4309263 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

全7041件 (7041件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

May 19, 2022
XML
カテゴリ:NARUTO BORUTO
アニメ ボルトの感想です
フナムシを撃破したあと
憎しみが憎しみを呼ぶ
本編
村の方では里から食料が来たが
イワベエとデンキの生死はわからない
だけどメタルもボルトたちも諦めてはいない
仲間の命なんだから当然だろう
だが3日たってもか
すると舟戸の兵が倒れているのを発見した
このあと連れて帰ったようだ
サラダが治療してるが
文淡は仲間を殺したやつを助けるなんてと
傷ついたやつを放っておけないというがそれが甘いと
村人たちもかぐらを殺したやつの仲間を許せはしないと
サラダはだからといって無抵抗なやつに手を出せないと
それに敵から情報を得られるかもしれないと
フナムシはすでに討ち取りかぐらの仇は打った
だがその代償も大きい
こっちは二人戦死してる
カワキは戦いに犠牲はつきものだというが
だからこそこのままじっとしてるわけにいかないと
早く霧隠れと合流して舟戸を殲滅するべきだと
じゃないとかぐらも蛇苺も浮かばれない
それでもボルトはまだ仲間たちのことを諦められない
文淡は仲間が簡単に殺されるのが戦争だと
フナムシが奴らを生かす理由なんてない
生かしてるならやつらは交渉に使うはずだろうと
サラダはせめて一日だけ猶予が欲しいと
ボルトはかぐらの墓の前に来ていた
かぐらの仇をうてば気が晴れるかと思ったがなにかすっきりしないと
蛇苺も死んでしまったと
責任は隊長の自分にあるというんだが
サラダ一人じゃどうにもできなかっただろうと
かぐらはどう思ってるだろうか
翌朝にて
巨峰が木材を
村人たちは巨峰にせめてお前だけでも残らないかと
お前ぐらい強いやつがいればと
巨峰は自分がそんな風に頼られたのは初めてだと
文淡はかぐらたちの墓の前に
あのあと文淡たちは釈放されるのが決まったのだと
こだわっていた蛇苺はもうすでにいないが
文淡は敵討ちをする意思はたしかにあるようだが
その頃ボルトたちは二人を探してるが
やはり見つからない
メタルは文淡の言ったことが頭に響いていた
もう二人が助かるのは無理なのかと
だがそう思っていたらその前にイワベエとデンキが現れた
幽霊じゃないよなと
二人が生きて戻ってきたことをメタルは大喜びして泣いていた
二人も死を覚悟してたが
あの時何があったのか
子どもたちを助けたあとフナムシのところに連行された二人
フナムシの姿を見てかぐらの仇と睨むが
だがフナムシはあえて二人を殺さなかったようだ
拘束されている二人
それから翌日
フナムシが戦死したことで舟戸は撤退
そのすきを突いてイワベエとデンキは逃げ出したわけか
二人にかまってる余裕はなかったか
だがフナムシがなぜ二人を殺さなかったのか
イワベエは二人が子どもたちのために食料を探してたと聞いたからなのではと
やつはかぐらと蛇苺を殺した男だというのに
だがそれ以外に思いつかない
でもそんなことよりさっさと霧隠れに合流するべきだという文淡
サラダもそれに賛同するが
ボルトは偵察に行くと
村人と話す巨峰
文淡と一緒にかたきを討つためだと
気をつけてと握手を交わす
その夜ボルトはイワベエの言っていたことを考えていた
そんな事あるわけがないと
その時ボルトを背後から襲撃するやつらが
それは舟戸
やってきた敵を一人撃破するが
まだ他にもいるか
ボルトが敵を押さえつけるが
月明かりに照らされて現れたのは子供だった
父ちゃんの仇だと言って襲いかかる子供
なにかの間違いだろうというが
お前が木の葉の忍びうずまきボルトだろうというが
この子供はフナムシの子であるコブナ
フナムシとにている印
復讐を誓った印だというが
そのフナムシだってかぐらたちを殺した
フナムシを実際に殺したのも文淡で敵討ちのためだと
呆然とするボルトの前をサラダが助ける
コブナを守ろうとした敵兵が撤退すると
自分が親の仇と言われて呆然とするボルト
やつがフナムシの息子だと
だから復讐をするんだとか言ってる
そこにミツキとカワキも合流
戻り際にカワキが話を
親の仇と言われたのがショックなのかと
これは戦争 誰かの恨みを買うことだってある
ボルトはフナムシを許さねえと思っていた
やつはかぐらと蛇苺を殺した
当然の報い
そもそも最初から戦争など仕掛けなければ誰も死ななくてすんだ
カワキが正しい
だが気持ちの整理ができるほどボルトは大人じゃない
ミツキはカワキがそうやって感情をぶつけられるのはすごいと
むしろ自分にはそれができないと
ただ振る舞い方は人それぞれ
お前にはお前のやり方があると
ミツキはボルトのことを昔から知ってる
だったら他のやり方もあるだろうと
拠点に戻ったボルトたち
文淡たちが集まっていた
敵から情報を聞き出すか
だがその前にフナムシの子供に命を狙われたというボルト
だったらそいつを捕まえるという文淡だが
ボルトはさっきの話を
俺たちはかぐらの仇を取ったが今度は自分たちが仇になった
そうやって戦争を続けていいのかと
文淡が言うには相手が先に仕掛けた
反撃するのが当然だと
戦うことで相手の憎しみを生み出してるのは俺たちも同じじゃないのかというが
今更何を言うのか
それにメタルも奴らを許せないし
奴らを放置しておいたらまた同じように襲われる
ただイワベエたちもボルトの言い分は間違ってない
ただ自分たちが戦いをやめてもなんの解決にもならないと
そんな話を聞いてると舟戸の兵が笑ってる
木の葉の忍びは腑抜けだと
そしてもう手遅れ
お前を憎んでるのはコブナだけじゃなく船戸一族全体の仇だと
セイレンに致命傷を与えた
そしてその弟が造船島であったイカダだということも
次回に続く
確かに戦争は憎しみしか生まないだろう
ただ仕掛けてきたほうがやめない限りは戦争を止めることはできない
相手に話し合いの意思がないならこっちが殺されてやるわけにもいかないのだからな
次回 舟戸の動きは






