019874 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳積みデイトレード

PR

プロフィール


野性的に失格

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

サイド自由欄



徳積みデイトレード - にほんブログ村
2020.05.24
XML
カテゴリ:プロフィール
トレードを行い、お金を得るという事は、同時に誰ががお金を失っていることになります。

お金を失うということは、個人にとっても世の中にとっても良くはないことです。

経済は保有するお金を含む資産の一部を相手と交換して、更なる利益を生み出してこそ成長していきます。

大きな利益の一部を渡すのならまだしも、利益の全てであったり、それ以上を渡してしまうと破産してしまい経済全体も悪化していきます。

(経済に付いて簡単に勉強できるお気に入り動画を張っておきます。空売りを含む信用取引で借金をすることのメリットなんかも理解できるかと思います。)




では「敗北者が発生するトレードでお金を得ながらにしてどうやって徳を積めば良いのか」という疑問に突き当たるかと思います。

株式相場には、大きく分けて投資家(ホルダー)と投機家(トレーダー)が存在しています。

投資家は純粋に企業に対して資金を提供して株を購入して企業の成長を望んでいる層です。
主にインカムゲインでの利益を望む層ですね。

一方投機家は企業の成長とは関係なく、株価の値動きを利用してキャピタルゲインによって利益を望む層です。
デイトレーダーなんてものは、その日のうちに買った株を売り捨てるので極端な例です。

私は投資家ではなく投機家からお金を頂くことを目標にしています。

投資家が損をして保有する株を手放してしまうことは経済的にも悪影響を与えます。

しかし、投機家はマネーゲームをする為に寄り集まった層なので損をしたとしても、それ程世の中に悪影響を与えないという考えです。

実際にどういう風に私は手法を組んでいるかというと、

大きく上昇した銘柄を売るという事をしています。

一般的に言う逆張り戦略に当たりますが、大切にしているのはホルダーが大きく利益を上げてから利益確定をする際に(高値掴みした投機家も恐怖によって下落圧力になりますので)その利益の一部を頂くということです。

最初に説明しましたように、利益を全て無くしてしまうと経済は発展しません。

だからこそ投資家に大きな利益が確定してから、その一部だけを頂くという発想です。

逆に大きく下落した銘柄を売るという行為はホルダー達が株を手放して企業諸共損をしてしまう形になるので社会経済的にも望ましくないという見方です。


そもそも資金力の少ない私自身が市場に与える影響は微々たるものとは思いますが、「自分だけ良ければよい」という欲にまみれた意識に陥るよりは、精神的には真っ当でありたいと思う次第です。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:43:41
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.