1226522 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Petit Boisのお菓子な、楽しい日々

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

ブルターニュとサロン・デュ・ショコラ

2013.03.04
XML

 

望んでいる訳ではないのですが、少し早い春休み中です。
 次のフランス旅行の計画も着々と進んでいます。
 昨年のフランス旅行記書いてしまいますね。

 最終日、夜のフライトでしたので、夕方まで自由時間でした。

 まずはヤマト運輸へ荷物を出しに行き、荷作りし、書類を作りました。
 参考まで10キロで日本円で17000円くらいでした。
 今は少しユーロ安なのでもう少し高いと思います。

 ホテルに戻り、タクシーで三つ星レストランへ。

 フランス通のお言葉で写真は1枚もありません。
 ギサボワでランチ頂きました。ぺろり
 さすが三つ星って感じです。
 私たちが頂いたのはお安い方のコースメニューと7人でワイン1本、シャンパン1本
 参考までに日本円で41000円くらいでした。大笑い
 女性にだけお皿のプレゼントがあります。

 その後、モラで少しお買い物をし、ホテルへ
 少し疲れていたので、ロビーで荷作りしたり、ボーとして、お迎えの車を待っていました。

 定時にお迎えの車で空港へ
 前日、事前にエールフランスのサイトでMさんがチェックインをしていて下さいました。
 本当にありがとうございました。
 Mお姉ちゃん「petit boisさんのだけ出来てないかも?」
 私「いいよ1人でパリに残るから。」
 と云っていたのですが、ちゃんと出来ていましたよ。

 これからが大変
 お預け荷物が3キロ重量オーバーで荷物を出す羽目になりました。号泣
 何とか減らしました。

 この後は無事に離陸

DSC02707.JPG

DSC02708.JPG

 機内食アップしておきます。

 定時に成田に着陸しましたが、大阪便は離陸した後、羽田で1泊して帰宅しました。

 並木先生、ご一緒頂いた皆様ありがとうございました。
 今年は無理ですが、何年か後に参加出来ればと思っています。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2013.03.04 21:07:50
コメント(0) | コメントを書く


2013.01.10

 
2012年秋のフランス旅行記続きです。
 フランス最後のdiner夕食はタクシーでオーヴェルニュ料理のレストランへ行きましたが、・・・・・。

 ホテルの前から3台に分かれ、レストランへ。
 ドアボーイさんがタクシーのドライバーさんに住所を云って下さいました。 
 タクシーはオペラ大通りを南へ、セーヌ川を渡り、ルーブルのピラミッドを見て、右折
 少し走るとブランド街があり、ドライバーさんに番地を聞かれました。
 Mお姉ちゃんが「22です。」と答えると、タクシーはすぐに止まりました。
 大きな扉の22番地はどう見てもレストランでもブティックでもありません。
 その辺をウロウロ、やっと全く違った場所に連れて行かれたとわかりました。

 M姉妹さん、とても旅慣れたお二人で、もちろん語学もOK、私もそれなりに旅慣れていて、道を聞くことぐらいは出来るし、パリの7区あたりなので全然不安でもなく、後でM姉妹に「ルーブルのピラミッドの見られたし、よかったね。」なんて云っていたくらいです。
 3人でメトロの駅でも探そうと云っていた頃携帯電話が、

 タクシーがすぐに通りがかったので、乗りレストランへ

DSC02702.JPG

 やっと到着しました。
 3区のアンバサード・ドーヴェルニュです。

DSC02675.JPG

 オーベルニュ地方の風景画が壁に飾ってありました。

DSC02676.JPG

 パンが運ばれ、

DSC02679.JPG

 一緒にリエットが来ました。

DSC02680.JPG

 リエットはパンにのせて頂きます。
 豚肉で作ったコンビーフのようなフランスの保存食です。

 料理2品とデザートを悩み選びました。

DSC02681.JPG

 ホタテのタルタルです。
 茹でたジャガイモの上にのっていますが、ジャガイモのホタテもすごい薄味(味付け忘れた?)でした。

DSC02686.JPG

 ギャルソンがアリゴの仕上げをされているところです。
 アリゴはマッシュポテトにチーズを入れたもので、付け合わせです。

DSC02688.JPG

 メインのお料理はポトフを選びました。

DSC02691.JPG

 付け合わせのアリゴです。
 ポトフもアリゴも量が多く、残してしまいました。しょんぼり

DSC02699.JPG

 デザートはシンプルにアイスクリーム盛り合わせです。
 アイスクリームが一番美味しかったです。ぺろり

 私たちが行方不明になっていたこともあり、最後の客だったようで、ショコラのムースは大きな器も一緒に出てきていました。

 オーヴェルニュ料理のレストランに行きましたが、海のない地方でホタテはないし、ポトフもこの地方のスペシャリテではないだろうし、もう少し考えて注文すればよかったかな?

