409548 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

楽しきかな楽天生活

2017年01月24日
XML
テーマ:ブルネイ(13)
カテゴリ:こんなん行った
12月10日(土)

おはようございます。
今日はブルネイ最終日。
もう帰らなくちゃいけないなんて!嗚呼!!

なんか今日も早起きなんですよ。私たち。
「プールやってる?」
「まだじゃない?」
「8時からってあったけど、9時からロッカー開始だよねえ」
すでに泳ぐ気まんまんのAさんと私。
Bさんはプールサイドでトロピカルジュースを飲みながら、
のんびり本など読むというホテルライフを過ごすのが希望。

ではでは、とりあえず朝食だ☆彡
ということで、中央棟の三階へ。


朝食は控えめに(うそ)

ここもブッフェで選び放題です。
私がこれをとってきたら、テーブルの上にパンが運ばれてきて…。
うーん、頼んでないよね、誰も。
これはひとテーブルにひとつサービスされるものなのかな?

それはともかく。
コーヒーのおかわりや、
使い終わった皿の引き取りなどのタイミングは結構頻繁で、
朝ごはんにおけるサービスはよかったです。

そして、ここの従業員の名誉のために一つエピソードをご紹介。
昨日、夕食の後散歩して部屋に戻ってきたきたら、一本の電話。
「Bさんはいますか?スマホを落としてません?落としてますか?
では、これからお届けにあがりますね」
といってしばし後に、ボーイさんが現れました。
見れば確かにBさんのスマホだとのこと。

「サンキュー!!なんでわかったんですか?」
スマホはもちろんロックかけてあるから、
個人情報の洩れとかないはずだし、
スマホ自身に名前なんて書いてない。

「ここにカードが入っていたので、この名前を見て、
本日の宿泊者名簿を探してみた」とのこと。
そう、スマホケースにICカードが挿してあったので、
そのカードの名前をもとに探してくれたらしい。

「どこにありましたか?」
「プールの向こうの、海との境の道(あたり)」
プールの向こうなんて、気がつかないところに落としていて、
見つからなかった可能性大だし。
見つけてもらってよかった!
「さんきゅさんきゅ!」
一気にエンパイヤのカブが上がりました。

そして朝ごはん、今回も朝からバクバク食べましたよ~♪
昨日の夕食カルカッタ、もとい、軽かったし(笑)
朝から金のアラザンがかかったドーナッツも食べちゃった(あはは)

さて、部屋へ戻りましょうか。
その途中で寄り道。


ここはどこでしょう

答えはお手洗い(笑)


↑の扉の奥におトイレあるのがわかりますか?


部屋にあるようなソファーが鎮座



もしかすると泊まった部屋より広いんだが(笑)
どこまでもスケールが違います。

館内もこのとおり広いので、あちこちにソファーが置いてあって、
歩き疲れたらそこで一休みできるようになっています。


あちこちにソファー


明るい中見ると本当にびっくりするような建て方だわさ

面白がってほかの階のトイレにも行ってみた(笑)


ここもすごいけど


ここはわりとこじんまり(といっても前よりっていう相対比較だけど)


いやいや、じゅうぶん広いですね


誰も歩いてない階段


この奥は会議室?

五階まで戻ってきたので、そのまま正面玄関から出てみた。


正面玄関前の植物


車寄せも重厚ですね


南国風の植物


バギーが止まっていました


玄関前の絵画(昔のブルネイの景色らしい)


床から天井から…贅をつくし切ってます


調度品も素敵でした


あんなとこまで金貼ってあるし


これがブティックのようなパン屋さん


やはり高いよ>ここ

館内ウロウロももっとしたかったのですが、部屋へ戻ります。


海は穏やかでした


南シナ海です(ていっていいのかな)

そしてそろそろ9時ということで、プールへGO!


我々が泊まっていた棟


プール来ましたよ

スイマーでガシガシ泳ぎたいAさんと、
プールサイドで読書を楽しみたいBさんと、
とりあえずバカンスするぞっていうわたしと、
それぞれが好きなことをするぞ!おお!

とりあえず私は海へ行ってみることにしました。


プライベートビーチにいってみます


なんごくぅ~!


