1223063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Petit Boisのお菓子な、楽しい日々

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

パリの旅

2009.04.06
XML
カテゴリ:パリの旅

 昨年のパリ旅行から早4ヶ月あまり、生徒様に「今年はフランス行きの計画はないのですか?」と聞かれましたが、残念ながら今のところありません。
 超のんきものの夫は「行けるときに行っておけば。」と云ってくれていますが。
 実家の両親のことなどで行けない時期が必ずありそうなので。
 そして今年はpetit bois家いろいろ大変そうな年です。
 
 今日から夫は恒例の離島冒険旅行に出かけて行きました。
 私が熟睡している間に始発で出かけ、夫を見送ることもなく、特別何もすることなくのんびり、ぐうたら1日過ごしました。

 今日したこと、ジェウクちゃんのコンサートの先行チケットの応募、夫とのメール交換、夜遅くになってなめらかプリン作りです。

 そして、パリ旅日記完結しようと、ブログを書き始めました。

 パリ最終日、朝食を残りもので済ませ、キッチンを片付け、荷物もしっかり用意をし、ラジュレにマカロンを買いに出かけました。

P1080286.JPG

 ボナパルト通りのラジュレでマカロン購入しました。
 空港までお見送りして頂ける時間まで時間があったので、のんびりお散歩して最後のパリを楽しみました。

P1080251.JPG

 メトロのサンジェルマン・デ・プレ駅近くにあった新聞などを売るお店です。
 なんだか可愛いと思い撮影しました。

P1080255.JPG

 セーヌ通りのショコラティエです。
 まだ開店前だったので、ショーウインドーだけ撮影しました。
 ショコラティエのお隣がダ・ローザ(高級食料品店)です。

P1080267.JPG

 果物屋さんは開店準備中です。
 手前に写っているのは小さめのオレンジで日本のみかんのようなものです。

P1080266.JPG

 イチゴと栗です。
 フランスの栗は小さめですね。

P1080265.JPG

 もう1枚果物写真、ブルーベリー、フランボワーズなどです。
 みんな美味しそうです。ぺろり

P1080281.JPG

 ホテルに戻り、チェックアウトを済ませ、ロビーで待っていると、日本人女性がお迎えにきて下さいました。
 フランスでお勉強中に恋に落ち、フランス人男性と結婚された方です。
 ルノートルで作ったお菓子と雑誌をプレゼントし、車に乗り込みました。
 
 車の中でのお話で、マカロン、チョコレートはスーツケースに入れたほうがいい、手荷物にすると没収されることがあるとお聞きし、空港の隅っこでスーツケースを開き荷物を入れ替えました。

 チェックイン、免税手続きを済ませ、出国号泣

P1080356.JPG

 またまた、こんなもの買ってしまいました。
 フォアグラです。
 クリスマスに1缶頂きました。ぺろり

 パリの旅もアクシデントなく、飛行機に乗り込みました。
 40席以上開いていたので、私の座った中央の4席も2人で、少しのびのび出来ました。

P1080290.JPG

 帰りもJALでなくエールフランスだったので、シャンパンを頂きました。

P1080291.JPG

 1回目の機内食です。
 ピラフのようなものに、牛肉のトマト煮、右側がクスクスのサラダだったかな?

P1080294.JPG

 2回目の機内食です。
 パン、ハム、チーズなどです。
 行きの便よりパンが美味しく思えたのですが、フランスで焼いているパンだからとゆう思いこみでしょうか?

P1080295.JPG

 ヨーグルトでなく、フローマージュ・フレです。
 熟成させる前のクリーム状のチーズです。フローマージュ・ブランと同じものだと思います。
 フランスは乳製品は本当に充実していますね。

 無事帰国。
 12時間の空の旅は膝が悪い私にとって少々つらいですが、あーまた、行きたいよー。


にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村クリックよろしくお願い致します。



 





 







最終更新日  2009.04.07 01:15:53
コメント(0) | コメントを書く


2009.02.19
カテゴリ:パリの旅


 旅行から帰って来て随分経ちました。
 忘れてしまわないうちに、パリ旅日記アップします。
 6日目午後、雑貨屋さんとピエール・エルメ、パトリック・ロジェに行き、一度ホテルに帰り、ティータイム。
 大好きな食器屋さんにも行ってなかったし、両親のお土産もまだ買っていなかったので、メトロでオペラへ。

