1034261 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々のあぶく?

全2731件 (2731件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

May 8, 2014
XML
カテゴリ:
BUOYANCY OF DEATH

死神の千葉が帰ってきた!?
今度は長編。

ゲームのように人をもてあそぶ本城に娘を殺された作家・山野辺と妻・美樹は
自分たちで復讐を遂げるべく、本城を無罪に。
復讐するために行動を始めた夫妻の前に千葉が現れて・・・。

無情なやるせない展開も、ピントが合わなかったり、人のニュアンスをとらえきれずにずれた対応をする
千葉が加わる … [続きを読む >>]





Last updated  May 8, 2014 11:43:08 PM


April 8, 2014
カテゴリ:
~栞子さんと繋がりの時~

もう第5弾なんだな。

今までのシリーズについては→1、2、3、4

大輔の告白の返事は・・・今はただ待ってほしいというものだった。



----------------------------



プロローグ リチャード・ブローティガン「愛のゆくえ」
二ヶ月近くも待たされた告白の返事は・・・

第一話 「彷書月刊」
四月 … [続きを読む >>]





Last updated  April 9, 2014 12:10:48 AM
April 2, 2014
カテゴリ:
誰か、名もなき毒 の続編。・・・シリーズ第3弾かな?

今多コンツェルン会長室直属のグループ広報室に勤める杉村三郎は取材先からの帰りに
編集長園田と共に拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。
警察の突入、犯人死亡で事件はあっけなく解決したのだが・・・。

宮部氏の物語が単なる事件に終わるわけはなく。
バスジャックの真の動機があきらかになっていく … [続きを読む >>]





Last updated  April 3, 2014 12:29:50 AM
March 30, 2014
カテゴリ:
贖罪の奏鳴曲 続編。

少年犯罪の過去を持つ“悪辣・豪腕弁護士”御子柴礼司が退院後すぐに
無理を通してでも弁護を担当したのは、夫(津田伸吾)殺しの容疑で懲役十六年の判決を受けた主婦・津田亜季子だった。
対する検事は因縁の相手・岬恭平。
御子柴は、なぜ主婦の弁護をしたのか・・・?

検事の岬はさよならドビュッシーシリーズの岬の父!噂の父が見れてちょっと … [続きを読む >>]





Last updated  April 1, 2014 12:36:59 AM
March 16, 2014
カテゴリ:
三浦しをんによる元気な下町じじ小説。

隅田川を舞台に、正反対と言っていいほど生きかたも考えかたも違うが、ずっとつきあいが続いている
川沿いの問屋に商品を卸すつまみ簪職人である源二郎(73)・
大学を出て銀行に入って定年となった有田国政(73)の幼なじみ、
2年前に源二郎に弟子入りした吉岡徹平(20)、徹平の彼女の美容師・マミなども加わり、
楽しいばかり … [続きを読む >>]





Last updated  March 17, 2014 01:23:09 AM
March 9, 2014
カテゴリ:
シリーズ第六弾。
ほのぼのは良いのだけど、進展が遅い気がしなくもない・・・。

何とか進級できた瞬太だったが、相変わらず学校では寝てばかりの日々。


----------------------------------------


 第一話 委員長、絶句する
雅人に言われ、行方をくらませた葛城を捜す手掛かりに、
葛城から依頼されていた人(月村 … [続きを読む >>]





Last updated  March 9, 2014 10:16:56 PM
March 6, 2014
カテゴリ:
夜宵の続編。

何でも手に入るという細蟹の市で捕らわれた少女を助けようとする少年、
「うろくづ」をさがす男と少女、そして同じものをさがす老人。
赤腹衆サザは市を見まわり、マドウジを保護したり、様子を見たり。

黒式尉を制作した人形師や、細蟹さまに次いで偉い、市の営業許可を出す獏の夜宵さん登場。

市はこれからどうなっていくのだろう?


----- … [続きを読む >>]





Last updated  March 13, 2014 11:43:26 PM
March 5, 2014
カテゴリ:
シリーズ第五弾。

古道具屋「荻の屋」の閻魔顔の主人・喜蔵のもとに見合い話が持ち込まれた。
喜蔵は妹・深雪のためになる縁談になるか思い悩む最中、なぜか妖怪たちに襲われる。
危機を救ってくれた鬼の小春の様子もなんだかおかしくて・・・


---------------------------------------



縁談は深雪ではなく、喜蔵にだ … [続きを読む >>]





Last updated  March 6, 2014 09:47:06 PM
February 5, 2014
カテゴリ:
破曉・・・曉~あかつき という意味があるけど、破曉となったら意味は変わるのだろうか?

明治20年代、元旗本の嫡男で縁故で煙草製造販売業につくも会社の業績が芳しくないことを感じ取り休職、
また、自身の病気療養を理由に妻子を屋敷に残し東京郊外へ移った高遠は
親の遺産で食い繋ぎながら気ままな一人暮らしをしていた。
転居先で見かけた馴染みの四谷にある斧塚書 … [続きを読む >>]





Last updated  February 7, 2014 01:01:50 AM
カテゴリ:
紹介は→コチラ

以下、ネタバレ内容メモ。




-----------------------------








・探書壱 臨終
地本問屋の秋山武右衛門の紹介で店を訪れた男は神経をやられ、病を患っており、
臨終前に読む本を売ってほしいと弔堂主人に言う。
男は昔、別れた女と赤子の幽霊をみた。
しかし、近代人として生きようと合理的に考えよ … [続きを読む >>]





Last updated  February 7, 2014 01:02:48 AM
このブログでよく読まれている記事

全2731件 (2731件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.