000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳積みデイトレード

PR

全54件 (54件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

考え方

2020.05.27
XML
テーマ:考え方(255)
カテゴリ:考え方
人は欲によって過去よりも良い結果を望むものです。

最高値の更新を望むわけです。

しかし、人は歳をとると知識と経験は増えても肉体及び頭の回転も劣化していき、常に成長を続けるというわけではありません。

また自分の肉体の限界超えると体は壊れてしまいますし、1日間を頑張り過ぎることで翌日以降のパフォーマンスを総合的に落とす事にも繋がります。

また社会集団に関しても、人が多くなればなるほど全て良くなるというわけでもなく、増え過ぎる事によって統率は困難になり、反発勢力や怠ける勢力が発生する場合も出てきやすくなります。

将来的に最高値の更新を目指すにあたっても、日々の行動や詳細に関しては過度にならないような最適値に調整する必要がでてくるわけです。

自分の中にある欲と、現在の実力をしっかり把握して、上手くバランスを取りながら焦って空回りをすること無く最適値を算出して前に進む能力を身に付けていきたいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:44:39
コメント(0) | コメントを書く


2020.05.25
テーマ:考え方(255)
カテゴリ:考え方
誰しも何かしらの目標を持っていると思います。

時間をかければ必ず届くものもあれば、時間が限られているからこそ難しいことや、時間をかけてもいつ達成することができるかわからないことまで…。

目標を達成するためには「現状の実力」をしっかり把握して「目標までの距離」を測るという事が必要になります。

それも定量的なデータを基にしないといけません。


何かの資格勉強であれば模擬テストの点数と合格点数の差であったり、ダイエットであれば今の体重と目標体重の差であったりです。

多くの場合、この差が大きいのにも関わらず、現状の自分の能力を把握していないと、気持ちだけが前のめりになって、その結果目標達成が遅れる場合が出てくると思います。


ランダム性が高いトレードにおいて、目標とすべき基準は収入金額ではなく、期待値でないといけません。

例えばコイントス1回で大金をかけて、50%の確率で成功すれば目標金額を得ることはできるかもしれません。

しかし、勝率50%というギャンブルでは継続的に利益を出して行けるとは言えません。

期待値とは勝率だけではなく利幅を加味した利益率です。

コイントスでも「裏なら全額没収、表なら掛け金の3倍帰ってくる」ということなら、

この場合の期待値は 50%×3-50%×1=100%となり、

掛け金そのままの金額分のプラスを期待できるという計算ができ、続ければ継続的に勝っていけると判断できるわけです。

ただし1回のコイントスだけなら負ける可能性もあります。

ですので試行回数が多くなり、勝率が50%に収束することが前提になります。

つまりできるだけ正確な期待値を測るには試行回数が必要という事です。

トレーダーとして成熟した手法を作り上げるには試行回数も必要になり、「たまたま上手く行ったのか、そうでないか」の判別をできるようにならないといけないということです。

天気予報なんかで言えば「降水確率90%の日の雨」と「降水確率10%の日の雨」を区別するような感じです。

データを集めた玄人であれば降水確率90%の日に出かけず、降水確率10%の日に出かけるという判断をします。
たとえ降水確率10%の日に雨に打たれた場合も、天気予報を見ていない素人とは違い「今回は運が悪かったが自分の選択には間違いは無かった」と割り切れる精神的強みを持っています。


試行回数を重ねるということは長い旅路になるかもしれませんが、現状の自分の手法の期待値をできるだけ正確に把握し、コツコツと真実に近づけているという意識を持って前に進みたいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:43:53
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.24
テーマ:考え方(255)
カテゴリ:考え方
トレードの世界はお金が増えたり減ったりして感情的な変動も激しくなり大変な世界と言えます。

お金に対してとても思いが強いとその気持ちの振れ幅も大きくなのではないかと思います。

私のお金に対しての考え方は、トレードを始める前と後で大きく変わりました。


新社会人になり、貯金が徐々に溜まっていくと「こんなにお金を手にしてよいのか」という気持ちになって、「200万円も貯金を残しておけば大丈夫だろう」なんて気持ちでどんどん新しいバイクに乗り換えたりして、惜しみなく散財していました。

