1426084 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

お買い物日記   karin19  

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

Sep , 2017
Aug , 2017
Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017
Mar , 2017
Feb , 2017

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Apr 20, 2007
XML
カテゴリ:本・映画・DVD

レオナルド・ディカプリオ主演の「ブラッド・ダイヤモンド」をダンナと観てきました。

タイタニックのイメージが強すぎたレオ様だけど、

この映画ではジンバブエ出身の元傭兵、ダイヤの密売人でもう1人の主人公ソロモンを利用しようと企む根っからの悪人というかなりダーティーな役どころ。

いや~~タイタニックのレオ様はどこへ?ってくらい役にハマって見事に演じてましたね~

あんな爽やかなカワイイ顔なのによくあそこまで荒んだワイルドな雰囲気を出していたなぁ・・と^^;

ストーリーも、

主人公3人のダイヤを手に入れるまでの内紛の続くシエラレオネを行く過酷な状況にハラハラドキドキだし、

話の軸である紛争ダイヤなど社会問題となっているテーマも非常に興味深いし、

3人それぞれがだんだんと心を通い合わせていく過程も見ごたえあるし、

ラストはもちろん感動・・・(;_:)

と、重いテーマを扱った社会派の映画ですが飽きさせることなく、ぐいぐい引き込まれてとても面白く観られました。

・・・が、

テーマの軸である紛争ダイヤモンドシエラレオネの内紛大量虐殺子どもの拉致少年兵へ仕立てる洗脳、難民の現状などなど・・・

あまりにもコトが深刻すぎて平和な日本に暮らしてる私など

現実はもっともっと厳しく残酷で救いのないことなのだろうな・・

とあまりに凄まじい内容にそこまで想像するだけで限界です・・・




学校で勉強するのが好きなソロモンの息子ディア、

往復で5時間かかるという学校に通うため早朝父親のソロモンに起こされ息子は学校へ、父は漁へ行くシーンから始まるのですが、

背景はアフリカの大自然、うっとりするような朝焼けの景色・・・・

と、私などが想像する美しい大自然の国アフリカはここまでほえー

その後は反政府ゲリラの国民統一戦線(RUF)による村の襲撃、無差別な虐殺、見せしめに捉えた村人の手足を切断など阿鼻叫喚の様相が延々と続き、

採掘場で強制労働させられる大人たち、

拉致されて洗脳と薬漬けで今度は襲う側の少年兵へと強制的に仕立て上げられる子どもたち、

命からがら逃げ出せても難民となるしかない状況、

などなど。。ショック

ニュースなどでたまに聞く程度では知りようもなかったことではありますが、

詳しく知ることができてよかったと思います。

いくつか検索して見てみた中、こちらのサイトがとてもわかりやすいと思いました。

お茶の間から世界を変えよう紛争ダイヤモンドの項。

しょっぱな「世界で一番平均寿命の短い国」と。

この映画の舞台、西アフリカのシエラレオネの説明です。

映画を見る前にこれをちょっと読んでおくとわかりやすいと思います。



ブラッド・ダイヤモンド公式HP

レオナルド・ディカプリオ(ダニー・アーチャー)

3人のひとりはダイヤの密売人。
悪魔に魂を売った“死の商人”とも言うべきこの男にとって
それは救いのない現実から脱出するための最後のチケット。

ジャイモン・フンスー(ソロモン・バンディー)

もうひとりは闇ダイヤの採掘場に強制的に連れてこられた愚直な漁師。
偶然見つけた巨大ダイヤは、彼にとって
引き離された家族を奪還するためのなけなしの切り札。

ジェニファー・コネリー (マディー・ボウエン)

最後のひとりはアメリカからやってきた女性ジャーナリスト。
彼女にとってそれは、どうしても暴かなければならない真実のための動かぬ証拠。


001.jpg003.jpg004.jpg
007.jpg008.jpg







最終更新日  Apr 20, 2007 09:26:53 PM
コメント(6) | コメントを書く
[本・映画・DVD] カテゴリの最新記事

楽天プロフィール


karin19さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

フリーページ

お気に入りブログ

大相撲千秋楽 9月… New! そらまめひよこさん

ショッピング ダイ… ジュリエル♪さん
suwaina~気ままにブ… suwainaさん
サラミの日記 えどもんさん
TreasureのHandmade… ちくちく8986さん

ほしいものリスト


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.