3594649 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

katariたがり@ Re:サンジはそう言うでしょうね(01/17) zebraさんへ サンジにとっちゃ行きたい場…
zebra@ サンジはそう言うでしょうね katariさん ハハハハ(^^♪サンジらしいな(…
zebra@ ワノ国放置を決定した サカズキ・・・かえってよかった。 katariさん 続けてコメントします。 かえ…
かなこ@ Re:アニメ ワンピース 感想 伝説の戦い!ガープとロジャー(01/24) アニワン 今話も、後々の話の伏線となる情…

Headline News

June 12, 2018
XML

アニメ ブラッククローバーの感想です

白夜の魔眼頭首リヒトとの激戦はさらに激しさを増す

本編

リヒトの攻撃で洞窟そのものが崩れ巻き込まれたアスタとヤミだったが

それをものともせず復活と

氣を使いこなせば自然物の動きも察知できると

不意の落石もかわせるようになるとか

魔力のない自分でも氣は使える

戦いの幅が広がったってことだな

調子に乗り寄ってとヴァルトスが

ヤミはさらに後は丸眉白髪野郎

つまりリヒトを倒せと

それは無茶だろ

でも今ならやれそうだと

と思ったがヤミに止められる

団長の力を見せるといったなら自分がやると

というかアスタじゃまだかなわない

この上がりきったテンションどうしろというが

ヴァルトスのほうをやれと

ヤミは久々に全力を出すと

強力な闇の魔力

そして再び光と闇の魔法がぶつかり合う

リヒトの目にもとまらぬ光魔法

だがヤミもそれを防ぐ

光魔法を打ち消す闇魔法

ヤミは剣に闇を纏い戦う

するとリヒトの魔法が引き寄せられると

引き寄せる力 これが闇魔法

だが手の内が分かった以上捕らえるのは不可能だと

リヒトがした昔話

それを持ってるってことはクローバー王国のものだってこと

なぜ祖国を狙うのか

光の剣と闇の剣がぶつかり合う

両者互いに決め手に欠ける

リヒトの油断を誘い攻撃するが当たらないようだ

何者かと問うヤミ

リヒトは言う

ヤミはクローバー王国の人間じゃない

だからこそわかるものもあるのではないかと

クローバー王国のゆがみが

飢えて死ぬものもいれば食べきれない食料を捨てる者もいる

魔力の大きさで優劣をつけたと思えば

魔力が低いことで虐げられるものが現れる

生まれた国の違いで差別される者もいる

正義の名のもとに傷つけられたものがいる

そういった歪みから我々が生まれた

それを正すために我々は生まれたと

ヤミからすればお前たちもそういう歪んだ奴らと同じなんじゃないのかと

正気かというがそうだとリヒトは言う

罪には罪で答える

我を通す奴は嫌いじゃない

だがお前は嫌いだとヤミは言う

さらにまた激しい攻防が繰り広げられる

アスタは団長の全力を見てあっけにとられる

魔力のない俺が鍛えたところで団長、ユノ、魔法帝を超えられるのかと

ヴァルトスはヤミがリヒトと渡り合えることに驚く

そして援護攻撃を

今のをかわした後ヤミはアスタのところに

何を惚けてる

あのガリガリはお前に任せた

俺はできない奴にはやらせない

お前のやり方でどうにかしろと

何が何でも魔法帝になる

原点を思い出す

まずはヴァルトスを倒す

そういって向かっていくが

ヴァルトスが多数の空間魔法を発動

数で押し切るわけか

その結果一撃だけ受ける

動けなくなるまで続けると

このままじゃジリ貧

魔力のない分際でリヒトにたてついたこと死を持って償えと

敵の魔力がなくなるまで持ちそうにない

考えろ 俺のやり方で

ヤミとフエゴレオンの背中を思い出す

するとアスタは剣を2本とも捨てる

正気を捨てたかと

とどめを刺そうとするヴァルトスはでかい魔法を

だがそれがまずかった

ヴァルトスの空間の中に直接飛び込み拳での一撃を

ヤミはただぶん殴るって面白いとか

リヒトがヤミの背後をつこうとするが

それに気づいてたヤミは

魔法を闇で吸い込みさらにリヒトが動けなくなり

そこにようやく一撃を

アスタも無茶だけどな

ヤミの黒穴 魔法を吸収し範囲内の相手の動きを止める魔法

光魔法と闇魔法 互いに相反する存在

ただ闇魔法は極端にスピードがない

光魔法は最速だというが

スピードは強化魔法で補ってるのか

タバコを吸いながら正解とか言ってる

さっさと回復すればいいとか言う

その間に攻撃をするが

リヒトは言う

君は2人目の私を倒す力を秘めたもの

だがお前に手間取ってる場合じゃない

私にはまだこの左手に癒えない傷を負わせた魔法帝を倒さなければならないと

リヒトは今の自分が発動できる最大の魔法を発動させようとする

ヤミの魔法でも防げない

発動したときが最期だというが

アスタは団長が負けるかというが

やばいとヤミも認めるのだった

リヒトはアスタのグリモワールを返してもらうとか言う

ヤミはどうするか

5秒後の俺任せたって

そのころネアンの街では子供たちが親元に

だがテレジアが瀕死で治療されていた

子供たちは心配そうだな

あのゴーシュが心配するとは

お前も治療をしたほうがというフィンラル

怒鳴られるのだった

だがゴーシュは傷が全て致命傷を避けてたと

その理由はのちにわかる

ゴーシュはだったらババアの治療をしろと

テレジアが息も絶え絶えでしゃべる

私の魔力を持って行けと

アスタ達を助けに行くつもりなんだろうと

テレジアが魔力を与えて力尽きる

生き返らせろと怒鳴るゴーシュだけど

ちゃんとまだ生きてる

紛らわしいな

妖怪ババアの自分はそう簡単にくたばらないと

そしてほかの子供たちも魔力を持っていってと

ネージュもすみませんでしたと言って魔力を与える

マリーは言う

人はみんな支えあって生きてる

ここにきてヤミの言ってたことが身に染みる

ゴーシュは言う

俺は俺のやるべきことが分かったと

フィンラルに連れて行けと

いやな予感あたりか

でも行ったところで何かできるのかと

一つ思いついたことがあると

俺の考えが間違ってなければ

不意打ちは無理だという

あのマナじゃ感知される

フィンラルは魔法を使えるのがあと1回だと

それでいいから頼むとあのゴーシュが頭を下げる

そしてそこにリヒトが魔法発動の準備を

ヤミは防御魔法を使うが 防ぎきれそうにないと

だったら剣で跳ね返すというアスタだが

多分剣だけが無事残ると

つまり助からない

どうするのか

最後まであきらめない

現状打つ手なしだと

そしてリヒトの最大魔法が発動

そこにフィンラルたちが

とんでもないことになってるとフィンラルが

リヒトの最大魔法

神罰の光芒が発動

だが彼らの前になんとゴーシュが現れ

巨大な鏡を作り出す

その鏡がリヒトの魔法を跳ね返した

どれだけデカかろうが強力だろうが鏡は光を反射すると

自分の最大魔法を食らってしまったリヒト

これは大ダメージだな

だがそのころ別の場所で

サリィが治療されている

そこに3人の謎の人物が

次回に続く

おまけコーナー復活

セキをするマリーを心配するゴーシュ

マリーの声がヤミ団長のようになってると

全員の声がヤミの声になってるし

というかゴーシュはマリーの声に

リヒトとの戦いは決着?

だがここに白夜の魔眼の幹部たちが現れる







Last updated  June 12, 2018 04:54:15 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.