1044818 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々のあぶく?

June 28, 2007
XML
カテゴリ:
GHOST RESCUE SQUAD

それぞれの理由で自殺した4人は地上と天国の中間点で神に
「49日間で100人の自殺志願者を助けたら天国に行くチャンスを与えよう」と、
有無を言わさず地上に落とされる。

地上に零体となって戻った彼らは装備された救助グッズを駆使し、自殺志願者(候補者)を助けることに
寂しさ、恨み、借金、病苦、いじめ、離婚、嫁姑問題、虚しさ、愛憎、破壊・破滅願望、
リストラ、プレッシャー、誤解、被害妄想、薬物中毒による幻覚症状、などなど
様々な理由で人は揺らぐ。だが、同じ状況だからといって皆が自殺する訳ではない。
多くの場合、自殺の陰には"鬱病"が隠れていることを知り、病院に誘導する救助隊。
要領を得、救助者は増えるも、彼らがしていることは自殺を踏みとどまらせるだけ。
苦しい現世にこれ以上踏みとどまらせるのがいいのと彼らが揺れることも。
また、彼らと同じような状況で自殺を思い立つ人を救うことで、
自分は死ぬ必要はなかったのではと後悔しつつも癒されていく。

自殺志願者ばかりが出てくる割には重苦しくなく読める。
御都合主義な所は多々あるけれど、自殺者が多い現代ならではの物語では。

八木剛造~極道。組を思って短銃自殺
市川春男~借金背負った経営者。樹海で服毒自殺
安西美晴~空虚な自分を抱え、飛び降り自殺
高岡裕一~東大受験に2年続けて失敗。教育に厳しい両親らのプレッシャーに追い詰められ首吊自殺






Last updated  June 28, 2007 12:14:33 PM
[本] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

March , 2020
February , 2020
January , 2020
December , 2019
November , 2019

Recent Posts

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.