2020.05.24

お金に対する意識

テーマ:考え方(264)
カテゴリ:考え方
トレードの世界はお金が増えたり減ったりして感情的な変動も激しくなり大変な世界と言えます。

お金に対してとても思いが強いとその気持ちの振れ幅も大きくなのではないかと思います。

私のお金に対しての考え方は、トレードを始める前と後で大きく変わりました。


新社会人になり、貯金が徐々に溜まっていくと「こんなにお金を手にしてよいのか」という気持ちになって、「200万円も貯金を残しておけば大丈夫だろう」なんて気持ちでどんどん新しいバイクに乗り換えたりして、惜しみなく散財していました。

毎日の仕事の対価として得ているという感覚ではなく、普通にいつもの仕事をして過ごしていればお金はいつの間にか増えていくという感覚でした。

「こんなに無駄にたまるくらいなら仕事の出勤数を減らして自由時間を増やしたい」

とまで思うくらいでした。

ですので、トレードを始めて間もない頃に、ある程度の大きなお金を失っても精神的ショックは少ない方だったと思っています。
少なくともその日に手仕舞いできずに塩漬けにしたことは全く無いので損切に対する抵抗感も一般の方に比べたら小さかったのかもしれません。

しかし、トレードでお金を失い続けるうちに、貯金はトレードをする為の大切な資金という感覚になり、悪い言い方をすればトレード以外にお金を使うことに対してはケチになりました。

お金を大切にするようになったとはいえ、自分が生き残る為に気前が悪くなったとも言えるので完全に良い変化とは言い切れないところです。


ある程度勝てるようになれば、もう少しこの気持ちが和らぐこともあるかもしれませんが、まだまだ不安定故にしばらくは怯え続けることになるかもしれませんね。

しかし、この感覚は食事が安定的に与えられる家畜達には無くとも、野性で必死に生きる動物達にとっては皆持っていて当たり前の危機感というものですので、大切に向き合いながら進んで行きたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
​​​↑関連ブログ検索(と応援ポチ)にどうぞご利用ください↑​​





TWITTER

最終更新日  2020.06.20 15:43:31
コメント(0) | コメントを書く
[考え方] カテゴリの最新記事