 大きなデパートでたくさんの商品の中からお土産を探せばいいのですが、とにかく時間がない、三越パリ店へ行きました。
 父にポロシャツを母にはロンシャンのリュックを購入。
 夫のお土産は2つ買っていたので、ここでは何も買いませんでした。

 オペラまで戻り、オペラ大通りを南へ。

P1080153.JPG P1080151.JPG

 オペラ大通りの本と文房具のお店のショーウインドーです。
 フランスのお店は何屋さんでも、きれいにショーウインドーを飾ってあります。
 1冊だけお菓子の本を購入しました。
 それとマグネットと可愛いカードを数枚購入。
 
 モノプリでまたまたお土産用のお菓子を購入。
 サントノレ通りの大好きな食器屋さんへ。

P1080157.JPG

 ASTTER DE VILLAT
 サントノレ通りの大好きな食器屋さんです。

P1080154.JPG

 ここへ行くのは3度目でした。
 一昨年ユーロが高いときに、私としてはかなり購入したので、昨年は4、5点購入しました。
 ここの食器すごく軽いのですが、丁寧に梱包して下さるので、すごく大きい荷物になってしまいます。
 私にとっては高価な食器なので、少しずつ購入しています。
 アスティエの食器もっとたくさんほしいよー。

P1080158.JPG

 初めて気づいたのですが、アスティエの前、フルーツコンフィーのお店でした。
 アスティエに今度行くことがあれば、このお店入ってみようと。

 ホテルに戻り、荷物を置き、お夕飯のお買い物へ。

P1080186.JPG

 ブッシ通りのお総菜屋さんでお買い物。

P1080219.JPG

 パリ最後のお夕飯です。
 ニース風サラダとキッシュを購入、あとは残っていたハム、スープなどです。

P1080225.JPG

 このアスパラガスのスープが美味しかったです。ぺろり
 食後荷物の整理をして、就寝。
 名残惜しかったのですが、次の日はパリ出発です。

 パリ旅日記もう少しおつきあい下さい。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村クリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2009.02.19 23:51:32
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.18
カテゴリ:パリの旅

 久しぶりにパリ旅日記アップ致します。
 ル・コルドンブルーで料理のデモンストレーションコース受講後、メトロでサンジェルマン・デ・プレ地区に戻りました。

P1080120.JPG

 St-Sulpiceで下車しました。
 サン・シェルピス教会工事中でした。
 教会の裏手に雑貨屋さんがたくさんあります。
 
P1080128.JPG

 Comptoir de Familleコントワール・ドゥ・ファミーユ

http://www.comptoir-de-famille.com/
 
 
 可愛い食器などが揃っています。
 私は荷物の重量制限を考え、食器はあきらめ、刺繍の入ったナプキンを購入しました。
 このお店のカフェ・オ・レ・ボール神戸のナイーフにありました。

P1080130.JPG

 コントワール・ドゥ・ファミーユのテーブルコーディネートです。

P1080132.JPG

 お隣のビエロイ&ボッホのテーブルコーディネートです。
 11月でしたので、クリスマスのテーブルです。

P1080131.JPG

 近所にはメゾン・ド・ファミーユもあります。
 メゾン・ド・ファミーユ梅田の阪神デパートに出店しています。(今はどうでしょうか?)
 雑貨屋さんが大好きなpetit boisですが、最終日両親にお土産も買っていなかったし、他の好きなお店にも行きたいこともあり、早々に雑貨屋さんから退散しました。

P1080133.JPG

 すぐ近くにあるカリスマパティシエのパティスリーへ。
 いつも行列が出来ているお店の前に行列がありません。
 スムーズに店内へ。
 日本人の若い女性スタッフがおられました。

P1080134.JPG

 ピエール・エルメhttp://www.pierreherme.com

ピエール・エルメのケーキきれいです。
 「写真を撮っていいですか?」とお聞きすると、
 「2枚ならいいですよ。」と云って頂きました。
 以前行ったときはすごく込んでいたので、撮影遠慮しました。
 ケーキ選びもどれも食べたくて、なかなか決まらず、おすすめをお聞きしました。
 やはり日本人スタッフがおられると助かります。