 フランス最後の晩餐でした。

 タクシーでホテルに戻りましたが、近かった。
 まあ、ドライブ出来てよかったかな。

 フランス旅日記もあと1日です。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
 ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2013.01.10 22:25:30
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.02

 
昨年完結予定のフランス旅日記の続きです。
 メトロのマドレーヌの駅から

DSC02622.JPG

 サロン・ドゥ・ショコラの会場へ
 サロショ(こう呼ぶそうです)初体験のpetit boisです。
 会場に入るとすごい人でした。
 目的もなく、何となく会場を巡りました。

DSC02623.JPG

 可愛いドラジェもありましたよ。
 ドラジェはアーモンドやチョコレートに糖衣をかけたものです。
 フランスでは結婚式に配ると聞いています。

DSC02628.JPG

 コニャックの入ったチョコレートを夫のお土産用に買った後、アイスクリームを頂きました。
 ローズ味が美味しいとお聞きしていたのですが、私はシトロン(レモン)にしました。
 試食でいくつかチョコレートを頂いていたので、さっぱり味にしました。

DSC02636.JPG

 こちらは三田のエス・コヤマさんのブースです。
 一昨年、小山シェフはサロショで受賞され、昨年サロショのステージでデモをされました。
 私が行った次の日がデモの日だったかな?
 昨年も受賞されたようです。
 同じ辻調グループ校出身、兵庫県民、誇りです。
 こちらは現金でしか買えなかったので、1箱だけ頂きました。

DSC02651.JPG

 口紅ではありません。これもチョコレートです。
 触らないでと書いてありますね。

 この日のランチも会場でサンドイッチです。

DSC02646.JPG

 40分位並んだでしょうか?
 フォアグラサンドです。一人分を半分にカットして頂きました。

DSC02645.JPG

 野菜とソテーしたフォアグラが入っています。
 フォアグラサンド美味しかったです。ぺろり

DSC02652.JPG

 並木先生と土屋シェフです。
 こちらでもチョコを買い、
 アトリエを見せて頂いた、ルルーさんのブースでは、お土産用に10箱買いましたよ。
 その他小さいカヌレ型をget

 すごい人であまり写真も撮れず、ざっと一回りして会場を後にしました。

 メトロでレンヌへ
 レンヌに行った目的は雑貨屋さん巡りでしたが、この日はフランスの祝日でお休みの店が多かったです。しょんぼり

 プラスチック製品と布地のお店で可愛い雑貨をgetし、メトロでオペラに移動しました。

 カフェ・ド・ラ・ペでティータイムをしました。
 私は昼ビールを頂いてしまいました。

DSC02667.JPG

 ザラホームのテーブルコーディネートです。
 パリに行くとよくザラホームに行きます。

DSC_0003.JPG

 12月の料理レッスンの時に使ったナプキンとナプキンリング、ザラホームで購入したものです。
 この他にナプキンリングをあと2種、ナプキンを2種購入しました。
 お手頃価格で素敵な雑貨、ザラホーム大好きです。

 ザラホームのお隣はアビタです。

DSC_0033.JPG

 クリスマスにテーブルに飾っていたツリーのオーナメントのトナカイはアビタで購入したものです。 

DSC02669.JPG

 ギャラリー・ラファイエットのメゾン舘へ
 本館に素敵なクリスマスツリーがあったようですが、見られなくて残念しょんぼり

 ホテルに戻り、レストランに行ったのですが、またまたアクシデントが、
 そのお話は次の機会に、今日はここまでです。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
 ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2013.01.03 09:30:15
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.28

 

