1044821 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々のあぶく?

December 14, 2006
XML
カテゴリ:
感想は→コチラ

気になったところをつれづれメモ。
ネタバレあり

江戸三社~日枝神社・神田明神・田安明神(築土神社)

「死の国から戻ってきたイザナギノミコトが"筑紫の日向(ひむか)の橘の小戸の阿波岐原(あわきはら)で禊ぎ祓いをした」←祝詞の意味を理解。そういうこと言ってたんだなぁ。

神田明神の「神田」の由来~
・将門終焉の地、下総国猿島郡(現在の茨城県岩井市)にある「神田山(かどやま)」から。
 「神田山」は将門の胴体(体)を埋めた地、「からだ山」からきているといわれている。
 →つまり、「胴塚」のこと?
 「山」とは「林」のことを指す。
・「かんだ」=「片目」
 または、「かんだ」=「がんち」=「かぬち」="鍛冶"のことを示し、将門たちは製鉄民族だったという事をあらわしている?
 製鉄に携わるものはたたらを踏み、火を見るために片足、片目が多く、特徴とされている。

日本橋にある兜神社の祭神は倉稲魂命(=宇賀神?もともとはスサノオノミコトの御子神)・大国主命・事代主命
→倉稲魂命は"稲作"の神とされるが、「稲」=「鋳」で製鉄の神とも言われている。
「稲作」=「鋳作」、同様に「稲荷」=「鋳荷(鋳成)」とも
(スサノオノミコトは製鉄の神。また、スサノオ=牛頭天王=薬師如来(=センダラ))

茨城(常陸国)にある鹿島神宮の祭神は武御雷神(出雲に遠征して大国主と争い、力ずくで国を奪った神)。
宝物殿には国宝の直刀「フツ霊劔(フツノミタマノツルギ)」の2代目がある。

妙見信仰~北斗七星に対する信仰。仏教では妙見菩薩とされる。
延命長寿、除災招福の他、民間では馬の病を治してもらうという伝承もある。

福島県(旧相馬藩領~将門の子孫が逃げ延びた地?)で7月に行なわれる「野馬追神事」~次回、これを見に崇一行は旅するらしい。
神山禮子は成田にある病院の薬局に勤めている。

水海道の法蔵寺には累の墓もある。
真景累ヶ淵~容姿が醜く、養父に殺された娘・助。だが、その後、養父と母の間に生まれた子・累は助に瓜二つだった。
婿に醜さゆえに殺された累。婿の後妻は次々と死に、6人目の妻との子・菊は累の霊にとりつかれ、原因不明の病にも苦しむ。
祐天上人に祓ってもらうと、菊には累だけではなく、助の霊も取り憑いていたという―

夜叉ヶ池の瀧夜叉は将門の娘。

平安時代に「人」といわれていたのは昇殿を許された従五位以上の人々。
「よき人」というのは従四位以上の貴族。
昇殿を許されるか許されないかという正六位上、従五位以下には大きな隔たりがあった。
「人」か「人でなし」か。

「朝臣(あそみ)」=遊び。全く仕事をしなくても孫の代まで食べていかれる身分(貴族)。

「鎧」(製鉄技術によって可能となった)の前は「甲(革製のよろい)」
将門の弱点と去れたこめかみ=米かみで将門に協力した半農半兵の農民の事だった?
「他は昔から鬼のもの」「田の神(鬼)は春に山から下りてきて、秋に山へ戻る」

将門の愛妾とも言われた桔梗前。桔梗つながりで安倍晴明と繋がりがあるとかないとか?
→将門の子・将国が将門の死後住んだのは常盤国信田郡。
晴明の生まれたのは信田の森というところからもありえる???

桔梗は花が咲く前、蕾の内に切り落とすと根っこに栄養が行き渡り生薬となる。

昔は星=悪だった?桔梗=星…
桔梗の紋は明智光秀の家紋であり、光秀が秀吉に敗れた時にダークなイメージに。

将門が怨霊でない理由として崇があげるのは
・祀られ方。参道が鳥居から一直線に本殿まで伸びている。怨霊だったら曲がりくねり、本殿の扉は閉じているはず。
・他の塚も禁足地や結界を張り巡らされていない。(怨霊ならば入り口に大黒天や弁財天がいてもおかしくない)
・将門は菅原道真の生まれ変わりとも言われ、朝廷に弓引いたとされる。そのため、将門を旗印とした徳川幕府を打ち破った明治政府は将門が邪魔に。→祟りだ怨霊だと言うのは明治政府の言いがかり?
(怨霊によって人が殺されたというが、死んだ人物は国会議事堂の設計者などだった事から、秘密の地下道などの隠蔽として殺され、それが将門のせいとなった?)
・怨霊がこの世に害をなすのは、そのなくなった本人を祀る人(子孫)が絶えた時といわれるが、将門の子孫は生き延びている。
・塚に直接手を下した研究者は祟られてない

将門の紋は「繋馬」「九曜星」
不動明王=将門?(片目の不動明王がある)

「猿は馬を御する」の意味とは~
陰陽五行説によれば「馬=午=火、猿=申=金」
たたらの人々の守り神とも言われる庚申信仰の「庚=金、申=金~金の兄の金」
たたらの命である「火=午」
金である猿がたたら(火である馬)を御して守っている。
鋳荷=稲荷は馬=午の日に行なわれる事が多い。
→不動明王の背景の火焔もたたらの「火」であると同時に「馬」である?

成田山が江戸っ子に嫌われた訳~将門のお膝元でありながら調伏したとして名をあげたこと。
市川団十郎の肩入れによって江戸っ子から爆発的な人気を得た時に、江戸寺社から反発を受けた事。
成田山参拝の代わりに分霊を招いた深川不動が出きたこと。
~でも、成田山は将門を祀っている?
節分の時は「福は内」のみ。

鬼王神社は福も鬼も内。


この話はまた今度~
出雲大社、伊勢神宮、熱田神宮には怨霊が祀られている?






Last updated  December 17, 2006 02:58:41 PM
[本] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

March , 2020
February , 2020
January , 2020
December , 2019
November , 2019

Recent Posts

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.