P1080135.JPG

 もう1枚アントルメの写真です。
 ジャム1ビンとタルト1個、マカロン5個を購入しました。
 
 歩いて、メトロ・オデオンの側のショコラティエへ。

P1080139.JPG

 パトリック・ロジェhttp://www.patrickroger.com

P1080141.JPG

 ショーウインドーに並んでいる一番小さい箱のチョコレート34ユーロを購入しました。
 チョコレートの下に薄い板チョコが入っていて、チョコが並べてあります。
 その板チョコが美味しくて、すごく得した気分でした。ぺろり
 次回パリに行ったら買いに行きたいショコラティエです。

 エルメのケーキをホテルで頂こうと、ホテルに帰りました。
 
DSC_0212.jpg

 日本のピエール・エルメの袋は素敵な紙袋ですが、パリはビニール袋です。
 タルト、マカロンの他にフェルベールさんとのコラボコンフィチュールも1ビン購入しました。
 タルトを頂く前にデジ一で撮影です。

DSC_0216.jpg

 キャラメルのタルトです。

DSC_0222.jpg

 断面はこんな感じです。
 すごく美味しかったです。ぺろり
 でも、お高いですね。

DSC_0219.jpg

 「適当に5個入れて下さい。」と云って買ったマカロンです。
 2個食べて、3個さし上げてしまいましたが、何味か不明です。
 美味しかったです。ぺろり
 パリ旅日記もう少しだけ続きます。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村クリックお願い致します。


 

 

 

 







最終更新日  2009.02.18 23:27:30
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.03
カテゴリ:パリの旅

 パリ旅日記6日目です。
 7日目は午前10時半にホテルを出発予定なので、実質最終日です。

 残り物で朝ご飯です。

DSC_0197.jpg

 前日、ルノートルで作ったチョコレートケーキとフランボワーズをお皿に盛ってみました。

DSC_0199.jpg

 グリーンアスパラガスのスープです。
 紙パックに入って売っているものを、チンしました。
 ボンマルシェで買ったこのスープとっても美味しかったです。ぺろり
 あと紅茶でプティデジュネ(朝食)をすませ、ホテルを出発。

 ル・コルドンブルーでお料理のデモンストレーションコースを予約していました。
 受付で名前を云い、レシピを頂きました。
 お支払いをしようとしたら、パリ2日目にお菓子のデモンストレーションコースを受けていたので、この時期2回目無料でした。
 ラッキー大笑い
 フランス人マダムの説明が理解出来ていなかったのですが、マダム・セツコが出てきて下さって、無料の件説明して頂きました。
 時期によってはデモンストレーションコース無料とゆうこともあるそうです。
 「多くのアメリカ人で賑わうので、お早めにご予約下さい。」とのことでした。

P1080108.JPG

 日本人らしき方は少なく、アメリカ?の方々が多いようでした。
 皆さん真剣に受講されています。

P1080114.JPG

 コルドンブルーのレシピは材料が英語、フランス語で書かれていますが、作り方は全く書いてありません。
 お菓子の材料のフランス語はだいたい分かるのですが、料理の材料は分からないことが多いので、電子辞書で調べていました。
 フランス語のために買った電子辞書ですが、ジェウクちゃんシールを貼っています。手書きハート

DSC_0206.jpg

 1品目はサケのグリエ、シブレット入りバターソースです。
 ガルニチュール(付け合わせ)はほうれん草です。

DSC_0204.jpg

 もう1品はカレ・ドゥ・ポック・ロティ・エルブとありますので、四角い豚肉の香草ローストと訳せばいいのでしょうか?
 ガルニチュール(付け合わせ)はじゃがいもです。
 柔らかく茹でたジャガ芋にバターや卵黄、グリエールチーズなどが入っています。

DSC_0210.jpg

 デザートはアイスクリームの入ったシューにチョコレートソースをかけたプロフェットロールです。

P1080115.JPG

 ケーキほど多くはないのですが、全品試食が頂けます。
 サケのグリエです。バターソースはレモンの酸味でそんなに油濃く感じませんでした。

P1080118.JPG

 豚肉と付け合わせ、デザートの試食です。
 美味しく頂きました。ぺろり

 お菓子、お料理に興味がある皆様授業は英語通訳付きのフランス語ですが、ある程度お菓子作り、フランス料理が理解できれば、見ていれば作り方は分かります。
 是非、受講してみてください。

 パリ旅日記もう少しだけ続きます。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村クリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2009.02.03 23:11:02
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.27
カテゴリ:パリの旅