年末、大掃除も全くせず、お菓子作りをしています。
 が、お菓子ネタではなく、秋のフランス旅行旅日記続きをアップします。

 パリお菓子屋さん巡り後、ホテルへ。
 ホテルはアンバサダーでした。
 オペラ・ガルニエからも近く、ギャラリー・ラファイエットもすぐそばの便利なホテルです。
 2000年のお菓子研修旅行のときにも泊まりましたが、内装はリフォームしたようで、全く変わってました。

 ホテル近くのビストロへディネ(夕食)に行きました。

DSC02597.JPG

 温かいスープが頂きたかったので、オニオングラタンスープを頂きました。

DSC02599.JPG

 これは鴨のサラダです。

DSC02595.JPG

 ワインではなくビールを頂きました。
 お手軽ディネでした。

 お水がほしかったので、近くのモノプリへ
 チョコレートやリボンなどの他

DSC_0030.JPG

 もみの木形のキャンドルは神戸の100円均一で買ったものですが、ガラスのキャンドルスタンドはモノプリでgetしました。

 ホテルに帰り、カール・マルレッティで買ったケーキと残っていたポモ(カルバドス)を頂きました。

DSC02603.JPG

 次の日のホテルの朝食です。
 アンバサダーはお野菜もあり、いろいろ頂いてしまいました。

 サロン・ドゥ・ショコラへ出発、その前に、

DSC02607.JPG   DSC02612.JPG

 いつも素敵なフォションのショーウインドーです。
 カラフルなマカロンタワーとエクレアタワーです。

DSC02611.JPG

 四角いタルトです。

DSC02616.JPG

 これもフォションのマカロンタワーですが、マドレーヌ寺院の北側の店舗です。
 マドレーヌ寺院がガラスに写っていました。

DSC02619.JPG

 フォションの近くのメゾン・ド・ラ・トリュフです。
 トリュフ塩とトリュフバターを購入しました。

 メトロのマドレーヌの駅から会場へ向かいました。
 今日はここまでです。
 今年中にフランス旅日記終わるかな?もう少しおつきあい下さいませ。


 にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。




 
 


 







最終更新日  2012.12.28 16:21:40
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.21


明日からクリスマスケーキレッスンなので、準備することがまだあるのですが、昨日のパリパティスリー巡りの続きをアップ致します。

 ドジなドライバーさんのお陰で寒い中待たされました。
 やっとバスに乗り込み向かったのは、北マレです。

 ショコラティエ・Jacques Geninジャック・ジュナンです。
 東京でこちらのショコラを購入したことがあります。

DSC02565.JPG

 試食させて頂いたパート・ド・フリュイがすごく美味しくて、一番小さい缶入りをいくつか購入しました。

DSC02573.JPG

 ジュナンさん自ら詰めて下さっています。
 日本には3ヶ月くらいの滞在だったそうですが、日本語が本当にお上手でした。
 フランス人女性の店員さんたちも日本語がお出来になります。

DSC02570.JPG

 小さいいちごのタルトがありました。
 fraise des boisと呼ばれるイチゴだと思います。
 食べてみたかったしょんぼり

DSC02571.JPG

 パリブレストのクリーム高く絞ってあります。
 
DSC02568.JPG

 広い店内にはカフェスペースもあり、たくさんの方々がティータイムを楽しまれていましたが、突然の停電、

DSC02567.JPG

 キャラメルもほしかったのですが、停電でレジが使えず、現金でおつりなしの買い物のみでした。
 ジュナンさんの受難でした。

 次に向かったのは、私がずーと行ってみたいと思っていたパティスリーです。

DSC02589.JPG

 Cael Marlettiカール・マルレッティーです。

DSC02588.JPG

 入り口そばにピエスモンテが飾ってありました。

DSC02581.JPG

いろんなルリジュールが並んでいます。

DSC02583.JPG

どれも美味しそうでしたが、

DSC02601.JPG

 悩んで購入。

DSC02602.JPG

 3人で2個買って、夕食後分けて頂きました。
 洋なしのタルトレットとシューです。
 どちらも美味しかったぺろり

 今日アップした2件どちらもまた行きたいお店です。

 この日のディネ(お夕飯)まで書くつもりでしたが、今日はここまでです。
 あと少しフランス旅日記おつきあい下さい。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。
 







最終更新日  2012.12.21 23:19:59
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.20