♪誰もいない海~


ひゃっぽー

昨日「プライベートビーチで泳ぐ」なんて話をしていたらガイドさんに、
「海はくらげがいるから泳がない方がいいです」と言われてしまった。
そうなんだそうなんだ。

では泳がずに、とりあえず海水に足をひたす程度に。
この海、日本につながているのよねなんて感慨にふけりながら。


とりあえず日本と海続きの砂浜に浸かる


吾の足跡


絵にかいたような光景


ばかんすぅって感じでしょ

海を満喫(?)したので、プールへ戻ります。

戻ってきたら、Aさんは25m10本!な勢いで泳いでいますし、
Bさんはココナツジュースを脇に、読書中。

ではでは、わたしも泳ぎますかね。
泳ぐなんてかれこれ何十年してませんが、
平泳ぎで10かきから始めて、
とりあえず50かきくらいできるようになりましたよ。


ヤシの実ふたつ

Aさんが「ヤシの木の下でうかんでごらん~空がきれいだよ」
っていうので、プカンとしてみたら、確かにキレイです。

このプールには実はドリンクバーがありまして、
水中から注文して、水中に設置されたスツールに腰かけて飲むことも可能。
Aさんはレモンティを注文して、有閑マダムぶりを呈していました(笑)


左がドリンクバー・右が温水のジャグジー

しかし、あとで聞いたハナシでは…。
Bさんが頼んだココナツジュースも、
Aさんが頼んだレモンティも、会計では例によって例のごとく、
「レジがまだ使えない?
え、キャッシュ支払い?
じゃあカード使える?
え?使えるの?使えないの?
じゃ部屋につけておいて…」
などなどのすったもんだがあったそうです。
ま、例によって例のごとく「ブルネイだからね」(笑)


テイクアウトしてきた朝ごはんをここで食べている家族連れ

日本は冬。寒い中ですが。
ブルネイという外国で、屋外で、水着で、プール入って、泳いでる。
その不思議。
また楽しからずや。

一か月前あんなに悶々して、行くか行かないか悩んでいたのが遠い昔のよう。
来てよかったよー、ブルネイ!&マレーシア!



まだまだのんびりしていたかったけど、
そろそろ上がらないと。
結局、映画館も、ゴルフ場も、ボーリング場も、行けませんでした。
遊ばなくていいから、ぐるっと敷地内一周したかったなあ。


この道バギーで走りたかった

部屋に戻ってシャワーを浴びて。
本日は学友さんがお昼をご一緒してくれるというので、
フロント前で待ち合わせて。
再びプールサイドのレストランでご飯をしました。


東南アジア風の造りのレストラン

アラカルトもあったけど、時間がおしてきたのでビュッフェで。
それでも私は好きなものずらっと並べて食べたのでOKです。


えびをずらっと並べてみた(笑)

「今日本ってニンジンが高いのよー」
「なんで?」
「天候不順で。だからニンジンたくさん食べてかえるー」
なんて与太話をしながら昼ご飯。


大好きなフォーとフルーツも食べたし

まだまだホテルで遊んでいたいですが、そろそろ空港へ向かう時間です。


ありがとうエンパイアホテル

チェックアウトして、予約してあった旅行社の車で空港へ。


なんとかって企業のビル(なんじゃそりゃ)


バイク便さんかな?

なんで帰り道なんてあんなに早く目的地についちゃいますかね。
あっという間に空港につきましたよ。


車中よりブルネイ国際空港

チェックインまでまだ時間があるので、
ガイドさんが荷物を見ていてくれるというのでお言葉に甘えて、
空港内を最後のショッピング。


綺麗な空港でした


こじんまりして(をい)

雑貨屋さんを覗いて、こまごましたものを買い、
せっせとブルネイドルを消費しました。

そして最後に学友さんが紹介してくれたのが、
patchiというチョコレート。

なんでも王様がお気に入りで、
ブルネイ国内に支店を作らせてしまったんだとか。
さすが、王様!

このチョコレート会社はレバノンの会社らしいのですが、
どちらかといえば、ドバイのお土産物として有名らしい。
パッケージもスタイリッシュだし、
店構えもブランドショップみたいだし、
確かにこりゃ一味違う感じ。

おととい学友さんちで食後のお茶をいただきながら、
ここのチョコも食べさせてもらったんだけど、
外国にありがちな甘々大味って感じはなく、
確かにベルギーチョコに勝るとも劣らない味。

その空港店があるというのでちょっと覗きます。


王様ご用達のpatchi

なんだか壁一面に例のおしゃれな箱が並び、
ちょっとしたブランドショップみたいです。
(お値段もそれなりにします)

レジの女性が一人と、なぜかブランドショップのガードマンのように
店内のすみっこに立っている男の人が一人。
そこはかとなく漂う高級感。

高いものも多いですが、チョコバーの数本入りの紙パッケージを発見し、
ここでブルネイドルを使い果たすべく、
ジャストな金額のものを探して、これにてブルネイでの買い物終了!


