051115 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

からたくブログ

January 13, 2008
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
前の日に、遅くまで起きていたので、起きたのは9時くらいだった。
10時にチェックアウトなので、宿を出た。
その街は、取り敢えず見たので、隣のスワコップと言う街に行く事にした。
コンビバスで行こうと思い、タクシーに乗り込んだが、30キロ先のスワコップまで、一人30ドルで行ってくれると言う。
コンビバスは、いつ出発するか分からないし、狭いし向こうに着いても、目的地までは、別のタクシーに乗り換えないといけないので、タクシーで行く事にした。

海の見える海岸に行きたいと言うと、その通りの場所へ連れて行ってくれた。

前の日に朝食として食べようと買ったパンを3人で食べた。
そして、海を見ながら、思いのままに時間を過ごした。
ナミビアに来て、数日しか経って無いのに、長く居るような気がしていた。

その後に、砂漠を制覇したいと思い、近くのナミブ砂漠に向かった。
インフォメーションで聞くと、歩いて行けると言う事なので歩く事にした。
毎日、歩いてばかりである。

有名は、赤い砂のナミブ砂漠は、ちょっと遠いが、スワコップから近い砂漠は黄色い砂なのである。
僕らは、砂漠の頂上を目指して歩いた。
やはり、砂の上を歩くと足を取られて思うように歩けない。
sabaku

その後、昼をどうするかと言う事になり、レストランまで歩いた。
こっちは休日の午後と言うと閉まっている店が多い。
やっと見つけた店に入った。
kaki
牡蠣も折角なので食べました。

首都のウィントフックへの帰りは何で帰るかと言う話になり、折角なので電車で帰ろうと言う事になった。
色々、買い物をして駅に向かった。
出発時間を駅に居る人に聞いても人によって回答が違う。
19時半とか、21時とか…
出発までの3時間くらいを待った。
駅から、とても綺麗な夕日が見れたのが良かった。
yuuhi

その後にトラブルは起きた。
電車が20時過ぎに来たが、満車なのだ。
座るスペースが無い。
これを逃すと帰れないかも知れない。
しかし、電車は10時間以上の長旅になる。
椅子に座れないのは厳しいと言う事になり電車は諦める事にした。
その後、コンビバスの乗り場まで行ってみた。
何と真っ暗で何も無い。

明日は、朝から英語の授業が始まる。
帰ろうと言う事になり、タクシーと交渉した。
何回も、交渉決裂になり、3人で1100ドル(約19000円)で交渉が成立した。
しかし、350キロの距離を3人で、この値段なので日本で考えれば安いだろう。

4時間後にやっと、着いた。






Last updated  January 15, 2008 09:03:33 PM
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.