000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々のあぶく?

February 28, 2007
XML
カテゴリ:
青色サヴァンと戯言遣い

こないだは漫画原作を元にした西尾作品だったので、普段はどんなかと手を伸ばす。
精気に欠ける主人公×天才×孤島×殺人事件(首なし死体)
王道のような設定を西尾市が料理したらこうでた!という感じ。
しかも"天才"の多いこと!(笑)
天才多けりゃ天災起こる…ような。
これを機にシリーズ制覇を目指したいが、最寄図書館に半分くらいなく、取り寄せに。
気長に待ちますか…

絶海の孤島に本家から勘当され隠れ住む財閥令嬢・赤神イリア。
彼女に招待されたのは"科学・絵画・料理・占術・工学"、5人の天才女性達。
天才技術屋・玖渚友に同行した僕。
そこで起こるは殺人事件。
警察を呼ぶ気はない主人(イリア)、彼女が呼んだ最強請負人・哀川潤が来るのもまだ先。
玖渚と共に捜査することに―


天才技術屋の友が率いていたチームが(主に日本の)パソコンなどのネットワークを向上させた。
なんだか真賀田四季を思い出した。あれは彼女一人が特化しているけれど。

ちなみにサヴァン症候群(-しょうこうぐん、savant(仏語で「賢人」の意) syndrome)とは、知的障害を伴う自閉症のうち、ごく特定の分野に限って、常人には及びもつかない能力を発揮する者を指す。サヴァン症候群の共通点として、知的障害と共に異常といえるほどの驚異的な記憶力・表現力を持つことが挙げられる。彼らには「忘れる能力」が無いとされ、かなり昔から知られてはいたがその原因は未だ論議されており、正確には掴めていない。現在では脳の器質因にその原因を求める論が有力だが、自閉症者が持つ特異な認知をその原因に求める説もまた有力である。
参照は→こちらから

メモは→コチラ






Last updated  February 28, 2007 10:41:45 PM
[本] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

June , 2020
May , 2020
April , 2020
March , 2020
February , 2020

Recent Posts

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.