020653 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳積みデイトレード

PR

プロフィール


野性的に失格

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

サイド自由欄



徳積みデイトレード - にほんブログ村
2020.07.07
XML
テーマ:考え方(187)
カテゴリ:考え方
我々が生きていく為に必要不可欠なお金。

お金はあればあるほど安心感を得られます。

しかし、我々が健康的で文化的に生きていく為に必要な金額というものはある程度算出できます。

衣食住に関する相場はある程度決まっていますし、1日に必要な摂取カロリーや栄養量などのパラメータも計算され、寿命を100年と見積もった場合における必要な生活費なんてものも算出できるというわけです。

トレードを行っていると、一瞬で大金が出たり入ったりすることにもなるので、感覚が狂います。

「人間は利益を確実に得ようとし損失を最大限に回避したがる」や「利益よりも損失の方が重大に感じる」という有名なプロスペクト理論では、「金額が大きくなると損得の感覚が小さくなる」とも言われています。

1回のトレードで1000円レベルの損益であれば、マイナス1万円という数字はとても痛く感じるものですが、1回のトレードで数10万円レベルの損益が発生するような場合ではマイナス1万円など誤差の範囲と感じるようになってしまいまうというわけです。

しかし1万円というお金は1日中働いて日当でやっと貰えるくらいの価値があります。

トレードによって自分自身の金銭感覚が変わろうとも、世の中を構成する相場自体は変わりません。

食料を作る労力、衣服を作る労力、住居を作る労力は変わらないということです。

つまり食料を作ってくださる人々、衣服を作ってくださる人々、住居を作ってくださる人々等への感謝の気持ちも減らしてはいけないと思うわけです。

お金に向き合い過ぎて、人間や世の中を構成するモノに対する感覚や感謝の気持ちが狂ってしまわないように気を付けながらトレードの道を進みたいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.07.07 07:22:20
コメント(0) | コメントを書く
[考え方] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.