Last updated  May 19, 2022 05:28:12 PM
コメント(0) | コメントを書く


May 17, 2022
カテゴリ:ジャンプの感想
ジャンプ感想 その他です
表紙、巻頭カラーはウィッチウォッチ
センターカラーにすごいスマホ 地球ノコ
読み切りに漫画家の猫である
ブラクロは休載
では
ウィッチウォッチ
幼い頃の思い出の手紙か
モリヒトは母の墓参りねえ
友達との距離感をつかむのが苦手か
怖がられたモリヒト
そんな中ニコだけは
でも今でも親友と思われてるか
だがその原因は皮肉にも思い出の手紙
モリヒトにかけられてる呪いに
いい話なのにいい話じゃなくなってしまってるような
ONE PIECE
感想は​こちら
ヒロアカ
焦凍の強い決意が生み出した新たな必殺技
ずっと家を父の力を受け入れられなかった彼
今の力を受け入れられたのは出久のおかげか
兄と戦う焦凍
A組のみんなはずっとそばにいてくれた
多くの想いが重なり
弟は兄を止める
アオのハコ
雛ちゃんから話を聞いた千夏
どういう心境だろうか
タイキは練習試合ね
雛は好きな人の頑張ってる姿を見たい
千夏は朝練仲間の頑張ってる姿を見たい
でも内心は
呪術廻戦
パンダはティディベアのフリを
だが現れたのは強敵 鹿紫雲
宿儺を求める彼女
圧倒的な力でパンダは
スマホ
改めてすごいスマホの情報はとんでもないな
スマホの秘密をバラすと破壊されるってわけか
世間では大事件でもスマホには調べるのが簡単か
意地悪そうなやつらだったけど実はいい奴らだった
スマホはあくまでも情報を検索
その未来も功罪も使い手次第
そして今も使用してるものは一人じゃない
中には悪用するやつらも
SAKAMOTO
カジくんの力 音で再現するか
だが敵の力とんでもない
この窮地に坂本が
あかね噺
学生落語選手権 可楽杯
その審査員に因縁の相手が
新たな客を呼べない芸能に未来はない
娯楽があふれる現代で落語という文化の火を絶やさないためにか
アマチュアが参加する大会
あかねが参加する理由
父を破門にしたのはなぜなのか
師匠さんはでてもいいと 止めても無駄だから
その条件として寿限無で勝ってこいと
というわけで兄弟子の一人こぐまに
一門の寺子屋か
夜桜さんち
父の願い
たしかに家族を想っているのだろう
だが行き過ぎている
父は再び去る
愛はときに不幸を招くのかもしれないな
漫画家の猫
読み切りか
文字通り漫画家の世話になってる猫か
主人が仕事を全うできるように必死
互いに助け合ってるってことか
逃げ上手
時行に鎧の重さは荷が重く
直属の兵士たちはやる気ないと
天狗党によって準備が後手に回ったと
時行には逃げ専門の鎧を
動きやすさ重視の鎧も作られたのだな
そして戦は始まり
ショウカンと対峙する時行
ロボコ
ロボコに新たな機能 冷蔵庫になってるって
しかし色々と面倒な機能も
というかメイコの機能も異常だろ
ロボコはベイルアウトと
PPPPPP
この世界から出ていったというミーミン
メロリも救われたか
ただ次の相手は
地球の子
再び地上へ
かれりの親 つまり衛の祖父のところに
だけど両親はかれりが地球の子という記憶だけ変えられてるってことか
いずれなるかもしれないヒーロの親を諦めた自分か
だけど記憶を変えられていてもヒーローを育てる気でいたと
かれりの部屋にある真実とは
マッシュル
修行相手の言ってること
世の中を潤滑に回すために少数を切り捨てるか
それに納得いかないなら力を持つしかないか
たしかに力不足かもしれない
だがそれでも足手まといにならないように
もう一人は訳の分からない修行
マッシュも修行が進んでいる
だが相手はこっちの準備が整うのを待ってくれはしないか
高校生家族
テニス部は今更部員勧誘
入ってきた子
中学じゃレギュラーじゃなくてもこっちじゃ強いのね
というか光太郎でもできる人になってると
ドロン
新たな事件と
クサナギの昔の知り合いか
仲間を殺したモノノケ
その再会
だがやつはどう見ても
アンデラ
リップたちの戦い
その一撃を受けてアンディが考えることは
彼らの正義
ただ一人の女をその手で救いたい
それ以上の正義は
アンディもまた好きなやつの笑顔が見たい
だが自分たちの場合それが死ぬほど難儀
風子の笑顔には敵であった彼らを含めた全員の笑顔がいる
それを叶えるには風子をアークに乗せてループ
悲劇を回避した新たな未来を
すべてを背負うためにあえて
アヤシモン
多摩川の变化
存在そのものを変化させるか
それに対し修行の成果を見せる
だが相手はさらに
しゅごまる
何故かデュエルを
対戦相手はしゅごまるの兄 次男ね
大人げない






