000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳積みデイトレード

PR

プロフィール


野性的に失格

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

サイド自由欄

【2020年損益】
5月 -582000
6月 +43800
7月 -75970
8月 +73571
2020.07.20
XML
テーマ:考え方(260)
カテゴリ:考え方
漫画やアニメ等で舞台になった実際のリアルの世界にある既存の地域は「聖地」とも呼ばれ、作品のファン達が訪れることによって観光業が活性化することがあります。

もともとその地域にあった歴史や文化とは別に、フィクション作品によって新しく作られた付加価値によって人が集まる形になるという事です。

もちろん漫画やアニメの舞台にするだけでなく、「ご当地ゆるキャラ」なんていうものを新たに作ることなんかでも、付加価値が生まれて可愛いもの見たさに人が集まるなんてことも起こります。

このようにして既存のものに付加価値を加えることで人々の注目を集められますが、更に既存のものに再び焦点を当てる事自体が世の中の為になることも同時に言えます

例えば、生きていく中で必要になったり、知っておけば役に立つ情報を再発信することです。

過去に何度か世に発信されて評価されたことがあっても、時間が経つと記憶から薄れていくものです。

更に人間界では次々と新しい世代が生まれてくるので、その情報を初めて受け取る人間は常に存在するということも間違いではありません。

時間が経って一度廃れても「時代は繰り返す」ものであり、本質を突いているものはいつの時代にも「良い物は良い」と言えるものです。


物事の本質を突いている情報とは、例えば"偉人の名言"なんてものが挙げられます。

とても昔の時代に発言された言葉であっても、時代を超えて伝えられる名言にはどこかに物事の本質を捉えている部分が必ずあるということです。

物事の本質とはつまり世の中の仕組みの答えであり、今後も上手く活用していける可能性が高い知識と言えます。

たとえその情報が既知であったとしても良い復習になりますし、このようにして有益な情報を再び世に発信することは必ず世の中の為になる部分があるというわけです。


元々ある"既存のもの"に対して新たに付加価値を付ける事、そしてもう一度世に発信する事は両方とも積極的に行っていくべきことではないかと思う次第です。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.07.20 07:22:12
コメント(0) | コメントを書く
[考え方] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.