 パリの旅5日目続きです。
 この日は本当に盛りだくさんな日でした。
 午前エコール・ルノートルでお菓子を習い、ルノートルのレストランでランチ。
 その後シャンゼリゼ通り、ヴィクトル・ユゴー通りをのんびりウィンドーショッピングし、
 お菓子のセレクトショップでお買い物。
 通常なら、スーパーでお夕飯のお買い物をして、1日終わりなのですが、
 午後10時からのイルミネーションツアーを予約していました。

 パレ・ロワイヤル前に9時45分集合でしたが、その前に空港から同じ車だったハネムーナーに作ったお菓子のおすそ分けをしようと早くにホテルを出発しました。

 オペラ大通りのホテルのフロントで「Fご夫妻にお会いしたい。」と伝えると、
 お部屋に電話をして下さいましたが、お留守でした。
 「ロビーで待っていてもいいですか?」とお聞きし、
 ロビーで待つことに

 ロビーのソファーに座っていると、ホテルのスタッフのムッシュが話しかけてくれました。
 「日本に友達がたくさんいるよ。」と云って名古屋からのお手紙を見せてくれました。
 ムッシュの仕事の合間に少しお話をしました。
 彼は日本に行ったこともなく、日本語も「こんにちは、ありがとう。」くらいです。
 「私が日本語を教えてあげます。」と云って「愛しています。」「美味しいです。」などを教えました。

 結局Fご夫妻にはお会いできませんでしたが、フランス人ムッシュをお話出来て楽しかったです。

 ホテルからツアーの集合場所へ。
 私が参加したイルミネーションツアーは10時開始、2カ所写真撮影でバスを降車し、各自のホテルに送って頂けるツアーです。

DSC_0165.jpg

 まずはシャンゼリゼ通りへ。
 バスを降りて写真撮影タイムです。
 一昨年と同じ色です。でも、きれいですね。
 コンコルド広場の観覧車も写っています。

DSC_0171.jpg

 夜の凱旋門です。

DSC_0177.jpg

 バス走行中に撮ったエッフェル塔です。
 星のついている側はすごくスリが多いので、反対側にバスを止め撮影タイムです。

DSC_0183.jpg

 青く光るエッフェル塔きれいでした。
 0分になると5分間、キラキラ光ります。

DSC_0187.jpg

 キラキラが終わるとバスは出発です。

DSC_0193.jpg

 この日昼間に行ったムーラン・ルージュです。
 ここでツアーは終わり順次、参加者をホテルに送ってくれます。
 サンジェルマンデプレ地区の私は一方通行などの道路事情の関係で一番最後に送って頂きました。
 盛りだくさんのパリ5日目終わりです。
 もう少しだけパリ旅日記続きます。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へクリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2009.01.27 14:27:48
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.22
カテゴリ:パリの旅


 パリの旅日記の続きを久しぶりにアップ致します。
 その前に火曜日加古川のレッスン、私の風邪でお休みしてしまいました。
 加古川の皆様、ごめんなさい。しょんぼり
 2月、3月のレッスンを盛りだくさんに致しますので、ご容赦下さい。

P1080072.JPG

 メトロ2号線Blancheに到着。こんな可愛い車が止まっていました。

P1080073.JPG

 こちらの駅のすぐ側に有名なムーラン・ルージュがあります。
 私はムーラン・ルージュにショーを見に来たのではありません。
 近くにあるお菓子のセレクトショップに行くためです。

P1080085.JPG

 ア・レトワール・ドールA l'Etoile d'Or
30,rue Fontaine75009 10時から20時 日、月休

 雑誌などでよく紹介されているので、パリ好きでお菓子好きはよく行かれるようです。
 私は初めて行ってみました。
 マダムは三つ編みがトレードマークです。
 マダムのお写真は何度も雑誌などで拝見していました。
 私が行った日ももちろん三つ編みでした。
 マダムに「マダムの写真撮っていいですか?」とお願いすると、
 「一緒に撮りましょう。」と云って頂いたので、私と一緒の写真はあるのですが。
 シャッターを押して下さったのは、日本人の若い従業員さんです。
 お買い物くらいは何とか出来るのですが、細かいことは理解出来ないので、日本人の方がおられると、「よかった。」と思ってしまいます。

P1080076.JPG

 こちらにはリヨンのパティスリー・ベルナシオンのチョコレートが置いてあります。
 ベルナシオンはカカオを輸入して、一からチョコレートを作っているお店ですが、リヨンの本店以外に出店しません。
 パリでもこちらだけです。
 私はキャラメルの入ったチョコレートとカカオ分70パーセントのチョコレートをgetしました。
 その他頼まれていた、ベルナシオンのスペシャリテ・パレ・ドールを購入。

