004760 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

鑑賞 感想 かさたろう

PR

Freepage List

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Wishlist

Recent Posts

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

仮面ライダー

2016/05/01
XML
カテゴリ:仮面ライダー
第12話 超マシン伝説誕生
重要度★★★

なんか、久しぶりすぎて
それでは、今日はブラック第12話を鑑賞しようと思います。
まずは簡単なストーリー展開です。
以下、ネタバレも含まれていますのでご注意ください。


ある日、光太郎は親友の信彦とよくツーリングしたコースを走り、回想に浸っていた。
すると、人気のないはずの山奥でバイクのエンジン音が響いているのに気がついた。
そこでは、年端もいかない子どもにバイクテクニックを叩き込む男の姿があった。
それは天才プロレーサー、大門明であった。

大門の父、大門洋一は機械工学の専門家でゴルゴムのメンバーだった。
ゴルゴムの技術職に携わり、戦闘バイクの量産を一任されていたのだ。
かくして戦闘バイク『ロードセクター』の設計図は完成し、開発に着手する大門洋一だったが、完成後、合図かのように家族総出で旅行にでかけた一家をゴルゴムが急襲。
難を逃れた明とその息子を残し家族は惨殺される。
復習を誓った明は、ゴルゴムの目を逃れ、自身が乗りこなそうとするも無理だったロードセクターを息子にゆだね、敵を討たせる為にバイクテクニックを叩き込んでいたのだった。

それを知った光太郎は明を諭し、自分が変わりに敵を討つと訴える。
大門明の目の前で、見事ロードセクターを乗りこなした光太郎は最後の手段と、人質をとってマシンを奪おうとするゴルゴムと対峙する。


今回は光太郎のしばしの余暇(?)のシーンで始まりました。
kb048.PNG
回想内ですが久々の信彦登場、そして初の挿入歌です。
『仮面ライダーBLACK 〜星のララバイ〜』、いいですね、ポップテイストだけど、どこか哀愁が漂う曲調が孤独のブラックに合います。
そしてストーリーは、ゴルゴムが開発していた世界征服用マシンの争奪戦となりました。
そこでなんでカミキリ怪人なんですかね??でも今回はカミキリ怪人もコウモリ怪人も流暢に喋っていましたね。
kb044.PNG
そしてロードセクターという、ライダー2台目のマシン登場となるんですが、当時、いらないよ!って思ってましたねw
バトルホッパー萌えだったんですね当時から僕は。
ご対面のシーンはめっちゃかっこいいですね!
kb046.PNG
ここでも挿入歌が流れますが、その歌『ブラックホール・メッセージ』がかっこいい!
よくカラオケで歌いますよ。
それはさておき、思ったのが、ロードセクターって時速500km出るんですね…そりゃあいくら凄腕のレーサーでも乗れないですよ!
それこそ改造人間でもない限り。
そんなわけで光太郎は見事乗りこなせて見せました!
kb047.PNG

ブラックの大きな戦力になったのは間違いないですね、これからの戦いが更にヒートアップしそうな予感です。

次回は第13話です。
このブログで仮面ライダーBLACKが気になった人は買うか借りるかして観てみてくださいね。
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/06/01 11:08:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/17
カテゴリ:仮面ライダー
第11話 飢えた怪人たち
重要度☆★★

今日は昨日の続きを鑑賞しようと思います。
まずは簡単なストーリー展開です。
以下、ネタバレも含まれていますのでご注意ください。


ゴルゴムのアジトでは、怪人達の食糧難が始まっていた。
ブラックの反逆のせいで地上侵略が滞ってしまい、目覚めた怪人達の食料の調達が後手に回っていたのだ。
ゴルゴメスという植物の実が怪人の主食であり、その植物の胞子を育てるのに、植物系のサボテン怪人を作戦にあてがう。
完成したゴルゴメスの胞子入りのカプセルをコウモリ怪人が雨天上空から飛散させ、胞子入りの雨を人間に浴びせた。
雨に当たった人々の表皮からは、なんと植物が生えてきた。
ゴルゴメスは、人間の肉体を養分とする寄生植物だったのだ。

光太郎は、サボテンに水をあげすぎていて、克美に「そんなに水をやっては腐ってしまう」と叱責されていた。
そんな中、体から植物を生やした人間を目撃する。
次々とこの怪現象の餌食になる人達を目の当たりにした光太郎は、ゴルゴムの企みだと直感。
情報収集のため、記者会見に訪れた光太郎は、気象庁の会見での説明、地図、風の向きや雲の流れを読み、どこから胞子をばら撒き始めたのか割り出した。

一方、病院で患者がコウモリ怪人によってさらわれるという事件も発生。
ゴルゴメスは実をつけるまで一週間かかるが、紫外線をある程度強力に浴びることにより約半日で急成長を遂げるのだ。
そのため三神官は、ゴルゴメスに寄生された人間を簡易アジトに運び込み、紫外線放射装置に入れて収穫を急いだのだった。