Last updated  May 17, 2022 06:47:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 16, 2022
カテゴリ:ONE PIECE
月曜日はジャンプの感想です

まずはONE PIECEの感想

表紙連載はニジとヨンジたちが解放されたようで

いよいよ長き戦い ルフィとカイドウの戦いに決着が

本編

ルフィとカイドウ 互いにぶつかり合う覇気
しかしルフィのほうが押されてるようだ
よくここまで戦った だがお前に世界は変えられない
そのカイドウの過去
彼は10歳にして最強の兵士と言われていた
46年前ウォッカ王国と呼ばれる場所
カイドウの祖国らしい
この国は戦争をやめられない
勝って金を奪い天上金を払う そうじゃないと世界での人権を失うからと
天竜人になぜみんな従うのかとカイドウは反発
ある日カイドウは捕まり海兵になれと言われた
国では持て余してるからというのとレヴェリーへの参加権を貰えるからか
カイドウはそれから脱走した
腹が減ったら捕まってすぐ逃げるを繰り返したという
15歳頃にハチノスという場所でも力を見せ
昔の白ひげがロックスに紹介したようだ
そしてその海賊団に入って
その後ロックス海賊団は崩壊
さらにそれから10年カイドウは黒炭ひぐらしと出会った
カイドウを武力の化身と呼ぶひぐらし
人類の歴史上 武力はあらゆる問題を解決してきた
人間は動物 弱肉強食こそ自然の姿か
カイドウも同意する
そしてひぐらしが持ちかけたわけか
カイドウが今の地位を築いたあと
貴族として生まれただけの平和ボケした権力者共を戦場へ引きずり下ろせ
それが平等と自由 戦争だけが人間の価値を決める
ちなみにそれからヤマトがジョイボーイの名を口にした
おでんが望む開国 ジョイボーイを迎えるためだったと
キングが待つ男と同じ
ジョイボーイが誰なのかわかったと
そして今
この戦いのドサクサでCP0の一人が脱出したのか
その頃ヤマトがモモの助に応援を
そしてモモの助も必死で焔雲を出そうと
鬼ヶ島内部に水がライブフロアまで
中には能力者もいるから泳げなくて大変なことになってるやつもいるか
サンジは遊女に抱きつかれて喜んでるし
そして日和を助けた傅ジロー
長い長い歳月 よくぞ耐え忍びましたと日和に
日和は涙を流していた
だがその頃島は落ち始めてる
カイドウの焔雲が消えたからか
その頃カイドウはルフィに問う
お前が一体どんな世界をつくれると
モモの助は落ち行く鬼ヶ島を止めるため必死になり
そしてついに鬼ヶ島を支えられる大きな焔雲を出し
島を引っ張っていく
そしてルフィも最後の力を振り絞る
俺は友達が腹いっぱいメシを食える世界を目指すと
全力の一撃がカイドウをぶっ飛ばした
カイドウは誰がジョイボーイなのか
それはこの先俺を倒した男だと
じゃあ現れそうにないなといったキングだが
その男は今現れたようだ
火祭りの人々の願い
怖い龍をやっつけてほしい
光月家が帰ってほしいか
モモの助は鬼ヶ島を無事着地させたようだ
そして今20年の戦いが終わる
解説はここまで
長い長いワノ国の戦い
今度こそ決着はついたよな
そう思いたいが
ルフィにとって頂上戦争参戦以来の最大の戦いだっただろう
みんなよくやったよ
ただカイドウもビッグマムもこのまま終わるとは思えないんだよな
いや少なくともワノ国での戦いは終わりにして欲しいが
やつらがまた再起する可能性は否定出来ないからな
それにこの戦いのあともまだ政府が近づいてたりCP0が抜け出したりと不安要素もいっぱいあるしな
次回は休載か