この猫のパッケージは1B$足りずに買えなかった(笑)

うわーい、ビタ一文残さず使い切ったぞ!!
キレイに使ってやったわ!と思ったら
「お茶しようか~」
げげ!
「ええ?あたし使い切っちゃった!」
結局学友さんにおごってもらっちゃいました(汗)
>この借りは奈良で返しますからねー(以上私信)

昨日の話などしていたら。
「テンブロン楽しかった?」と学友さん。
「楽しかった!ボートが早くてアトラクションみたいだった」
「え?」
Aさん「うちはキャンプ毎年いっていたから、ああいうの大好き」
Bさん「ガールスカウトで野外活動は慣れたもんだから」
「ええええー、みんなアウトドア派だったの?!」
うんうんと二人。
私はフツーに奈良歩きが好きなだけですけどね。
「テンブロン気に入った?」
「気に入った!!航空券代がもっと安ければ孫たちも連れてきたいくらい」
「子供はああいうの好きだよね」
「あらまあ、そりゃよかった」
「うん、よかったよかった!」

そろそろ時間となりました。
お世話になりました>学友さん&ガイドさん。
とっても楽しかったです。

また日本で(奈良で)会いましょうね!
と手を振り、出発口に入りました。


中はゆったりしてました>てか人があんまりいないんだけど

中に入ってもショップはあるので、
引き続きお買い物したりして。

帰りはロイヤルブルネイではなく、
フツーにマレーシア航空。
もう一回乗りたかったなあ、ロイヤルブルネイ。

これが結構遅れたんですよ>国内線。
まあ、そういうこともあるでしょう。
慌てず騒がず。
来る時が来れば飛びますから(達観)

そしてさよならブルネイ。
ぎゅいんと飛行機は飛び立ってクアラルンプールへ。

短いフライトでしたが、ごはんが出ましたよ。


これまたカレーですね

なんか、カレーって不思議ですよね。
満腹だったとしても、カレーの匂いを嗅ぐと、
なんとなく食べちゃいますから。
(空腹時にカレーの匂いを嗅いだら最後、口がカレーになっちゃうし)

クアラルンプールでは日本への便まで6時間待ち時間!
クアラルンプールといえば、変なビル(をい)とか、
街を見るだけでも楽しそうだけど、空港からそれらの所までは
一時間ほどかかるということで、入国はせずに、
空港内のショップを見まくり、買いまくりです。

ここはマレーシアなので、マレーシアリンギットを使いつくすべく、
お土産を物色。
・バチックに包まれた小さいなまこ石鹸、
・フェイスパック、
・キティの玩食、
・キティのハンドジェル
・そして何故かここに来てパイナップルケーキ。


鳳梨酥(パイナップルケーキ)お試しセット 台湾お土産定番
(PPAPのブレイクとは関係ありません。
もともと私はパイナップルケーキ好きです)

そしていい加減ほとんどのお店を見つくしてたので、
夜食がてらにおつまみに一杯ひっかけて。


夜食とワイン(私はライチジュース)

その後はひたすら出発便を待ちます。
出るのは23時50分なので、たいがい眠たい。
搭乗手続きのアナウンスがあったとき、ぞろぞろと移動したら、
久しぶりにたくさんの日本人発見(笑)

ビジネスマンとかがパソコンカタカタしてるし、
「来週のブレゼンが」なんてセリフも聞こえるし、
いきなり日本っぽい雰囲気に触れちゃいましたよ。

おまけに我々の乗る関空行きのとなりは、
成田行きの便が並んでいるので、大量の日本人発見!
わーい。日本語だ日本語。
ひさしぶりに日本語シャワーを浴びたぞ。

そうこうしながら時間は進み、
成田便・関空便ともに搭乗手続きが開始。
無事に関空便に乗り込めて、テイクオフ。
さよならマレーシア。

乗り込んですぐに軽食サービスがありましたけど、
夜中のてっぺん過ぎていたので「ノーサンキュー」
となりのお嬢さんはもらっていたけど、
アップルパイかミートパイか、そんなものだったと思います。

