000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

烏 森 神 社

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

こよみ・祝日・季節などの豆知識

2009年01月07日
XML

本日は1月7日「七草粥」で定着している
「人日」<じんじつ>の節句についてお話致します。

「人日」とは五節句の1番目の節句で、陰暦1月7日のことをいいます。
1月7日を「七日正月」、その前日を「六日年越し」として祝う地方もあります。
六日の夜を六日年越し、六日年取りといっている所が各地にありますが、かつては七日を重要な折り目と考えていました。

お正月最後のこの日は、七草粥を食べて1年の豊作と無病息災を願います。

旬の生き生きした生命再生の象徴である若菜の「七草」を粥にして食べれば、自然界から新たな生命力を頂き、1年を無病息災で過ごし、長寿を得られると信じられています。

では、「人日」と「七草粥」の由来は?・・・

日本にはもともと、古くから年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘む、「若菜摘み」という風習がありました。

また、「若菜摘み」とは関係なく、中国の前漢の文人東方朔(とうほうさく:紀元前154頃~192頃)の「占書」にみられる古い習俗が人日の由来であるとされています。

古来中国では、一日鶏、二日狗、三日羊、四日猪、五日牛、六日馬、七日人の日とするならわしがあり、人を尊重する日と定められていた様です。
この日に、中国では「七種菜羹<ななしゅさいのかん>(7種類の野菜が入ったあつもの)」を食し、無病を祈る風習がありました。(「荊楚歳事記」)
また、この日を人勝節といって華勝(色とりどりの綺麗な飾りのこと)を髪飾りにする風習があったともいわれています。

その影響を受けて、日本でも平安時代に日本古来の風習の「若菜摘み」と結びつき、7種類の若菜を使った塩味のきいた「七草粥」を食すようになったと考えられています。

初めは平安貴族たちだけの楽しみでしたが、その後、江戸時代(初期)に幕府の公式行事として「人日」を祝日にしたことで、将軍以下諸公が七草粥を食する儀礼があるなど武家において、「人日」は大変に重視された祝日の一つとなり、「七草粥」を食べる風習が一般の人々にも定着していったようです。


では、「春の七草」とは何なのでしょう?
そして、何故この7種なのでしょうか?

まずは、七草・・・
セリ(芹)
ナズナ(ペンペン草)
ゴギョウ(御形、母子草)
ハコベラ(ハコベ)
ホトケノザ(仏の座、田平子)
スズナ(カブ)
スズシロ(大根)
の7種類。

この七種類の由来は、平安時代に、四辻の左大臣<よつじのさだいじん>が詠んだ和歌から、この7種類が「春の七草」として定着したといわれます。


また、この時期の七草粥を食すことで、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を七草粥で補った、とも解釈されています。
現代でも、お正月の弱った胃腸を整えたり、飽食からくる栄養素不足を補うのに効果的だとされています。

七草は、前日の夜「七草なずな 唐土の鳥と 日本の鳥と 渡らぬ先に 七草なずな 手につみ入れて・・・」などと「七草はやし」を歌いながら、まな板にのせ包丁で刻み、調理するようです。
鳥は穀物をついばむ農作物の敵。まな板を叩く音で害鳥を追い払い、豊作を願うという呪術的な意味もあるようです。


当社参道のお休み処「」では、
5日より、「新春特別メニュー」として、
春の七草そば」と「春の七草白玉入りおしるこ」を
お出ししております。
詳しくはコチラをご覧下さい。







最終更新日  2009年01月07日 00時05分20秒


2007年03月21日

国旗
本日は春分の日の祝日です。
「春分の日」についてはこちらをご覧下さい。

昨日、東京は桜の開花という春めいたニュースがございましたが、今になって寒さが厳しかったり、インフルエンザが流行したり・・・と、冬のコートがまだ必要です。
皆様、流行の風邪やインフルエンザにはくれぐれもお気をつけ下さい。