その他の感想は​こちら






Last updated  May 17, 2022 06:48:14 AM
コメント(6) | コメントを書く
May 15, 2022
カテゴリ:ONE PIECE
アニメ ONE PIECEの感想です
最悪の世代5人と二人の四皇との戦いが始まる
本編
鬼ヶ島の頂上に揃った強者たち
ルフィはまずカイドウを殴り倒す
最初に戦ったときと違い少しだけダメージを与えられたようだ
ビッグマムは海賊王になる宣言をしたルフィに怒りを
カイドウ二ダメージを与えられた理由
それはヒョウ五郎から教わった流桜
ゾロが説明する
まとった覇気で内側から破壊するか
ローはルフィになにか言いたいようだ
立ち上がるカイドウ
九里ではほぼダメージなく倒されたルフィが僅かな間にここまで強くなってたことに驚いてる
カイドウが戦えるのはわずかなやつしかいなかった
ロジャー、白ひげ、おでん、シャンクス あと一人はロックスかな
ルフィがアイツラに匹敵するとでも言うのかと
ぽっと出の小僧に俺と命のやり取りができるのかと
そのやり取りを見ていた他の4人は
ぶつかりあうルフィとカイドウの覇気
そして戦いが始まる
ルフィはカイドウの攻撃を未来予知で回避したが
避けきれなかったようだ
そこにビッグマムがプロメテウスで追撃を
だがその攻撃をゾロが切り裂いた
錦えもんの技を盗んだのか
強くなってるのはルフィだけじゃない
だが一瞬でも気を抜いてはならない
敵は四皇二人なのだから
カイドウがさらなる攻撃を仕掛けてきた
頂上で戦いが始まっている頃
鬼ヶ島の中でも戦いは行われている
ブラックマリアの罠にハマってしまったサンジ
周りが女ゆえに戦うこともできない
天国だとか言ってるし
緊張感がないな
いかなきゃならないとか思ってるが
このままここにいたいという気持ちもあるという
サンジにとっちゃ最大の罠である
ブラックマリアはサンジに仲間の居場所を聞き出そうとする
女の誘惑に負けそうなサンジだが
それでも最後にはなんとか振り切る
しかし女相手には戦えないサンジ
そこをブラックマリアの糸で拘束
でもそこで良いではないかって
色んな意味で苦しい状況のサンジ
そこにブラックマリアの狡猾な口撃
あんたも夢のために女をおもちゃにする男だと
脱出したいなら暴力で女を好きにすればいいとか
蹴り飛ばすことが楽しいのだろうと
だがそれでもサンジはいう
死んでも女は蹴らんと
そんなに甘くてよく生き残れたというブラックマリア
その素敵なお仲間
特にニコ・ロビンがどこにいるのかと
だが答えるわけがないとサンジは言う
だったら強引に聞いてやるとブラックマリアは
頂上では四皇と戦いを始めたルフィたち
カイドウの攻撃をローの能力で助けられた
だがその直後ローはルフィに
同盟は対等
だから言っておく
最初から錦えもんたちを逃しておく予定だった
その前にルフィが頼んだから
命令を聞いたみたいになったとか言ってる
そのやり取りにキッドがさらに
ローがルフィの子分になったのかとか
格下が格下にとか
3人とも喧嘩してるな
ある意味なかよしではあるが
ってそんな喧嘩してる暇はないぞ
ビッグマムが襲ってきた
ルフィはあいつの技を最初に避けたやつが格下だとか
キッドとローはそんな遊びにのるかというが
負けず嫌いなのは変わらんので結局意地を張って最後まで避けないという
変顔になってる
そんな3人はもろに食らってしまう
何やってるんだというゾロ
カイドウは奴らの力を見てみたいとか
ゾロも戦闘態勢を
キラーの声であの時戦った人斬り鎌ぞうだと気づいたようだな
スマイルによって笑いが止まらなくなってしまってるか
だけどキラーも自分の武器があったら勝ってたとか
最悪の世代にしてそれぞれの一味の右腕と言ってもいい二人がカイドウに向かっていく
両者の攻撃がカイドウにあたったようだが
それでも大したダメージは受けていないか
ゾロはまだ閻魔の力を解放しきれていないか
一気に勝負をつけてやるとルフィはいう
そしてギア4を発動し
キッドも集めた鉄くずを一気に
さらにローも
まるで怪物だというカイドウ
最も怪物筆頭はお前たちも同じだが
次回に続く
最悪の世代と四皇の戦いは激しさを増していく
 