 
 昨日は横浜に大好きな人のコンサートに行っていました。
 私は4年間くらい神奈川県民だったことがあり、中華街に行くことも観光をすることもなく帰ってきました。
 カメラおばちゃんしようとデジイチ持って行っていたのですが、写真を撮ったのはコンデジでケーキ写真のみでした。
 アップしたいパティスリーがあるのですが、今日は暫くぶりにフランス旅行記アップ致します。

 ナントからTGVに乗りパリへ
 駅にバスがお迎えにきてくれていました。
 パティスリー巡りに出発です。

DSC02520.JPG

 まずはレンヌ通りのショコラティエPatrick Rogerパトリック・ロジェです。
 店内写真はNGでしたが、この大きなカバさんはOKでした。
 このカバさんチョコレートで出来ています。
 以前はオデオンの駅の近くのお店で購入したことがあります。
 ここは本当にチョコレートしか置いてありません。
 2箱購入しましたが、ショコラの写真は撮り忘れました。
 また、是非買いに行きたいショコラティエです。

 歩いて次のお店に

DSC02526.JPG

 ショコラティエJan Charles Rochouxeジャン・シャルル・ロシューへ
 何も購入しませんでしたが、生のフルーツの入ったタブレットショコラ(板チョコ)が有名なショコラティエですが、フランボワーズ入りタブレット、Kさんに頂いて食べることが出来ました。

DSC02529.JPG

 麦の穂の取っ手のお店は有名パン屋さんPoilaneポワラーヌです。
 ここのパンを出しているレストランがパリにはたくさんあります。
 以前パリ一人旅の時にパンを買いに行きましたが、今回はスプーン形の素朴なクッキーを買いました。

DSC02535.JPG

 次はHugo&Victorユーゴ・エ・ヴィクトールへ
 こちらも店内写真は×でした。
 スタイリッシュな店内にショコラ、マカロン、ケーキが並んでいました。
 ブック形の箱に入ったショコラを購入しましたが、1箱食べようと思っていたのに、お土産が足りなくなり、食べていません。
 が、M姉妹さんから分けて頂いたタルト・タタンすごく美味しかったです。ぺろり

 この後ボンマルシェでランチタイムになりました。
 毎日ランチはサンドイッチだったので、この旅初参加、大人組はちゃんとランチしたかったんです。
 並木先生に2階のレストランに連れて行って頂きましたが、25分待ちましたが、出てこず時間切れで何も頂くことなく出てしまいました。号泣
 温かいスープが頂きたかったのに。
 
 ボンマルシェでパンといろいろ買って、この日もバス車内ランチでした。

DSC02538.JPG

DSC02539.JPG

DSC02540.JPG

DSC02541.JPG

 オードブルのようなもの、それなりに美味しかったのですが、やっぱり温かいものが頂きたかったpetit boisでした。

 バスに乗りサンジェルマン地区を後にしました。
 バスは9区のマルティル通りへ

DSC02550.JPG

パティスリーSebastien Gaudardセバスチャン・ゴダールへ
 こちらでは地下のアトリエを見学させて頂きました。
 ゴダール氏の写真が店内に飾ってあり、イケメンフランス人でしたが、残念ながらこの日はいらしゃいませんでした。
 こちらも店内写真は×、こちらのパティスリーは今風フランス菓子でなく、昔からのフランス菓子が並んでいました。

DSC02564.JPG

 モンブランとかぼちゃのタルトレットを買いました。
 それとシェフのレシピ本とチョコレートも買いました。

 少し歩くと

DSC02558.JPG

 可愛いケーキが並ぶのはRose Bakeryローズ・ベーカリーです。
 イギリス人女性が経営するビオの食料品、スィーツ、サロン・ド・テです。

 マルティル通りは他にパティスリーもあり、スィーツ通りです。

 マルティル通りから少し歩いた大きな通りでバスを待っていましたが、予定時間になってもバスが来ません。
 来たと思ったら通り過ぎて行きました。
 
 今日はここまで、続きはなるべく早くアップ致します。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。











最終更新日  2012.12.20 22:34:56
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.05

 
 ブルターニュ最後の町と書いたナントはロワール地方でした。しょんぼり
 ナントは思った以上に大きな町でした。
 残念ながら、今回の旅ではコンフェズリーとブラッスリーにしか行けませんでしたが、
 是非行ってみたいと思っているフェーブ博物館もあります。