氏子町会にある、「南桜公園」(西新橋)では、桜が満開でした。
当社から1番近くの桜田公園では、今年も去年のような見事な桜が咲くことでしょう。
桜田公園からの桜と汐留のビル←去年の写真







最終更新日  2007年03月21日 21時03分11秒
2007年03月01日
昨年の3月1日とは打って変わったような良いお天気で、新橋の空は雲1つない晴天です。気温もどんどん上昇し、大変暖かく過ごし易い陽気となっております。

境内には「ひな祭り」の音楽が流れております。
今日から3日間、御守・おみくじなどの授与は「授与所」で行っております。
 ~社殿向かって左下の様子~
雛祭の境内

春版の「心願色みくじ」も朝からお受けいただいております。
境内にも春の陽気が漂っております。

参道では解体工事が進んでおり、ご参拝者の方々には参道が狭く、重機なども入り、大変通りずらいようです。ご迷惑をお掛けして申し訳ないのですが、しばらくご協力の程、宜しくお願い申し上げます。






最終更新日  2007年03月01日 13時00分30秒
2007年01月20日

今日は大寒<だいかん>。大寒は二十四節気の1つです。
1月20日頃。および、この日から立春までの期間を言います。

太陽黄経が300度のときで、寒さが最も厳しくなるころとされいます。
十二月中。『暦便覧』では、「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説明しています。
文字通り、1年の中で1番寒い時期で、各地の最低気温も大寒の期間に出現することが多いとされています。
小寒(1月5日ごろ)後15日で大寒に入り、大寒後15日で、寒が明けます。
小寒から節分までが「寒の内」と呼ばれています。
小寒、大寒を合わせた寒の期間(寒の内)には、「寒稽古」とか「寒垢離<かんこり>」のように、寒さの厳しい時期にあえて、苦しい稽古をしたり、冷水を被ぶる修行をしたりして、心身の鍛練をすることがあります。また、凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれる時期にもあたります。

暦の上の寒の内が実際には気温の最も低い季節です。最低気温が観測されるのもこの頃が一番多くなっています。
今日の新橋も天気が曇り・夕方より霧雨のような雨がシトシトと降り、暦どおり大変寒い日となりました。
全国的にも、大寒の今日は寒い日となりました。
受験生の方々にはセンター試験の今日は厳しい寒さの中の受験となったことでしょう。

今日から2月の節分までを大寒、節分の翌日は立春となり、待ちに待った春の到来です。
節分には「節分祭特別参拝」を行います。
旧暦で言う、一年は節分の日が今で言う大晦日。次の日の立春の日(2月4日)から始まるのです。すなわち、2月4日が元日になる訳です。
穢れを祓い、清らかな気持ちで立春をお迎えになりますよう・・・
節分祭特別参拝」で、「鈴祓い」をお受けになり、授与品の福豆を召し上がり、厄除け・厄祓いを・・・。
また、立春から一年の幸運を恵方の神様(歳徳神さま)からより一層受けられますよう御祈願いたしました「恵方開通護符」をお受け下さい。







最終更新日  2007年01月20日 19時13分28秒
2007年01月02日
睦月<むつき>
新しい年を迎え、気持ちも新たに1月が始まりました。
お正月の「正しい月」は中国から伝わった言葉で、その年の新しい神様をお迎えし五穀豊穣と家内安全を祈ります。
年神を迎え、新しい年の命の誕生を祝うのです。
「睦月<むつき>」の語源は・・・
お正月は身分の上下なく、老若男女、お互いに行き来して新年の挨拶をし、また親族一同集まって宴会をし、お互いに「睦ぶ(仲良く親しみあう)月」からという説が有力です。
ほかに「元(もと)つ月」が略されて「むつき」にと言う説、草木の萌きざす「萌(もゆ)月」もあります。
旧正月は立春の頃と重なり、まさに初春・新春でした。

