1186395 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からまつそう

PR

サイド自由欄

日記/記事の投稿

コメント新着

mkd5569@ Re:春生まれのアゲハ(07/04) おはようございます。 11月のご挨拶 ア…
わに庭@ Re:春生まれのアゲハ(07/04) すっかりご無沙汰してますが、お元気です…
mkd5569@ Re:ニキビ治療で皮膚科に通う娘のために…(03/21) おはようございます。 マスクをしていると…
yamahusa@ Re[1]:アゲハ蛹(09/23) 藍麦。さん いえいえ、お気になさらず。 …
藍麦。@ Re:アゲハ蛹(09/23) あららごめんなさい。 >小さいのでも…

お気に入りブログ

「あつまれどうぶつ… New! mkd5569さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
よろず屋の猫 ☆mamさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

バックナンバー

2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

2007年08月01日
XML
カテゴリ:アニメ
天蓋付きのベッドに眠るルル=ベル。せっかく二手に分けたのだからどちらかでも殺しに行こうと扇娘。
目をこすり、手を舐め、まだ確証が足りないとやる気のないルル=ベル。仕草は猫のままですね。
失敗したらご主人は褒めてくれない。まずはシャワーを浴びる。

深い谷かかるつり橋を渡る二人。「どこ行くんですか?」とこわごわ追いかける扇娘。
渡り終わり橋を振り返り「最後かな」
そして向かう先にある女戦士?の石像。目を閉じたまま「見つけた」

深い谷底を歩くアレンとクロウリー。距離のためか谷の深さのためか無線ゴーレムに電波が届かない。
谷を抜ければ電波が届くだろうと歩く二人。
腹ぺこの二人。狭い足元のすぐ下は崖。さすがに「助けて欲しいである!」と声に出してしまうクロウリー。
ともかくこの谷を抜けないとと言うアレン。落ちそうになって抱き合って危なっかしい二人。
と、先を進むと見えてきた村。
村に続く道。谷を渡る道を聞いて出来れば食べ物を貰ってと落ち着きを取り戻す二人。

その時、犬を連れたセリムという若者が村人たちに石像をどこにやったと問い詰められていた。
やってないと主張するセリムだが証拠がない。好きなようにしろと今にも殺されかねない雰囲気。
セリムが背にする壁の覗き穴から見ていたアレンとクロウリー。
村人に見つかった二人は、旅の途中で道を教えて欲しい、出来れば食べ物もと申し出ますが、アレンの目の前に立つ村人はアクマ。

アクマですねと言った瞬間、アクマの姿を取る村人。アレンとクロウリーがすぐに倒すが、アクマと二人の姿に驚いた村人は逃げてしまう。
「あんたたちは?」とセリム。
と、逃げたと思われた村人が手に手に武器を持って化け物を倒せ~とやってくる。

ようやく食べ物にありつけるかと思っていたクロウリーのガックリした顔。今は逃げようと逃げる二人。ついてくるセリム。
村の入口から出ていくと深追いはするなと止まる村人たち。村人たちから隠れるように見ている少女。

村の様子を見ている扇娘。作戦成功と喜びますが早々いうものではないとルル=ベル。ちらと見えるその姿、先ほどの石像に似ているようです。

たき火で暖を取るアレン、クロウリー、セリム。石像が動いたのを見たとセリム。
流れもので嘘ばかり付いているため誰も信じてくれないが・・・

昨夜、山で狩りをして遅くに村に戻ったセリム。唸る愛犬にどうしたと声をかけるセリム。
セリムらの前から現れ、通り過ぎて歩いて行く石像。
山に入り、月に剣をきらめかせながら樹木を断ち切る石像。

アレンにその切り株を見せるセリム。普通の人なら信じないが・・・とアレン。
奇怪現象にアクマ。つまり・・・とアレンが説明しようとすると何かに気付いたクロウリーが何者だ?と腕を掴む。
女の悲鳴。
それは村にいてセリムの話を聞こうとしていた娘・カティア。娘の腕を失礼!と放すクロウリー。

食事を持ってきてくれたカティア。お肉はまだありますのでの言葉にもぐもぐしながらうまいである、ありがとうございますと答えるクロウリーとアレン。食べ物にありつけて良かったね。

村長の娘カティア。おせっかいな女だとそっぽを向くセリム。

石像は村の守り神。石像がある限り村は平和に保たれると考えられていたのに無くなってしまったため村人たちは皆不安になっている。
たまたま目撃したセリムに責任を押し付けてしまっているとカティア。
俺の話を信じてくれているのか?とセリム。いつでも信じている、あなたは悪い人じゃないとカティア。
新参者のセリムは村人たちからまだ信頼されていないだけ。

アレンたちに来村の理由を尋ねるカティア。

谷の向こうに渡って山を越えたいとアレン。
それなら村を抜けてつり橋を渡れば直ぐに山を越せるとセリム。

道がわかり喜ぶアレンとクロウリーですが、今はまず、イノセンスの可能性がある奇怪現象(動く石像)を調べなければ・・・村にアクマもいた。

イノセンス?とセリム。
奇怪現象を起こすとされている重要なものと説明するアレン。
セリムに掛けられた疑いを晴らしてくれとカティア。
「任せるである。食事のお礼はするである」とクロウリー。

セリムに教えられ石像が通って行った道を辿る四人と一匹。
この先は危険、アクマが出る可能性があるとクロウリー。
この岩山は道が入り組んでいるため生れたものが一緒でないと辿りつけない、もし石像を見つければ村人に信じてもらえるかもしれないとセリム。
戦いになったら必ず下がっていてくださいとアレン。
セリムの先導で進むアレンとクロウリー。カティアは?一人置いていくのは危険では?

