000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳積みデイトレード

PR

プロフィール


野性的に失格

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

サイド自由欄

【2020年損益】
5月 -582000
6月 +43800
7月 -75970
8月 +73571
9月 -100312
2020.09.18
XML
テーマ:考え方(266)
カテゴリ:生き方
世の中の人々は常に前に進み続けており、自分が止まっているだけでどんどん取り残されてしまうような厳しい世界でもあります。

更に世の中では背中を押してくれる「追い風」を味方とし、逆に前から吹き付ける「向かい風」を敵だとして認識されています。

しかし、我々は進み続けることによって、向かい風までも味方にすることもできます

例えばジョギング時においては、走り続けることによって向かい風は上がった体温を下げてくれて涼しく感じさせてくれる味方になり、頭を冷やしてくれたりもする良い効果も生まれます。

更に、ジョギング時に雨が降ってきた場合なんかは「運が悪い」と思いがちですが、走り続ける場合であれば上がり過ぎた体温を下げてくれて体内の水分の温存にも繋がることにもなり、更にジョギングコースを通りかかる人も減って走りやすくなるメリットも生まれます。

私も現場の仕事をしていましたので夏場の仕事であれば雨が降って来た場合に、カッパを着て作業するのも、着ないで作業するのもどちらにしろ「雨に濡れて外から濡れるか、汗で内から濡れるかの違い」という認識で特別に悪い印象にはなりませんでした。

更に例を出せば、有名人においても人気になればなるほどに何かを行動すればアンチ勢力も生まれやすくなり、向かい風のように感じる場合もあるかもしれませんが、実際はアンチよりもファンの方が圧倒的に多く味方をしてくれることも事実なので、結果的には良い意味で知名度が更に上がる場合もあります。


進み続けるという事は継続力を持つという事です

トレードの世界においてもエントリー後に損切というデメリットが生まれる可能性があっても、期待値を確認してメリットの方が大きいと判断すれば迷わず進む決断力も必要にはなりますが、更にそれを長期間続けて期待値に近づけていくという継続力がより必要になります。

逆に少々の損失で心が折れてしまい、続けることを辞めてしまうことで、トレーダーとして生き残れるのは全体の1割だと言われるのだと思います。


私には人生観として「人は生み出せなくなった時が終わり」という概念があります。

つまり、常に人は何かを生み出し続けるものであり、それができなくなった時に本当の意味で死を迎えるという意味でもあります。

お金が大量にあれば消費活動だけをして快楽をいくらでも堪能することができますが、それだけではいけないという過激な面もあります。

もちろんこの思想は自責思考で自分を鍛え上げたいという個人的な意思であり、他人への強制の意識は全くありません。

しかし、毎日少しずつでも力の限り前に進み続けて、向かい風までも味方にして、自分に生み出せるものが無くなるまで完全に絞り出すという意識を持って、最期の時までの日々を大切にしていきたいと思う次第です。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.09.18 07:31:18
コメント(0) | コメントを書く
[生き方] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.