000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳積みデイトレード

PR

全218件 (218件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

2020.08.12
XML
カテゴリ:生き方
人々は生きていれば不慮の事故等で、怪我や損失を被ってしまうこともあると思います。

そのような不測の事態にはパニックになったり焦ってしまうことも多いものです。

また、平常時には無かった痛みを抱えることでストレスも蓄積していきます。

しかし、そのような事態にこそ面倒くさがって短期的な思考に陥らず、長期的な目線になって冷静に対処することが非常に大事になってきます。

例えば切り傷を負ってしまった際にはいくつかの注意が必要になってきます。


一つ目は傷の手当てを急ぎ過ぎて、傷口にゴミが付いたまま包帯を巻くようなことをしてはいけないということです

傷口に再び触れて付着したゴミを取り除くことは痛くて恐ろしいことです。

しかしその工程を飛ばしてしまうと化膿したり傷口が塞がり難くなったりして治るものも治らなくなり、余計に長期間苦しむことになってしまいます。

二つ目に大事な事は使用する包帯も汚れの無い清潔なものを入念に選ばないといけないということです

ここで選別を怠り汚い包帯を使用してしまうと、思わぬばい菌が繁殖してしまったりというような更なる感染症に繋がりかねません。

「泣きっ面に蜂」という言葉もありますが、泣きながら蜂の方へ走って行ったのは自分の選択である場合もあるのです。

三つ目に大切な事は定期的に包帯も取り換えて一定期間は適切な治療を続けないといけないということです

一度の治療行為で完全に治る場合ばかりではなく、すぐに自分の判断で治療をやめてしまうのは良くないことで、完治するまでは適切な処置を根気良く一定期間は続けないといけないということです。

早く面倒な仕事を終わらせたい、終わらせたことにしたい、というような急いで逃げようとする気持ちが裏目に出るという事です。


これらの事は傷の治療の場合だけでなくとも、多くのケースに適応できる話だと思います。

例えば、機械のメンテナンスで中途半端に手を抜いてしまって結局故障が早まったり、掃除をする際に中途半端に手を抜いてしまって結局すぐ汚くなってしまったり、失敗時に「たまたまだ。運が悪かった。」と対策案を練らずに忘却して前に進んでしまうと再び同じ失敗をしてしまったりという感じです。


予定外や不測の事態になってしまった時ほど一旦順調に上手く行っていた時の気持ちから離れて、スケジュールをもう一度組み直してしっかり今の事態に真摯に向き合い、面倒がらずに丁寧に対処していく事が長期的に見て良い事と言えるのではないでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.08.12 07:50:16
コメント(0) | コメントを書く


2020.08.11
※株価200円以上、出来高10万株以上、ETF以外の条件で厳選しております。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​​






最終更新日  2020.08.11 17:45:33
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:トレード記録
2020年8月11日(火)トレード結果​​​​​​


7256 -37385


本日合計 -37385
本月累計 -47305

本年累計 -661475




PCから離れる前に損切にかかったので早めの報告です。
エントリー後すぐに利確と損切幅設定の為の逆指値付指値注文をしてはいますが、200円以下の銘柄になってくるとその設定時間も間に合わずに損切幅が予算以上に膨れ上がる場合があるので、"物理的に手法として成立しない場合がある"という認識で取り扱わないようにしています。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​​






最終更新日  2020.08.11 09:14:18
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:考え方(194)
カテゴリ:トレード関係
トレードの技能が上がっていって、いつかは大きく勝てるようになるのかという不安と疑問は多くの未成功トレーダー達が持っていると思います。

私も上手く行くように手法を改善し、実戦にてまだ上手く行かないことを自覚し、また思考を巡らせては手法の改善を行い、そろそろ上手く行って欲しいと思いながらも、まだ上手く行かないということを思い知らされるループの中で戦っているトレーダーの一人です。