アジト近くまでたどり着いた光太郎は、そこでサボテン怪人と対峙する。
しかし、空腹のまま作戦を遂行していたサボテン怪人にブラックを足止めすることはできず、傷を負って逃げ帰ってしまう。
アジトでは三日分のゴルゴメスの実を確保できた三神官だったが、次の雨を予見した三神官の一人ビシュムが矢継ぎ早に胞子を撒いた方がいいと提案。
そこに間一髪、ブラックが作戦を阻止するために三神官の前に立ちはだかった。


一瞬マヌケ!?とも思える今回の珍事ですが、まあそもそもブラックサンの儀式さえちゃんとできていればこんなに枯渇する事もなかったわけで、
この世紀王誕生=地上侵略に合わせて眠りから覚めた怪人達には責任はないわけで、
部下(?)のために食糧確保に尽力する三神官は、上司の鑑でもあるわけです。
…実際に肉体労働したのは、空腹のコウモリ怪人とサボテン怪人なんだけどね。
サボテン怪人に至っては、一度大神官バラオムに激しく叱責されたにもかかわらずゴルゴメスの実をつまみ食いするほどの飢餓状態で。
ブラックの足元にも及ばない戦闘力でした。本気だったらどうだったんでしょうね?
厳しいかな?
それを見越して、大神官ダロムが自らブラックの足止めを買って出ます。
kb042.PNG
三神官の中でもリーダー格、しかも念力で物体のベクトルを自在に操るチート能力者!
ブラックもバトルホッパーと共に善戦します(崖を昇るバトルホッパー、すごすぎ)。
kb043.PNG
能力発動に体力が追いつかないのか、ダロムは早々に退場してしまい、サボテン怪人は特攻の針攻撃にでます。
おそらく全身の針を増加させ、ライダーパンチの威力を殺し、さば折り状態で針を突き刺します。
kb041.PNG
ちなみにこの針からは消化酵素が出ていて、物質を溶解するようなダメージを与えるんですよ、空腹のサボテン怪人にとってはまさに決死の攻撃背水の陣です。
でも、文字通り近くに水溜りが…。
ここで冒頭のフラグ回収ですね、あとはお察しのとおりの展開に。
食料を確保できなかったゴルゴムは、怪人の2/3を強制的に眠らせる羽目になりました。
kb040.PNG

サボテンを腐らせるのにごめんで済ます軽い光太郎がおもしろかったですw
でも実際、サボテンには週1とか月1でたっぷり水をあげるんですよ。
しょっちゅうやり過ぎると腐るけどね。
多肉植物大好きなんですよ、僕。
あと、ブラックの能力がひとつ解明されましたね。センシティブイヤーといって、500メートル先の囁き声を聞き取る事ができるまさに地獄耳!
そしてビシュムさんの能力も。
怪光線を出す瞳ですが予見の能力もあるようですね、雨の予報をしていました!
kb039.PNG


次回は第12話です。
このブログで仮面ライダーBLACKが気になった人は買うか借りるかして観てみてくださいね。
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/05/11 10:28:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/16
カテゴリ:仮面ライダー
第10話 信彦はどこに?
重要度☆☆★

それでは、今日はブラック第10話を鑑賞しようと思います。
まずは簡単なストーリー展開です。
以下、ネタバレも含まれていますのでご注意ください。


光太郎達は久々の藤堂先輩帰宅に浮き足たっていた。
そんな一行の目の前で、暴走車による交通事故が起きる。
不自然に救急車が早く到着し、警察が来ないことに不信感を抱いた光太郎達。
これはまさにゴルゴムの陰謀だった。
黒松教授による若者の拉致、そしてゴルゴムのテロリストにする計画だった。
金で若者達にわざと交通事故を起こさせ、病院に搬送するのだが、その病院では黒松教授が治療にあたっていたのだ。

一方、ニセ救急車の件はすぐに世間にばれ、事故に遭った若者達の搬送先が不明な事がメディアを賑わせていた。
しかし光太郎は今回、過去の回想にとらわれ、親友である信彦の行方に考えを巡らせていた。
ニュースに気が向かないまま、あの日、パーティー会場にいた人物を思い出しつつ、黒松教授、大宮会長と訪ねてゴルゴムの手がかりをつかもうとするも徒労に終わる。
そんな帰り道、例のニセ救急車を目撃した光太郎は後をつけようとするもトカゲ怪人によって翻弄されてしまう。

そこで光太郎は妙案を思いつく。
藤堂先輩に、車でわざと自分のバイクと交通事故を起こさせ、ニセ救急車が来る事を見込んで病院にもぐり込むというものだった。
そしてそれはうまくいき、傷を癒された若者達と一緒にテロリスト養成所まで行く事に成功する。
病院で黒松教授の治療により、常人離れした体力に強化された若者たちに脅威を感じる光太郎。
しかし、黒松教授が現場に訪れた際に、そもそも交通事故を起こしたところからゴルゴムの陰謀だとばらしてしまう。
計画を水の泡にされた黒松はトカゲ怪人を呼び寄せ、邪魔者の光太郎と対峙させるのだった。



