1032865 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々のあぶく?

March 30, 2014
XML
カテゴリ:
贖罪の奏鳴曲 続編。

少年犯罪の過去を持つ“悪辣・豪腕弁護士”御子柴礼司が退院後すぐに
無理を通してでも弁護を担当したのは、夫(津田伸吾)殺しの容疑で懲役十六年の判決を受けた主婦・津田亜季子だった。
対する検事は因縁の相手・岬恭平。
御子柴は、なぜ主婦の弁護をしたのか・・・?

検事の岬はさよならドビュッシーシリーズの岬の父!噂の父が見れてちょっと嬉しかったり。


--------------------------------



御子柴の行動から、今回の方が「贖罪(の奏鳴曲)」って感じがしたけど、
今回そのタイトルにするとネタバレになっちゃうか・・・。

いくつかどんでん返しはあるけれど、予想の範囲内かな。
長女を本当に襲った人物はよりえげつなく感じたけれど。


亜季子は伸吾を殺したのは、伸吾に襲われた長女だと思い、娘をかばって犯行を身代わりに。
長女を襲った張本人は、亜季子をかばい、息子・伸吾を悪く言っていた祖父。

御子柴が過去に殺した少女の姉が亜季子であることから、御子柴は弁護を担当。
亜季子の過去のPTSDによる診察などから、彼女には犯行が不可能であることを証明する。
それを証明するためには過去の事件のことを話す必要があり、
その過程で裁判に来た亜季子の母が御子柴=園部信一郎だと気付き、声を上げる。
亜季子は御子柴を解任。

岬は本当の真相(祖父が原因、止めなかった父を長女が殺した)を御子柴から聞く。

東京弁護士会会長・谷崎は御子柴=園部を知っており、それでもなお彼を買っていたが、
御子柴=園部が周知されてしまっては、もうフォローできないかな・・・。






Last updated  April 1, 2014 12:36:59 AM
[本] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

February , 2020
January , 2020
December , 2019
November , 2019
October , 2019

Recent Posts

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.