しかし、あんまり眠れなかったんだな>この便。
結構揺れたし。
うとうと~としていると、きゅーんと下がったり。
ジェットコースターとかエレベータの下りとか苦手な私としては
ちょっとお~最後の最後で勘弁してよでした。

寝るのはちとあきらめて、iPodにいれた映画など見て過ごし、
気が付けばCAさんたちがバタバタし始めて、朝食でした。

午前五時に朝食が出たんだけど、あたしゃ食べますよ。
夜食も抜いたんだし(?)
「オムレツと、××とどちら?」と聞かれて、
「オムレツ!」即答。

だってこのオムレツ、「味がしない」と有名なんですもの。
塩でも持っていった方がいいって書き込みをしているサイトがあって、
体験したかったもんで。

食べてみて、確かに味しなかったです(ははは)
マズイわけじゃないけど、香辛料バンバンの国では
ケチャップもかかってないオムレツは素材そのものの味ですからねえ。
今回はじめて口コミに賛同する体験ができました(笑)


うす暗い中もぐもぐしました>美味しかったですよそれなりに☆

気が付けば目の前のモニタのフライトデータでは鹿児島が見えてきてて、
あとちょっとで到着。


メッカの方向と鹿児島の方角の競演

そして無事、定刻に到着しましたよ>関空。
よかったよかった。

旅は楽しかったけど、帰ってきて、
関空でトイレ入ったときに「あー日本っていいなあ」って思った。
足元はきれいだし、
便座は暖かいし、
音姫はあるし(?)
ウォシュレットは完備だし(??)
「日本サイコーだあ!」

いや、エンパイヤクラスのすごいホテルだって、
ウォシュレットは無いし、ウォームレットもないじゃない?
…と思ったけど、あんな暑い国に温い便座はいらんか(ははは)

とりあえず、日本語は通じるし、関西弁はわかるし、
土地勘はあるし、自力で帰れるしもう大丈夫!
関空快速と近鉄乗り継いで帰りましたとさ。

(おしまい)






Last updated  2017年01月24日 22時30分36秒
コメント(6) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:マレブル旅行記★その10(ホテルライフからの帰国便の巻)(01/24)   ソムリエA(笑) さん
やだ~、こっちにアップしてたのね~、気が付かなかったわ☆
ほんとに楽しかったね~~!!
沢山の写真と詳しいレポートのおかげで、色々思い出して、二度おいしい感じだわ。
食べ物は美味しいし、人は親切だし、やっぱりアジアはいいねえ☆
・・・・それにしても、行くまでずいぶん大変だったのね(汗)
お仕事の段取りもだけど、遺書の心配するほど怖がってたとは露知らず(劇汗)
いや、私、外国旅行に行くたび、往路に落ちたら嫌だけど、復路ならたっぷり楽しんだ後だし、まあいいか、と思ってるもので(汗、汗)
大変、失礼いたしました・・・・ (2017年01月25日 22時28分54秒)

Re:マレブル旅行記★その10(ホテルライフからの帰国便の巻)(01/24)   カルホ さん
Aさん、その節はお世話になりました(笑)
記憶があやふやになってきたから、写真を見ながら思い出して、
ようやくまとめましたよ。
冬休みの宿題って感じでした(ははは)

そうそう、飛行機乗ったの久しぶりだったからすごーくビビってました。
初めて乗ったときは全然ビビらなかったのに。

その間に、世の中いろいろあったからねえ。
実をいうと「クアラルンプール…ってあの連合赤軍が事件を起こしたとこ?!」
とかって昭和な知識を思い出し、
またまたガクガクブルブルしてたりもした。
いつの時代の話だよって感じですけど(大汗)

いやー行って帰ってきたから言えるけど、
マレーシア航空の一連の事故は結構ビビってたのさ。
しかし、乗ってみたら「飯はうまいし、ねーちゃんは綺麗」だったので、
あの杞憂はなんだったんだよおお>ジブン、でありました。

ま、無事に帰ってこれて何よりでした。
今度は飛行機乗らなくても行けるとこ行きましょね(笑) (2017年01月25日 23時47分02秒)