トレードの成長曲線というものは一般的な積み上げ型の勉強の成長曲線とは違って、独自の形をしていると言われています。

それは、着実にじわじわと上がって行く形ではなく、しわじわと下がっていく長い期間を超えた先に突然上昇に転じるというものです。

正直なところ私もまだ結果が一気に良くなって収益が上がって行く段階には入っていないので、「初心者に希望を持たせるためのものではないのか?」と眉唾な部分もあります。

しかし、いつまで経っても良い結果に辿り着かない学習方法はあるという事は経験により自覚できています

私はトレードを始めて2年間ほどの間はたまたまランキングに上がって盛り上がっているという理由だけで銘柄を選び、自分のやりたいタイミングでその場の雰囲気でどちらに動くかを予想してエントリーし、上手く行かなかった場合には感情的になってすぐに負けを取り戻そうとして更に悪手を重ねて、結果自体もその状況の詳細も記録しないようなトレードをずっと続けてきました。

そんなことを続けていれば、どれだけ長い時間をかけても成長度はゼロと言えると今なら客観的に判断できます。

ですので、そのような体質から抜け出せた時こそがまず一つ目の大きなきっかけになるのではと個人的には解釈をしています。

記録したデータを使用するトレードにおいては過去に上手く行った方法の再現性を信じて未来のトレードを行う事が基本となるので、未来に過去と全く逆の動きをされてしまうと負けが発生することになります。

しかし長期的にデータを取っていけば、そのような逆転の周期があったとしてもデータとして見えてくる部分もあると思います。

良く上手く行く事と、良く失敗する事の確率は必ずデータの蓄積によって判明していきます。

世に言う"職人のカン"というものも、説明するのが複雑で難しいだけで、頭の中で膨大なデータの中から検索して統計的に上手く行く確率を算出している行為だと言えます。

更に新たな発見なども経験を積めば出会うことになるでしょうし、出会うたびにしっかり記録をしていけば着実に成長に繋がっていくと思います。

そして、今後そのような新たな発見に沢山出合う可能性を秘めており、自分がまだまだ未熟で無知であるということの意識をしておくことは大事だと言えます。

トレード資金が減っていく事にばかり目を向けてしまったり、周りの上手く行っているトレーダーの状況に気持ちを振り回されてしまうこともあるかもしれませんが、他人との相対評価ではなく、自分自身の絶対評価でしっかりコツコツと経験と自信を積み上げていくしかないと思います。

今は焦らず卑屈にならず、とにかくデータを取り続けて解析をして、共通する負けパターンを削ぎ落としてできるだけ正確な期待値を導き出そうとし続けることしかできませんが、高い壁に挑めている事に感謝をして学習を続けていきたいと思っています。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.08.11 07:35:39
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.10
テーマ:考え方(194)
カテゴリ:トレード関係
世の中には人の性格を表す言葉として「熱しやすく冷めやすい」というものがあります。

スタートを踏み出すという行動力はあっても心変わりが激しく、同じことに集中して取り組めないことで大成に繋がらないというデメリットがあるタイプであると言えます。

今回は「熱しやすく冷めやすい」ではなく「熱しやすく冷やしやすい」ということについての重要性のお話になります。


熱したり冷やしたりする機構は自動車等の機械においても備わっています。

レースにおいて速く走る為にマシンの開発が進められるケースがありますが、マシンのパワーをより上げようと思うと、エンジンの大型化や高出力化によってより大きな熱が発せられることになります。

そしてその出力を保つ為にはその分強力な冷却ができるラジエーター等がセットで必要不可欠になるというわけです。

つまり、発熱力とそれに釣り合う冷却力が同時に高性能化することで総合的なパフォーマンスは上げていけるという事です。

またマシンを高速で走らせたいのであれば、その高速域からもスピードを落とすことができる強力で頑強なブレーキがセットで必要になってきます。

そのようにして、発熱力と冷却力の両立のように発進力と停止力の両立のような相反する力の両立は非常に重要な事であると言えます


トレードの世界で生き残っていく為には、レースの世界で例えると短時間における最高速度バトルのような形ではなく、長い耐久レースのような認識で挑んでいかないといけません。

短時間の勝負であればマシンに負担がある程度かかってもギリギリ乗り切れる場合もあるかもしれませんが、長期間の勝負においてはマシンの安定性や燃費等のバランスをとっていく事がより重要視されることになるのです。

