165745 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

どんぐりでいこう

PR

カレンダー

コメント新着

kat@ Re[1]:突然更新してみたりして(08/20) レオン117さん >●は〜い、今度は三年後ね…
レオン117@ Re:突然更新してみたりして(08/20) ●は〜い、今度は三年後ね。
kat@ Re:あけましておめでとうございます 2013(01/03) なんだ? タグだらけで、読みづらいわね。…
kat@ つぼみさん >katさん、一年ぶりの更新ですよw<br…
つぼみ@ Re:あけましておめでとうございます 2013(01/03) katさん、一年ぶりの更新ですよw すごくう…

カテゴリ

2009年06月27日
XML
カテゴリ:どんぐり

「どんぐり倶楽部っていうのは、糸山っていう教祖がいて

信者の母さんたちはみんな、糸山バンザイなんだよ」

 

……正確にはどんな言葉だったか覚えていないけれど、

とにかく、こんな書き込みを○チャンネルだか、

教育系の掲示板かどこかで読んだ。

かなり前のことだ。私がたぶんどんぐり倶楽部に出会って

間もないころだ。もう2年近く前のこと。

つまらない書き込みをする人だ、と思ったけれど、

客観的にみれば、そうなのかもな、という気はしていた。

 

その後やっぱり、うちのダンナからも

ソレハ アラテノ シュウキョウ デハナイノカ?」と聞かれたし、

別の知り合いにも

「あれはなに? シュウキョウっぽい」と言われたこともあった。

わからなくもないけれど、決定的にちがう、と思っていた。でも

何がちがうのかよくわからなかった。

だから「ちがうんだよ~」という以外、うまく説明できなかった。

 

別にそういった感想に心を痛めたわけではないけれど

(そんなにナイーブじゃないのでね)、

シュウキョウと、どんぐりの違いってなんなんだろう、とずっと考えてきた。

 

なにかについての結論を導くための基準と言う点では

本来的な宗教もどんぐりも同じようなものだ、と、考えている。

そういう側面が確かにあると思う。

 

子育てにつまずく。教育法がわからない。どうすればいい?

どんぐりがある。どんぐりの過去ログを見て、ふうん、そうか、

と思い、それでもわからないと、そのへんのどんぐらーをつかまえて

「どう思う?」と相談する。それでもわからなければ糸山先生に相談する。

そして結論に辿りついたり、つかなかったり(辿りついたところで、

それもひとつの過程に過ぎず、

また新たな問題が出てきたりするのですが)。

 

じゃあ、違う点はなにかというと、 

それは最終的な責任が「どんぐり側」ではなく「個人の側」にあること

なんじゃないのかと、2日前、思いました。突然なんですが「すとん」と。

ここにシュウキョウと決定的に違う部分があるな、と思った。

だいたい、どんぐりのHPウロウロしても、どう思う?って相談しても

せんせーって、泣きついても、おそらくそこでできることは

深くて濃い、現状把握だと思うのです。

過去に起こった(起こしてきた)要素をふまえた現状を知ることができる

という意味です。ヒントはあるかもしれない。

けど、そこに万能な答えなんかない。

 

どんぐりがシュウキョウみたいだ、という感想を持たれる人のなかには

おそらく、どんぐらーのみんながきっと

「糸山先生が右向けっつったら右」

「赤いといえば赤い」

「バケツでビールのめ、と言われればのむ」

という印象があるんじゃないか、と。

だって、みんなのブログから先生への「愛」があふれてるもんね。

 

でも、これはひとりで悩むっていう時間の反動でも

あるように思います。

実際のところ、私の知るどんぐり母さんたちは、多くの人が

「右向いた責任はわれにあり。

 それでうまくいかなかったら、また悩むのよー」

「赤いっていわれたけど、赤いかどうか、もう一度かんがえてみよう」

「バケツで飲めっていわれたから、ビールのんだけど、

 二日酔いになったのは、あたしの責任です」

というふうに思ってるように見えます。

内省がそこにある、と思います。

 

つまり、判断するのも自分、フォローするのも自分。これに対して

いわゆる新興シュウキョウの場合は、判断を教義や教祖にゆだねることが

多いんじゃないのかな? そうでないところもあるかもしれない。

けれど、私の周りで、何人かの人がこういう場所にはまり込んでいます

(すでに離脱できた人もいますが)。

その状況においては教祖も教義も絶対で、その狭い世界の中で

すべてが完結しています。自分で考える必要のない世界に自分たちを

隔離しているように見える。そしてやたらとお金を吸い取られています。

欲だとか煩悩を捨てるだとか、そういう理由で。

 

どんぐりは自分で考えるようになるための手助けをしてくれる理論で

母たちは、学校、先生、習い事、ドリルなど自分以外の「教育関係者(材料)」

をしっかり吟味する術を学ぶことができるところだ、と私は思っています。

 

ちなみに些事ですが、物販に関しては、7年分の文章題や資料の入ったCDは

1度くらい買うかもしれないけど、それを強要されたり、

なぞのツボを買わされたりってのはないからね。

欲しければどうぞ。欲しい人だけどうぞ。

好きなところを好きなだけ、どうぞ。でも、慎重にね。

 

他力に頼るシュウキョウ、自力を育てるどんぐり倶楽部。

ここが一番の違いだと私は思います。

 







最終更新日  2009年06月30日 09時49分36秒
コメント(16) | コメントを書く
[どんぐり] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.