100076 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

片桐早希 おむすびころりん

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Comments

総徳@ あんれ~? もう1ヶ月! なんだ、なんだ? ど…

Favorite Blog

ベスト・キッド2 New! おいら♪♪さん

土用の丑の日~* New! ばあこ5577さん

元気に帰宅。。。^… ひまわり(^0^)/さん


  片桐早希です。訪問ありがとうございます。 
  小説をブログで書いています。 
 
八月一日から「夏野」を書き始めました。お時間があったら読んでくださいね。  楽しんでもらえるようがんばります。
 
    ↓過去の作品等↓  

{クイックお届け} ◎オリエンタルリリー 〔ユリの花束〕 (ピンク)7本 1作目 『贈り物』

2作目 『贈り物 番外編』

3作目 『福寿草』


タンクと花畑
-おまけ-

デザインTemplate Shop
 
 
 

*このサイトにおける作品に関しましては、無断掲載・二次配布はご遠慮ください。
2009.08.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 紀子は小中高生の学習教材の販売や学習塾を開いている会社に、長い間勤務している。

 小学生のための学習塾の講師の仕事が主で、子どもたちに勉強を教える楽しさを江利に

よく話した。そういう時の紀子は生き生きとして、聞いている江利まで明るい気持ちになった

ものだ。

 その紀子が、仕事の話になったとたん意気消沈しているように見える。

 江利は言葉を失い、そのまま黙って座っていた。


 紀子はしばらくして、大きなため息を一つつくと、言葉を選びながら最近のことを話し始め

た。


「長い間一緒に働いていた人が、仕事を辞めたの。二人同時にね・・・・。一人はだんなさん

が実家を継ぐために引っ越さなくてはならなくなったため。もう一人は親の介護のため。しょ

うがないよね、私たちはそういう年になってしまったんだから。」


 紀子はそこまで言うと、立ち上がり紅茶を煎れ、空色のカップを江利の前に置いた。


「淋しい気持ちはあったけれど、それはそれで避けられないことなんだから、それぞれの道で

がんばろうって言い合ったんだけれど・・・・・、彼女たちがいない職場は何だか調子が違う

のよね。今までなら、スムーズにできていたことができなかったり、話がこんがらがった

り・・・・、会話がかみ合わなかったり、常識を疑いたくなる行動がやけに目についた

り・・・・。何だかそんなことばっかり続いて、急に仕事の意欲がなくなっちゃたのよね。」


 肩を落としてぼそぼそ話す紀子に、江利は驚く。



「こんなこと考えるなんてね・・・・・・。」












Last updated  2009.08.07 20:21:41
コメント(5) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.