031570 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳積みデイトレード

PR

プロフィール


野性的に失格

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

サイド自由欄

【2020年損益】
5月 -582000
6月 +43800
7月 -75970
8月 +73571
2020.08.06
XML
テーマ:考え方(263)
カテゴリ:考え方
自己啓発と言えば有名な成功者の本を読んだり、偉人の教えを学ぶことで自分が新たに生まれ変わり、意欲も上がって良い事尽くしというイメージがある方も多いと思います。

しかし、元々やりたいことも特に無く、なんとなく現状に不満があるような人の場合はデメリットが生じる場合もあります。

なぜなら自己啓発とは「自分のパフォーマンスを上げてもらう」ものではなく「自分のパフォーマンスを上げる為に役立てる」という潜在意識が無いと機能しない為です。

新たに自己啓発の知識を得ることができても、その通りに行動を起こさないと効果は薄く、逆に「何かやってる感」を得たことに満足し、実際に行動と自分自身の変化を起こさないような場合は時間の使い方としては勿体ないと言えるからです。

"知らなかったからできてない人間"ではなく、"知った上でできていない人間"に成り下がってしまうとも言えるのです。


闇雲な資格の取得に関しても同じように言える場面があります。

資格取得を趣味として楽しむ時間と割り切って行うのであれば良いと思いますが、自己成長の為の投資と考えるのならば、浅く広い知識の習得よりも今の足元にある仕事のパフォーマンスを上げるために必要な事に注視した方が良い場合もあります。

何故なら、人は物事を忘れる生き物でエビングハウスの忘却曲線によると復習をしなければ一日後には67%忘れ、一週間後には75%の事を忘れてしまうということが言われています。

何年も前に勉強した資格の数々の知識も結局消えてしまうリスクがあるのであれば、今目の前にある問題を解決するために必要な知識を取り入れる事に今の時間を割いた方が良いとも言えるわけです。


自己啓発という良い響きに捉われ過ぎて、新たな自分に変えてもらえるという他人頼みのイメージではなく、今の自分があってその自分を育てるという主体的な自己改善の意識が特に大事だと思う次第です。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.08.06 07:44:11
コメント(0) | コメントを書く
[考え方] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.