三人の進む様子を見て嗤う扇娘。「始まりましたね」

一方、ファインダーが御す馬車の中で横たわるリナリーと向かいで見守るラビ。
急ぎブックマンのもとへ向い、治療してもらわねば・・・
ごめんなさいと言うリナリー、かなりしんどそう。
アレンらと連絡が取れたか尋ねるリナリー。このあたりは山が多く無線ゴーレムが使えないとラビ。
心配するリナリー。
「二人はいっしょだろうから大丈夫さ。今頃おなかすいた~とか泣いてそうだけど」
ようやく笑顔を見せるリナリー。
「とにかく早く身体を直してアレンたちと合流するさ」とラビ。

岩山を上るアレンたち。
と、下方で何かに気付くクロウリー。歩く石像が・・・石像を追う三人。
石像が向かった先は古代遺跡。中は広く神殿のようになっているとセリム。

それを確認する扇娘はたくさんのアクマを呼ぶ。

石像を見つめるルル=ベルと扇娘。
もし、伝説の石像が動いたら・・・普通は信じられないものだが、そうは思わない連中がいる。エクソシスト。
服を脱ぎ手で触れるルル=ベル。と身体が光に包まれ「イノセンスを求めるが故に必ずこの罠にかかるとルル=ベル。
と、石像に姿を変えるルル=ベル。後は・・・お任せくださいと扇娘。

ルル=ベルからの指示を待つ扇娘。

石像だらけの遺跡の中、目的の石像を見つけるセリム。壁をよじ登って近づくアレン。
待ち受ける石像・ルル=ベル。手に持つ剣が光る!

それを合図にアクマ達を突入させる扇娘。次々崩れる遺跡。
アレンに危険を知らせる犬。
と、石像の剣がアレンに切りかかるが・・・咄嗟に飛び退るアレン。
せっかくのチャンスをとルル=ベル。扇娘がアクマを送り出す。

満腹にさせてもらおう!牙をむきアクマに襲いかかるクロウリー。毎度のこと乍、腹も満たされ一石二鳥。
クロウリーを狙うアクマも下からアレンが応戦。「助かる!アレン」礼を言うクロウリー。

次々倒れてくる石像を薙ぎ倒すアレン。今度はあやしい石像が直接襲いかかる。
尻餅をつくように倒れたが振り下ろされるアレン。大丈夫か?今度は後ろからクロウリーが助っ人!

アクマの攻撃を避けるアレンたち。

突然剣を取り落とし、「止めた」とこの場を立ち去ろうするルル=ベル。どうしたんですか?
とあわてる扇娘。
これ以上たっても仕方ない。帰ると・・・急ぎ退却を命じる。つい猫みたいと口に出す扇娘。

へたり込むアレン。敵が逃げていくとクロウリー。

そこへ駆けつけるセリム。石像が見つかったようです。松明の光の中浮かび上がったのは先ほどの女。

本物だと喜ぶセリム。これで村も再び参加できるようです!

石像が戻った村。花で飾られた石像を真ん中にお祭り騒ぎな村。
一人、壁にもたれ眺めているセリム。セリムに手を差し出すカティア。手を掴み立ち上がるセリム。
村は石像と共に平静を取り戻し、新しい仲間を迎えいれた。

何故やつらは攻めるのを辞めたのか?疑問に思うクロウリー。
倒せないと思ったのか?石像を使って罠まで仕掛けたのにとアレン。
しかし今は先を急がねば。橋を見つけ渡ろうとするアレン。ここを渡って山を越えればリナリーらと無線で通じるはず。
その時橋の上から黒猫が・・・と同時に橋が爆破。
愕然とするアレンたち。

作戦は失敗したが足止めは出来たと扇娘。扇娘の胸に抱かれる黒猫。

次回、「鉄扇の侍女」
次回はリナリーとラビが狙われるようです。リナリーを抱えて逃げるラビが!
何かがラビに刺さってます。痛々しい!



黒猫と扇娘。何故に一緒に攻撃しないのでしょうか?
たくさんのアクマを引き連れているとはいえ、アクマらと同時に攻撃したら良いのにと思いました。
特に黒猫さん、アレンは殺れた筈!敵ながらもどかしいなあ。
ここまでやっといて逃げて次回はリナリーとラビを追い詰めるようですが・・・
それこそ二兎追うものは…って奴だと思いますよ。

 原作はぼちぼち決着がつくのか?お休みも多いけど作品が良くなるのでしたら待ちますわ。






最終更新日  2007年08月01日 16時49分52秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.