遠路お運びありがとうございました。   学友です さん
力作を拝読。読んでいくつか当地での反省点。
・どうも我が家の朝食はボリューム不足だったらしい(私の通常の朝食を出してしまいました。ゆえにバリバリコンチネンタルスタイルでごめんでした。エッグベネディクトでも張り込めばよかったわん・・)
・当地での市内観光はかなりコタキナバルとかぶったらしい(生地屋さんとかフィッシュマーケットは女性のプライベートゲストに定番でご案内しておりましたが、経由地によってはダブり感あるのね。それにテングサルもコタキナバルの動物園のほうがよっぽどよく見えたようで・・・)
・最後の日にエンパイアで取った昼食は同日の朝食との関係上かわりばえしなかった感じ(どうせならローカルフードてんこ盛りのカフェにお連れすべきでした。)
とまあいろいろあれど、そこはご愛嬌ということで、貴重な奈良友との再会を実現してくださったかるほさん、そしてソムリエAさん、Bさんに心から感謝申し上げます。 (2017年01月31日 14時27分27秒)

Re:遠路お運びありがとうございました。(01/24)   カルホ さん
学友さん
その節は大変お世話になりました。
おかげさまで楽しい旅になりました。

で、言いたい放題した言い訳を、わたしもしますね(笑)

◎朝ごはんはですね、適正、質&量だと思います☆
(わたしは結構パン食べましたし。オホホホホ)
普段からトースト+バナナ+カップスープorジュースくらいしか
とってませんから。

それが朝ごはんが好き勝手食べれるビュッフェとなると、
どーも貧乏性が出て、あれこれ、食べちゃうので。
だから、決して少なかったわけではないですよー。
わたしが大食漢なだけです(てへへ)

◎生地屋さんはAさん、Bさんともにとっても興味津々で、
あれこれ買いまくって(笑)たので、数多く行けたのは
よかったですよ。その場でのガイドさんの結婚話も聞けたし(^^)
目の保養は大歓迎!あと、マレーシアとブルネイの接客の違い
なんてのも体験できましたし。

◎テングザルって、動物園で見るよりもそこらへんにいるのを
見る方が感動ですよー。クルージングの途中で
サプライズのように現れてくれたってのがよかったです。
ガイドさんも言ってましたが、「もっと先まで行けば見れられる
こともあるけど、こんな近いところで見られるのは珍しい」って
ことで、ありがたさも倍増でした♪

なんて感じで、あれこれ楽しめました。
ホント、行ってよかったです。
置いて行かれて(?)AさんBさんの土産話を聞くだけ聞いたら
くやしくてジタバタしたと思いますし。

いやー、行く気満々のAさんと、それに乗っかったBさんが
いてくれたからこそ行けたわけで、あたしゃそれについて
いっただけなんですけどね。

そして呼び寄せてくれた学友さんがいたからこそ、
今回の旅行が成立したわけでして。
「来るならいまのうちですよん」はグータラな私を動かす
魔法の言葉となりました★

お帰りの際は奈良で再会しましょうね。
「おでん」や「うどん」探しておきます(笑) (2017年01月31日 22時28分43秒)

クアラルンプール空港!   ソムリエA(笑) さん
ねえねえ、クアラルンプール空港、最近どえらいニュースがあって、見たことのある風景が頻繁にテレビに出てるね~(汗)
あの方、しょっちゅうあの空港を使ってたのかしら?
もしかしたらすれ違ってたとか?
国際空港なのに、怖いことが起きたねえ(劇汗) (2017年02月18日 10時23分39秒)

Re:クアラルンプール空港!(01/24)   カルホ さん
ソムリエA(笑)さん

ほら、KLIAはなんかコワイってわたしの杞憂は「なんとなく」ではあったけど、
やっぱり怖いもんだったんじゃないの?とか思わざるをえない今回の事件。
あそこって平壌に直行便あるんだね(驚)

その前はコタキナバルでのボート事故があったし、
今回はこれだし…。
ブルネイに何もないことを祈るばかりです(祈) (2017年02月18日 22時22分36秒)

PR

Calendar

Archives

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月

Comments

カルホ@ Re:クアラルンプール空港!(01/24) ソムリエA(笑)さん ほら、KLIAはなんか…
ソムリエA(笑)@ クアラルンプール空港! ねえねえ、クアラルンプール空港、最近ど…
カルホ@ Re:遠路お運びありがとうございました。(01/24) 学友さん その節は大変お世話になりました…
学友です@ 遠路お運びありがとうございました。 力作を拝読。読んでいくつか当地での反省…

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.