◆睦月の異称◆
建寅月<けんいんづき>・正月<しょうがつ>・ 元月<げんげつ>・ 端月<たんげつ> ・初月<しょげつ>・眤月<むつき>・ 陬月<むつき> ・嘉月<かげつ>・ 泰月<たいげつ> ・初春月<はつはるづき> ・初空月<はつそらづき> ・霞初月<かすみそめづき>・暮新月<くれしづき>・太郎月<たろうづき>・子日月<ねのひづき> ・三微月<さんびづき> ・早緑月<さみどりづき> ・大簇<たいそう> ・太簇<たいそう>

◆旬の味◆
魚介類:平目、鱈<タラ>、フグ、アンコウ、鰯<イワシ>、鯉<コイ>、エビ、白魚、ムツ、カジキ、ワカサギ、カキ、カニ、蜆<しじみ>、ホタテ、鰤<ブリ>
野菜・果物:白菜、京菜、小松菜、たいさい、三つ葉、大根、ネギ、春菊、カリフラワー、ブロッコリー、生椎茸、みかん、金柑、春の七草(せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ)

○初詣○
大晦日から元旦の朝にかけてその土地の氏神(産土神)様に詣でていたものが、後に恵方参りといって、その年の最も良い方角(今年は北北西)にある神社に詣でるようになり、今では好きな神社に詣でるのが一般的になりました。
元日に限らず松の内に年が明けてからはじめて参詣することをいう場合もあります。
初詣は1月7日までにお詣りするのが一般的です。

○正月○
「正月」の由来
正月とは一年の一番初めの月のことをいいますが、一般には年初の諸行事のことをさします。
1月を正月と呼ぶのは「正」が年の初め、年の改まる意味であることに由来します。
また稲が実って一巡する期間を「年<とし>」と言いました。(「稔<とし>」が豊穣を祈願する意味に通じることから)
古くは正月は盂蘭盆と対応するもので、半年ごとに祖霊を祀る大きな年中行事とされていました。正月に迎える年神は大きく分けて二つの性格をあわせ持っています。
1つは豊作をもたらすの田の神の性格、もう1つは各家の祖先の霊―祖霊的性格です。
お正月は何日まででしょう。
現在では三日、七日までが一般的なようですが、地域によっては二十日正月といって二十日までとするところもあります。

○初夢○
新年最初に見る夢。古くは立春正月の概念から、初夢は節分の夜から立春の朝にかけて見る夢とされていました。(つまり2月3日~4日の朝)
今日では、一般的に元日の夜から1月2日の明け方にかけてに見る夢を初夢と呼ぶのが通例となっている様です。
昔の人は今日よりも夢見を気にし、良い夢を見ようと七福神や宝物をのせた宝船の絵を枕の下に敷いて寝るならわしがありました。  

1月の神社の行事
1月12日(金) 「新春世話人初参拝」
 神社の世話人(氏子崇敬者)の方が社殿内で初参拝を行います。
神社の新年会のことです。








最終更新日  2007年01月02日 22時50分34秒
2006年12月23日
国旗

今日は天皇誕生日、祝日です。
今上天皇のお誕生日をお祝いする日です。
皇居では一般参賀がございます。
宮内庁のページをご覧下さい。

天皇のお誕生日を国家として初めて祝ったのは、明治元年9月22日(旧暦、1868年)に天長節として祝ったときです。
明治6年(1873年)の太陽暦採用後、11月3日に変更。その後、即位した天皇の誕生日にあわせて天長節が定められました。
戦後、天皇誕生日として国民の祝日と定められ現在に至ります。
なお、皇后の誕生日は「地久節」と呼ばれますが、戦前においても国家の祝日にはなっていません。

国旗を揚げた境内
皇居に程近い、今日の新橋は清々しい快晴です。
良いお天気になりそうです。







最終更新日  2006年12月23日 09時56分21秒
2006年12月07日
大雪<たいせつ>
二十四節気の一つ。山の峰は積雪に覆われ、里にも雪が降る頃。
北国ではこの頃に降った雪は根雪となり、春まで大地を覆います。
大雪<たいせつ>は二十四節気の1つで12月7日頃。および、この日から冬至までの期間をさします。