久々の藤堂先輩登場です!でもちょい役なんですよね。
数少ない光太郎の仲間という立ち位置の人間だから、ヒーローの孤独と苦悩を前面に出している作品の色に合わないんでしょうね…。
kb034.PNG
しかし藤堂先輩は、ワンピースの黄猿に似てる(笑)つまりは田中邦衛さんに似てるという事?
今回はのっけからすごいカーアクションが見られます!
ガチのカーアクションが見られる特撮なんて、今の時代ではないんじゃないですかね?
kb035.PNG
ブラックにはやはり、この夜の戦闘シーンが似合いますね!
kb037.PNG
トカゲ怪人は、夜の奇襲の際はブラックのパンチ一発で退散したから戦闘タイプじゃないと思ったんですがね。
再生能力を活かした戦闘に、思わずブラックも苦戦してました。
kb036.PNG
でもバトルホッパーとの連携で、ライダーパンチ→キックの必勝パターンで粉砕。
そんなに強敵でもなかったし、今回の作戦に適役だったかといえばそうでもないような。
あ、今回のゴルゴムの作戦もなかなかえぐいですよね、ニセの救急車とか、人を運搬しても何も怪しくないですもんね。
でも、親族に運搬先を知らせてなかったのか、意外とすぐニュースで騒がれてました。
つめが甘いのか、黒松教授!
んで、タイトルから分かるように、光太郎は信彦の事に気をとられていましたね。
こんな光太郎も珍しい。普段ならすぐに「ゴルゴムの仕業か!?」って言う人が。
でも、特にストーリーに進展があるわけでもなく、新たな手がかりが見つかるわけでもなく…普通の回でした。
光太郎のコンバット姿はりりしくて必見ですがね!
kb038.PNG

次回は第11話です。
このブログで仮面ライダーBLACKが気になった人は買うか借りるかして観てみてくださいね。
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/05/11 10:23:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/15
カテゴリ:仮面ライダー
第9話 ビシュムの紅い唇
重要度 ★☆☆

こんばんは、今日はブラック第9話ですいってみましょう!


ゴルゴムは、人間の若者たちの間で流行を生むファッションに目をつけた。
流行りそうなデザインのペンダントにハチ怪人の生み出した毒蜂を忍ばせ、機を計って蜂を飛び出させて一度に多くの人間を刺す。
刺された人間は原因不明の痛みと高熱で死に追いやられるのだ。
ビシュムはハチ怪人と共に作戦前の実験を行い、4人の人間を危篤状態にしてしまう。
丁度現場の近くにいた光太郎にも見抜かれることはなかったが、光太郎は、ふとアスファルトに落ちていた壊れたペンダントを見つける。
そしてその頃、ストリートダンスで競い合っていた2組のチームのいざこざに目を付けたビシュムは、片方のチームリーダーである悦子をたぶらかし、件のアクセサリを与える。

翌日、杏子と克美のショッピングに付き合わされていた光太郎は、ふと、例の事件の側にあったペンダントと同じものを付けている若者が多いことに気がついた。
二人をほっぽり出して、ペンダントが販売されているという露店に向かった光太郎は、そこでペンダントを外すように訴える。
その露店でペンダントを売っていた悦子とその仲間は、光太郎の口からでた「ゴルゴム」の単語にまずいと思い、その場から逃亡する。
悦子に追いついた光太郎は、ペンダントについて追求するも、ハチ怪人の急襲に遭い、彼女を見失ってしまう。

いよいよペンダントを付けた人も増え、作戦決行間際に光太郎は、ビルの屋上にハチ怪人の姿を捉え、現場に急行する。しかし、これはビシュムの仕組んだ罠だった。
悦子の仲間を囮にして光太郎の動きを封じ、その隙に作戦を決行するつもりなのだ。
しかし、ビシュムと光太郎のやりとりを聞いていた悦子は自分の過ちを悔い、作戦を失敗に終わらせようと行動する。


今回の敵、ハチ怪人はどちらかと言えば攻撃タイプになるんですかね?毒蜂を自在に操る能力は持っていたものの、戦闘力はブラックに引けをとらないものでした。
そこに三神官のビシュムの知恵が加わり、作戦的にも上々の内容だったんじゃないでしょうか?
kb031.PNG
作戦の邪魔をした女の子二人も(一人余分にハチ怪人に連れ去られたのは、もうとばっちりですよねw一番取っ組み合ってたしまあ仕方ないけど)巨大な蜂の巣に閉じ込めたし。
kb033.PNG
じゃあ敗因はなんだったのか?んーー、この女の子二人のせいで、戦力が二分されたことですかね?ビシュムちゃんは女の子側に付きっ切りだったし。
ハチ怪人も、メインの毒針を折られてしまって、次の手がなかったのが痛かった。
ブラックのライダーパンチ→ライダーキックの連打で撃沈です。やはりこの連撃をくらって無事でいられる敵はいないですね。
今回もストーリーに関する絡みはなかったです…実はハチ怪人に関連する事は後日出てくるんですが…
光太郎が、街中でペンダントを付けている人を発見した時の効果音が…www
あと、気になったのは、劇中あるシーンで不自然な被り物を付けているモブキャラがいるんですよ。
kb032.PNG
これは一体…!?

