2006年01月23日

「祈年祭」について

カテゴリ:神道豆知識
「祈年祭」<キネンサイ>は「としごいのまつり」ともいい、毎年2月17日、稲作(農作業)のはじまる春のはじめに全国の神社で行われるお祭りです。

祈年祭は「年を祈る祭」と読めて、良い年になるよう祈ることに違いありませんが、この「年」には、1年間で成長し、収穫される「稲」すなわち「米」の意味があります。そうすると、「稲(米)を祈る祭」…一年の稲(米)の収穫(豊作)を祈るお祭という訳です。

また、稲(米)すなわち人間の生命のもとを恵んでいただくようにお祈りするお祭ともいえるでしょう。
そして、この稲(米)は人間の食物全体を意味し、「稲(米)をはじめとする穀物の豊作を願う」お祭です。

祭事では穀物全般の豊かな実りを祈願し、これを受けて広くあらゆる産業の発展、日本国家・国民の安泰と繁栄、皇室の安泰などをも祈願致します。

この日(2月17日)は、宮中の賢所においても祭典が行われ、天皇陛下が御親拝になられます。

起源については『古語拾遺』に、大地主神<おおとこぬしのかみ>が御歳神<みとしのかみ>のたたりをおそれて、穀物の豊作を祈ったという伝承をはじめ各種あります。

当社の「祈年祭」は2月3日の「節分祭」の日に併せて斎行致します。





TWITTER

最終更新日  2006年01月23日 22時37分09秒
[神道豆知識] カテゴリの最新記事