太陽黄経が255度のときで、雪が激しく降り始めるころ。
十一月節。『暦便覧』では、「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明しています。

鰤やはたはたの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころ。
平地も北風が吹きすさんで、いよいよ冬将軍の到来が感じられます。
この時節、時として日本海側では大雪になることもあります。

今日の新橋は一日中曇り空の寒い日となりました。






最終更新日  2006年12月07日 17時00分33秒
2006年11月22日
小雪(しょうせつ)は二十四節気の1つです。
11月22日頃、および、この日から大雪までの期間を言います。

天文学的に言うと、太陽黄経が240度のときで、僅かながら雪が降り始めるころ。
木枯らしが吹きはじめ、各地でみぞれが降り、やがて雪に変わります。
火の気が恋しく感じられる。
小雪とは、冬とは言え、まだ雪はさほど多くないという意味です。
十月中。
『暦便覧』では、「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明しています。







最終更新日  2006年11月23日 15時14分21秒
2006年11月01日
立冬を迎え、暦の上では冬となります。七五三や酉の市で華やぐ中、紅葉から落葉の季節となり、寒い地方には冬将軍が訪れます。コートを羽織る季節となり、風邪もひきやすくなりますので、ご注意下さい。立冬を過ぎると白鳥が渡りはじめ、冬は駆け足でやってきます。
日本では、旧暦11月を霜月<しもつき>と呼び、現在では新暦11月の別名としても用います。
「霜月」は文字通り霜が降る月の意味です。
他に、「食物月<おしものづき>」の略であるとする説や、「凋む月<しぼむつき>」「末つ月<すえつつき>」が訛ったものとする説もあります。
◆霜月の異称◆
10月に出雲に出向いた神々が戻ってくることから「神帰月<かみきづき>」。
旧暦では真冬であるために「雪待月<ゆきまちづき>」・「雪見月<ゆきみづき>」
他に・・・「神楽月<かぐらづき>」・「子月<ねづき>」・「建子月<けんしげつ>」・「暢月<ちょうげつ>」・「子月<しげつ>}・「達月<たつげつ>」・「辜月<こげつ>」・「葭月<かげつ>」・「復月<ふくげつ>」・「章月<しょうげつ>」・「霜降月<しもふりづき>」・「霜見月<しもみづき>」・「天正月<てんしょうづき>」・「竜潜月<りゅうせんづき>」・「露隠端月<つゆこもりのはづき>」・「黄鐘<こうしょう>」・「星紀<せいき>」・「仲の冬<なかのふゆ>」・「仲冬<ちゅうとう>」

~11月の行事~
11月3日 - 文化の日(日本)
11月15日 - 七五三(日本)
11月23日 - 勤労感謝の日(日本)

当社では11月18日(土) 責任役員・総代参列のもと、新嘗祭を斎行致します。

◆旬の味◆
魚介類:かます、かれい、金目鯛、わかさぎ、むつ、ふぐ、あさり、あおやぎ、ほっけ、アマダイ、イクラ、カニ、カキ

野菜・果物:ほうれんそう、にんじん、三つ葉、白菜、しいたけ、なめこ、カリフラワー、かぶ、里芋、レンコン、舞茸、銀杏、みかん、りんご、きんかん、柿、花梨、かぼず、密柑、キウイ

◆季節の草花◆背高泡立草<せいたかあわだちそう>、山茶花<さざんか>、柊<ひいらぎ>、磯菊、りんどう、石蕗<つわぶき>、菊

11月イメージ






最終更新日  2006年11月01日 11時23分36秒
2006年10月30日
今日は、旧暦での「重陽の節句」にあたります。(旧暦の九月九日)