さて次回は10話ですね!
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/05/11 04:52:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/14
カテゴリ:仮面ライダー
第8話 悪魔のトリル
重要度 ★☆☆

こんばんは、かさです。今回は仮面ライダーブラック8話です。
では、あらすじです。


ゴルゴムは、人間の生活に深く結びついている音楽に目をつけた。
いつでもどこでも流れている音楽を怪音波に変え、音波テロを企てたのだ。
腕はあるが好機に恵まれないバイオリニスト・百合をたぶらかし、彼女のバイオリンの演奏をセミ怪人を介して怪電波に変え、街を混乱に陥れる。
光太郎はブラックに変身し、セミ怪人を攻撃するも、何故かセミ怪人へのダメージが百合に跳ね返ることに困惑し、実力では撃破できたもののみすみすセミ怪人と百合を逃してしまう。

その後、百合の知り合いで彼女の弾くバイオリンが好きな少年が彼女を見かけ、その追跡のおかげで彼女が身を隠す館を発見した光太郎は内部に侵入する。
そこでは、ゴルゴムのメンバー・坂田龍三郎の指揮の下、セミ怪人を介したバイオリンの演奏曲「悪魔のトリル」の収録が始まっていた。
これを世界中に流通させて大惨事を引き起こす計画だったのだ。
それを阻止しようとする光太郎だったが、百合はそれを拒否。自分の実力を認めてくれない世間に対して募らせていた私怨を晴らすため計画を実行しようとする。
光太郎の必死の説得に一時は心が揺らぐも、頭に付けられたセミ怪人とリンクさせる機械で負の意識を増幅させられた百合は再び光太郎の前に立ちはだかる。
ブラックに変身したものの、人質を取られた状態での戦闘に苦しむ光太郎だが、起死回生のライダーパンチを放つ。


今回も登場です、坂田議員。前回は透視能力で企業を混乱させていましたが、今回は音楽によるテロを企てました。
しかし、前回同様、組まされた怪人は攻撃タイプではなく、特殊能力特化型という(泣)。
kb028.PNG
坂田龍三郎は、対ブラックの作戦ではなく、対社会の作戦を任されているようです。
しかし今回は、百合たちの頭に付けてある装置のおかげで、ブラックは簡単に手が出せない事になっていましたね。
kb030.PNG
これは今でいうBluetoothみたいな感じなのかな?バイオリンの音をセミ怪人に送り、セミ怪人が怪電波を上乗せして流すという役割を担っていましたが、逆にセミ怪人の物理ダメージを装置の装着者に転送するという機能も備わっていて、これがあるからブラックはセミ怪人に攻撃できなかったんです。
kb029.PNG
怪人優勢を伺うも予断できぬ表情を浮かべる坂田龍三郎。彼は勝機を見ても気を抜かない性格ですね。
光太郎は光太郎で観察力に長けており、セミ怪人の複眼が装置とのリンク点だと見抜き、そこに逆転のライダーパンチです。
からのライダーキックの必殺コンボで見事セミ怪人を撃破!
個人的にですが、館に潜入した光太郎が悪魔のトリル収録現場に鉢合わせ、その怪音波に悶絶して扉にぶつかり敵に見つかったこと
…まではまあいいとして、すぐさまふらふらと立ち上がり、「さあ、逃げるんだ!」と、まるでそのハプニングをなかった事にしてしまうような物言いがクスッときました(笑)。いい演出です!

今日はこの辺で。次回もよろしくです!
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/05/11 04:51:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/13
カテゴリ:仮面ライダー
第7話 復元する生体メカ
重要度 ★★★

こんばんは、かさです。今回は仮面ライダーブラック7話目です。
今日は夜、雨風が強くてちょっと怖かったです。今日観る回がヤギ様のじゃなくて良かった。
では、いつものようにあらすじからいきましょう。


杏子と克美は道中、暴走族にナンパされ無理やり拉致されそうになった所を正義感の強い青年、森田良雄に救われる。
その際に森田が落とした免許証を届けに、光太郎と杏子は森田の家にむかった。
妹に訳を話し、免許証を届けた二人は兄妹の生い立ちを聞き、兄の良雄が何故悪を許せない生き方をしているのかを教えられた。

