へらぶな釣りに行ってみようよッ

ひつまぶし風うなぎの蒲焼チャーハン

ひつまぶし風うなぎの蒲焼チャーハン
買ってきた(買い置き)うなぎの蒲焼を温めます。
グリルで焼いてもいいのですが、簡単に焼くにはフライパンで充分です。
テフロン加工してあるフライパンのほうが良いかもね。こげちゃっても簡単にとりだせるしね。
皮をパリッとこんがりと焼いたほうが美味しいかな。
焼きあがった蒲焼を1cm位の幅で短冊に切ります。
あまり細かく切ると、後でばらばらになっちゃうので、ある程度大きめに。

さてフライパンを温めて油をひいて、とき卵を流し込みます。
ふんわりとした半熟いり卵になったらご飯を投入します。
控えめに塩コショウして手早くご飯を炒めます。
さて味付けですが。
うなぎの蒲焼のたれを使い、ご飯を炒めます。
たれをそのまま使うと少し甘いかなって思う時は少しお酒とお水で割ります。
ころあいを見計らって短冊に切っておいたうなぎの蒲焼を投入します。
さらに少し炒めて粉山椒を少し振りかけて出来上がりなのです。
皿に盛りつけたら、刻んだ大葉や、あさつき、刻み海苔を散らしたり、いり胡麻を振りかけても良いでしょう。
昨日は大葉もあさつきもなかったので、刻み海苔を使いました。
8月12日


もう一品
うなぎの蒲焼茶漬け
うなぎの蒲焼を買ってきて、フライパンで焼き直します。
このときちょっと日本酒をふって、蓋をして蒸し焼き風にすると良いでしょう。
これを3cm幅位の短冊に切り、熱々のご飯に乗せます。
粉山椒や、わさび、刻み海苔、ねぎなど薬味も乗せて。
少量の塩をふって、アッツイ煎茶をかけて!!。
いっただっきまーす!!(^^)

そうそう、蒲焼のたれあまりかけない方が良いみたいですよ。
甘ったるくなりますので。
さっぱり行きたいのなら、塩で白焼きも宜しいかと。(^^)



© Rakuten Group, Inc.