重陽の節句の起源は、ほかの節句と同様古来中国にさかのぼることができます。中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」として節句のひとつとしてきました。
中国ではこの日、茱萸(しゅゆ=ぐみの実のこと)を袋に入れて丘や山に登ったり、菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習がありました。
これが日本に伝わり、わが国では、『日本書紀』に天武天皇十四年九月九日に宴が催されたことを記述しています。しかしその天武天皇が九月九日に崩御されたことからこの日は忌日とされ、その後しばらくは宮中での宴は行なわれませんでした。
平安時代初期になると、嵯峨天皇が神泉苑で詩をつくる宴を賦し、御帳の左右に茱萸の袋を掛け、御前に菊を挿した花瓶を置いて詩をつくり、その後氷魚(鮎の稚魚)を食し菊酒を飲む、重陽の宴(「重陽の節会<ちょうようのせちえ>」)を行なったことが記されていて、宮中の行事として定着します。
時代が下がりますと、前夜菊に真綿を被せて夜露に湿らし、九日の朝にそれで肌をぬぐうと長寿を保つという着綿の習慣も加わりました。これは花の香りを綿に移し取り、 この香りをもてはやしたもので、『枕草子』にも「九月九日は、暁方より雨少し降りて、 菊の露もこちたく、覆いたる綿なども、いたく濡れ、うつしの香ももてはやされたる」とあります。
江戸時代には武家の祝日になりました。
その後明治時代までは庶民のあいだでもさまざまな行事が行われていたといいますが、残念ながら現在では私たちの日常生活とは縁遠くなってしまいました。

旧暦の9月9日というと現在では10月にあたり、ちょうど田畑の収穫も行われる頃、農山村や庶民の間では栗の節句とも呼ばれて栗ご飯などで節句を祝ったということです。
さかんに行われていた重陽の節句が、現代に引き継がれていないのは、旧暦から新暦にこよみが移り、まだ菊が盛んに咲く時期ではなくなってしまったことが大きいのかもしれません。

重陽の節句は別名、「菊の節句」とも呼ばれます。
宮中行事としては天皇以下が紫宸殿に集まり、詩を詠んだり菊花酒を飲んだりしてけがれを祓い長寿を願いました。また、菊の被綿<きせわた>といって、重陽の節句の前夜にまだつぼみの菊の花に綿をかぶせて菊の香りと夜露をしみこませたもので、宮中の女官たちが身体を撫でてたりもしたといい、枕草子や紫式部日記の中でもその風習をうかがうことができます。
中国では、菊の花には不老長寿の薬としての信仰があり、鑑賞用としてより先に薬用として栽培されていたようです。
漢方でも薬効を認められている菊の花の種類は少なくありません。

その意匠が皇室の紋章ともされている菊は、まぎれもなく日本を代表する花といえますが、そのルーツは、薬用として中国から伝わったものでもあるようです。
薬用ということはさておき、日本では食用の菊花もさかんに栽培されています。日本で菊を食材とするようになったのは、室町時代のことらしく、現在では青森県、秋田県、山形県などの生産地を中心に、さまざまな菊料理がつくられています。

現在重陽の節句としての行事はほとんど残っていませんが、九州地方ではお九日<おくんち>と重陽の日を尊んでいったものです。長崎のおくんちも本来的にはこの日のことで 、収穫祭の日取りとしてもっとも早いもののひとつです。また地方によって三九日<みく んち>といって九月九日、十九日、二十九日の三回の祭日を行なうところがあります。
今日一般では、菊酒を飲む習慣はありませんが、京都の上賀茂神社では重陽神事として新暦九月九日に烏相撲が行なわれています。この烏相撲の終了後、参加者に直会として菊酒が授与されます。宮中で行なわれていた年中行事にならって神事化されたものでしょう。 風流な行事のなごりとして、菊の花びらを浮かべて菊酒をいただくという風習も残しておきたいものです。
菊








最終更新日  2006年10月30日 13時30分03秒
このブログでよく読まれている記事

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.