一方、そうした正義感の強い若者の心を利用しようと、ゴルゴムのメンバーである大宮幸一は、森田、また彼と同じような性格の青年を集め、悪人のいない理想郷を創るためとだましてバッタワインを盛り、洗脳を始めようとしていた。
人間を殺す人間の暗殺者集団をつくる作戦の手助けに、大神官ダロムはサイ怪人を呼びつける。
洗脳の第一段階として、暴走族など悪人を見つけては謝るまで叩きのめし、正義のための暴力だと感覚を麻痺させていった。
痛めつけられた人間は、森田達のいないところでサイ怪人が止めをさしていた。

ある時、その現場を光太郎が目撃。その中に森田がいることを認めた光太郎は逃走する彼らを追うも、洗脳が進んでいる森田らの逆襲に遭い、更にサイ怪人の襲来で窮地に追い立てられる。
仮面ライダーに変身しバトルホッパーを呼んだものの、バトルホッパーはライダーを庇い、サイ怪人の角の餌食となってしまう。
kb024
なおも優勢を保つサイ怪人はライダーをパワーで圧倒し、コンクリートの瓦礫の下敷きにしてしまう。その際も傍に寄り添い瓦礫から庇ったのはバトルホッパーだった。
窮地を逃れた光太郎は、自分を庇って破壊されたバトルホッパーに声をかける。
すると光太郎の目の前で、バトルホッパーは自己再生能力を発揮し、再び立ち上がり喜びと深い絆を確信し合った。

その頃森田は、洗脳が不完全なままで光太郎の真剣な訴えを聞いたため、ゴルゴムに対して不信感が芽生えていた。
自分はゴルゴムに利用されているだけだと悟った森田は、隠れ家からの脱出を試みる。
サイ怪人に見つかり、命を落としそうになるがそこへ間一髪、光太郎が駆けつけ、森田を救出する。

大宮に、「明日の夜明けに埠頭に来い」と、サイ怪人との一騎打ちを果たされた光太郎は、残りの青年たちを救うべく決戦の場所に向かうのだった。


今回はタイトルからして、バトルホッパーの能力のお披露目回ですが、個人的には光太郎とバトルホッパーの友情が深くなった事が一番重要な回だと思います。
互いに思い合い助け合ってゴルゴムと戦っていく、二人の姿に今後よりフォーカスされるきっかけの回です。
この第7話なくしてブラック語ることなかれですね。
孤独な改造人間の心を健気に支えるバトルホッパー、どんなに傷ついても最後まで見捨てなかった光太郎にきゅんきゅんです。
あと、何気にバトルホッパーの再生シーンはすごいです(笑)。

しかしサイ怪人、恐ろしい敵でしたね。
kb025
今回のゴルゴムの作戦は、人間の正義感を逆手にとるえげつない内容で、何人もの犠牲者を出してしまう成果を出していますが、人間の暗殺集団をつくるまでには至らず、ほぼほぼサイ怪人の実力での成果でしょう。
しかも、終始ブラックをパワーで圧倒、1回戦はゴルゴムの怪人で初めて完勝します。
2回戦目はブラックにライダーチョップで角を失うも闘争心は損なわれることなく、互角以上にわたり合います。
027.PNG
その時、なんとブラックに呼ばれず、己の意思でバトルホッパー登場です!これは胸熱!!
kb026
そしてバトルホッパーの攻撃→ライダーキックのコンボでようやくサイ怪人を撃破します。
いつも以上に、エンディングテーマで目頭が熱くなるんじゃないですかね?

ということで以上、第7話感想でした。
さて、次回は第8話です!気になった方は、是非とも購入かレンタルして実際に観てみてください。
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/05/11 04:51:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/12
カテゴリ:仮面ライダー
第6話 秘密透視のなぞ
重要度 ★☆☆

こんばんは、かさです。今回は仮面ライダーブラック6話目です。


画家や美術学校の生徒が次々と失踪するという事件が頻発していた。
サイコキネシスの世界的権威である石田博士の下、透視能力者として強化させるうってつけの人員として、イメージを描く事に秀でた画家達をさらうゴルゴムの仕業だった。
瞬間的に意識を途切れさせてしまう(?)眼からの怪光線と、人を飛行して連れ去ることが出来る身体能力を備えたオオワシ怪人が任務に当たっていた。
そうしてエスパー(透視能力者)に育てあげ、ゴルゴムの一員として人間社会の一流企業に送り込み、機密資料を透視させて流出させ、混乱を引き起こすのが目的だったのだ。

そんな中、事件の目撃者である女子大生がテレビの番組中に不用意な発言をしてしまう。
それを危惧したゴルゴムは、番組収録後の彼女を誘拐し、記憶を消した上で自殺をするように暗示をかける。
後日、入水自殺を図ろうとしたところを通りかかった光太郎が救出する。
時を同じくして、透視能力を与えられた画家・美術学生たちは次々とライバル関係にある一流企業にそれぞれ送られ、お互いの企業秘密を暴露し合った挙句コンピュータをショートさせて大打撃を与える事に成功する。