P1010001.JPG

 この写真は数年前にリヨンのベルナシオンでお土産用に購入したものです。
 丸くて、金箔がついているのがパレ・ドールです。

P1000089.JPG

 もう1枚数年前のベルナシオンの写真です。
 チョコレートのフリルのケーキがスペシャリテだったと思います?
 自家製のサクランボの洋酒漬けが入っています。

 今、新宿の伊勢丹でサロン・ド・ショコラが開催されていて、ベルナシオンのチョコレートもあるようです。

P1080082.JPG

 こちらはブルターニュのアンリ・ルルーのキャラメルです。
 伊勢丹で昨年、高価なキャラメル買いました。
 ちなみにパリでは10粒入っていて、6.7ユーロだったかな?
 アンリ・ルルーさんのキャラメルともう1件おすすめされたキャラメルをget。
 私は名前は全く覚えていないおすすめキャラメルの方が好みです。

P1080080.JPG

 南仏のカリソンやモンテリマールのヌガー、ボンボンなどフランス中の美味しいお菓子が並んでいます。
 また、行ってみたいお店です。

 もう1件パティスリーに立ち寄る予定でしたが、やめてホテルに帰りました。
 今日はこの辺で、パリ旅日記もう少し続きます。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へクリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2009.02.09 09:44:06
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.14
カテゴリ:パリの旅


 シャンゼリゼ通りからヴィクトル・ユゴー通りの目指す老舗ショコラティエにウインドーショッピングしながら、のんびり歩きやっとたどり着きました。

P1080046.JPG

Boissierボワシエ  av Victor-Hugo75116
電話01 45 03 50 77

お目当ては花びらをイメージしたチョコレートです。

P1080707.JPG

 スィート、ミルクの他にピンクやオレンジ色などのチョコレートです。
 紅茶もありエンジェルの可愛い缶だったのでパケ買いしてしまいました。
 お買い物後、「写真を撮っていいですか?」とお聞きし、店内を撮影しました。

P1080049.JPG

お店の奧にはサロン・ド・テもあります。

P1080055.JPG

 ボワシエはマロングラッセ発祥のお店と本に書いてありました。

P1080051.JPG

 きれいな色のマシュマロも並んでいました。

P1080053.JPG

 ケーキやサンドイッチ、マカロンなどもありました。
 ボワシエは東京駅の大丸の1階にショップが3階にサロン・ド・テがあります。
 ヴィクトル・ユゴー通りを来たときの反対側の歩道をまたのんびり歩き、メトロの駅へ

P1080063.JPG

 マクドナルドです。
 パリのマックはおしゃれですね。

P1080064.JPG

 またまたパティスリーです。
 カップデザートが昨年のパリのパティスリーの流行りでした。
 こちらには何種類も並んでいました。

P1080065.JPG

 同じパティスリーのケーキです。美味しそうですね。

P1080066.JPG

 パテやテリーヌも並んでいました。

P1080071.JPG

 メトロの駅に到着。
 2号線で乗り換えなしでいけるお菓子屋さんへ。
 まだもう少しパリ旅日記続きます。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へクリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2009.01.14 21:17:06
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.09
カテゴリ:パリの旅


P1080006.JPG

 シャンゼリゼ通りからヴィクトル・ユゴー通りへ。
 ボワシエで花びらのチョコレートを購入するために、のんびりウインドーショッピングしながら歩きました。

P1080003.JPG

 小さな広場兼道ですが、寒い日でしたが、パリジェンヌが読書中です。

P1080009.JPG

 ヴィクトル・ユゴー通りのルノートルです。
 この通りパティスリーやショコラティエがすごく多いです。

P1080011.JPG   P1080016.JPG

 そして雑貨屋さんも多いです。
 クリスマスのテーブルコーディーネート素敵ですよね。

P1080017.JPG

 アントルメにギモーヴが飾ってあったので、写真を撮ってしまいました。

P1080018.JPG

 同じパティスリーの写真です。
 りんごのタルトすごく大きいですね。
 このパティスリーから日本人らしい若いマダムが買い物を済まされ出てこられました。
 この界隈、日本人のパリ駐在の方々がたくさん住まれているそうです。

P1080024.JPG

 また素敵な雑貨屋さんがありました。

P1080027.JPG

 パサージュです。アーケード付き小さな商店街ってところでしょうか?