 ホテルで信じられない光景を目にしました。
 とvol.15で書きましたが、

DSC_0312.JPG

 私の部屋のではありませんが、ホテルのトイレです。
 あった形跡はあるのですが、便器がありません。
 こんな部屋に泊まれと云うのでしょうか?
 お掃除はちゃんとしてあったようで、どうしてこの部屋を使用するようにしたかは不明です。

 1泊目、2泊目、私はバスタブがあったのですが、同じお金を払っているのに、Kさんはシャワーだけのお部屋でした。
 ナントではバスタブが全員あるようにと手配して下さったのですが、バスタブはあったのですが便器がなかった。
 覚えました。便器と云う単語cuvetteです。
 信じられない出来事でした。

DSC_0313.JPG

 信じられない光景を見物した後は、シードル農家さんで4人で買ったポモーで飲み会をしました。
 夜遅かったのですが、Aさんがパリでは泊まられないで、帰ってしまわれるので、私の部屋に集まって下さいました。
 ポモー美味しかったです。ぺろり

DSC02516.JPG

 ナントの朝ご飯です。
 パンと一緒に盛ってあるのはファー・ブルトンです。
 焼きたてのファー・ブルトンがありましたので、頂きました。ぺろり

 バスでナント駅に行き、TGVでパリに移動しました。
 このツアーの呪いがナント駅で私に降りかかりました。
 この旅のために買ったスーツケースの取っ手が壊れました。号泣

DSC02518.JPG

 これは駅にあるコンポステ機です。
 駅には改札はなく、切符をこの機会に差し込みます。
 コンポステしていないと、電車内での検札のときに罰金を取られるそうです。

 パリに無事に到着。
 フランス旅日記もう少しおつきあい下さい。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。
 







最終更新日  2012.12.05 22:05:47
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.01

 
 ブルターニュ最後の町ナントに到着。
 毎日時間超過でバスのドライバーさん怒って帰られてしまいました。
 お礼を云いたかったのにな。

 予定ではナントに5時頃到着し、ウィンドーショッピング出来るはずでしたが、・・・・・・・。
 閉店時間なのに開けて頂いていたコンフェズリーへ

DSC_0279.JPG

レ・リゴット・ナンテーズへ、

DSC_0281.JPG

 店内に日本語の記事が張ってありましたよ。
 この記事のボンボン・リゴット東京のデパートのフランス展で大人気だったそうです。
 もちろんgetしてきました。
 その他

DSC_0272.JPG

 試食させて頂いて美味しかったパヴェ・ナント

DSC_0274.JPG

 こちらも

DSC_0275.JPG

 右の白いのも袋入りでお買いあげしました。
 白いのも黄緑もチョコレートです。
 スーツケースに入れ持ち帰りましたが、少しつぶれていました。
 缶入りにすればよかったです。

 ホテルに戻り、チェックイン、この日のホテルはメルキュール・ナンテ・セントラルです。
 ゆっくりする暇もなく、すぐにブラッスリーへ
 通訳のコリーヌさんは一足先にパリに戻られたのですが、先に帰られる方々もおられ、最後の全員でのディナーです。

DSC_0305.JPG

 ビストロ・ラ・シガールです。

DSC_0282.JPG

DSC_0283.JPG

 ベルエポックの店内素晴らしいですよ。

DSC_0293.JPG

 頂いたお料理はこちらと

DSC_0296.JPG

 こちら、すずきだったような?

DSC_0301.JPG

 デザートはクレメ・ダンジュのようなものです。

DSC_0300.JPG

 こちらはタルトレット・ショコラ、こちらの方がよかったかな?

 この後ホテルでかなりおもしろい光景を見ることになるのですが、長くなるので、また明日にでもアップ致します。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。








最終更新日  2012.12.01 22:25:15
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.30

 
キブロンでサンドイッチを買い、バスに乗り込みました。

DSC02452.JPG

 ハムとチーズのバゲットサンドです。
 これは一人分を半分にカットして頂いたものです。
 どこで買っても美味しい食パンですが、温かいランチを素敵なカフェでゆっくり頂きたかったpetit boisでした。しょんぼり

 食後のデザートは、

DSC02454.JPG

 カンペールのマカロン屋さんで買ったマカロンです。
 
DSC02455.JPG

 何味だったか?