毎日の仕事の対価として得ているという感覚ではなく、普通にいつもの仕事をして過ごしていればお金はいつの間にか増えていくという感覚でした。

「こんなに無駄にたまるくらいなら仕事の出勤数を減らして自由時間を増やしたい」

とまで思うくらいでした。

ですので、トレードを始めて間もない頃に、ある程度の大きなお金を失っても精神的ショックは少ない方だったと思っています。
少なくともその日に手仕舞いできずに塩漬けにしたことは全く無いので損切に対する抵抗感も一般の方に比べたら小さかったのかもしれません。

しかし、トレードでお金を失い続けるうちに、貯金はトレードをする為の大切な資金という感覚になり、悪い言い方をすればトレード以外にお金を使うことに対してはケチになりました。

お金を大切にするようになったとはいえ、自分が生き残る為に気前が悪くなったとも言えるので完全に良い変化とは言い切れないところです。


ある程度勝てるようになれば、もう少しこの気持ちが和らぐこともあるかもしれませんが、まだまだ不安定故にしばらくは怯え続けることになるかもしれませんね。

しかし、この感覚は食事が安定的に与えられる家畜達には無くとも、野性で必死に生きる動物達にとっては皆持っていて当たり前の危機感というものですので、大切に向き合いながら進んで行きたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:43:31
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.22
テーマ:考え方(255)
カテゴリ:考え方
人は営みを続ければ続けるほど背負うものがどんどん増えていきます。



私で言えば、経歴を辿ると出身幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、そして社会人になって10年間働かせて頂いた会社の看板を背負っていることになります。

今まで関わって来た社会の多くの方々の為にも、今後の自分の生き方にも責任が生じます。


また、生まれながらにして背負っているものもあります。

親戚やご先祖様達との繋がりです。

自分と血の繋がる者や自分の子孫の幸せを願わない人はいないでしょう。

つまり人は誰しも多くのご先祖様達に想いを託されてこの世に生まれてくるというわけです。


更に、背負っているものがあります。

それは自分が今まで生きる為に奪ってきた多くの生命達の気持ちです。

我々は1日を生きる為だけでも多くの動植物の命を奪っています。

それも「まだ死にたくない。」と思う生き物達の命をです。

今まで奪ってきた何千、何万の命はこの身体となって生きる為の力に変わりますが、生命達の多くの想いという責任も共に託されているという事になります。


今背負っている多くのものを大切にして、一歩の重みを感じながら前に進みたいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:43:02
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.21
テーマ:考え方(255)
カテゴリ:考え方
「強者の物語」
向上心を持って強くなるために努力し、競争に勝ち抜いて成功を成し遂げた者による理想的なサクセスストーリー。

「弱者の物語」
無気力で強くなるための努力をせず、競争に負けて失敗に終わった者による悲観的なフェイラーストーリー。

「挑戦者の物語」
不屈の心を持って強くなるために努力し、競争に立ち向かう者による不確実的なチャレンジストーリー。


どの物語が客観的に見て面白そうでしょうか。

自分自身の人生はどの物語になりそうでしょうか。

「強者」になれなくとも、最期まで「挑戦者」を貫いて事切れたいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:42:38
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.17
テーマ:考え方(255)
カテゴリ:考え方
​​​​血液型は大きく分けてA・B・AB・O型に分かれるので、占いや性格診断なんかも行われますよね。

今回お話ししたいのはルーツのお話です。

​​A型は農耕民族B型は遊牧民族。​O型は狩猟民族​​​がルーツと言われています。

現代において農業をされている方にA型が多いとか、牧畜業をされている方にB型が多いとか、狩猟や漁業をされている方にO型が多いとかの状態はわかりませんが、サラリーマンとトレーダーの形態で言えばどれがマッチしやすいのかなと考えました。