Last updated  May 15, 2022 09:36:01 AM
コメント(2) | コメントを書く
May 12, 2022
カテゴリ:NARUTO BORUTO
アニメ ボルトの感想です
フナムシとの決戦再び
本編
一日たったか
デンキたちはまだ戻ってこない
メタルは休まず待っていたようだが
戻ってきたのは子どもたちだけ
二人からデンキとイワベエが捕まったことを知る
文淡は舟戸に捕まった以上殺されてもおかしくはないと
ボルトはまだわからないというが
カワキはフナムシごかぐらを残酷に殺したことを忘れるなと
だけどメタルはあの二人なら簡単にやられないと信じてる
それよりも自分たちがやられたら戻ってくる場所がない
今はまずフナムシとの戦いに備えるんだと
内心は相当不安だろうに
ミツキはフナムシの部隊が近づいてると
だけどデンキたちは見つからないと
カワキはかぐらの敵を討つと
だが同時に村人を護らなければならないと
だから隠れてもらうことに
村人たちはかぐらの仇を取ってくれと
サラダは写輪眼で敵を見張る
敵の戦意があがっていると
だがそこに文淡がやってきてあまちゃんだと
戦いは始まってからじゃないと何がおきるかわからない
ここで縮こまってどうするのかと
サラダはこれ以上誰も死なせない
そう決心したんだと
メタルも気合が入ってるが
そこに蛇苺が服破れてるというが
緊張をほぐすためだったか
仲間と再会するために村を守らなければならないか
かぐらは自分を犠牲にして守ってくれた
そのことを思い出す
そして今まで何度も戦いを経験してきたが
自分より強い忍びが何人も死んでいったと
なぜ自分が生き残れたのか
自分を犠牲にしても誰かを助けるなんて考えを持たなかったから
死にたくないなら自分のことを考えろと
日は暮れるがまだ敵は襲ってこない
イワベエたちが食料を探していたから兵糧攻めを考えたのではと
だがボルトは違うと
フナムシはセイレンの復讐
だからかぐらを殺した
それ故に兵糧攻めなんて回りくどいことをしないだろうと
やつは何かを待っていると
フナムシの水遁は厄介
水を封じてどうにかなるものじゃない
だがボルトは似たようなものを見たことがあると
そこでミツキに質問
その頃フナムシはようやくチャンスが来ると
明日の朝攻め込むと言っている
部下はまだこちらも完全じゃないというが
アラウミの命令を握りつぶして時間が立ってるから
無理やり連れ戻されるだろう
だから今しかチャンスはないと
そして翌朝
いよいよ敵が動き出した
サラダが指示を出す
文淡たちが前線に
フナムシはボルトとカワキでやるつもりか
そして再びの総力戦
蛇苺の武器は敵のじゃまをするのにうってつけか
だが敵はまだまだ多い
文淡と巨峰が共闘
だが敵は手強い
そしてボルトとカワキで戦う
敵の殺気はこの前よりも強い
その時メタルが敵に囲まれるが
蛇苺に助けられる
だがその頃巨峰たちも囲まれてしまい攻撃を受けてしまう
少しずつ敵が侵入されてしまう
その頃ボルトが捕まってしまうが
カワキに助けられた
敵は自分を犠牲にしてでもボルトたちを討ち取るつもりか
そしてゴミムシいやフナムシが現れた
逆恨みも甚だしいやつだ
フナムシの攻撃をカワキが防いだが
さらにフナムシはお前の仲間のガキが無様に命乞いをする姿を見せてやりたかったとまでいう
イワベエたちのことか
だがフナムシの術を見てボルトはなにかに気づき
雷遁を放つ
ボルトはフナムシとにた術を使うやつ
水月か
体を水に変えると雷遁が効く
術を使うタイミングで雷遁を使えばダメージを与えられるか
ボルトはフナムシを少しずつ追い詰めていく
だがフナムシたちの様子がおかしい
やつは何かを待っていた
その時雨が降ってきた
たった今全てが終わったと
この雨を武器にするってことか
水遁で巨大なクラゲを作り出した
全てを破壊し尽くすとまで
そして味方もお構いなしに巻き込んでいく
せめて一瞬でもやつに近づければ
だがどうするのか
その時蛇苺たちが
僅かな時間だけでも止められれば
フナムシを囲むボルトたち
蛇苺が術で動きを止めたのか
だが時間はわずか
フナムシも当然抵抗する
あと一歩なのに
蛇苺をかばうみんな
そしてチャンスを見つけボルトとカワキが近づくが
フナムシはまだ抵抗し
糸を切る
そして蛇苺に攻撃を
相当なダメージだぞ
フナムシはボルトに攻撃し復讐がかなったと喜ぶが
それは甘かったようだ
くらげを進みボルトが螺旋丸を浴びせる
フナムシを撃破
と思われたがやつはまだ抵抗しボルトを捕まえた
しかしその瞬間文淡がフナムシの体を貫いた
かぐらの仇を取ると
今度こそゴミムシは死んだか
敵は撤退したようだ
だがさっきの攻撃で蛇苺が深手を負っていた
文淡と巨峰が彼女を励ます
メタルは助けられなかったと悔やむ
蛇苺は言う
メタルによって戦う以外に自分の可能性を見つけることができた
あなたのおかげだと
礼をいい彼女は息を引き取る
仇はうてたが犠牲も出た
だがそれでも村は守れた
失ったものは大きい
だがやり直すことはできる
自分たちにできるのはかぐらの意思を継ぐことだと
次回に続く
逆恨みの舟戸
クソ野郎の理屈 






Last updated  May 12, 2022 06:12:46 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 10, 2022
カテゴリ:ジャンプの感想
残りのジャンプ感想です

表紙、巻頭カラーは新連載のすごいスマホ

センターカラーにあかね噺 夜桜さんち アンデラ

ヒロアカ ブラクロは休載

では

すごいスマホ
新連載
世界のすべての情報を得られるスマホと実は天才のQ
弟が行方不明になっている主人公
スマホ グーググは情報なら与えられるが
だがその情報を活かすのは使う人間次第か
頭脳系の漫画ってところか
そして弟の行方を
ONE PIECE
感想は​こちら
呪術廻戦
秤の領域展開
パチンコ台をモデルにしたものか
秤が大当たりを引くまでってことか
運に任せる
いや実力で運をつかむんだと
SAKAMOTO
加耳の聴力は本当にすごいな
シンはエスパーだから共闘するのにうってつけ
だが実力がまだ追いつけない
でも指示を待ってるだけじゃだめだと
シンは未来を視ることに
当然りすくもあるが果たして
ロボコ
テストが返ってくるのが怖くて徳が低くなってしまうと
ガチゴリラが狂ってる
聖人すぎて勉強できてないという
社会科って難しいんだな
ボンドは漫画でなら覚えられるのか
あかね噺
先生にも先生の過去があったんだな
それでもあかねにもあかねの信念があるんだよな
先生もあかねの進路に理解を示してくれたか
そしてそんな中学生向け落語大会の案内
そこには因縁の男が
ウィッチウォッチ
モリヒトが子供の頃書いた漫画ね
そしてみんなが漫画の絵に
一人だけ版画だが
シリアスでもこの絵だと緊張感がないな
カンシだけ忘れられてる
アオのハコ
ちょうどいい距離感か
キョウもまたいろいろな経験をしてるようで
ヒロインには共感できてもぽっと出の相手と結ばれるのは納得出来ないか
ただ現実は意外とそういうぽっと出の相手とってのは珍しくないんだよな
最後に雛が千夏に
夜桜さんち
現れた父
彼の目的は母を蘇らせることだったようだ
純粋だが歪んでるとも言える
だがもしかすると人間らしいのかもしれない
見知らぬ人間より自分と身近な人間のほうが大事だというのは
逃げ上手
清原 平和な時代に生まれてたらより輝く場所があったか
生まれる時代に恵まれなかったものもまたいるのかもしれない
近づく大戦 その前夜彼らは
頼重はきもい
だが戦の前から準備が始まっている
情報戦か
ただ時行には別の問題が
鎧が重くて動けないか
PPPPPP
メロリンは混乱してるようだ
演奏が終わってミーミンと
さらにもうひとりの兄弟も現れて
まだ波乱がありそうだ
高校生家族
春香と葵の戦い
春香が勝利
でもシリアスと思ったら
春香はやっぱり女子の後輩が欲しかったようで
地球の子
かれりを助けるため令助は
愛する人だから見つけられる
次は母親を
だけど赤ん坊にそれを教えるのは難しい
そのために次にやることは
かれりの両親に
アンデラ
愛する人の死で否定者の力を得たリップ
その人を救うためにアークにと
だから譲れない
ラトラもまた必死
好きな人のために命をかけるというのなら自分も
彼女は大切な人たちのために自分を犠牲にする
ドロン
うじいさん 自分よりドラたちと親しくなったナオトラに嫉妬か
まるで物みたいに言うかららしいが
しかしそんな和やかな雰囲気がいつまでも続くわけもなく
マッシュル
3人の修行も大変そうだな
そしてマッシュも
それぞれに戦う理由があるか
他人にとってくだらないと思っても本人には違うか
マッシュの言ってること シンプルだが大事なことだと思う
しゅごまる
しゅごまるの親は普通にいない
そしてついに敵が
一人だけデュエルに
あれで実力者なの
アヤシモン
ホテルに潜入と
客に気づかれないように戦う
いちぶ無理があるけど
そしてタイマンの相手は