一方、光太郎が救出した女性がうわ言で口にした『石田超科学研究所』に手がかりがあると踏んだ光太郎は施設に忍び込み、計画を中止するように説得する。
しかしオオワシ怪人に急襲され、施設外につまみ出されてしまう。
光太郎は仮面ライダーブラックに変身し、オオワシ怪人に勝負を挑むのだった。


こうして見ていくと、ゴルゴムの人類への攻撃は着々とダメージを与えていっていますね、意外と。
前回は完全に防がれてしまいましたが、今回は大企業を2社も潰してしまいました。恐るべし。
ゴルゴム的には3つ星の成果ではないでしょうか?
怪人パーティーに出席していた坂田龍三郎(黒縁メガネ)がここで登場。
ゴルゴムに協力する人間を好演しています。
kb019
今回のオオワシ怪人は、目から怪光線を出して記憶を喪失させたり視界を乱したりする能力を持っていました。
ブラックの『マルチアイ』でも実態を捉えることが出来なかったのでかなり優秀な能力だったのでしょう。
kb020
ただ、戦闘向きの怪人じゃなかったようで、怪光線も攻撃につなぐものではなく、戦闘回避と任務遂行に使われていました。結果、ブラックの追尾を振り切れずに倒されてしまいます。
単独行動させてしまったのが今回のゴルゴムの敗因ですね。三神官、あるいは攻撃タイプの怪人とタッグを組んでいれば良かったですね、結果論ですけど。
決め手はあっけなくライダーキックの単攻撃。
怪光線を出す目を狙っての攻撃でしたが、思いのほかクリティカルヒットしてしまい、首があらぬ角度までイッてしまうというw
kb021
これでは一撃で沈んでしまうのも無理はない…。
まあその前に、飛び回るオオワシ怪人を黙らせるためにチョップで片翼をもぐのですが、技名を言っていれば前回に引き続きライダーチョップ→ライダーキックのコンボでしたね。
あと、オオワシ怪人を狭い道で追いかけるシーンがあるんですけど、バトルホッパーの加速&スピードがすごい!危ないですよ!←
kb023
個人的に大好きなシーンがあって、美術学生誘拐事件の目撃者が、テレビの特番で
「私、一瞬怪しい人を見ました!思い出して絵に描いてみようと思います!」
なんて発言をした時に光太郎が
「彼女危ないな!テレビでこんなこと喋っちゃ!!」
って、誰でも心配するであろう事を真顔で言うところ!変に同意してしまって笑っちゃいます(笑)。
kb022
必見ですよ!ぜひとも購入かレンタルして実際に観てみてください。
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/05/11 04:51:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/11
カテゴリ:仮面ライダー
第5話 迷路を走る光太郎
重要度 ★★☆

久々の投稿です!今日は仮面ライダーブラック第5話です。
以下あらすじです。
ネタバレもあるので注意です!


深夜、ある村から必死に逃げ出す女性がいた。
彼女の名前は島崎茜。
運よく通りかかったドライバーに救い出され、病院へと搬送された。
彼女は杏子の同級生で、救出事件の起きる3日前、兄のいる群馬県アサヒ村へ帰省していたはずだった。
入院先の病院へお見舞いに行った光太郎と杏子は、そこで変わり果てた茜と面会する。
彼女は強い精神的なショック、恐怖によるショック状態となっていた。
そんな彼女が、怪人の呼び声に誘われるかのように飛び降り自殺を図ろうとする。
間一髪でそれを食い止めた光太郎は、茜をここまで追い込んだ原因がアサヒ村にあると推測。
奇しくも10日後、同村で世界規模のイベント、国際平和友好会議が行われることをニュースで知っていた光太郎はそこにゴルゴムの影を感じ取り、現地に向かうことにした。

アサヒ村に着いた光太郎は、そこで一人の少年を複数の少年たちがリンチする現場に遭遇する。
助け出そうとしたその時、村民たちに取り囲まれてしまう。
リンチを受けていた少年はこの村の村長の孫で、行方をくらました村長の居場所を白状させようとしていたのだった。
ところが村の鐘が鳴り響くと、村民はとたんに「ヤギ様にお祈りだ」と全員その場を去ってしまう。
光太郎は少年に、村長の隠れている場所へと案内される。
そこで村長から、村に起こった異変の経緯を聞かされる。

夜中になり再び村の様子を探りに戻った光太郎は、少年の助けを借りて、不気味な儀式が行われている現場を目撃する。
ゴルゴムの怪人による人間の洗脳の儀式だった。これにより国際平和会議をめちゃくちゃにし、世界戦争の引き金にしようとしていたのだ。

村の完全占拠を企てるゴルゴムは、唯一、耳が不自由で洗脳の呪文が利かない村長の命を狙うべく明け方に奇襲をかける。
一方、身を挺して村を守ると決意した村長は、光太郎と共に洗脳された村民と対峙するのだった。