サラリーマンの、皆で協力して安全で安定した収入を得る形態は農耕民族のA型がマッチしているんじゃないかと思います。

また、トレーダーの個人業で危険で不安定な収入の形態は狩猟民族​​​のO型がマッチしているんじゃないかと思います。

ただし今述べたのは給料体系という一面だけです。

トレードをどのようなものとして捉えているかは人それぞれなので、流動的で変化に付いていくことが大事という認識であれば、本拠地の移動をしない農耕狩猟民ではなく、移動を頻繁に行い変化に対応する生き方をしていた遊牧民がマッチするなんて見方もできますし、最初に手法を決めて自動でトレードさせるシステムトレーダーなんかは種をまいてお金が実るような感覚なので農耕的思考と言えるのかもしれません。

ちなみに私は狩猟民族​​​のO型です。
上手く捕まえられなければ収入は無し。
更に一人で怪我をすれば大きな危険を伴う。
それであっても戦う勇気は消えないし血が燃え滾ってしまうのは、因果関係があるのかもと信じたくなってしまいます。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:41:11
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.16
テーマ:考え方(255)
カテゴリ:考え方
やっと全国でコロナウイルスによる緊急事態宣言も解除され始め、自粛という苦痛から解放されていく流れが出来始めたのでしょうか。

このような自粛生活を初めて続けたことに対する感じ方は人それぞれだと思いますが、長く休めた事に対する喜びと言うよりも、収入が無くなり働けないことや、時間があるのに外に出かけて遊びに行けない苦痛を感じた方の方が多いのではないでしょうか。

世間では「仕事でしんどい」、「休みがもっと欲しい」というサラリーマン達の多くの悲鳴が聞こえてくる印象がありましたが、(自由時間ではない)休憩時間があり過ぎると逆に苦痛にもなるということが見えてきたのかもしれません。

「一生仕事をせずに暮らせるほどのお金が欲しい」なんてことを望む方は沢山いらっしゃいますが、仮に衣食住と安全は確保されても、遊ぶことが許されないという条件で毎日ベッドと食卓を往復するだけの生活は味気なく苦痛にもなると思います。
運動不足になれば不健康になり寿命も縮まりますしね。

歳をとり介護されるような段階になれば、お金があっても嫌でもそういう生活になると思います。

「もう食べることだけが毎日の唯一の楽しみ」なんていう感覚ですね。

辛辣な言い方にはなりますがそのような状態は個人的には、他者にほとんどの事を頼って、まだまだ生きたいと望む他の生命を奪って、自分の死のタイミングできるだけ伸ばしているだけという見方をしてしまいます。

誰しも最期はそのような状態になってしまうのは仕方ありませんが、個人的にはそうなってしまうまでの時間をできるだけ精一杯楽しみたいと思っています。


今回の自粛生活を経て、毎日変化を感じられて成果がある仕事をできている事に対しても、少しはありがたみがあったと感じられる機会になったのではと思います。

囚人への罰として、自分で掘った穴を自分で埋めるという生産性の無い作業を繰り返させるということで、肉体的だけでなく大きな精神的苦痛を与える方法もあるという話を聞いたことがあります。




何かしらリスクがあっても1日1日変化と発見と成長がある日々を送りたいものですね。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:40:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.15
テーマ:考え方(255)
カテゴリ:考え方
誰しも「幸せになりたい」、「幸せでいたい」と思いながら生きていると思います。