Last updated  May 10, 2022 06:09:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 9, 2022
カテゴリ:ONE PIECE
合併号明けの月曜日 ジャンプ感想です

まずはONE PIECE

表紙はレイジュたちが動き出したようで

本編

ルフィが巨大な拳を掲げる
モモの助に鬼ヶ島をどけろと
いきなり言われても無茶
だが光月家再興を託されたことを思い出し
体当たりでなんとか島を動かそうと
カイドウはルフィの攻撃に受けて立つ姿勢
さらに語る
20年前この国の英雄が焼かれて死んだ
それ以来ワノ国は無法の国
お前たちは20年待たれた英雄
カイドウは炎をまとった龍に
ルフィもその高温に思わず叫ぶ
その熱量は鬼ヶ島を溶かすほど
そして両者の最大の一撃がぶつかり合う
触らない方法ならヒョウ五郎に習ってるというルフィ
その頃ウソップは錦えもんと菊に
侍たちはカイドウ討伐をルフィに託していた
やつがいなければ終わらないと
20年前おでんが処刑された日
赤鞘たちは無念だっただろう
主君が死ぬこと 殺されることに
人々も自分たちを守ってくれた光月を守ろうと必死だったが力及ばず
トキも死を確認され光月は滅びたと思われた
残っている大名たちはおでんの無念を晴らすためにオロチやカイドウに挑んだ
だがやはり力不足
カイドウさえいなければオロチなど的じゃないというのに
そして男たちは奴隷にされ
武器工場により水も食料も失われる
鎖国されているこの国に助けなど来ない
さらにオロチは趣味の悪いことにえびす町の人たちにSMILEを食わせ悲しむこともできなくさせた
そしてそのオロチは燃え盛る中日和を道連れにしようとしていたが
寸前で傅ジローがオロチの首を落とす
人々の願い
その中にオロチがいなくなりますようにと
その願いは叶いそうだな
さらに人々の願い
地獄から逃してくださいと
透明な水が飲みたいと
その願いは叶うのか
ルフィとカイドウの戦いの終わりは近い
20年の地獄が終わる日は来るのか
解説はここまで
日和はちゃんと傅ジローが助けてくれたか
もしかすると彼女がここに来てることを察してたのかもしれんな
ルフィとカイドウの戦いもそろそろクライマックスかな