やる気だけあって知識の乏しいトレード初心者というものは、マシンで例えると所謂ラジエーターとブレーキが貧弱な状態で耐久レースに挑むような状態と言え、やる気であるエンジンが強いほどに早く壊れてしまうことになります。

トレードにおけるラジエーターやブレーキとは、上手く行かない時にも頭を冷やせるメンタルや自制心だと言えます。


「熱しやすく冷めやすい」ではなく「熱しやすく冷やしやすい」というようなバランスを取りながらもパフォーマンスを上げて行けるような状態を目指していくことが大事だと言えるのではないでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.08.10 07:47:41
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.09
テーマ:考え方(194)
カテゴリ:生き方
ある哲学者が問題を出しました。

それは「暴走する列車があり、そのまま放置すると5人がひかれて死んでしまう事になるが、目の前にあるレバーで進路を変えればその先にいる1人がひかれる事に変更できる」といったようなものです。

そのような状況においてどういう行動を取るのかという問題です。

まずは自分がそのレバーを操作する様子をトロッコにひかれることになる人の親族や友人達に知れるのか、それとも知られないかの状況が自分の行動に作用すると思います。

私であれば、誰も見ていない状況で、レバーを誰が操作したかもバレない状況ならば、迷うことなく5人を救い、1人を犠牲にする選択をします。

しかし、問題は自分の行動が皆に見られているような状況の場合です。

そこで初めて他人の命を左右する責任という問題が社会的に発生するわけです

リスクの面で考えれば、レバーを動かした場合は自分の能動的行動のせいで殺された人が発生するわけで、その1人の犠牲者の遺族や友人達は自分を憎むことになります。

一方でレバーを触らなかった場合は、ひかれた5人の遺族や友人達が"助けなかったこと"に対する批判の気持ちを自分に向けることになります。


私であれば大衆に見られていた状況だとしてもレバーを動かすと思います。

何故なら合理的に考えて見知らぬ他人達であれば、数で命の重さを測るからです。

「どうせ恨まれるなら数は少ない方がまし」という合理的な考えとも言えますね。

助けた5人の親族や友人達が、犠牲にした1人の親族や友人達から自分を擁護してくれるかどうかはわかりませんが、自分の中の正義に従うならばそのような行動に至ると思います。


またこの問題においても、レバーを切り替えた際に犠牲になる人が知人や愛人だった場合なんかはまた考え方が変わってくるでしょう。


長い人生においては、重い責任がのしかかる選択肢に強制的に立ち会わされる場面というものもあります。

"何も考えず何もしない"ということこそがより大きな犠牲を生む結果になることもあります。

そして物事を予め決めておくことで的確な対応を素早く行うこともできます。

自分の正義というものを明確にしておいて、自分の人生における強制的で過酷なイベントにおいても、選択を後々後悔しないように予め決めておいてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.08.09 08:09:19
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.08
テーマ:考え方(194)
カテゴリ:考え方
​​​​​我々の住む日本は海に囲まれており、多くの海の幸を食すことができます。

そして命を頂けることに感謝をして「いただきます」と言って我々は口にしていますが、感謝の度合いはどう異なるのかという疑問に突き当たりました。

海鮮丼の部類に入る、鉄火丼シラス丼​イクラ丼​



この三つについて比較をしてみようと思いました。


まずはどんぶりに入っている命の数の比較をしてみると、

鉄火丼はマグロ一匹のごく一部だけが入っています。

そしてシラス丼は何百という稚魚が入っています。

最後にイクラ丼はまだ命と言えない沢山の卵が入っています。

つまり命の数で並べてみると、

シラス丼 > 鉄火丼 > イクラ丼

と言えるのではないでしょうか。


次は、一つの命が何人の人々を美味しいと喜ばせられるかということついて比較してみると、

イクラ丼はまだ命と言えないという部分を考慮すると、

鉄火丼 > シラス丼 > イクラ丼

という事になります。

​マグロ​は体積が大きい分、多くの人々がその美味しさと栄養にあやかれることになります。

しかし、それは​マグロ​が何年間もかけて、毎日他の小さな命達を捕食して少しずつ成長してきたからこそ体も大きくなったのであって、シラス一匹とマグロ一匹の奪ってきた生命の数はとてつもなく大きな差があると言えます。