P1080029.JPG

 3時頃です。
 高校が終わったようで、生徒さん達が通りに集まっていました。

P1080034.JPG

 日本に随分前から進出しているショコラティエ・ラ・メゾン・デュ・ショコラです。
 以前ココに来たときは、日本語を少し話すマダムがおられました。
 少しお買い物をし、オペラ行きのバス停を聞いた覚えがあります。

P1080036.JPG

 小林かなえさん推薦、キャラメルのエクレアを買いました。
 「すぐ食べます。」と伝えるとナプキンの上にのせて手渡してくださいました。
 美味しかったです。ぺろり

P1080038.JPG

 カルトンのヴィクトル・ユゴー店です。
 お菓子が串刺しになったケーキがあります。
 こちらにはサロン・ド・テがあるのですが、エクレアを食べたばかりだったので、パスです。

P1080041.JPG

 もう1枚カルトンのお菓子写真です。

P1080044.JPG

 ショコラティエです。
 本当にパティスリー、ショコラティエだらけの通りです。
 私の目指すボワシエはもうすぐです。

 今日はこの辺で終わりです。
 パリ旅日記もう少し続きます。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へクリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2009.01.09 23:33:53
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.07
カテゴリ:パリの旅

 

 パリ旅日記5日目続きです。
 エコール・ルノートルで無事?に受講を終了し、4種類のお菓子少しずつですが、試食していたので大して空腹ではなかったのですが、同じパヴィヨン・エリゼ内のレストランでデジュネ(ランチ)をすることにしました。
 
P1070955.JPG

 温室のようなレストランです。
 窓際の席に案内して頂きました。
 ランチメニューを注文しました。
 皆さんワインを召し上がっていましたが、私はパスしました
 
P1070959.JPG

 セップ茸とフォアグラのパテにレンズ豆のクリームをかけた料理です。
 lentillesの意味が分からず、後で辞書を引き、レンズ豆のクリームだったんだと分かりました。

P1070962.JPG

 えびのソースのペンネ、タイム風味です。
 メニューは本当に難しくて、この料理こんな感じ?の料理名です。

P1070956.JPG

 パンには刻んだオリーブが入っていました。

P1070969.JPG

 コーヒーとチョコクッキー、マカロンです。

P1070970.JPG

 小さなマカロンが2個ついていました。
 皮1枚以外本当に柔らかいマカロンでした。
 キラキラが吹き付けてあるのが、パリの流行りですね。
 持って帰っても絶対つぶれると思ったので食べてしまいました。
 美味しかったです。ぺろり

P1070987.JPG

 パヴィヨン・エリゼを出ると、朝はしまっていたクリスマス市が開いていました。
 クリスマス市を見ながら、シャンゼリゼを歩くことにしました。

P1070985.JPG

 ギモーヴ(マシュマロ)やヌガー、チョコレートなどお菓子いろいろのお店です。

P1070986.JPG

 キリスト教関連のお人形のようです。

P1070988.JPG

 生カキ屋さんもありました。
 フランスのものだけでなく、ヨーロッパの特産品などのお店もありました。

P1070990.JPG

 クリスマス市のお店が終わり、広場にメリーゴーランドがありました。
 フランスでは広場にあるのをよく見かけます。

P1070995.JPG

 シャンゼリゼ通りはブランド店がたくさんあることで有名ですが、貧乏な私はカルティエもヴィトンも入ったことがありませんが、シャンゼリゼ通りにも庶民的なお店もあるんです。
 ベルギーに本店があるファミリーレストランレオンです。
 ムール貝がメインのレストランですが、他にもいろいろあります。

DSC_0035.jpg

 数年前、女子大生と一緒にディネ(夕食)をしたときの写真です。
 ムール貝1鍋とフライドポテト、パン、ドリンクのセットメニューを頂きました。
 このときはユーロでなく、フランの時代でしたが、お値段は忘れましたが、お手頃価格です。
 
P1070999.JPG

 シャンゼリゼのラジュレです。
 日本人らしい若い女性が3人紙袋下げ、お店から出てきました。
 マカロンを買われたのでしょうか?
 私は通りすぎただけです。

P1080002.JPG

 のんびり歩き凱旋門のところまで来ました。
 いつ見ても凱旋門、堂々としています。
 パリ旅日記もう少し続きます。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へクリックよろしくお願い致します。