今回は都内を出てのロケ?物語の中では群馬県のアサヒ村と紹介されていますが、どうでしょう?
今回は物語の本筋に関る話ではないですが、必見の回ではないでしょうか?
序盤から漂うオカルト臭は、大人が見てもトラウマ級に怖いです。
kb014
登場するヤギ怪人は、「ヤギ様」なんてかわいく呼ばれているけど、呪文で洗脳したり業火を駆使したりで正に悪魔そのものです。
kb015
見た目はやはり普通の動物モチーフな怪人ですが、ほぼ全編にわたる夜シーンでの活躍のおかげでいっそう不気味にかっこよく見えます。うーんこの
そしてゴルゴムの今回の作戦もすごいですね…国際会議を、現地の人間を全員洗脳してテロを起こさせるという鬼畜の所業。おのれゴルゴムです。
そして、戦闘シーンは久々に夜!第1話ぶりですかね?やはりブラックには夜の戦闘シーンがほんとに似合う。かっこいいです。しかも明け方の、程よく暗い、もうすぐ夜が明けるという感じの時間帯をすごくよく表現できていると思います。
kb017
バトルホッパーとのタッグバトルも見られるし、なんとこの回はライダーチョップ→ライダーキックというレアコンボ!
ヤギ様の攻撃もえらいことになってるんですよ、業火攻撃、これ、火炎放射器ですか!?(笑)
kb016
今みたいにCGじゃないからほんとハラハラします。
何気に、ビルから落ちる女性を片腕でキャッチするこのシーンなんかもどうやって撮ったんだろうって思います。
kb018
でも、タイトルの意味が分からなかったです…んー…南光太郎、迷った描写はなかったんですけどね。
ということで以上、第5話感想でした。
さて、次回は第6話です!気になった方は、是非とも購入かレンタルして実際に観てみてください。
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/05/11 04:50:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/01
カテゴリ:仮面ライダー
第4話 悪魔の実験室
重要度☆☆★

今日はエイプリルフールでしたね!
皆さんはうそをつきましたか??
僕は特に何もつかなかったです。
まあ、そんな事はさておき、今日も仮面ライダーブラックをチェックして行きましょう!
以下あらすじです。


ゴルゴムのアジトでは、仮面ライダーブラックの脅威について語られていた。
前回、多くの人間を助けた事によって、仮面ライダーブラックの名前は一気に世間に広がっていたが、勿論その事をよく思うはずもなく。
そこで光太郎、ひいては人間の若者を使って光太郎の性質を探ろうと作戦を練るのだった。
適任と選ばれたのは、ゴルゴムめんばーの黒松教授とノミ怪人だった。

最初の実験体に選ばれた若者は途中で逃げ出そうとしてしまい、やむなく殺害してしまう。
次に目をつけられたのは、奇遇にも光太郎と信彦のバイクの師匠である速見という人物だった。
恐怖心をなくすホルモンと特殊筋肉強化剤を注射された速見は、一躍サーキット界の有名人になる。
だが、次々と新しいホルモンの実験台にされ、知らず知らずのうちに恐怖心を増幅させるホルモン開発の一端を担ってしまう。
臆病ホルモンが開発された頃には、速見はすでに恐怖心におののいてレースどころか私生活もままならない状態になってしまい、なおかつ筋肉強化剤の副作用で、容姿も怪人のように毛むくじゃらになってしまう。
必死の思いで黒松教授の元に助けを求めに駆けつけた速見だが、黒松教授は臆病ホルモンが完成した以上用無しといわんばかりに速見を殺害しようとする。
強化された筋力を使ってその場を逃れた速水を光太郎が見つけて追いかけ、危うく崖から転落しようとした所を救出する。
しかしその隙を突かれて、追ってきたノミ怪人に臆病ホルモンを注射される。
恐怖心が一気に増幅する光太郎だったが、父を殺された悔しさを思い出し、恐怖心に打ち勝って変身を遂げる。


というわけで、今回はハヤタ隊員…いや、黒松教授のターンでした。
作戦内容的にもなかなか良かったと思うし、教授のやることもなかなかゲスだったんですが、まさかのホルモンによる恐怖心を跳ね除けられるという想定外の力を見せ付けられ、また怪人を失いました。
今回の怪人も、人間の姿はほとんど残ってなかったです。
kb011
しかも、移動手段が小刻みにぴょんぴょん飛ぶもんだからかわいくてしょうがないw
いや、間近で見ればやっぱり怖いか…
kb012
余談ですが、今回のお話、冒頭でブラックはコウモリ怪人と一戦交えているんですが、バトルホッパーに乗っていたからか普段の必殺、ライダーパンチとライダーキックを使わず、ライダーチョップというレアな技で撃退しています。
コウモリ怪人もダメージに耐えて逃げ帰れたところからしても、威力的にはそこそこといった感じでしょう。
さらにノミ怪人との一戦では、マルチアイという超視力を駆使して戦っています。
共に軽く解説ナレーションが入るので分かりやすいです。
ストーリー的には核心に触れる部分が出てこなかった回なので、重要度は★1つですね。
個人的に、仮面ライダーブラックに変身した後、膨大なキングストーンエネルギーで発生した熱量を放出しているかのような、間接部分からの煙(湯気?)放出の演出はすごくかっこいいと思います!
kb013
さて、次回は第5話です!気になった方は、是非とも購入かレンタルして実際に観てみてください。
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/05/11 04:50:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/03/31
カテゴリ:仮面ライダー
第3話 怪?怪・改造人間
重要度★★★

