へらぶな釣りに行ってみようよッ

王道的コロッケ

王道的コロッケ



うーん、ある意味おかずの王道だな。
今でこそ「クリームコロッケ」とかさ、カニだ、コーンだ、色々あるけどさ。
やっぱりコロッケはジャガイモだね。
ジャガイモのコロッケが良いなあ。
じゃがいもは男爵が良いかな。
うん、男爵が良い。

お肉も入っていたほうが嬉しいな。
牛肉?
いやいや。
やっぱり豚挽肉でしょう。
牛肉なんて高級品はまた今度の機会で。
豚挽き肉ですね。やっぱり。

たまねぎを飴色になるまでよーく炒めてさ。
ちょっと時間も手間もかかるんだけどね、じっくりじっくりこがさないように、たまねぎを炒めてさ。
それから豚挽き肉も炒めよう。
パラパラッとなるまで。
塩コショウで下味つけてさ。
肉から出てきた水分が無くなって、フライパンにたまった油が透き通ってくるまでね(^^)
火を止める寸前に醤油を挽肉にたらすのがからつん。流かな?。
じゅうっと、こげた醤油の匂いが・・・・・・・。
良いぞ、うんうん、かなり良いぞ、この醤油のこげた匂いがまた良いんだな。

茹でて潰しておいたジャガイモに飴色になるまで炒めたたまねぎとうっすら醤油味をつけた炒めた豚挽き肉を混ぜ合わせるんだな。
さて、どんな形にしよう。
ジャガイモのコロッケの形はやっぱり小判型じゃないかな?
うん、絶対に小判型がいいね。
小麦粉をはたいて、溶き卵にくぐらして、パン粉をしっかりとまぶして。
(ああ、そうそう。衣を厚めにしたい時はさ、溶き卵に小麦粉混ぜちゃうんだ、俺。トロッとした感じかな?。てんぷらの衣よりもう少し硬い感じかな?。そうするとね、しっかりとパン粉が厚めにつくんだな。)

これをカラッと揚げれば。
ジャガイモも、たまねぎも、挽肉にも火は通ってるからね。
でもあんまり高温で揚げると一気にこげちゃうからねえ。
俺はちょっと低めから揚げ始めるんだ。175℃くらい?かな?
測ったこと無いけどさ(爆

しゅうううううううううって、コロッケを揚げる音がしてくるじゃん。
油の中で衣から気泡が上がってね。
だんだん音と気泡が小さくなってきて、コロッケが浮かんでくると。
うん、衣もこんがり狐色で、良い感じで揚がってるじゃんか。

さあて、コロッケの出来上がりだーいいッ!!
揚げたての熱々をパクッと行きたいねえ!!
火傷に注意だけどな。
挽肉に下味つけといたからソースも何にもつけないで行っとけますぜ。
でもまあ、お好みでとんかつソースでもウスターソースでもケチャップでもマヨネーズでも醤油でも(笑。
揚げたてのコロッケは美味しいよねえ、ついつい2個3個と手が出ちゃうもんな。
食べすぎには気をつけないとな。

でもねえ、どうしてもお肉やさんで作って売ってるコロッケには勝てないんだよなあ。



© Rakuten Group, Inc.