その他の感想は​こちら






Last updated  May 10, 2022 06:10:30 AM
コメント(4) | コメントを書く
May 8, 2022
カテゴリ:ONE PIECE
アニメ ONE PIECEの感想です
今回は特別編
ロメオがゾロとサンジについて
サンジとはまだ出会ってないんだがな
まず最初に
今回は振り返り 総集編のようなものなので
簡単にするつもりです
本編
バルトの秘密の部屋
本日の先生ってローだったのか
ルフィ信者のロメオにとってローは敵認定である
今回知りたいのはゾロとサンジのワノ国への活躍
ローを嫌ってるけどゾロとサンジの活躍を知りたいと
ローも面倒くさいと思いながら説明するしかない
いきなりゾロは捕まったとか解説してるが
ワノ国でゾロは無実の罪を着せられて切腹させられそうになったけど
もちろん死ぬわけにいかないから反撃するよな
ちなみにワノ国では役人が横暴を振るってることもここでわかる
ルフィがワノ国で最初に再会したのがゾロってわけだが
この時最悪の世代の一人ホーキンスがカイドウの軍門に下ってたわけだ
仲間と合流しに行くことになったけどゾロだけまた迷子に
ローも呆れてる
自分が迷子の自覚なし
ロメオはかっこいいゾロにもおちゃめな一面があるとプラスの解釈ね
次はサンジのこと
そば屋になって情報収集
ロメオはサンジのそばを食ってみたいとか
ローはサンジもトラブルを起こしたと
サンジにとって女性に危害を加えるのと食い物を粗末にすることは許せないか
ちなみにサンジは女性に対しては老若男女優しい
サンジの他の活躍という点で
飛び五胞であるページワンと戦うことに
この時ジェルマのレイドスーツを使用したのだけどな
ローは海の戦士ソラの正当な読者なのでジェルマは嫌い
でもロメオはおそばマスクと聞いても格好いいとか言ってる
ウソップたちもこの名前だけはダサいと言うけど
まあわかる気がする
迷子になっていたゾロは謎の男
実は重要人物だが
それはあとで
ゾロは牛鬼丸というやつに秋水を奪われたわけでな
ローいわく迂闊
ロメオは紙をも恐れぬ所業と
その時人斬りに追われる女性たちと
襲ってきたのは人斬りかまぞうと呼ばれる悪党
ゾロと渡り合えるほどの強敵だった
まあその正体を知ると当然だが
この後ゾロと一緒にいた男が処刑されかける
トノ康ことかつての大名霜月康イエ
助けに行こうとするゾロたちだったが間に合わなかった
さらにおトコまで危険に
そこを助けに現れたのがゾロとサンジ
ドレスローザ以来の再会だったんだよなこの二人
ロメオはこの二人が並び立つ姿を美しいと言ってる
しかしこいつら相変わらず仲が悪いのだった
この一連の戦いにて
サンジはゾロが美女を助けたのを見て羨ましがってるしなあ
この後秋水奪還のために牛鬼丸のところに向かうゾロだが
秋水は日和の願いを聞いてワノ国に返還
代わりを渡すからと
それがワノ国に伝わる伝説の刀
閻魔
おでんの刀
確かに強力だったが同時に相当扱いが難しいものだった
だがだからこそゾロは気に入った
そして麦わらの一味がいよいよワノ国へと攻め込むところに
鎧を身に着けてるルフィたちはやる気に満ちている
ちなみにサンジはゾロより懸賞金が上になったことでマウントを取ってる
でもそれジェルマのおかげだったよな
そんな二人の掛け合いもほっこりするとか言ってる
今回のアイキャッチが何故かちびまる子なんだが
それはともかく麦わらの一味がカイドウを倒すために鬼が島にむかったところ
だがそこをアプーに見つかり狙われるハメに
でもその御蔭でほかが侵入
ロメオ曰く最悪の世代のやつらはルフィ先輩の邪魔ばっかりとか
サンジはこの状況でも遊郭で遊女を探したりって
格好悪いことを格好良く言ってる
でもそれだけじゃなくサンジのおかげでモモの助は助かった
モモの助の名乗りをしびれたと
子供なりに必死で頑張ったな
決戦の場に向かおうとする麦わらの一味だが四皇の軍団
面倒な奴らばかりが相手
この乱戦のなか
飛び六胞の一人ドレークが寝返った
いきなり言われてもゾロは信用するわけもないが
まあそもそもドレークがカイドウの軍門に下ったのも別の目的があったからだが
それにアプーが嫌いというのも共通したか
ロメオはゾロの活躍を見て気絶してたとか言ってるが
さらにクイーンの弾丸
ローも医者として気分が悪かったようだ
更にアプーに抗体を持たせて奪い合いを
最もアプーに対してはいい気味だと
ロメオも同意だった
最終的にゾロがアプーを斬り伏せて抗体を奪いチョッパーに託した
ゾロ一人の格好良さだけでもか
それに対しサンジはまた一人で何処かに
懲りるということを覚えたほうがいいか
女性のためならどんな危険もいとわないというが
これが罠だったんだよな
ゾロは飛び五胞のブラックマリアに捕まってピンチ
だけど相手が美女なら敵でも関係なくメロメロってか
そんな中
いよいよ四皇との決戦へと
この後どうなるのかロメオは気になると
でも続きはここから
ローは面倒なことにつきあわされたと言うけど
ロメオも今回ばかりは感謝と
特別編終了
次回いよいよ本編
ちびまる子ちゃんが予告って
1500回記念だったそうだ
まる子というかマルコもいるけどな
それはともかく
次回いよいよワノ国の頂上決戦が始まる