こんばんは!今夜も仮面ライダーブラックの感想をつらつらと語りたいと思います。
ん~、ぱっと文章を書ける力が欲しいです…めっちゃ時間がかかる;
まずはストーリー展開、ネタバレ要素も含まれますので以下ご注意ください。

ゴルゴムのアジトでは、シャドームーンが次期創生王となる事が、現創生王からの命により決まっていた。
本来ならば、太陽の石・キングストーンを持つ二人の世紀王同士が殺し合い、勝った者が創生王となるのがゴルゴムの伝統だったのだ。
しかし、キングストーンを持つ者を野放しにしたままでは、地球を征服するというゴルゴムの野望の大いなる障害となると危惧した三幹部は、ブラックサンからキングストーンを取り戻す(抹殺)すべく策を練ることになり…

場面は変わって鉄道のトンネル。
ここで、機関車を残して乗客300名が姿を消すという怪事件が発生する。
この不気味な事件の裏にゴルゴムの気配を感じた光太郎は、現場となったトンネルに向かう。
そのトンネル内で乗客だった子どもと遭遇した光太郎は何が起こったのか状況を聞き出す。
列車の乗客は、怪物によってさらわれてしまったのだという。そこへ件の怪物・クワゴ怪人の急襲を受けた光太郎は、瞬時に仮面ライダーに変身し、一難を逃れた。

子どもを杏子の下宿(?)する喫茶店キャピトラ(第2話参照)に連れて行くと、ニュースでは打ち上げられた人工衛星がゴルゴムの怪人によって持ち去られるショッキングな映像が映し出される。
その後も、建物ごと人間をさらったり、ゴルゴムの怪人たちによる怪事件が頻発。
その全てをクワゴ怪人の糸で絡めとり、巨大なオブジェを造ろうとしていた。
その現場におびき寄せられた光太郎は、人を人とも思わぬ扱いに怒り、仮面ライダーブラックに変身する。
そして、クワゴ怪人と大神官ビシュムとの2対1の戦いが始まった。


んんん
今回はバトルホッパーの登場シーンがほぼ無かったです!最後に少し乗ってただけ…。
しかし今回のゴルゴムの犯罪はすさまじいものでした…怪人の力をまざまざと見せつけ、残虐非道な振る舞いをやってのけました。これでこそ悪の組織って感じで良かったです!
そして冒頭では、物語に深く関る内容が明らかになりました。
二人の世紀王ブラックサンを殺し合わせ、勝った方を次期創生王としてゴルゴムに君臨させるとは…。
kb008
その為にも、人間としての記憶は消さなければならなかったんですね。秋月総一郎もさすがにここまでは知らなかったんでしょうね…。
しかし、記憶を持ったままアジトから逃げた光太郎は見切って、シャドームーンを候補に指名するとは。
この思い切りもなかなかすごいと思います。
でも、タイトルの意味がわかんない…(笑)なんなんでしょうね?
今回の怪人、クワゴ怪人は、前回までの怪人とは異なり、人間の顔の面影は全く無くなってましたね。
kb009
個人的には人間の面影が残っている怪人の方が怖いし好きです。
びっくりしたのは、バンジージャンプが出来るくらい高い場所を片手でロープにしがみ付いて移動するシーンですしかももう片方には子ども(本物じゃないですよ!?一応)を抱えた状態で!
kb010
スーツアクターさん超人ですよ。
戦闘シーンはなかなかでした。怪人と大神官のタッグ、しかも捕まった人間をたまに危険に晒して、それを助けさせながらのハンディマッチでしたからね。ブラックはだいぶ苦戦してました。
でも…スタミナ切れかビシュムちゃんが途中退場という事態に!あれさえなければ、あるいは第3話にしてブラックは初黒星を付けられていたかもしれません。

この後は、ゴルゴムはブラックのキングストーン回収にどれだけベクトルを向けるのか…?
人類滅亡をブラックは阻止できるのか?信彦を救い出せるのか?
次回は第4話です。
このブログで仮面ライダーBLACKが気になった人は買うか借りるかして観てみてくださいね。
かさでした。
仮面ライダーBLACK DVD 購入リンク
仮面ライダーBLACK Blu-ray 購入リンク






Last updated  2016/05/11 04:50:08 AM
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.