”おちょぼさん”こと
千代保稲荷神社に初詣参拝してきました。
そのネタをブログのネタにします。

●千代保稲荷神社とは
千代保稲荷神社とは南濃の岐阜県海津市にあります神社で
商売繁盛・家内安全のご利益がある神社とされております。
商売の神様なので個人商店から営業マンまであやかりに
かなりの広範囲の参拝客があります。観光名所です。
月末や初詣にはかなりの参拝客があり、
もちろん商売人のKapperもあやかりに参拝しにいきました。
今年は仕事の都合で個人参拝です。

●おちょぼさん本殿
もちろん稲荷さんなので狐の神様です。
そらもう沢山の狐様ですw



本殿には参拝所の他に蝋燭立て、名刺入れがありまして、
神社内には美術館もあります。
商売の神様なのでご利益を預かりに名刺を奉納する方が多数います。
連日かなりの人だかりです。
元旦からかなり日が経ってますが昼間から行列を作っております。
あいかわらず凄い人気ぶりです。



●おちょぼさん商店街名物
おちょぼさん商店街には観光客目当ての
多数の露店、商店街がありまして連日賑わっております。
TVやネットでも度々紹介されておりまして、
至る所に”TVで紹介”の張り紙がしておりますw
そらもう物凄い人だかりです。スーツ姿のサラリーマンも結構います。



名物は串揚げでしょうか。
どて煮、えび、肉など多数の串揚げを揚げたてそのまま
すぐに食べれて後払いです。揚げたては美味しいですよ。
1本100円なので気にせずバクバク食べれますw
昔は1店舗しかなかったのにTVで紹介されてからは、
至る所に串焼き屋が増えておりますw
すでに観光名所ですね。




あとは佃煮屋ですが名物いなごの佃煮が一箱500円で買えますw
小型のいなごですが間違いなくあのいなごですw
今でも売ってるんですね。是非買ってみましょうw



最後にはなまずの蒲焼でしょうねw
ええと、ここでは最大丸ごと一匹のなまずの蒲焼が食べられます。
一匹3,000~5,000円でしょうかw
なかなか見かけませんよねw
先ほどの串焼きでお腹が一杯でしたので、
Kapperは残念ながらご遠慮させて頂きましたw
ネタとしては最高に面白いかもしれませんがw




とまあこんな感じでぐるりと参拝。
本当はこういうかっこいい写真を撮るべきでしょうが、
そこはKapperならではと言う事でご愛嬌w
交通不便な場所にありますが、
是非観光にでも遊びに来ては如何でしょうか。
それではまた。






Last updated  Jan 10, 2011 09:17:06 PM
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.