1206605 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からまつそう

PR

サイド自由欄

日記/記事の投稿

コメント新着

mkd5569@ Re:春生まれのアゲハ(07/04) おはようございます。 11月のご挨拶 ア…
わに庭@ Re:春生まれのアゲハ(07/04) すっかりご無沙汰してますが、お元気です…
mkd5569@ Re:ニキビ治療で皮膚科に通う娘のために…(03/21) おはようございます。 マスクをしていると…
yamahusa@ Re[1]:アゲハ蛹(09/23) 藍麦。さん いえいえ、お気になさらず。 …
藍麦。@ Re:アゲハ蛹(09/23) あららごめんなさい。 >小さいのでも…

お気に入りブログ

「あつまれどうぶつ… mkd5569さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
よろず屋の猫 ☆mamさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

バックナンバー

2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

2007年08月22日
XML
カテゴリ:アニメ
二話分ですので簡単に。第18話 「ライバルは和音王子だしー」は見逃してしまいました。

毒りんご姫には笑えましたが、展開は決して明るくないですね。

みっちーの指輪に反応する烏丸の指輪。指輪を持っていても今は神化できないみっちー。
しかし烏丸の推測では恐ろしいほど大きな力を持つようです。
腹痛を起こすかりん。せっかく姫の役なのに・・・代役には・・・セリフを覚えているからってねえ。
その上、神化のダメージが大きい和音。それに伴い姫香の具合も良くないようです。
神化して舞台上のみっちーに近づく烏丸。神化した状態は他の人には見えないとは知りませんでした。
黒髪和音君が神化して烏丸を止めようとしますが・・・
薬も効き、舞台が気になり保健室を抜け出して舞台の袖に戻ってきていたかりんですが、ゆうきくんに代わったときに衣装ごと指輪を渡してしまっていたようです。
急に具合が悪くなってきた姫香に代わり指輪を取り戻しに舞台へ。姫香のセリフも覚えていたようですね。
何とかゆうきに近づき指輪を取り戻すかりんも神化。急に消えたかりんを演出だと思う観客。
しかし今日の烏丸は和音らを襲いに来たというよりはみっちーへの注意を喚起しにきたように見えました。
舞台はシナリオとは一部変わってしまいましたし、神化のダメージで今にも倒れそうな和音ですが、何とか感動のラストシーン。

現実の世界と一致するセリフに不安を覚えるかりん。姫香もきっと。

滂沱の涙な烏丸キリオ。結構、感動屋さんなのね。
キリオと霧火に手をつながれて帰って行く妃路に気がつくかりん。学園祭の時に会ったあの子がもう一人のひめか。

二人のひめかが元気に存在することは許されないのでしょうか?

神化のダメージを回復させるために薬液の入った水槽の中にいる和音。
こんな設備、かりんたちは知っているのでしょうか?
まだまだ浸かってなければと止めるカズサを遮り出て行ってしまう和音。

心配するかりんは鍋を作っていましたが・・・ウナギ鍋は良しとしても、怪しいものが入りすぎです。

姫香が寝込んでいることを聞き姫香のもとに飛んで行く和音。
自分が頑張らねばと思うと同時に、姫香に対しては常に優しい態度の和音に複雑な思いを抱くかりん。

姫香が寝込んでいるのは和音・かりんの力と烏丸の力のバランスが崩れたためと考える和音はみっちーを取り込もうとします。

かりんと二人みっちーにどう切り出すか考えますが・・・かりんちゃん相変わらず妄想し過ぎです。
和音はみっちーが和音の父を尊敬していることから演劇の時のように黒髪に染めて父に似せよう(そして揺さぶりをかけよう)と考えていたようです。

そうするまでもなく意外とあっさりみっちーを取り込むことに成功する和音。
かりんが帰宅するとなんとみっちーも一緒に住むことになってました。うれしそうに抱きつくみっちー。

姫香を救うためにも力を貸すとみっちー。
しかしみっちー、神化についてかりんに随分しつこく聞いています。
同居の目的は実は神化?

しかしそれにくぎを刺すようにみっちーに父の部屋を使うよう鍵を渡す和音。
あれほど憧れていた教授なのにどうしてもドアノブが回せないみっちー。
そこでみっちーと和音の父九条教授との関係が語られます。

和音の父と一緒に研究をしていたみっちーの両親。突然の事故で亡くしているのですね。
日本にいた祖母は入院中。自分を引き取り、両親のない悲しみから救ってくれた教授。人生までくれた。
指輪を託し消えてしまった教授。教授を探すうちにかりんや和音と出会ったみっちー。
いつものおどけたみっちーもひとりぼっちは寂しかったようですね。
部屋にようやく足を踏み入れるみっちーの背中がとても寂しそうでした。

それにしても、お金には不自由してなさそうですが指輪の持ち主とひめかたちは皆、両親がいないのねえ。

みっちーの歓迎会をかねた夕食。姫香ちゃんも参加。
かりんの作ったウナギのグラタン?真っ黒焦げ!?
喜んで食べるみっちー。負けじと?一口和音君ですが・・・駄目だったようです。すごい破壊力です。

一皿平らげるみっちーにお代わりを頼まれたかりん、かりんが台所に行くと、みっちー気絶。我慢してた?それとも・・・

台所で水を飲む和音ですが様子がおかしいです。

やってきたかりんにみっちーとキスをしたことを問い詰める和音。
そして・・・抱擁・・・キス。
毎度、かりんちゃん、ガード甘すぎ。年頃のお嬢さんなんだから気をつけないと。

二話続けて見ましたが、みっちーの持つ力はまだこれからのお楽しみのようですね。
和音も姫香もあまり大丈夫でなさそうなのが心配なところですが・・・

かりんたちの劇の最後を見て、意外にも涙、涙で感動しているキリオが良いです。
妃路のことがあるから手段を選ばぬ攻撃をしてくるときは厄介な奴ですが、彼もまた彼なりに無理をしているのでしょうね、霧火のように。

みっちーが一応かりんたちの仲間になったようですがみっちーも和音も本音を明かさないのでどうなるか疑問です。かりんも肝心なことを言いそびれていることが多いし・・・
指輪と謎を残して去った教授。教授についてももう少し明かされると良いのですが・・・









最終更新日  2007年08月22日 13時00分01秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.