Last updated  May 8, 2022 09:24:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 5, 2022
カテゴリ:NARUTO BORUTO
アニメ ボルトの感想です
互いに復讐に燃える両者
本編
フナムシの本陣
フナムシはまだセイレンへの敵討ちと作戦の成功に固執している
フナムシもボルトが受けたダメージがまだ残ってるようだ
部下たちは奇襲の成功はもう無理だと
これ以上犠牲を増やすより態勢を整えるほうが優先だと
一方ボルトたちも村の防備を再び固めていた
かぐらの死でかつての友が悲しんでいる
それでも休んでる時間はないか
イワベエからの報告だと食料もやられてしまったと
どうするのか
サラダは隊長としてどうすればいいのか
ここに来て問題が山積みに
ここで作戦会議を
デンキは食料を探すと
敵がこの村を無視する可能性もあるから偵察も兼ねてと
村になにかあってもすぐ戻ってこれるからと
3人が食料探しに
ミツキは敵の居場所を探索すると
ほかは村の防衛の修復作業
これならここを無防備にすることもないというが
ボルトは自分たちから動くべきじゃないのかと
文淡やカワキも同意
かぐらが殺されたことでフナムシや舟戸への敵意が強くなってるってことかもしれないな
だが敵の居場所はわからない
なら全員で探せば良いといが
村を守るものがいなくなったらどうするのか
それにここを突破されたら霧隠れまで奇襲される
ボルトたちは納得していないが
サラダはかぐらの代わりに隊長になったことでこれ以上誰も死なせないと決意した
村人たちもかぐらの死を無駄にしないと
サラダはかぐらがこの村を守りたいと言っていた
ならそのための最善の策を取ると
そのころアラウミはテンマの戦死を知り激昂していた
イサリが説明をする
家族への愛はあるのか
だが貴様らが仕掛けたのだから自業自得だというのに
アラウミはイサリが考えた作戦で犠牲が随分出たと
イカダもここに駆けつけているか
セイレンは必ずもどってくると言ってるが
復讐とかほざいてるがお前らにその資格はないというのに
ボルトへの逆恨みをしてるわけかこいつらは
アラウミは自分が指揮を取るという
イサリは今指揮官を変えたら作戦が混乱するというが
イサリの作戦で犠牲が出た
そもそもアラウミは正面から戦うほうが好み
フナムシが作戦を継続してるというが
アラウミは奇襲を中止するとフナムシに告げろと
そしてイサリにはしばらく大人しくしてろと
村の方でデンキたちが食料を集めてたが少量しか手に入らない
物資が足りないか
しばらくは節約するしかないが村人たちに耐えられるのか
かといって全く食べないでいると体力も落ちるしな
巨峰とか体がでかいから足りないか
蛇苺はうるさいと
そうしているとカワキは呑気だと
村人たちは俺たちのために食わないと決めたと伝える
ボルトたちが倒れたら終わりだからと
だがそこに蛇苺は子どもたちに食料を分け与える
自分は育ちがいいからと言ってるけど
根っからの悪いやつじゃないのかもしれないと思う
サラダは自分たちのほうが我慢するべきだと
それにかぐらがやられて食欲も出ないと言ってる
メタルは蛇苺のところに
彼女はお優しいと
口に合わなかったと言ってるが
彼女は物心ついたときからゴミ山で暮らしていた
だからあの子達を見ていたらその頃を思い出していたと
そんな蛇苺の過去
ゴミを漁って生きてきた
服を修復してたりもしていたが
それを無駄だとか言って破り捨てたここの威張ってるババア
こんなゴミ山にいいものなどなかなかないか
そんな話を聞いてるとメタルは驚いていた
確かに木の葉は基本飢えに困ることはないからな
理解できるのはカワキぐらいだろう
そんな彼女が忍びになった理由
この生活の中抜け忍が現れそいつを自分が見た
口封じにそいつは自分を殺そうとしたが
無我夢中で返り討ちにした
そいつを追ってきた忍びが蛇苺を見て褒めてくれた
後にも先にも褒められたのはその一度だけだと
だから人を殺すことだけが唯一の才能と思い
それを活かすために忍びになった
自分はこの先も人を殺して生きて行くというが
メタルは蛇苺のすごいところは他にあると
今まであった人たちの中で一番裁縫が上手だと
それを聞いて彼女はどう思ったのか
このあと村に戻り会議
まだフナムシたちの居場所は見つからないようだ
ミツキのしごとはまだ続く
村人たちが力を合わせて守ろうとしてる光景
これをかぐらに見せたかった
かぐらはいいやつだった
そんなかぐらを殺したフナムシをボルトは絶対に許せないと
夕方 村の防備は固めたが
疲れている
食糧不足が問題になってるか
すると村の子供達が何かを
果物が生えてる場所があると
それを聞いてサラダが教えてほしいというが
子供だからな詳しくは聞けない
カワキは子どもたちと一緒に行くというが
イワベエは俺たちが行くと
カワキは大事な戦力だからここに残ってくれたほうがいいと
イワベエとデンキが子どもたちと一緒に向かうことに
敵がどこにいるかわからないから気をつけろと
行くからには必ずなにか見つけてこいと
子どもたちを背負って走る二人
どこに敵がいてもおかしくはない
気を引き締めなければ
そのころボルトはかぐらの墓の前に
そこにカワキもやってきた
ボルトはカワキにかぐらの話をする
刀しか心が許せるものがなかった
だが村人はそんなかぐらを受け入れてくれた
だから村が大事な存在になった
ボルトは自分が何もできなかったと
かぐらが自分を犠牲にしてまで
それはカワキも同じ
もしフナムシと遭遇したら今度こそ倒すと決意する
そのころイワベエたちは果物があるという場所に
だがそこに舟戸の奴らも現れる
そして取り囲まれてしまった
怯える子どもたち
逃げろというが
そのころフナムシには奇襲を中止しろという知らせが
だがそれを聞いて憤るフナムシ
ボルトを殺し奇襲も成功させてやると
次回に続く
捕まった仲間たち
彼らの安否は
そしていよいよフナムシとの決戦へと
かぐらのことがあるから楽観視できないけど
これ以上ボルトの友人が命を落とす展開はさすがにアウトだと思うんだが






Last updated  May 5, 2022 04:12:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 3, 2022
カテゴリ:ジャンプの感想
ジャンプが合併号で休みなのでGIGAの感想

と言ってもマグちゃんだけですが

本誌で最終回を迎えたマグちゃんですが

その最終回に繋がる話だと思ってます

錬と流々の関係が動き出すきっかけとなった話でした

今のヘタレなままだと錬は孤独な生涯を送ることになってたけど

彼が行動したことで二人の関係に変化が生まれたと

そんな話でした

マグちゃんは地味ではあったがすばらしい作品だったと思っています

特に最終回はかなり美しいものだったと

そんな物語の終わりを見れてよかったです

では






Last updated  May 3, 2022 04:29:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全7041件 (7041件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.