020658 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳積みデイトレード

PR

プロフィール


野性的に失格

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

サイド自由欄



徳積みデイトレード - にほんブログ村
2020.07.06
XML
カテゴリ:トレード関係
​今日は雨で9:00のエントリー後に、外にウォーキングやジョギングをしに行けなかったので「ペンギン・ハイウェイ」という映画をAmazonプライムで観ました。

この映画に出てくる主人公の少年が理系の合理的思考の持ち主で、ほぼ自分のタイプそのものだったので感情移入できて楽しく見れました。

ネタバレになるようなストーリーの内容については書きませんが、勉強になった点が沢山ありました。

まずは劇中で主人公の父親が息子に教えた「問題の解き方三原則」について、

①問題を分けて小さくする
②問題を見る角度を変える
③似ている問題を探す

の三つなのですが、トレードにおいても過去検証を行う際にこれらの方法が役に立ちます。

過去の膨大なデータからどういう場合に負け易くなるかの法則性を見つけ、そのパターンのトレードを省く事で勝率の高いトレード手法に変えていく事を過去検証と言います。

まず③の部分では、負けトレードのデータの中から似たようなチャートパターンがないかの共通性を探すことが大事であることが言えますし、①や②に関してはチャートパターンだけでなく、出来高や上昇率などの違うファクターにも焦点を当てて細分化して考察してみる事の有用性があるという意味で合致します。

また作中では「エウレカ」という言葉が出てきます。

私もこの作品でこの言葉の意味を初めて知ったのですが、エウレカとは何か発見や発明をする(喜び)という意味です。

そしてそれを導く方法について、これまた主人公の父親が以下のように示していました。

(多くの情報を)一枚の絵にまとめる→何度も眺める→考えることをやめる→繋がる→エウレカ

という工程があるということです。

この「考えることを一旦辞めてから再び結びつく」というエウレカについては、私も日課で森の中をウォーキングをしている時や、風呂でリラックスしている際に、ふとブログのネタが湧いてくることが多く、そのような感じなのかなと思いました。

また、父親が主人公に教えているという表現を使いましたが、劇中では主人公が父親の大切な教えが書かれたメモをベッドであったり、勉強机の目の前であったり、日常生活で目に付く場所に貼って定期的に見えるようにしているという点が学習環境を良くするために大切な事だと思いました。

私もトレードに関する大切なルールなどをPCのデスクトップの画面に表示させて、毎日目に映るようにして常に意識をするようにしています。

更に劇中で主人公は研究日記をしっかりと記録していきます。

こちらはトレードの記録を残すことの重要性という部分にリンクしますね。

実際にその当時にどういうことを思い、どういう結果だったのかの詳細をしっかり記録して蓄積することで、その後の解析をする際に大いに役立ちます。

劇中の研究日記にはわかりやすいように絵も沢山描かれていましたが、トレードにおいてはチャートなどの画像データを保存するのが良いと思います。
「データ記録の仕方」

また劇中では主人公から「怒りそうになったらおっぱいのことを考えればよい」というような面白いセリフが出てきます。

トレードにおいても感情を乱されてしまうことへの対策などのメンタル管理能力は必須となるのですが、"理性"とは真逆の"野性"に近い性欲を敢えて用いることで感情のリセットを狙うという面白い観点だと思いました。


これらの勉強になった点とは別に、この作品で共感する点も多かったです。

まずは主人公のような合理的思考の人間と、ガキ大将のような感情的な人間との触れ合いについてです。

このような対照的なタイプは本当に相性が悪いです。

私もこのような感情的な人間との相性が悪く、相手にも迷惑をかけたくないという気持ちから、多くの人と働くサラリーマンというスタイルではなく、一人で研究を行うトレードの世界に興味を持ったわけです。

もちろん感情的なタイプの人間には「好きな人の為に頑張れる」という強みがある事も劇中で上手く表現されています。

また「自分が発見した特別な研究を独占してその利益を誰にも渡したくないという気持ち」と、逆に「その中身を曝け出して人々の幸せに貢献すべきという気持ち」の葛藤のシーンなんかについても「あるある」と個人的には共感しました。

最後は主人公の「先が見えなくても、長い時間がかかっても、強い信念を持って研究を続ける」という姿ですかね。

強い信念こそが夢に向かって歩むための原動力になると思いますし、私も大切にしています。


主人公の父親は息子が何か課題を見つけると、チョコレートというご褒美をあげる教育を行っていました。

この国の子供達も、このような理系で合理的な思考を培って、世界で競い合えるような思考力や研究力を持った強い人材に育っていってもらいたいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​







最終更新日  2020.07.06 17:22:20
コメント(0) | コメントを書く
[トレード関係] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.