1080259 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からまつそう

『境界線』(☆mam様から)

我が家の50000打のお祝いに☆mam様がDARKER THAN BLACK-黒の契約者-の李のお話を書いてくださいました!
ありがとうございます!
他にもたくさん素敵なお話(二次作品は素敵だし、オリジナルが秀逸!)を書いておられる☆mam様の「よろず屋の猫」様はこちらです。



『境界線』


すずめの鳴き声で眼が覚める。
朝と言うには遅い時間の光が部屋を包んでいる。
車や電車の音が遠くからであるかのように響いている。
古い住宅地のこのアパートではそれらはいつも人の話し声に紛れてしまう。

外階段を下りると管理人のおばあさんがいて、「おはよう。」と声をかけてくる。
だから僕は「おはよう。」と挨拶を返す。
いつものように指定日を守らないゴミ出しとか、そのゴミを荒らす黒猫の文句を言うおばあさん。
だから僕は笑って「困りますねぇ。」と言う。
シャッシャッシャッとおばあさんが小さな庭を箒で掃く音。
「言ってきます。」と僕が言うと、庭から顔を上げ、笑顔で「行ってらっしゃい。」とおばあさんは言う。

道行く人とすれ違う。
携帯に夢中の者、目的地に向かって一心に歩く者、バギーを押す母親。
時々見かける女の子がペコリと頭を下げる。
だから僕もペコリと頭を下げる。

つま先に石ころがあたり、それがころがる。
電信柱にぶつかり、跳ね返って止まる。
空が青くて、風が吹いて、わずかばかりの木々の緑を揺らす。
サワサワと立ったその音が、幹線道路からの車のクラクションにかき消される。

よく行くラーメン屋に入ると、お店の女の子が「いらっしゃい。」と元気に言う。
だから僕は「こんにちわ。」と言う。
テーブルの上に水の入ったコップ。
ありふれた業務用の物だけれど、きれいに洗われ、中の水は冷たい。
注文をすると、彼女は眼をぐるりと回す。
「そんなに食べるの?。」とでも言うような、いつものリアクション。
だから僕も、いつもの様に少し恥ずかしそうに笑ってみせる。

いつものラーメン、いつもの麺の茹で加減、いつものスープの熱さ。

「ごちそう様。」とテーブルにお金を置くと、彼女は「ありがとうございます。」とまた元気な声。
そして「またどうぞ。」といつもの様に僕を送り出す。

公園で男達が待っている。
ハンチング帽をかぶった男はベンチに座り、不機嫌そうに新聞を読んでいる。
その横に黒猫。
彼らの方に足を踏み出した瞬間、陽が翳った錯覚に陥る。
振り向いて見たラーメン屋には、昼の光が降り注いでいると言うのに。

光と影の境界線。
それを越え、僕は彼らに近付く。
背中には今も続いている日常、今そこに僕だけが居ない。

だから僕は・・・。

だからオレは仮面を被る。
黒の闇で戦うときはいつも・・・。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.