そう考えるとマグロ単体ではシラス単体よりも命が重いという結論に持っていく事ができます​​


人間においても、体の大きさは一定期間までしか成長しませんが、奪ってきた命の数と生きてきた年数はほぼ比例します。

人間がその時代の社会に対してどれだけ貢献したかや、どれだけ多くの人間に愛されているかの差異はあっても、高齢者は若者よりも遥かに多くの生き物の命を奪って生きてきたことは間違いないことです。

多くの命を奪うことを"罪である"という認識もできますが、それだけ"命が重い"という見方は変わらないと思います。

実際に自分自身で屠殺を行うことはあまり無いかもしれませんが、我々の手は他の生命達の血でまみれており、毎日寝る時には枕元に何千何万の命が立っているという事も間違いないわけです。

生きれば生きるほど日々積もっていく自分の命の重さを自覚して、今を生かしてくれている多くの生き物達への感謝の気持ちを忘れずに毎日を過ごしていきたいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






​​​​​






最終更新日  2020.08.08 08:01:53
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.07
※株価200円以上、出来高10万株以上、ETF以外の条件で厳選しております。


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​​






最終更新日  2020.08.07 15:21:33
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:トレード記録
​​​​​​​​​2020年8月7日(金)トレード結果​​​​​​
2427 -5985
6569 +56615

本日合計 +50630
本月累計 -9920

本年累計 -624090




期待値差による補正で2427は資金投入量を 0.76倍、6569は資金投入量を 1.50倍にしたのが久々に功を奏した形になりました。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.08.07 11:37:18
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:考え方(194)
カテゴリ:トレード関係
​​​​​トレードの世界ではお金を失う恐怖や悲しみと戦わなければいけません。

逆にお金を得た場合に興奮して喜びを感じ過ぎる事も良くない世界です。

では、どこを目指して行けば良いのかというと、​喜びと興奮​​恐怖と悲しみ​のちょうど間にある"​無​"を目指すべきではないかと思いました。

にも​ろ​​にも進まず、足元にある真実に向かい合うというという形です。

更に例えを出してみると、地球の表面を西へ東へと彷徨い歩くのではなく、中心にある核を見つける為に掘り進めるといったイメージになります。

そのような感覚になる為には、得るか失うかの"収支の心"ではなく、真実か虚偽かの"探求の心"を持たないといけません

金目の財宝を探し出すトレジャーハンターではなく、未知の世界を切り開く学者を目指すといった感じです。


また、トレードで上手く行かなかった場合の結果に納得できていないのは、自分の気持ちを現実に委ねきれていないということが言えます。

"自分が望めば得ることができる"という一般常識による錯覚を捨てなければなりません。

上手く行かせるという意思を持ってその場にいるのに願望を捨てて委ねないといけないといけないということは矛盾することであり、脳には抵抗が生まれてしまうものです。

しかし、その願望を"上手く行かせる為"ではなく"上手く行く方法を調べて研究する為"と置き換えれば、矛盾を無くして脳による抵抗を抑えることができると思います。

「生きている間に世の中や人間の事をできるだけ知りたい」ということが私の人生の最大の目標です。

そして「優秀な者が命を繋いで生き延びて欲しい」ということが自分にとっての大きな思想です。

自己肯定感を強く持って一貫した人生にするためには目標と思想と行動は一致していないといけません

トレードの世界は真実に近づけたらお金を得られて更に生きることができ、真実にたどり着けなかった弱者がお金を失い死に近づくという面で私の目標と思想にベストマッチした世界です。

現状に恐怖や不満がある方は、自分の目標や思想を今一度整理し直して実際の環境に照らし合わせてみることで、本当に抵抗無く素直に委ねられるかどうかを再確認してみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






​​​​​






最終更新日  2020.08.07 07:46:35
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全218件 (218件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.