よく考えるとそれらの言葉は"未来の希望"についての気持ちになります。




では過去についてはどうでしょうか。

「幸せだった」と言えますでしょうか。

それとも過去のことはあんまり考えないでしょうか。


私は「幸せだった」と思っています。

そして今まで生きてきた日々は合計12000日程なので、幸せ度は約12000ポイントたまっています。

もしも明日、不幸な事が起こっても幸せ度は12000-1=11999という計算をします。

つまり幸せ度が0以下になって不幸だと認定するには、あと30年程の期間を、それも毎日不幸な日々が続かないといけないわけです。

なので私はそれまではいつ死んでも「今まで生きて来れて幸せだった。わが生涯は総合的に悔いなし!」と言える確信があります。

更に言えば、沢山の幸せを得てきた分、バランスを取る為に同量の苦しみが来て当然だと思っています。

正直なところ30歳を超えてトレードを始めるまでは大きな挫折なんてことは経験していませんでした。

日々の痛みも受け入れると同時に、今までお世話になり、沢山頂いた幸せに対しての皆様への感謝も忘れずに、日々を歩んでいきたいと思っております。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:40:44
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:考え方(255)
カテゴリ:考え方
人々は皆それぞれ生まれた時代、国、家庭環境が異なります。

正に"生まれガチャ"を経験するわけです。


親から受け継いだDNA以外にも、生まれた時点で備わっている周囲の環境は千差万別。

裕福な家庭、貧乏な家庭、バブルで活気があり平和な時代、枯渇した資源の奪い合いで戦争を行う時代…。

総合的に考えて人生が開始した時の"初期ステータス"とも言えるもので、その後の人生も大きく左右されることでしょう。

しかし、初期ステータスがどうであれ、もう一度"生まれガチャ"を行うという選択は故意には行うべきではないでしょう。

それぞれの置かれた立場でゲームオーバーになるまで駆け抜けていかなければなりません。


初期ステータスに恵まれていれば人生はイージーモードとなり、逆に恵まれていなければ人生はハードモードとなります。

しかし、生まれた環境ではなく、主人公である自分自身の評価に関してはどうでしょうか。

評価というものは大きく分けて二つあります。

他の人間達との差を比べる「相対評価」と、元々の目安からの差比べる「絶対評価」。

初期ステータスが高い人間は最初から「相対評価」として秀でていますが、逆に初期ステータスが低い人間は苦労して大人になる為、成長度も高くなり「絶対評価」が高くなるという見方もできます。


世の中は面白いもので「表があれば裏がある」ようにできています。

苦しむことの裏にはメリットもあるし、楽をすることの裏にはデメリットが必ず存在します。

辛い肉体労働をすれば体は筋肉がついて屈強になりますし、必死であればあるほど作業を効率化しようとして頭は良くなります。
逆に楽して働かず美味しいものを食べ過ぎると太って健康は損なわれますし、何事も人任せになり自分自身でできることが減ります。

皆さんは長年生きて来られているので、今は初期ステータスというよりも現在のステータスを気になさることでしょう。

しかしながら、すぐには変えることのできない「相対評価」に捉われ過ぎず、まず一歩を踏み出すことで変えられる己自身の「絶対評価」を行って、少しずつでも日々自分を磨いていくことこそが人生を豊かにするのではないかと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:40:27
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.13
カテゴリ:考え方
良くヤフーニュースを見るのですが、色んな記事に対して様々なコメントが寄せられ、そのコメントに対してもコメントの返信があったり、全てのコメントに対して「GOOD」と「BAD」の評価が付けられるようになっているので、様々な事例に対しての多角的な見地を得ることができて非常に素晴らしいシステムだと思います。

ひと昔の一方的なメディアのニュース発信とは違って、メディアリテラシーの観点では良い時代になったと思います。

こうも引きこもり生活をしていると、外界との接点が減り、社会的なコミュニケーション能力や価値観などの劣化のリスクもあるので、ニュースに対して個人的な見解を実際にコメントにして発信してみて、不特定多数の人間の評価を見てみるということは、記事の読解力の確認や文章の書き方、そして世論との価値観のズレなどに気づくきっかけになったりするのではないかと思いました。

ですので、最近は何度かコメントをしてみています。




まだ12回しかコメントをしていませんが、トップページに載ったりすると結構な反応が得られたりして興味深いです。

その場合の他者の返信に関しては(自分のコメントを多くの人に見てもらう為なのかもしれませんが)私のコメントにというより、記事への返信になってたりしますね。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​






最終更新日  2020.06.20 15:40:02
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全54件 (54件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.