037187 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳積みデイトレード

PR

プロフィール


野性的に失格

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

サイド自由欄

【2020年損益】
5月 -582000
6月 +43800
7月 -75970
8月 +73571
9月 -100312
2020.08.10
XML
テーマ:考え方(266)
カテゴリ:トレード関係
世の中には人の性格を表す言葉として「熱しやすく冷めやすい」というものがあります。

スタートを踏み出すという行動力はあっても心変わりが激しく、同じことに集中して取り組めないことで大成に繋がらないというデメリットがあるタイプであると言えます。

今回は「熱しやすく冷めやすい」ではなく「熱しやすく冷やしやすい」ということについての重要性のお話になります。


熱したり冷やしたりする機構は自動車等の機械においても備わっています。

レースにおいて速く走る為にマシンの開発が進められるケースがありますが、マシンのパワーをより上げようと思うと、エンジンの大型化や高出力化によってより大きな熱が発せられることになります。

そしてその出力を保つ為にはその分強力な冷却ができるラジエーター等がセットで必要不可欠になるというわけです。

つまり、発熱力とそれに釣り合う冷却力が同時に高性能化することで総合的なパフォーマンスは上げていけるという事です。

またマシンを高速で走らせたいのであれば、その高速域からもスピードを落とすことができる強力で頑強なブレーキがセットで必要になってきます。

そのようにして、発熱力と冷却力の両立のように発進力と停止力の両立のような相反する力の両立は非常に重要な事であると言えます


トレードの世界で生き残っていく為には、レースの世界で例えると短時間における最高速度バトルのような形ではなく、長い耐久レースのような認識で挑んでいかないといけません。

短時間の勝負であればマシンに負担がある程度かかってもギリギリ乗り切れる場合もあるかもしれませんが、長期間の勝負においてはマシンの安定性や燃費等のバランスをとっていく事がより重要視されることになるのです。

やる気だけあって知識の乏しいトレード初心者というものは、マシンで例えると所謂ラジエーターとブレーキが貧弱な状態で耐久レースに挑むような状態と言え、やる気であるエンジンが強いほどに早く壊れてしまうことになります。

トレードにおけるラジエーターやブレーキとは、上手く行かない時にも頭を冷やせるメンタルや自制心だと言えます。


「熱しやすく冷めやすい」ではなく「熱しやすく冷やしやすい」というようなバランスを取りながらもパフォーマンスを上げて行けるような状態を目指していくことが大事だと言えるのではないでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.08.10 07:47:41
コメント(0) | コメントを書く
[トレード関係] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.