 バスはラ・ポールへ

DSC02474.JPG

 商店街をぬけると教会がありました。

DSC02469.JPG

 海外沿いにリゾートマンションが建ち並んでいます。
 この日はポカポカで気持ちのよい日でした。

DSC02472.JPG

 マンションのベランダで日光浴中のムッシュをパチリ

 この町に来た目的は、

DSC02479.JPG

 クリストフ・ルッセル本店です。
 パリにも2店舗ありますよ。

DSC02486.JPG

 個性的な唇チョコです。

DSC02487.JPG

 鮮やかな色のマカロンやアントルメが並んでいます。

DSC02496.JPG

 チョコレートやマロンのケーキ、ルリジュール?(向かって右のシュー菓子)個性的ですね。

DSC02495.JPG

 後で買えばよかったと後悔したチョコレートでコーティングしたマカロンです。しょんぼり

 また、バスに乗り込み、

DSC02509.JPG

 ゲランドの塩田見学をしました。
 田んぼのようですが、塩田です。
 塩の生産者のマダムが手書きの絵で説明して下さいました。
 太陽と風を頼りに昔ながらに生産されているゲランドのお塩、味わって頂きたいですね。
 バスから持って降りたコンデジが2枚撮ったあとバッテリー切れになってしまいました。

DSC_0248.JPG

 塩田の後は、シテ見学です。

DSC_0260.JPG

 シテ内の町並みです。

DSC_0259.JPG

 教会です。

DSC_0263.JPG   DSC_0262.JPG

 教会に入ってみました。

 シテ見学も時間がなく、早々に退散。
 バスに乗り込み、ブルターニュ最後の町へ向かいました。

 フランス旅日記もう少しおつきあい下さい。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。
 







最終更新日  2012.11.30 11:57:15
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.28

 

ブルターニュ4日目、バスはランデヴァンのアンリ・ルルーのラボ見学に向かいました。

DSC02419.JPG

 2008年にキブロンから25キロメートル離れたところに立派なラボが建てられました。
 以前、アンリ・ルルーさんのショコラティエはキブロンのみでした。
 パリでは三つ編みおばあちゃんのお菓子のセレクトショップのみで購入出来ました。
 が、今では大阪でも購入できます。
 ヨック・モックのグループ会社になったそうです。
 が、ルルーさんがキブロンのお店裏手のラボで作っておられたとおりに今も作られています。
 ラボ内は撮影禁止でしたので、写真はありません。
 白衣、帽子、靴にもカバーをして、見学させて頂きました。
 丁度、柚抹茶のキャラメル作りの最中でした。

DSC02414.JPG

 ショップもありましたよ。
 キャラメルとパート・ド・フリュイです。

DSC02416.JPG

 こちらはチョコレートです。
 チョコレートのアウトレット品がありましたが、残念ですが、数が少なく買えませんでした。しょんぼり

 キブロンに戻り、

DSC02426.JPG

 アンリ・ルルー本店へ
 店内写真を2枚アップしますね。

DSC02428.JPG

DSC02431.JPG

 パリで買うことにして、こちらでは何も買いませんでした。

 少し自由時間があり、

DSC02436.JPG

 可愛い雑貨屋さん発見手書きハート

DSC02434.JPG

DSC02435.JPG

 ほしいものがいっぱいあったのですが、ナプキンリングとクリスマスの飾りをgetしました。

DSC02446.JPG

 海岸沿いのカフェの看板、民族衣装の女性でした。

DSC02447.JPG

 海岸にあったお魚のモニュメントです。

 ランチの時間がこの日もなく、サンドイッチを買いに

DSC02445.JPG

 サンドイッチを買ったのですが、お菓子の写真をパチリ
 メレンゲです。

DSC02444.JPG

 アーモンドチュイールです。
 湿度の高い日本ではこのような売り方無理ですよね。

DSC02443.JPG

 こちらのお店にもありました。
 ガトー・ブルトンです。
 こちらのは厚みが厚いですね。食べていません。しょんぼり

 キブロンを後にし、バスはゲランドに向け出発しました。
 ブルターニュ旅日記はあと少し、フランス旅日記まだまだ続きます。

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村ブログ村のランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。







最終更新日  2012.11.28 21:54:04
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.