最終更新日  2009.01.07 13:01:06
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.04
カテゴリ:パリの旅

 パリ旅日記5日目です。
 この日はお菓子のレッスンを9時から受講予定でした。

DSC_0142.jpg

 朝のシャンゼリゼ通りです。
 ランニングをされている方をたくさん見かけました。
 また早く着きすぎたので、その辺をウロウロ。
 白い小さな建物はシャンゼリゼ通りのクリスマス市の建物です。

DSC_0128.jpg

 この日私が行ったパヴィヨン・エリゼです。
 この素敵な建物の中に、レストラン、カフェ、本や製菓器具、食器などの売り場、そしてお菓子とお料理の教室エコール・ルノートルがあります。

DSC_0145.jpg

 建物裏手の屋根の上にはキューピットがいました。

 少し早かったのですが、寒くてドアの所に行くと開けて頂けました。

DSC_0136.jpg

 この写真は物販コーナーを外から撮ったものです。
 小林かなえさんが大好きなマカロン柄のカップも並んでいました。

 9時になり教室に案内して頂きました。

P1070929.JPG

 テーブルの上にはエプロン、レシピ、鉛筆が用意されていました。
 お菓子作りに入る前に、

P1070932.JPG

 先生がコーヒー、紅茶を用意して下さいました。

P1070943.JPG

 テーブルの上にはパン・オ・ショコラとクロワッサンが用意されていて、私はホテルでかるく朝食をすませていましたが、また頂いてしまいました。
 美味しかったです。ぺろり
 フランスで頂くパンは本当に美味しいです。

 この日の受講者は私の他はフランス人マダム3名、フランス人ムッシュ2名です。
 皆さん初めての受講とのことでした。そこは聞き取れました。

 こちらのエコール・ルノートルはパリ郊外のプロ向きと違いアマチュア向きです。
 私はこの日、Les Cakes pour Theを受講致しました。
 受講者で材料を計量し、卓上ミキサーで混ぜ混ぜ。
 4種類のケックを教えて頂きました。

P1070940.JPG

 ケック・オ・フリュイ・コンフィです。
 焼き上がったケーキにアプリコテし、アレンジピールとチェリーが飾ってあります。

P1070941.JPG

 試食用に頂いたものです。
 ドレンチェリーもチェリーのコンフィもカットせずにゴロゴロ入っています。

P1070946.JPG

 ケック・オ・フリュイ・ルージュです。
 フランボワーズが入っています。

P1070947.JPG

 カットしたところです。
 地味なお色ですがほんのりルージュです。

P1070948.JPG

 コレはケック・オ・テ・シトロンです。紅茶のバターケーキです。

P1070944.JPG

 ケック・オ・ショコラです。
 ローマジパンが入ったチョコレートケーキです。自宅教室でレッスンするつもりです。

 フランス人すごくおしゃべりです。
 5人のフランス人、3時間半の間、先生にいろいろ質問したり、皆さんで話したり、私は1人寡黙な日本人でした。

 途中、ジベルニー在住のムッシュが私に「分かっているんですか?」と聞かれました。
 私はお菓子の作り方はもちろん分かっていたのですが、皆さんが話されているフランス語はほとんど分かっていなかったので、「分かりません。」とフランス語で答えておきました。
 コルドンブルーと違い、こちらは仏語のみ、英語通訳もありません。私は英語はもっと分かりませんが、
 私はお菓子の材料はフランス語で書いてあってもだいたい理解出来るので、参加しました。
 
P1070949.JPG

 これは帰りに頂いたケーキです。
 日本に持って帰るつもりでしたが、ホテルで食べたり、さし上げたりしました。
 パテシエさんの先生は本当に丁寧に教えて下さいました。
 ジベルニーのムッシュが先生に「どこで働いていましたか?」と聞かれていました。
 コルドンブルーのデモンストレーションコースでは材料にふれたりすることが出来ないので、参加してよかったと思っています。
 また、機会があれば受講したいです。
 ホームページからお申し込み出来ます。http://www.lenotre.fr/

が、私のカードでは決済できなかったので、空の旅さんにお申し込みして頂きました。

 もっとフランス語が分かるようになりたいと思った3時間半でしたが、全くお勉強しないpetit boisです。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へクリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2009.01.04 23:41:53
コメント(0) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.